伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【ダヤン氏寄稿】エリドゥへ①

2017-06-15 14:54:03 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。今回は、「エリドゥへ①」を綴ります。その前に、伏見さんが独自の「台湾論」を綴っているので、軽くその台湾に触れます。

サラリーマン時代、クルマの「ホンダ」は得意先でした。その会合中、船積担当者からこんな話を聞きました。

創業者本田総一郎の晩年は、自ら開発したオートバイやクルマの技術を惜しみなく、海外の企業に無償提供したそうです。

その中でも、「台湾」「韓国」「中国」には、同じアジア人という共通認識なのか、兎に角、可愛がったそうです。

一方、本田宗一郎自身が日本に帰国して、その後の進捗状況等を問い合わせた手紙(具体的には会長秘書が英文で綴った)

を先方に送ったところ、彼には心境の変化が訪れたとか。その返答の詳細は、以下の通り。

【韓国】「二度と、韓国に戻って来るな」(Never Going Back to South Korea)

【中国】「弊社製品を購入して頂きたい」(Please Buy Our Products)

【台湾】「貴殿の銅像を作ります」(We will make your bronze statute)

このオチは、台湾のみが日本の習慣を調べて、本田宗一郎が死去するまで「お中元」と「お歳暮」を送り届けたとか。

これで、読者の方も何処の国と「ビジネス」をするのが得策か否か一目瞭然ですネ。

因みに、私は昔から朝鮮人や中国人とは一切、ビジネスをしない独自の哲学。朝鮮人は別として、中国製品はすべて、

「偽物」「コピー」ですから。なお、「恩を仇で返す」のはいつも朝鮮人。張本勲と舛添要一、読んでいるかい?

本題に戻ります。この「エリドゥ」は、現在のイラク(英語の発音は、イラァキ)南東部に位置する古代メソポタミア発祥の都市とされています。

この地名を覚えたのは、サラリーマン時代にモサドエージェントが語ってくれたからです。

その時は、世界四代文明(メソポタミア・エジプト・インダス・黄河)発祥の話題が出ました。

すると、彼独自の考古学感(archelogy)が出て来て、世界で一番古く最も大切な文明は、「メソポタミア文明」。

でも、もっと大切な文明がある。それは、「シュメール文明」で紀元前4千年頃。何故なら、シュメール語がやがて「ヘブライ語」になり、

シュメール語で記された神話伝説が「旧約聖書」の原型だからと。なお、このシュメール語が現在の「ペルシャ語」に変貌する。

私は高校時代、世界史は得意だったけれど、このへんの知識は皆無だった。私的には、歴史(日本史も含む)を

「古代史」「近代史」「現代史」の3科目に分けて教えること。同時に、試験(受験も含む)も別々に行うのがベスト、と思います。

文科省の役人の方、早急に検討して下さい。そうしないと、永遠の「歴史オンチ」を量産してしまう恐れ。

彼の熱い説明は続く。このシュメール人について書かれた書物は多いが、「彼等がどこから来たのか?」

「どのような民族だったのか?」「何故、高度な社会システム。例えば、裁判所から学校・建築物・数学・天文学知識を携えていたのか?」

「書物の中でも古代バビロニアの神官ベロッソスが記した【オアネス】とは一体全体、何者なのか?」等々。正に、ナゾの民族。

それから、彼は業務上、極秘事項に触れる内容まで語ってくれました。世界の秘密結社(secret society)のルーツを

調べると必ず、「エジプト文明」に辿り着く。そして、そのエジプト文明に影響を与えたのが、「メソポタミア文明」。

そのメソポタミア文明の起源が紀元前4千年頃発祥の「シュメール文明」とか。

ここで、私は彼にあらゆるルーツを調べる時の「キーワード」は何かと、尋ねた。

すると、英語の「エイリアン・宇宙人」(alien)は、本来のギリシャ語では「火星人」の意味。

エジプトの首都「カイロ」は古代、エル・カヒラと呼ばれており、そのエル・カヒラはアラビア語で、

「火星」の意味とか。私は興奮して、彼に人類のルーツは「火星人」(Martian)*と訊くと、「それも否定できない材料の一つ」との回答。

最後に今回のマトメを。不思議なことに、多国籍石油会社とこのモサドの予測分析レポートも2020年後半から2030年に駆けて、

「人類が火星に到達する」との不気味な記載があります。これが実現するか否かは、私にも判らない。

次回は、この火星に向けて出発した人間たちを綴りたい。やはり、実在したのです。超ご期待!

でも、その前に小泉進次郎とJA全農が企てているキムチとトンスルに満ち・満ちている「朝鮮肥料」の阻止レポートを綴りますので、少々お時間を下さい。

では、片目のダヤン

【追記】*この「マーシャン」って不思議な言葉ですネ。火星は、ご承知の通り、「マース」(Mars)で、ギリシャ神話では「軍神」。

また、最後のスペルを変えると(Martial)で、「戦争に適する」や「軍隊の」の意味。そして、「戒厳令」は(Martial Law)。

実は、この「マーシャル」って最近特に、「英字新聞」で目に付きます。やはり、戦争が近づいているのか?

ローリング・ストーンズの「ギミー・シェルター」を聴かないと。

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ダヤン氏寄稿】朝日新聞へ... | トップ | 【緊急】マスコミが報道しな... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
火星の話!? (フェイム)
2017-06-15 15:12:35
片目のダヤン様
伏見様いつも素敵な話をありがとうございます。

シュメール文明と言えばアヌンナキと惑星二ビル。

タイムマシンがあるなら行ってみたいですね。

火星の話!!

ワクワクします。あのバラクオバマも若いときにスターゲイトを通って火星に行った??とか。

火星の話。

待ってま〜す。
古代のロマン (電光影裏)
2017-06-15 18:29:41
シュメール人はどこから来て何故高度な文明を築いたのか謎ですよね。宇宙人?神が創造した人間?古代のロマンです。
シュメール文明の遺跡で皇室の菊花紋章に似たものが発見されています。奈良時代でもペルシャと交流があったくらいですから、シュメール文明を知る日本人の祖先のひとりがいてもおかしくありませんね。
テラフォーミングで人間が住めるようになるとか、人工物らしきものが火星にあるとか、火星にもロマンがあります。地球になり損ねたのか地球がダメになった時のスペアなのか、宇宙人か神様なら知っていたりして?
トータルリコール (きなこ)
2017-06-15 21:39:21
真意のほどは不明ですが、当方がネットで読んだこと1.竹内文書によれば人類の起源は日本で、スメラミコトが浮舟に乗って世界を廻って人類にいろいろ教えたとのことです。
2.火星には既に結構な人数が移住したがレプテリアンに食べられた ??(これは眉唾かなぁ)
シュワちゃんのトータルリコールが奇想天外で好きです。ラストの転げ回りながら目玉が飛び出しそうになるシーン(笑)
エリドゥ素敵な響き (マリーダグー36)
2017-06-15 23:41:54
トネタチと違ってミステリアスで素敵な響き。文明発祥から現代そして火星へ繋がっていくなんて壮大で神秘的。
シュメール人は・・・ (南魚もん)
2017-06-16 07:16:32
ある説によると、日本から大陸に渡った人達がシュメール人なのでは、と言っています
シュメール←スメル←スメラギ・皇
つまり、天皇のいる国、日本から来た人、という説なのですが

「古代ユダヤ人が日本人の祖先」説もあります
シュメール人の神話が旧約聖書の元だという事なら
古代ユダヤ人がシュメール人の故郷の日本に逃れてきたとしてもおかしくないと思えます

火星も気になります
書きたいことはいろいろありますが、とにかく、宇宙人の基地はあったらしいのですよね
建造物の痕跡は残ってるみたいですよね
YouTubeにもアップされてますね
火星は (ミシェル)
2017-06-18 09:16:26
火星は罪人達がいる星だと聞いた事があります。
悲しい事に地球もしかり。
よって地球人はよその星にはいけれない、地球に閉じ込めてるといっても過言ではないようです。でもそれでも日本だけは違う民族、日の本の民族のようです。
シュメールが火星人等に滅ぼされた時に散り散りに逃げ、たどり着いたのが日本だったと。
確かめようがない話なので眉唾で聞いて頂いてかまいませんがそのような記憶を思い出す人もいるんじゃないでしょうか?
日ユ同祖論 (ゆき)
2017-06-18 11:49:12
京都の祇園祭はシオン祭だ、とか
剣山に失われたアークがあるとか
明治天皇はどこかの神社でなんとかの杖をご覧になって卒倒しかけたとか
カゴメの歌や君が代もヘブライ語に似ているとか

千円札の湖に映ってる山は富士山ではなくユダヤ発祥のなんとか山だとか

そういう話、ワクワクします!
連投すみません (ゆき)
2017-06-18 21:54:37
NHKスペシャル睡眠負債を見ていてふと思い出したことがあります

人類は火星から来た説…
植物や動物のサーカディアンリズムは地球の1日、24時間なのに、人間は25時間だそうで…
火星の1日が25時間だから、人間は火星から来ている説…

それが本当だとしても何万年前の話!?
まだ適応できてないのか、私の体!?
と懐疑的ながらワクワクしたものです

火星関連ですみません

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。