伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【麻生の乱⑬】加藤紘一、総理になる条件を全て揃えた男の転落、無限拡散

2017-07-06 16:36:45 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


ところで、東北の読者様如何ですか、私は事実に基づいて、麻生太郎の事を、「麻生部落太郎」と書きたいのですが、

概ね、白河の関以北の東北地方には、所謂、「部落地区」は有りません。

但し、江戸時代に多数あった東北諸藩でも、罪人を打ち首にする仕事が有りました。

まともな、武士は嫌がってやらないので、藩主に命じられた下層民がやっていました。所謂「首切り役人」が関東以西の穢多・非人に相当するでしょう。

ですから、「部落」と書くと、東北の方は「集落か?」と誤解するので、敢えて麻生同和太郎と「同和」の字を使っているのです。

さて、加藤紘一です。高校は東京のかつての名門日比谷高校、東大法学部卒、外務官僚。

退官後、選挙に出て政治家に、外務省時代の上司に大平正芳に紹介され、宏池会に所属。

大平に可愛がられ、側近となり、早くから宏池会の「クラウンプリンス(皇太子)」と呼ばれた。

★しかし、加藤が頭角を現すにつれて、宏池会が、分裂する予兆が現れてくるのです。

★その根本は、宏池会結成当時からの、大平正芳と宮澤喜一との感情的確執に有ります。

二人とも部落民で、大蔵官僚出身、ともに池田勇人の秘書官。

違いは何でしょう?大平は一橋大学商学部出身、宮澤は、東大法学部。

嘉悦大学教授で元大蔵官僚の経済学者の高橋洋一先生が著書で述べていますが、大蔵省で東大出の官僚は一橋出身者の事を

陰で「ワンブリッジ」と言って馬鹿にしていたそうです。

ただ、政治家としての能力と「人格識見」ははるかに大平の方が上だったので、池田は、宮澤より大平の方を可愛がりました。

トラウマとなった宮沢は、大平系列の加藤にはその後ずっと微妙な感情を抱き続けるのです。

1996年、村山富市内閣退陣の後を受けた、自民党総裁選では、現職の自民党総裁の河野洋平と、竹下派の橋本龍太郎の一騎打ちとなりますが

加藤は、宏池会の多数派をまとめて、「橋本支持」を表明したので、河野洋平は戦わずに逃亡。橋龍が対抗馬なしで自民党総裁・総理になりました。

手柄を買われて、加藤は、橋本内閣でもよいポストを任されて重用されました。

そして、ポスト橋本でも、小渕恵三を派を挙げて支持して、小渕政権を誕生させました。

しかし、加藤には驕りが有りました。新任の小渕総理の感情を害するようなことを言い、自分が総理になったら、「竹下派の力を借りないで済む総理になるんだ」

と明言して、竹下派を刺激したために、従来仲のよかった、竹下派の野中広務や、直弟子の古賀誠たちの心が離れていきました。

これが、「加藤の乱」につながるのです。

*写真は堕ちたプリンス、加藤紘一

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【麻生の乱⑫】宏池会の歴史、... | トップ | 【超緊急記事ダヤン氏寄稿】... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怒涛の更新感謝感謝です (毒舌婆)
2017-07-06 18:10:46
伏見様今日わ。確かに東北地方にはエタ同和部落地域は御座いませんから、婆も東京に上京してからそうした日本の闇の1つの奴隷にあたるエタ同和部落民の事は此方に上京してから知りましたから今も情報に疎い東北地方の国民は知らない筈ですよ。私等郷里の実家にはばあやとじいやが私等家族とは住んでいましたけれども所詮は赤の他人で使用人でしたが、そうした人種では無かったですよ。私も恥ずかしい話ですがそうした下賤民が実際存在している事に驚きはしましたが、それ以後としては群馬県から埼玉県千葉県にも下賤民が暮らす地域が唯現存するから反日勢力に利用された皆さんだとしか思わないですね。拝
部落の多さに脳内混乱中… (マリーダグー36)
2017-07-06 19:17:17
多くの惑う民への「アホーの真実」覚醒のため、伏見様が現シリーズ精力的にアップして下さっているため、昨日就寝前に全国部落一覧をサッとだけ見てみました。多すぎて整理がつきません。専門に研究されている学者さんの書籍探して購入します。やること山積み。

人間。好き嫌い、仲間、仲間外れ、裏切る、くっつく。チクる、媚びる。子供も大人も政治家も個人的感情、そこは変わらないですか… 。
より高等な人間の定義はその感情をコントロール出来る度合いでしょうか。
怒濤の更新お疲れ様です (電光影裏)
2017-07-07 17:58:49
特に仙台は転勤族や東北各地から人が流入するので、全くいないわけではないと思います。少なくとも宮城は部落=集落の意味です。所謂部落のことを知ったのは嫌韓になってからでした。
薩摩隼人の伏見様の前で何ですが、東北は白河以北一山百文という言葉で新政府側から卑下されましたし、朝廷と長年争った歴史もあり、東北地方全体を下に見る傾向が未だに強い人もいるかも知れません(気分を害される方がいましたら済みません)。もしかしたら、BやZは東北人を見下して溜飲を下げていたのでは?という見方もしています。サントリーのどなたかが東北は熊襲云々と発言した所為でウィスキーは売れない(ニッカの醸造所があるのでニッカ派が多いらしい)というのも聞いたことがあります。
東北は不用意にミンス系議員当選させて仕舞うので、お花畑は多いと思います。都民を笑えませんよ(苦笑)
電光影裏さんへ (伏見)
2017-07-07 19:44:01
私は会津出身の作家早乙女貢の「会津士魂」を読み、彼が官軍と言わず「西軍」と言っていることに納得しました。全巻を読み司馬史観の限界を知りました。日本の真の東西融合の為にも「会津の血を引く」悠仁様の天皇即位が不可欠です。会津の人にももっと盛り上がってほしいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。