伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【M女史告発;天皇家の脱税疑惑①】小和田スイス軟禁は、今上陛下と堤美智子の相続税対策、無限拡散

2017-03-18 00:58:44 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


「小和田恒氏が、スイスにある天皇家の8兆円の資産を不正に引き出そうとして捕まり、スイスで軟禁状態」との話ですが、

もしこれが真実なら、税法上陛下には大きな疑惑が持ち上がります。私は弁護士でも税理士でもありませんが、

皇室ブログに、「お金」「税法」「法律」という面から陛下を検証するアプローチが見当たらないので、

駄文ですが、以下に私見を述べさせて頂きます。皇室に無関心な層でも、税金となると関心を持つ人は多いので、

皇室問題を大勢の人に考えてもらう一助になればと思います。拡散希望ですので、もしお差し支えなければ、記事で扱っていただけると嬉しいです。

転載フリーです。(長文になりますので、もしよろしければコメント欄に載せず、直接記事にしていただいた方がよいかも・・・。お任せします。)

・疑惑1
 
「スイスに8兆円の天皇陛下名義の皇室財産が実際に存在する場合、陛下は昭和帝から相続を受けた際に、正当な相続税を払っていない可能性があります。」

皇族も私たちと同じく相続税法の適用を受けますが、皇室経済法第7条「皇位とともに伝わるべき由緒ある物は、皇位とともに、皇嗣が、これを受ける。」

の条文により、「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」(三種の神器とか美術品など)は相続財産の評価から除外されます。(非課税)。

皇居も国有財産なので相続財産に入りません。

昭和帝の遺産総額については昔新聞か何かで見て「意外と少ないな。」と思った記憶があり、探したら、

「天皇家の財布」という本の中に宮内庁発表の数字がありました。遺産総額20億円、

そこから葬儀費用の一部や寄付金を除き確定した課税対象額が18億6900万円・・・。あれ?8兆円は…?

スイスの金融資産を、第7条の「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」と解釈することは到底無理ですから、

この部分について、陛下は当時の最高税率50%(金額が大きいので累進課税で最高税率になる)で、

4兆円の税金を払っていないことになります。もし8兆円という金額が違っていても、仮に陛下が20歳の時から内廷費をほとんど全て貯金したとして

(贅沢衣装の皇后陛下であり得ませんが)、年間概算3億×63年=189億、これとかけ離れた金額なら、

陛下は他所で給料をもらっているわけではないし、差額については昭和帝から相続したと考えるのが自然で、

(実際税務署はそういう不自然な資金の出所は突っ込んできます。)その半額の相続税を免れたことになります。

この「隠し財産」は日清戦争や日露戦争の(管理人注;日露戦争は賠償金は取れませんでした。

但し日中戦争中の帝国陸軍の「アヘン密売」の巨額な利益が隠されているそうです)賠償金だという噂もありますが、そうかもしれません。

昭和帝が敗戦間近に、アメリカ軍に奪われるのを防ぐため、スイスの銀行に隠したというのはあり得る話だと思います。

相続税の時効は5年(悪意のある場合は7年)なので、もう支払い義務はないのですが、皇室の経済は税金で賄われていますので、道義的にはどうかと・・・?

(政治家なら説明責任がありますよね。宮内庁は説明すべき。)時効成立までは修正申告が可能ですが、

修正申告がなされたという報道も見つけられませんでしたし、もし修正申告がされていたら、金額も大きいしニュースになっていたはずです。

 ただ、これは8兆円が陛下の私的財産であると解釈した場合の話で、日本国憲法88条前段には「すべて皇室財産は、国に属する。」という条文があり、

これを国有財産とするなら陛下に相続税支払いの義務はありません。「隠し財産」が法的にどういう位置づけになるのかは議論の余地がありますが、

国有財産なら、私物化せずにすぐに国にお返し頂きたいです。もちろん陛下がご自分で電卓を叩いて申告書を書くわけではではないでしょうが、

宮内庁の責任は問われるべきです。そして、申告額から漏れたことについて陛下の意向があったのかは、是非国民として知りたいところです。

つまり、

・陛下の私的財産なら→善意か悪意かは別として、とにかく陛下は4兆円の相続税を払いませんでした。

「国民に寄り添う」と公言し、本当に無私のお心をお持ちなら、時効の件、国民に隠さず全てを正直にお話し頂きたいです。

黙っていることは国民の信頼を裏切る行為だと思います。時効だから知らんぷりというのは、私個人としては許せません。

・国有財産なら→財産の件をオープンにして、証書その他の書類はすべて国の管理下に移して頂きたいです。

続く

*写真は書籍「天皇家の財布」・・・当書籍のレヴュアーで低評価を付けた者が、皇室関連予算276億円について、「今上陛下は日本の祭祀王だから。ガタガタ言うな。」と言っているが

今上陛下は既に数年前から祭祀は儀典長に「丸投げ」して一切なされていない。要するに、国民から献上された税金の「対価」を履行していないとのこと。

先帝様(昭和大帝)は最晩年、「吐血」されても粛々と公務をこなし、どなたかのように「仕事しんどいねん(泣き)」とは口が裂けても仰らなかった。

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ダヤン氏寄稿】読者様への回答 | トップ | 【M女史告発;天皇家の脱税... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (凪ノ介)
2017-03-18 03:45:39
祭祀王であり、公人の中の公人だからこそ、ガタガタ言いたくもなりますよ。これが、例えば安倍首相だったら鬼の首を取ったように騒ぐでしょう。
平民はあくせく働いても微々たる金しか得られず、そこから更に税金を引かれ、そこからやりくりしてるって言うのに。皇族だから。天皇だからと許されるのでしょうか。むしろ皇族だからこそ、日本国民の手本になっていただきたい。にも関わらず、現状は目をそらしたくなるほど悲惨。恥ずかしいです。
Unknown (流氷)
2017-03-18 13:46:30
日本中の銀行員が皇居に営業に行きそうですね
でも何で日本の銀行に預けてやらないのだろうと思います。
超ビッグニュースですね。
知った話 (毒舌婆)
2017-03-18 13:56:10
伏見様の登場を毎日願っておりましたから嬉しいです。さて複数の影武者皇后もどきに愛子様もどきが跋扈する天皇家です。若い時期にやんちゃだった現天皇の足元が危うい状況です。最近の在日朝鮮人の籠池による安倍政権倒閣運動には腑が煮えくりしてなりません。この小和田背乗り朝鮮人の仕出かした事件すら在日メディアが隠蔽して報道すらしない失態続きです。幾ら出自を隠しても朝鮮人でしか無い小和田朝鮮人です。私達は日本に存在する反日朝鮮人を成敗する道を急ぎたいと思います。拝
闇の世界権力との癒着 (やまと)
2017-03-19 21:00:37
一ヶ月ほど前、小和田恒は皇室資産を盗もうとしたのではなく資産の引出しを皇室から託されたのではないでしょうか、
と伏見様の記事にコメントさせていただいた者です。

皇室は生活に必要十分な公費は賄われるうえ、兆に届くほどの資産を持っていても自分達では使いようがないのですから、
相続税節税を意図するのはあまり意味がないように思います。
仮に大変な経済的環境の中にある日本国民のために分配するなら良いことのような気もしますが、
税金として国のほうに回るのも同じことのようにも思います。

鬼塚英昭氏(2016年1月に他界)などの作家が真摯に究明してこられたことが事実ならば、
皇室は、明治維新を経て明治天皇や昭和天皇の代から世界の闇の権力(いわゆるサタニスト、NWO)ともつながりつつ、
国民を裏切り売り飛ばすようなことに手を染めながら莫大な財産を蓄えるという、あまりにも深い闇の歴史を経てきています。

このたびの今上陛下の生前退位表明から小和田氏スイス軟禁の件は、
当初は両陛下が引退して一般人として悠々自適にお暮らしになりたいためかと考えたのですが、
2019年1月までの皇室や宮内庁関係者一団での海外亡命を考えておられるのではないかと、今は思います。

全てを隠したまま逃亡するのではなく、M女史様も書かれているように、
国民にすべてをありのままに話して下さることが一番よいのではないかと思います。
やまとさんへ (伏見)
2017-03-19 23:47:13
貴重なご意見ありがとうございます。あなたの説も相当説得力がありますね。私も鬼塚氏の著作を読んでみます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。