伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【ダヤン氏寄稿】愛しのクアラルンプール空港

2017-02-22 02:51:46 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。今回の金正男暗殺で、国際的に有名になった空港―マレーシア・クアラルンプール国際空港。

この空港は、2014年から2015年の間に掛けてビジネスで頻繁に利用しました。その目的は、マレーシア産の石炭をインドで売却する為。

私は、成田空港から直行便(約7時間半)で入る場合と、インド・ムンバイから経由(約3時間半)で入る場合の2通りを経験しました。

到着ロビーからは、専用列車(遊園地の乗り物に近い)に乗って、別のロビーで入国・税関審査を受ける。

アジアの空港で独特なのは、その入国審査ゲートの頭上に(MANDATORY)「命令を受ける者・受任者・代理人」の意味の大きなビルボードがあること。

これは、インドもスリランカもそう。

そして、入国審査のゲートの電子ボードに両人差し指を押し、人証確認(パスポートとの照合)が取れたところで、審査官がパスポートに入国スタンプを押す。

● 入国は四角のスタンプ(これは日本の出国スタンプと同じ)

● 出国は菱形のスタンプ(日本の入国の場合はマル)

● 同日に入出国する場合は、「マル」とギザギザが付いた「マル」。私はこれを数回経験した。因みに、これで私は審査官から「ジャーナリスト」に間違われた。

入国の際は、成田から出発するせいか日本人が約7割で、残りはアジア人(主に、中国・朝鮮人とオーストラリア人)。

一方、インド・ムンバイから入る場合は、ニューヨークのマンハッタン顔負けの「人種の坩堝」。

ヨーロッパ人・アラブ人・インド人・イスラエル人・アメリカ人・その他の白人(主に、南米人)。

この時、「耳」に入って来る言語は、テヘランのバザールそのモノ。少なくとも数ヶ国語以上。

空港を出ると、直ぐに4車線のハイウェイに繋がる。街路樹はケヤキや銀杏ではなく、パーム・ツリー(椰子の木)が延延と続く。

大抵、私はビジネス・パートナーのクルマに同乗したけれど。そのパートナーが運転中に突然「スコール」が降ってくるのが南国らしい。

それも雷と共に地上に大量の雨が降り注ぐと、直ぐに晴れる。

でも、平均気温は毎月、34~38度前後。だから、クルマや建物から出ると兎に角、暑い。

手のヒラにビッショリ汗が溜まる。なお、クアラルンプールのラジオには、「ブリティッシュ・ロック」専用の番組がある。

私は何時もこれを聴いていた。「キング・クリムゾンからペット・ショップ・ボーイズ」まで。

また、マレーシアはアジア諸国で一番、英語が通じる国と、私は思う。インドやシンガポール以上に。

そう、フツーの老若男女が流暢に英語を話す。なお、マレーシアの英字新聞は、ジャパン・タイムズの100倍強以上、

英語表現がウマイ。イギリスのタイムズやガーディアン顔負け。

そこで、本題に入ります。私は、第一次世界大戦のオーストリア皇太子の暗殺。

そして、第二次世界大戦がポーランド・ワルシャワ駅構内でのナチス兵士とポーランド人の若者の口論。

この後、ナチスドイツは、ポーランドに侵攻。そうすると、金正恩の命令による金正男の暗殺は、第三次世界大戦への「パンドラの箱」を開いてしまった。

即ち、第三次世界戦争の切欠になると、私は観ている。

そう、殺人や乱闘は、複数当事者双方に大きな「憎悪」「侮辱」「屈辱」を残すことになる。今回の金正男暗殺を大部分のマスコミは、

北朝鮮による「鉄の掟」の遂行を評しているが、私はそうは解釈しない。何故なら、この金正男暗殺によって、

根本から崩壊するかもしれない特殊業界がある。その名は、「武器商人」(Weapon Trader)業界。


金正男が自国の中古ミサイルを反イスラエルのアラブ諸国やロシアからの中古武器をISの他、

テロリストに売却(この場合は、クッションマン・口利きの役割)していたと仮定すると、もう一人の金正男が登場しない限り、

一部のアラブ諸国やテロリスト集団の武器・弾薬等は急速に枯渇する。

その不足・欠乏が一定期間以上継続すると、予想される最悪のシナリオは、以下の通り。

● 全世界に波及する無差別テロの発生

● そのテロに便乗する無秩序的国家の誕生

● 更なるテロリストの出現

残念ながら、第三次世界大戦は着実に近付いている。でも、その前に金正男暗殺の余波で、中国で内戦が始まるのが、私の分析。

遅くとも来年(2018年)以内。さて、双方当事者に武器を売却しないと(冗談)。

でも、イスラエル製のウージー機関銃は飛ぶように売れる(fly off the shelves)かも?括弧内の意味は、

商品棚から商品が無くなってしまうから、その商品棚も一緒に飛んで行ってしまうこと。やっぱり、イギリス英語表現は面白い。

では、片目のダヤン

*写真はクアラルンプール空港


◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ダヤン氏寄稿】女の敵は女 | トップ | 【ダヤン氏寄稿】石原慎太郎... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (電光影裏)
2017-02-22 14:43:01
半島有事よりも正男氏暗殺による武器供給の枯渇がテロの呼び水になるのですか。政権が倒れた後混乱が長期化し、分散したテロに対応しきれない現状。それが更に悪化するのは避けられそうもありませんね。
禅譲より易姓革命の方が簡単ですが、テロや革命が国家転覆や政権打倒、ガス抜きがメインであるうちは争いは止まりませんし、終わらせるつもりもないでしょう。
第三次世界大戦に第三国は存在しないかも知れません。世界をボロボロにすることで旨い汁を吸える輩は武器商人以上に阿漕ですね。
終わりの始まり。 (羅針盤)
2017-02-22 16:53:13
今回の件が、引き金になるとは悪い意味で歴史に残りますね。着々と大戦に近づく、きな臭くなってきましたね。
マレーシアだと忘れてしまいますが… (諒)
2017-02-23 20:20:22
クアラルンプールと云われると、日本赤軍を思い出してしまいます…

バングラデシュよりダッカ!!と同じ位かも。



以前書き込みしたように、マレーシアはいい迷惑ですよね!!

北朝鮮と断交しましょう!!

第三次大戦に繋がるかどうかは別にしてね♪
ご愁傷様です。 (鈴)
2017-02-24 14:56:22
結果的に、北朝鮮にとっては悪い方向に向いてしまったようですね。正恩の立場を脅かす存在を消してしまいたくて、実行に移したのでしょうが、中国ばかりに気を回し過ぎて友好国のマレーシアの面子を潰してしまった彼の短絡性、幼稚ぶりに失笑を隠せません。国交断絶も時間の問題のようですね。(日本も、韓国と国交断絶をすれば悩み事から解放されるのに。)国交を持つ国は、友好的付き合いを再考するかもしれません。自国が北朝鮮の国家ぐるみの陰謀の舞台になる事のリスク、関与が明白なのに協力する気は皆無。それどころか、難癖つけて相手国を貶め非難する下流国家と同類に見られて平気でいられるのでしょうか?。
電光影裏さんへ (伏見)
2017-02-26 05:45:16
私も全く持って同感です。
羅針盤さんへ (伏見)
2017-02-26 05:49:10
金正恩は「ルビコン河」を渡ってしまいましたね。第三次大戦は結構だけど日本は巻き込んで欲しくないですよね。
諒さんへ (伏見)
2017-02-26 05:54:22
それにしても、マレーシア政府の対応は毅然として立派です。国交断絶も辞さないようですね。さすが賢人政治家マハティール氏が治めた国です。
鈴さんへ (伏見)
2017-02-26 05:58:04
私も全く同感です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。