DVDやブルーレイの最新情報をお知らせ!予約&発売日、特典情報

様々なDVD ブルーレイ をご紹介!邦画、洋画、アニメ、TVドラマ、ミュージック情報!あらすじや感想をお伝え!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パラチオンメチルとは?金正男氏暗殺の毒物か?農薬として使われているが殺傷能力は?

2017-02-24 05:41:11 | 最新ニュース

金正男氏の暗殺事件で使われたパラチオンメチルとは?いったいなんだろう 

 

 

パラチオンメチルについて解説した書籍【楽天】

 

パラチオンメチルというのは農薬や殺虫剤に使われているもので、有機リン酸系の殺虫剤と呼ばれているものだ。

身近な殺虫剤などにも入っているのだろうか?

 

 楽天で販売されている有機リン系殺虫剤をまとめてみた。

 

またそんなに殺傷能力が強いのだろうか?

 

調べてみようと思う。

 

以前はホリドールなどの商品名で、一般に流通していたもののようなのだ。

有機リン系殺虫剤として、ニカメイチュウ・カメムシ・ウンカ、果樹のアブラムシ・ハマキムシなどの害虫駆除に使われていたようだが、

1971年11月9日に登録失効となり現在は流通していない。

 

 楽天で販売されている有機リン系殺虫剤をまとめてみた。

 

現在でも有機リン酸系の殺虫剤というのは普通に使われている。

 

 

パラチオンメチルの殺傷能力、致死量はどのくらいなのだろうか?

 

 

 パラチオンメチルは体内に吸収されたパラチオンは即座に代謝されて硫黄原子が酸素原子に置き換えられたパラオキソンとなるということだ。

そこでそのパラオキソンの致死量をしらべてみると

半数致死量(投与した動物の半数が死亡する量)は、1.8mg/kgだということが分かった。


金正男氏が80キロと想定すると144mgとなる。

今回の金正男氏を暗殺した実行犯はクリーム状のものを顔に塗りつけたということだった。

また金正男氏はクリーム状のものを塗りつけられた30分後くらいに体が動かなくなった。

それを考えると致死量をはるかに超える量のパラオキソンが体内に吸収されたと思われる。

 

 

 

 

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユーリ!!! on ICE 3 ブルーレ... | トップ | 鈴木伸之と藤井萩花が熱愛?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

最新ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL