伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【宇佐神宮の神勅④】「逆臣吉田茂」論―「戦後復興」と引き換えに皇室をアメリカに売り渡した男

2017-03-20 23:55:51 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


私「時系列で教えていただくと、「正田美智子入内」に向けて吉田が相当前から、長期的に見て次々と布石を打っているのがわかります。
皇太子妃候補を正田美智子に絞った時点で、学習院常磐会や柳原白蓮のような旧華族の猛反対を受けるのは明白だったので、用意周到だったのでしょう。

祖父の正田貞一郎を貴族院議員に無理やり政治力で押し込んだ時点で、吉田の頭には「結論は正田美智子ありき」だったのでしょうね。

元高官「そうだね。御妃選びの時期になった時、不動のエースだったのは学習院で旧宮家の北白川肇子様だったが、ご本人があまり乗り気でなかったのと

突然、横から正田美智子さんが現れて、獲物をかっさらっていった感じだね。正田美智子の登場が無ければ、最終的には肇子さんも北白川家も根負けして、「謹んでお受けします」と

なってた可能性は高いと思うね。」
私「私が思うに、何故、出自等から見て、「無理筋」の正田美智子を横車を押し通して入内させたか、非常に「謀略性」を感じるんですよね。いくらなんでも「新平民」から・・・

オーナー粉屋稼業で、財力は有るという売りでしたが、旧正田邸は私も昔実物を見ましたが、たかだか60坪程度の「マッチ箱」のような家でした。とても金のある家には見えませんでした。」

元高官「あくまでも推測だが、バーターで堤康次郎から「金」が流れた可能性が濃厚だね。その流れた先が問題だが・・・

私「成功報酬として、吉田茂のポケットに入ったとみています。吉田茂と言う政治家は「マッカーサーの忠実なる僕」でマッカーサー帰国後に訪米したときは必ず面会しています。
「皇室を3代で潰す」と言うアメリカとの密約を忠実に履行していると思います。

はっきり言えば、吉田茂は「日本の戦後復興」と引き換えに「万世一系、男系男子の皇統の断絶」をアメリカに約束したGHQの植民地総督だったと思います。

吉田は、1967年(昭和42年)10月に亡くなっていますが、その4年前の1963年に小和田雅子が生まれています。

吉田は雅子誕生の時点で、次の皇太子妃に小和田雅子を第一候補とした可能性が有ると見ています。

理由は父親が北朝鮮人で、母親、江頭優美子が部落民、これ以上の「皇室破壊力」は無いわけで、絶好の妃候補と見たのだと思います。

吉田は、私が小学校の頃に亡くなり、TVでも報道されましたが、伝記などを見ても、認知症になった形跡も見られず、亡くなった日は「富士山が見たい」といって

娘の麻生和子さんが、布団を敷いて、眠るように無くなったそうです。とにかく最晩年まで頭はしっかりしていました。
元高官「小和田雅子に白羽の矢を立てたことが、吉田の死後、どう継承されてきたの?」

私「吉田は自分の様に東大法学部を出て官僚社会のトップになったエリートこそが総理になるという信念を持った人でした。従って、部落出身で東大出の官僚出身者の福田赳夫元総理に引き継いだのだと思います。

それが、証拠に、福田赳夫は、自分の秘書官だった小和田恒の長女の雅子を「将来、皇太子妃にする」と言っていたのは有名な話ですから。これも偶然にしてはできすぎています。もめにもめた雅子入内の「皇室会議」の議長が、部落民出身の

宮沢喜一総理ですからね。自民党内の部落出身の政治家の「引き継ぎ事項」だった可能性すらあります。まさに「共謀罪」ものですよ。

まあ、同じ部落同士と言う親近感もあったのでしょうが。私も驚いたのですが、小和田雅子は学習院を受験して落ちているのだそうです。本人も言いくるめられてその気になっていたのでしょう。」

*写真は今上陛下の御妃候補の不動のエースだった北白川肇子様(現姓;島津)、正田美智子の「プロの女」風俗嬢的イメージは微塵もない。これが「やんごとなきお方」の神髄でしょう。

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【宇佐神宮の神勅③】昭和の元... | トップ | 【宇佐神宮の神勅⑤】戦後自虐... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
許せない話。 (鈴)
2017-03-21 00:18:35
吉田茂の暗躍が今に至ってるわけですか!知らなかった…ってほとんどの日本人は知らない真相ですものね。本当に許せない話です。お妃候補の北白川様に内定して欲しかった。気が進まなかったとの事ですが、相手に不安や懸念材料があったのでしょうか?(勿論、皇室の嫡流にお輿入れの話は、皇族の結婚適齢期の女性には畏れ多くて、尻込みさせるのは当然でしょうが)
ヤンキーとは大違い (きなこ)
2017-03-21 14:16:57
ハノイから持ち帰った重いものとは何でしょう。始末したミッチーズの一人のご○体?それにしても北白川のご令嬢は、聖心受験帰りに車から顔を出してるミッチーの写真と比べられないほど品格がありますね。
Unknown (備後山田村の巫女)
2017-03-21 18:39:11
お久しぶりです。備後山田村の巫女です。
雅子卑よりも正真正銘の武家の血を引く父や祖父の方がまだ品がありますよ。
血筋や家柄で人を差別しちゃいかんと耳にタコが出来るほど言われてきた自分でありますが、やはり結婚相手の出自をしっかり調べるのは大事ですね。
鈴さんへ (伏見)
2017-03-21 20:07:46
吉田茂の生母は専門家によると、長崎の遊女で部落民。彼は部落民の息子です。その後自民党には部落民の総理が続きます。福田赳夫、宮沢喜一。自民党内の「闇の引き継ぎ事項」なのでしょう。奇しくも雅子入内の時の総理が宮沢喜一でした。
きなこさんへ (伏見)
2017-03-21 20:12:18
持ち帰ったブツについては私は思いつきません。残念です。おっしゃり通り、殿上人の女性と獣のメスほどの差があります。
備後山田村の巫女さんへ (伏見)
2017-03-21 20:41:10
御無沙汰です。そうです。イギリスの高名な伝記作家は「ある人の伝記を書くときは、先祖まで遡らねばならない」と言っています。「出自」は大事ですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。