ドリアン長野の海外旅行記

長期休暇もない有給休暇もないリーマン・ パッカーが、短い休日と高い航空券にも
めげず、海外を旅したお笑いエッセイ

Indian summer 平成29年7月

2017-07-12 | Weblog
7月6日 読売新聞の連載小説
三浦しをん「愛なき世界」
引用始め
不思議だな、と木村は思う。言語を持たず、気温や季節という概念すらないのに、植物はちゃんと春を知っている。温度計や日記帳を駆使せずとも、「これは小春日和ではなく、本物の春だ。そろそろ例年どおり、活発に生命活動をする時期が来た」と判断し記憶できる。
引用終わり
小春日和は英語では Indian summer といい、季語でいえば冬なのだが…。

https://www.facebook.com/durian.nagano/posts/1400568743364024

ケータイのせいで感性は退化しましたね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日(火)のつぶやき | トップ | 7月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事