伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【秋篠宮一家失踪事件②】美智子・小和田の背後にいる創価とオウム真理教の密接な関係、無限拡散

2017-07-11 18:40:42 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


平成になり、明仁が天皇になるとのっけから不気味な事件が連発した。平成元年3月29日、有名な「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の被害者の遺体が発見され

事件が明るみに出た。そして、同年11月4日、「坂本堤弁護士一家失踪事件」が起きる。・・・当時は失踪事件だった。

現場に、オウム幹部の徽章「プルシャ」が落ちていたが、さすが神奈川県警、事件性なしとした。

そして1995年3月20日「地下鉄サリン事件」が起きる。

この事件について、元公安調査庁第2部長の菅沼光弘氏が目からうろこの真相を著書「日本を貶めた戦後重大事件の裏側」KKベストセラーズで述べている。

あの事件の最終的な目的は、そのまま、皇居に突入し、日本の皇帝になる事だったという。

その根拠は、菅沼氏が中国の南京を訪れ、明朝の初代、朱元璋の墓を訪れた時のことだ。中国人の女性ガイドが「麻原彰晃さんも、お墓参りに来ていましたよ。

「私も必ずあなたと同じ身分になります」と祈願していました。」麻原と朱元璋の幼少時代は似ていた。疫病で両親を失った朱は、托鉢僧をして命をつなぎ

ヤクザを集めて元朝を滅ぼし、明の皇帝となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは、私の得た情報からの推理だが、結局、「皇居突入作戦」まで行かなかった。

何故か、本来の作戦の「来るべき援軍」が来なかったからだ。それは、創価学会だ。

★創価は、サリン事件の効果の小ささに幻滅して、「鉄砲玉」のオウムを見捨てたのだ。それで、「皇居突入作戦」は実行に移されなかった。

★もう22年前の事件で、サリンで亡くなり、後遺症に苦しむ被害者の片には気の毒だが、この時「皇居突入作戦」が成功して、

麻原に、明仁と美智子が処刑されていたら、警察による鎮圧は時間の問題なので

現在の「皇統断絶の危機」「創価中韓乗っ取り」は起きなかったかもしれない。

*写真はオウム・創価合作の地下鉄サリン事件

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【番組の途中ですが】鹿児島... | トップ | 【秋篠宮一家失踪事件③】美智... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (流氷)
2017-07-11 19:47:56
一番オウムの中身を知ってた上祐がつかまらんのが不思議です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。