ドリアン長野の海外旅行記

長期休暇もない有給休暇もないリーマン・ パッカーが、短い休日と高い航空券にも
めげず、海外を旅したお笑いエッセイ

海外旅行記

2010年以前の海外旅行記ですので現在とは状況が異なる部分が多々あるかと思いますが皆様お楽しみください。
なおリターンズとは「過去に発表したドリアン長野の海外旅行記を、管理人マーキュリーマークの感想文を付加した上での(事実上の)再掲載。」とお考えください。順不同。
第一話はコチラをクリック     ついろぐ版はこちら

タイランドバンコク、イギリス(ロンドン)、米国(ニューヨーク等)、メキシコ(バハ・カリフォルニア・ノルテのティフアナ *1)、ベトナム(ホーチミン)、
マレーシア(クアラルンプール)、台湾(台北)、ミャンマーヤンゴン等)、
カンボジア(アンコール・トム等)、インド(コルカタデリーそして、ベナレス)、
ネパール(カトマンズ)、フィリピン(マニラ)、中国上海そして北京等)と香港*2
*1 表面的に題名はロサンゼルスですが、米国のカリフォルニア州からメキシコの
バハ・カリフォルニア・ノルテのティフアナに行ったそうです。
ちなみに、メキシコではバハ・カリフォルニア・ノルテ(俗称)は北カリフォルニア州という意味です。正式名称は、バハ・カリフォルニアです。
バハ・カリフォルニア・スルが南カリフォルニア州だそうです。
*2 ドリアン長野は英国から中国に返還される前(英国統治時代)の香港に行ったばかりか、中国返還後の香港にも赴いたそうです。

7月24日(月)のつぶやき

2017-07-25 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月23日(日)のつぶやき

2017-07-24 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月22日(土)のつぶやき

2017-07-23 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月21日(金)のつぶやき

2017-07-22 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月20日(木)のつぶやき

2017-07-21 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月19日(水)のつぶやき

2017-07-20 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「夢をかなえるゾウ」で大ブレイクした水野敬也さん  平成29年7月

2017-07-19 | Weblog
「夢をかなえるゾウ」で大ブレイクした水野敬也さん。水野さんのトークライブに加え、「顏ニモマケズ」(この本は様々なことを考えさせられ、勇気を持って生きる力を与えられる一冊)の河除さんの一人芝居。最近はロックのライブでさえ行かないのですが、これは行きます❗️
会場は宗右衛門町のロフトプラスワン ウエスト。

https://www.facebook.com/shizuka.kawayoke/posts/1287898814689961?pnref=story



https://t.co/BER8m2iy9K

— ドリアン長野 (@duriannagano) 2017年7月18日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月18日(火)のつぶやき

2017-07-19 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天王寺区 平成29年海の日

2017-07-18 | Weblog
阿倍野ハルカスと通天閣に挟まれた夕暮れせまる天王寺公園、通称「てんしば」。
大道芸一筋15年、リスボン上田さん(ジャグリング日本チャンピオン)の珠玉の芸に大人も子供も拍手を惜しみません。

リスボン上田のホームページ



https://quik.gopro.com/v/e7su6gzNE6/













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼のかくRUN 平成29年7月

2017-07-18 | Weblog

ペークルEが日本での二年間の伝道を終え、金曜日にアメリカに帰国、それから空軍のパイロットになるために四年間勉強します。最後に10キロ記念ランをすることにしました。

6時半、本町スタート。余裕の表情。

大阪城に到達。6キロ地点。

ジェンセンEは5キロ以上走るのは初めて。
You made it!

大阪城公園駅まで最後の力を振り絞ってフィニッシュ。
いつかどこかで走り、またカラテをやりましょう、青い眼のサムライたち。
You're the men of integrity.

https://quik.gopro.com/v/qQn7Wppmzk/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月17日(月)のつぶやき

2017-07-18 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月16日(日)のつぶやき

2017-07-17 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「侠気」 平成29年7月

2017-07-16 | Weblog
私はプロレスについて全く無知である。しかし格闘技を少しかじった人間として、プロレスラーがとんでもなく強いことはよくわかる。この本で高田はプロレスと「PRIDE」を比較してプロレスの「不文律」を暴露している。それに対してプロレスを愛するターザン山本氏がアンチとして「『泣き虫』に捧げる永久戦犯」を出した。特にこの本で彼と対談している新間寿氏の怒りは凄まじい。高田の人間性を完膚なきまで否定している。
しかし、しかしである。著者である金子達仁氏はあとがきでこう書いている。
「なぜ高田さんはここまでの話をしたのか。本書にはプロレス界、格闘技界についてのタブーにまで踏み込んだ部分がある。熱狂的なプロレスファンの中から、書いた人間、書かれた人間に対する怒りの声が上がってくるであろうことは、十分に予想できる。この本を出版することによって生じるメリットとデメリットを比較すれば、後者の方がはるかに大きいことになってしまうかもしれない。
では、なぜ?」
金子氏は言う。高田にとって大きな存在である桜庭和志、プロレスラーである彼は今、PRIDEのリングだけで生きている。それがどれほど危険なことか、そのことを格闘技ファンに伝えるためには自ら被る被害を代償としてもプロレスとPRIDEの違いにまで踏み込む必要があった。
もう一つのなぜ。「なぜ高田さんはここまでの話を私にしたのか」
「高田さんは巻き込みたくなかったのではないか。これまでの人生を、高田さん自らが筆をとって明らかにしていくならばともかく、ライターなり作家なりが直接的な記述者となる以上、降りかかる火の粉は高田さんだけでなく書き手の方にも向けられることが考えられる。そうなった場合、これからも格闘技、プロレスの世界で生きていく書き手にとっては死活問題にもなりかねない。過去の雑誌や新聞に掲載されたインタビュー記事を読み返してみる限り、高田さんには間違いなく信頼し、心を許している書き手が何人かいる。それでも、そうした人たちから、なぜ自分に話してくれなかったんだ、という反応が出てくるのを承知の上で、全くの門外漢に秘密を明かしたのか。その門外漢が、格闘技の世界以外に仕事の基盤を持っていたからではないか、と私は思うのだ。もっとも、こちらの推測も、高田さんは「そんなことないよ」と笑って否定しそうだが…。」
ふいに、二十年以上も前に読んだ、大山史朗「山谷崖っぷち日記」の中にある、「六、七人の軽作業者の内一人だけが炎天下でのスコップ仕事(日当は変わらない)というきついものへまわる必要があった。誰もがやりたがらない中、年長の木下さんが手を挙げ、「しょうがない。私がやりますよ」と言った。これこそが侠気というものではないだろうか。侠気とは、自らが損になるのが明らかなことをしぶしぶやることだと、その時、理解した。」という文章を思い出したのだった。この「しぶしぶ」というのが要諦で、あえて嫌なこと、やりたくないこと、自分が不利益をこうむることを他人のためにやること、それが侠気だというわけである。
最後に「泣き虫」というタイトルについて。「現在進行形で、コンプレックにさいなまれている人間は、自分のコンプレックスを笑うことはできない。自分に自信のない者は、そんな自分を笑うことができない。
高田さんは泣いてきた。辛さに、痛みに、喜びに。そして、泣いてきた自分を、かっこわるいっすよね、と笑い飛ばしてみせた。
泣いていた過去がなければ、笑っている今はなかった。ぼくはそう思うし、おそらく高田さんもそう思っている。「泣き虫」という、いまの高田さんにあまりにもふさわしくないタイトルをつけたのは、そんなわけである。」









https://www.facebook.com/durian.nagano/posts/1404875889599976?notif_t=notify_me¬if_id=1500163512491166
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道頓堀 平成29年7月

2017-07-16 | Weblog




















https://www.facebook.com/durian.nagano/posts/1404164733004425?pnref=story

https://www.facebook.com/durian.nagano/posts/1404177423003156?pnref=story

https://quik.gopro.com/v/PVUNoVrgTD/

シゴかれた関西本部道場(極真空手)。娘が生まれた産院は本部道場の目と鼻の先の島之内だったので不思議な感慨がありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月15日(土)のつぶやき

2017-07-16 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご連絡




平成26年五月ドリアン長野と娘
フォトチャンネル

ドリアン長野のフォトチャンネルの画像の追加は
平成27年3月をもって終えさせてもらいます。
管理人マーキュリーマークより

平成28年の秋からは動画作成ソフトを用いて複数の画像を紹介していきます。

http://moby.to/vgw56k
スライドストーリーを用いて作成した動画についてはこちらをクリック。




http://blog.goo.ne.jp/durian-nagano/s/quik
Banners バナー
   







バナー集はこちらをクリックしてください。
上記以外のバナーも紹介してます。


紹介文(一例)
長期休暇もない有給休暇もないリーマン・ パッカーが、
短い休日と高い航空券にもめげず海外を旅したお笑いエッセイ

Links(リンク集)

西原理恵子公式サイト



海外旅行の最新情報 地球の歩き方



クリックで救える命がある www.dff.jp

相互リンク済 旅行記のカテゴリーで相互リンクされました。 平成24年4月16日

 相互リンク∞(インフィニティ)
     平成24年7月13日追加 
darazfm
自己紹介
尊敬する人は大山倍達とマザー・テレサとジョン・ライドンと町田康と中村うさぎです。
ピストルズを聴いて人生に目覚め、スマッシング・パンプキンズで人生の悲哀に気づいた
野球嫌いのA型の魚座の極真空手を愛するインドア派。-大阪在住の鳥取県産まれ-

   

家族は永遠に

平成24年 長野家




管理人マーキュリーマークからのお知らせ 平成28年10月


平成29年7月 マーキュリーマークからのお知らせ。
フェイスブック上においてドリアン長野は複数の人物との連絡をやり取りされてます。それはドリアン長野が自己責任で決めた事なので問題はございません。周知のように実際に会った事がある人物とフェイスブック上で友人になる事が推奨されてますので恣意的かつ無意味な友達申請の行為は推奨されておりません。世の中には実際に会った人物であっても肯定的になるか否定的になるかどうかは人それぞれの自由意志が存在します。冷たい人だと考えられたくないがブログ等を通じて知ることになっても前述した内容を一度読み直した上でフェイスブック上でコメントをされていたドリアン長野の友人に対して関りを持つかどうかは各自でご判断ください。
平成24年に私とドリアン長野が実際に会って決めた事ですが平成24年に紹介を取り止めた特定のホームページについては、相互リンクの解消を主張します。なぜならば、安全に関わるような不必要な争いに巻き込まれたくないからです。
私が管理してるドリアン長野のブログ上ではドリアン長野が行ったフェイスブック上の新規投稿の転載やそれに関連する情報の紹介だけをしていきたいので、もし、ドリアン長野に連絡をしたければフェイスブック上でして頂きたい。
www.facebook.com/durian.nagano
私が体調不良や多忙でない限りは土日祝祭日にブックマーク先やリンク先を紹介します。祝祭日が無い6月に限っては土日にブックマーク先を紹介する予定です。但し、ドリアン長野が土日に新規投稿をしたならば紹介は省略するやもしれません。
私は平成27年10月にブリティッシュコロンビア州に行ってきました。

スーパーブラックについて

管理人マーキュリーマークからのお知らせ。 労働基準法違反に該当する求人広告を堂々と告知されたお店を「スーパーブラック。」と発表してました。職場での問題は誰もが抱えております。世の中には出来る事、出来ない事がございまして不条理な人は厚顔無恥ですが悪い提案を躊躇無く発表してる。すると問題が発生し社会全体から否定されます。業務上の問題は特にそうですが「あ、これ間違えてる。」と言われ証明されると色々な意味で嘲笑や批判にさらされますね。仕事には安心感が必要になるがそれが分かっていないと誰も相手にしないしされなくなる。仕事をしたら給料が得られないと生活が成立しません。この点は重要で議論の余地がございません。労働基準法は存在する。あまり悪い企業は社会生活の邪魔になるばかりで公益に反する。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1116730211747880&set=a.104659426288302.14811.100002327340613&type=3&theater