伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【秋篠宮一家失踪事件⑰】美智子・小和田の背後にいるカルト創価、暴力装置・後藤忠政の軌跡⑦】

2017-07-13 06:27:35 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


新左翼と後藤組

後藤組の力は資金力と腕力だけではない。山口組の目下の最大関心事は暴力団対策法への対応だ。反権力を掲げる遠藤誠弁護士を擁して、法律闘争に余念がない。

山口組にこの異色の弁護士をスカウトしたのが、実は後藤組長だった。さらに言えば、後藤組長に紹介したのが野村秋介だった。

92年に暴力団新法反対の集会、デモが三回繰り広げられ当時話題を集めたが、参加者は新右翼・新左翼・暴力団の三者共闘だった。



弁護士の遠藤誠は、本法の違憲を主張する行政訴訟の弁護に際して、山口組からの12億円余の資金提供の申出を受けたが無償で弁護している。

また、遠藤と野村秋介の音頭により、暴力団有志による「任侠市民連合」、右翼団体・一水会の青年組織「統一戦線義勇軍」、

新左翼の日本共産党(行動派)が合同で、デモ行進などによる反対運動を展開した。鈴木邦男もデモに参加した。


●”人権派”弁護士・遠藤誠とは

1930年宮城県大川原町生まれ。仙台陸軍幼年学校中退。東京大学法学部に進み、1953年に卒業、55年司法試験に合格。

千葉地裁判事補を3年務め61年弁護士に転職。帝銀事件弁護団長、永山則夫連続射殺魔事件主任弁護人、

反戦自衛官事件弁護団長を務めた。遠藤誠法律事務所所長。




現在の後藤忠政

2016年3月、山口組と神戸山口組が分列し対立を深める中、後藤は療養を目的に日本へ帰国。

関西のある組織関係者によれば「(後藤が)両山口組との接触はない」と断言していが、今だにうがった見方も根強くあり、

「神戸山口組が後藤元組長のお見舞いに来るらしい」など確定的ではない情報が流れた。後藤は3月30日に退院したといい、

「過去に交友のあった民間施設を訪れた」と目撃情報が寄せられている。今後も後藤の動向に各方面から視線が注がれている。


*写真は暴対法反対で共闘した人権派弁護士の遠藤誠

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【秋篠宮一家失踪事件⑯】美智... | トップ | 【創価の暴力装置】後藤組組... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。