伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【創価学会に「破防法適用」を急げ】公務員(国家・地方)特に宮内庁、自衛隊から創価信者の排除を(怒)無限拡散

2017-07-14 19:49:32 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


私は、先の記事をアップするに当たって、映画監督の伊丹十三の不審死した麻布の事務所を管轄する「麻布署」に電話して、「自殺に見せかけた後藤組組員による他殺」

であることを伝えた。創価学会の某幹部によるリークであることを伝えた。創価と後藤組の親密な関係は、警察では常識であり、富士宮市に後藤組本部の有った静岡県警では

マル暴の担当者は、日頃から、「週刊誌」すべてに目を通して、「後藤忠政情報」を集めているそうだ。

「不審死」が起きたのは、1997年。既に20年前、声が若そうな警察官は、書類らしきものをめくりながら「自殺で処理されてますね。」

私「再捜査は不可能なのでしょうか、それと時効は?」

警察官「後藤忠政が帰国した時や、後藤組の残党が別件で逮捕された時に、尋問します。そして容疑が固まれば再捜査可能です。

ちなみに、今は「殺人罪」に時効は廃止されていますので、ご心配なく」

私「有難うございます。よろしくお願いします」

★と言うことで、捜査は後藤忠政の寿命との戦いになりそうだ。

≪創価学会 正本堂について≫

正本堂は本門戒壇の大御本尊を安置するために建てられた。創価学会第3代会長池田大作が願主・大石寺第66世法主日達の代に1972年10月に完成し法要が行われた。

建築規模は建築面積39,368m2、延床面積35,155m2、高さ66m。信徒席は5,400、僧侶席は600。

建設資金は僧俗からの供養でまかなわれた。1965年10月9日から12日までの4日間行われ総額は僧侶・寺族および各信徒団体合わせて355億3600万4309円であった。

創価学会を破門した総本山67世法主日顕の時代(1998年)に50億円かけて解体された。

*写真は、日顕上人によって破壊された「正本堂」に飾られていた池田大作の裸像レリーフ

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【超緊急情報】創価学会某幹... | トップ | 【創価学会に「破壊活動防止... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記憶違いなら。 (羅針盤)
2017-07-14 20:10:05
記憶違いなら申し訳ありません。帰化した中国系の青年が、防大に入隊?という話がありました。個人的な意見ですが、帰化や混血系も排除すべきと思います。
開催中 (こすけ)
2017-07-14 22:32:42
エライこっちゃ エライこっちゃ ヨイ ヨイ ヨイ ヨイ

エライこっちゃ エライこっちゃ ヨイ ヨイ ヨイ ヨイ

第1回伏見砲祭り、もう始まってるよ!

アッソウかソウカ、ソ~ナンス!
再捜査に期待します (ゆきんこ)
2017-07-14 23:59:09
あの当時、妻の宮本信子さんが憔悴しきった様子で会見されていたのをよく覚えています。夫が女子大生と密会していたとか怪情報まで流され、さぞや無念だったでしょう。今は朝の連ドラに出演されていますが、本当なら社会派の作品でもっと活躍されたはず。伊丹監督のファンとしては忸怩たる思いをしていました。後藤と創価に天罰が下りますように。本当に惜しい人でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。