伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【最終検証】正田美智子入内に正当性無し、家系調査、母方、信憑性無し、拡散希望

2015-12-05 15:09:32 | Weblog
一か月ほど前、ブログにこんなコメントが来ました。

(多久市在住のもの)

何度か読みますと皇后さまの母方が朝鮮と書いてありますが佐賀県多久市多久町できちんと御調べになった方がよろしいと思います。有田焼の創始者李参平氏は確かに最初は多久におられましたが土を求めて有田へ行かれました、朝鮮陶工は伊万里市の大川
内山で技術流出を防ぐために隔離状態で生活をされておりましたから多久には当時の窯跡以外は残っておりません。皇后さまの母方については佐賀県多久市に来ていただき副島家古文書が存在し保管されております多久市の歴史資料館でお調べいただければ
よろしいと思います、菩提寺もすぐにわかります、どうぞよろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく、非公開にしていましたが、私は、多久まで行く気は、失礼ながら、更々、有りませんでした。行かなくとも、【副島家古文書の真贋(しんがん)】が推定できたからです。

私事で恐縮ですが、私は代々の薩摩藩士の家柄で、江戸後期は石高2500石でした。1万石以上が大名ですから、【1/4大名】です。高祖母も、宮崎県、佐土原市の島津家の分家、佐土原藩の殿様の側室の子(島津の殿様が、女中に産ませた子)でした。

ですから、島津貴子さんのご主人の島津久永氏とは、血がつながっています。

我が家にも家系図は、有りますが、ご先祖様の代々は、【東京大学史料編纂室】が保存している膨大な【島津家文書】で、チェックできます。室町時代後期までさかのぼれます。

子供の頃、祖父が言っていたのは、「戦後、各家庭が持っている家系図はうのみにしちゃいかん」という事でした。「疑ってかかれ」と言う意味です。武家の家の常識としては、【副島家の様に、武家と酒屋を兼業する】という事は有り得ません。

増して、江戸時代の士農工商の身分制度では、商人は最下層で、商売人は下に見られていました。少なくとも、そのような、【異形の武家】は例え下級武士であっても薩摩には存在しないし、全国でもないでしょう。

三菱の創業者、岩崎弥太郎は、若い頃から土佐で、商売をやっていましたが、身分は【地下浪人(じげろうにん】です。これは、下級武士が貧窮に耐えかねて、武家の株を売って【元武士の浪人】になったものです。

その後のやり取りで、この(多久市在住のもの)氏は、美智子皇后母方の祖父の副島綱雄の縁者であろうことが推測されます。「菩提寺が一緒だ」とも書かれています。

結局は、高い旅費払って、調査に行く必要は有りませんでした。読者様が、【決定的な証拠】を提示してくれたからです。以下コメ欄の転載です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伏見先生、副島家の家系図は見れば見るほど、違和感を感じ得ません。綱雄以前があまりにも曖昧模糊としすぎです。

(出雲さん)

初代宮内庁長官になった田島道治の日記がすべてを物語っていると思います。

「母方系統、小生、興信所ノミニテ止マルノハ心中ドウカと思ふ」

昭和33年6月21日
 
田島は、ほぼ真相をつかんでいたのでしょうね。 しかし美智子さん入内の流れを変えることは不可能だし、する気もなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★要は、宮内庁長官が【副島家古文書の資料としての信憑性を真っ向から否定】していたのです。

★母方が、事実上、【母方は3代前までしか遡れない】のです。誰かにそっくりじゃあありませんか?そうです。雅子肥の実家、小和田家と同じです。

★昭和天皇も香淳皇后も、昭和天皇の弟宮の妃、秩父宮妃、高松宮妃、宮内庁も皆、驚愕し、言葉を失ったと思います。そして、本心【お妃候補からの排除】を考えたのでしょうか、無理でした。

★GHQの工作員、クリスチャン勢力の小泉信三(慶応塾長)、黒木侍従らの根回しや、執拗な説得に、6年前に撤退したGHQの幻影に怯えたのだと思います。

★一説としては、戦後経済的に困窮する天皇家に対し、美智子の実母、西武グループの総帥、堤康次郎から巨額の資金援助が有ったのではないか?と言う説もあります。

【大陸夫人】と言えば聞こえは良いが、要は、【流暢な日本語を話すアジア系混血女】です。昭和天皇は、この女と最初に話した時に「この女キチガイじゃないか」と感じたと思います。香淳皇后は「この女の娘が嫁として来るのか」と怯えに近いものを感

じたと思います。そして、家系図調査してみたら、この【女ヤクザ】の実家の、佐賀の副島家の家系図が一番怪しい。当時の両陛下は、【嫌な予感がし】入内後、それが的中したのです。

正田美智子は入内しましたが、明仁皇太子の妾として入内したのです。そして、国内では皇后でも、海外の王室では依然として、【妾】が正式な処遇です。この人立后もしてませんよね。

★イギリスに訪問したときに、【エリザベス女王が、美智子と一緒に並ぶのを生理的に嫌がる】事は、有名な話です。英国王室は、【日本の部落制度】や【在日朝鮮人問題】についても、正確な知識を持っています。

可能性としては有り得ませんが、雅子肥が英国訪問したら、エリザベス女王は、間違いなく【手袋をしたまま握手】するでしょう。

海外での現在の正しい処遇

今上;Emperor Akihito and  Michiko Syouda

東宮;Prince Naruhito and Masako Owada

秋篠宮;Prince Akisino and Princess Kiko

★上の二人の女、については、【妾扱い】です。卑賤の出だという事をイギリスを始め、主に欧州王室は全て、知悉しています。TVの報道も正式名称はこの通りです。

お気づきですか?唯一、正妻扱いされているのが紀子妃殿下だけです。紀子妃はれっきとした、会津藩士の血を引いていることが認知され、尊敬されているのでしょう。

海外公務される秋篠宮殿下は既に、訪問国では、【皇太子扱い】=【次期天皇】、紀子妃殿下は【皇太子妃扱い】=【次期皇后】です。今年のメキシコ訪問や、ブラジル訪問がそうでした。

【千代田の魔物&東宮の悪霊女】が早くくたばって、【秋篠宮の御代】が一日も早く、訪れることを祈念してやみません。





以上

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!!!



f:id:fushimiakimasa:20160819200653g:plain 


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


ジャンル:
占い
コメント (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日清製粉を斬る】どうやっ... | トップ | 【緊急】多摩動物園長の林寿... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
事実を知るのは。 (羅針盤)
2015-12-05 15:40:12
イギリスは全てをお見通しと言う事ですね。数年前にリンゼイ事件があり、イギリスでは犯人を帰化人と報道してました。映画007でスパイが有名ですが、現実でも凄いです。
羅針盤 (伏見)
2015-12-05 15:57:12
そういうことです。エリザベス女王が美智子を嫌うということから、「正田家部落説」は私は正しいと思います。イギリス政府と王室は、日本人以上に日本の「闇」について詳しいですよ。
海外での (ユミンコ)
2015-12-05 16:12:12
海外での、女帝とマテコの呼び方が、プリンセスではないですね。秋篠宮様が天皇になる事が一番よいですね。
早く、即位して欲しい。
皇室を破壊する女帝とマテコが、早く、皇室から居なくなるのが、日本にとってよい事。この2人を入内させた関係者のすべてを、国賊として死刑にしてやりたい。
なんか、BSの番組表を見ると、美智子から雅子へのタイトルがありました。見ないよ。焦っているのか。
Princess Kiko (えむ)
2015-12-05 16:43:14
 お邪魔します。

 海外で、肥殿下(苦笑)と紀子妃殿下の扱いが、ここまで違うとは!

 秩父宮妃の入内を熱心に後押しされた貞明皇后陛下も、きっと紀子妃殿下をお守りしていると思います。

 御長女・眞子様、黒田清子さんの次の伊勢神宮祭主だと勝手に思うこの頃です。
Unknown (如月)
2015-12-05 17:36:22
伏見先生ご更新をありがとうございます。

海外の王侯貴族は、諸外国の王侯貴族の現状や出自すべてシークレットサービスから情報報告を得ているそうです。

当然と言えば当然ですよね。場合によっては危険ですから自国に招待するかしないか、
お会いになるかならないか、どの程度の歓待の準備をすればいいかなど判断しないといけませんから。

それを知らぬは日本だけ。
お皿と東宮は恥を撒き散らすだけで話になりませんね。
如月さんへ (伏見)
2015-12-05 18:03:31
そうですか?やっぱり、「正田家部落説」は正しかったんですね。エリザベス女王は美智子と並んで、写真を撮るときは、思いっきり距離を取って、歯を食いしばっていますもんね。お辛そうです。
よくもよくも (もみじ)
2015-12-05 18:33:59
こんばんは。
海外の評価をあえて隠していたのですね。宮内庁は仕事に関しては無能でしょうか?

今まで側室のままで外国回りやローマ法王に謁見や葬儀で頭下げるとか恥ずかしい姿を晒してくれたものですね。
若くして不妊にされたり甲状腺の病気の影響で感情がおかしくなって周囲の目も気にならなかったんでしょう。
若い頃から貧相なスタイルを強調した恥ずかしいドレス姿も多く、「だから側室は…」と海外の王族に侮蔑の目で笑われていたんですね。納得です。

イギリス白人は世界でも有数な悪口の多い人種と聞いています。きっと黙っていて後で恥をかけばいいと放置されていたのかもしれません。
海外プロトコルにお詳しい勢津子妃をないがしろにしたミテ子さんは高いツケが来ましたね。

盗宮夫妻がイギリスに行けたとしても門前払いが適切な扱いでしょう。やはり即位はありませんね。
そういえば昔の時代の見合いとは (ゆき)
2015-12-05 18:59:21
見合いとは、両者が会う時点でほぼ結婚が決定していた時代ですよね…
両家の家の格とか全ての条件が合って、最終段階で若い二人が接見、みたいな…

それを25回も繰り返すとか、家長制度が崩壊して家の格とか関係なくなった、現代人みたいですね

そういえば三島さんが肉体改造の為にプロテインを飲んでいたエピソードに驚いたことがあります
戦後間もないあんな時代にハイカラなものが日本にあったなんて
Unknown (如月)
2015-12-05 19:43:10
伏見先生たびたび失礼いたします。

イギリスはMI6が諜報担当です。
MI6は海外、MI5は国内担当。
アメリカはCIAが海外でFBIが国内を担当していますね。

部落=罪人の出自、罪人の血縁ですからエリザベス女王も我慢なりませんよ。

もう亡くなりましたが私の祖父は元検察庁の人間で
「部落差別反対だなんだって聞くけれど、罪人だから刑罰で部落になったんだよ。」
とよくいっていました。

私の叔母(母の妹)はその昔、一度祖父の反対で婚約破断しています。
理由は祖父が調べたら相手の男性の数代前の家系が部落だったからでした。
(叔母はその後違う男性と結婚し、今の私の叔父です)

私が中学生になり物事が分かる年になったとき祖父がその時の話をしてくれました。
「Hちゃん(叔母)には可哀相な事をしたと思ったよ。その男性自身は非常に好青年で優秀だったんだけど
、調べたら家系がそうだった(部落)。
犯罪者の家系と血縁になるわけにはいかないからね、他の親族にも
迷惑をかけるし。」と。

普通の家庭ですらこうですよ。
皇室だったらありえないことですよね。
エリザベス女王からお皿といい股子といいこんな人達を入内させて日本の皇室は頭がおかしいと思われているかもwww

解って無いことがよくわかりますね (ロージー)
2015-12-05 19:51:00
伏見様、こんばんは。

正田家にしても小和田家にしても、解って無いことがよくよく判るのです。

伏見様はよくご存知だと思いますが、

武家であるなら、
武家名鑑に記載があるような家柄は、その家系図が国によって保管されるほどの由緒のあり、かつ、詳細なものであること。

母親の記載も、個人名が無くとも、誰々の女(むすめ)と記載されていること。

高位を名乗れば名乗るほど、あっさり身元が判明するようになっているのがかつての日本のシステムであったこと。

藩士であれば、その藩に詳細な記録が残されていること。


それが全く解って無いことがよく判るのです。

言い換えれば、判る人には片腹痛いことです。


小和田家の方は話になりませんが、戸籍に、華族、士族の記載があった人たちがうようよ存在した時代に、よく女帝の母親の母親不詳、だけど武家、うちは葉隠だからと言えたと思うのです。

何にも解ってなかったから言えた=冨美氏の発言は嘘だらけ、ってことです。

階級の名残りがあった当時の方が、よっぽど、何変なこと言ってるんだ、だったと思います。
もみじさんへ (伏見)
2015-12-05 21:56:56
入内以来、87年間もへんてこな衣装で、日本の天皇家の品格を落としてきたんですね。美智子は貧乳、短足、大根足、若いころからの数えきれない整形、そんな女にのめりこんだ今上陛下が、徳仁並みの池沼だということがよくわかりますね(笑)正田家の家計調査した、クリスチャンの小泉信三(慶応塾長)も部落民の可能性がありますね。小泉純一郎も朝鮮人だし、OBとして、恥ずかしい、最近の調査では、阪急グループの創始者で、宝塚歌劇の創設者の小林一三翁も、山梨の生家が部落地区だということがわかりました。「ヅカガール」が泣いて悲しむかもしれないです。美智子入内に尽力した黒木侍従、クリスチャンも部落民の可能性がありますね。イギリス貴族は京都の人と同じで「行けず」ですからね(笑)
ゆきさんへ (伏見)
2015-12-05 22:09:47
資産家の娘で、25回も見合いを失敗するというのは、興信所を使って調べた結果が余程評判が悪かったのだと思います。それには、母親の男性関係の悪い評判もあったと思います。三島がプロテイン初めて知りましたが、愚連隊、関東連合のリーダーと同じですね(笑)要は、戦前の「美しい日本の階級秩序」が崩れていった時代ですね。
如月さんへ (伏見)
2015-12-05 22:37:56
美智子入内の時点で、将来の皇后だから、女王の命令で、MI6は、実家の出自を徹底的に調べ上げたでしょうね。それで、でた回答が、「正田家は部落民」ということでしょう。MI6の連中が調査するときには、日本に骨をうずめるつもりで永住している。日本語ペラペラのイギリス人の情報網を使うらしいですよ。また、正田家をカトリックに改宗させたフロジャック神父がMI6にばらした可能性もありますね。部落民であることを普段隠していても、神父にはすべて、告白しますもんね。
ロージーさんへ (伏見)
2015-12-05 22:51:59
家系調査での、正田の詭弁は、「頭隠して尻隠さず」ですね(笑)わかりやすく嘘つくもんだから、余程、聞く方はおかしかったと思います。「大陸夫人」という言い方は結果的に娘が入内したのでオブラートに包んだ言い方で、実際は、デヴィ夫人の様に、「あの方の母親はシナ人だから」と陰で言っていたんでしょう。
馬鹿にされて当然。 (鈴)
2015-12-05 23:03:30
どこぞの馬の骨とも知れぬ女と、同席はしたくありませんよね、女王陛下。女王様がまだ、ご幼少の頃から知っておられた方がいらっしゃったので確実にミテコの氏素性は、把握済みでしょう。どこが良家のお嬢様だ!日本の宮内庁って、何やってるのやら。排除して欲しい。
Unknown (新老人)
2015-12-05 23:31:10
伏見様
はじめてコメントさせていただきます。
御ブログ以前より拝見しております。
衝撃的な記事の連続ですが、私は依然より現皇后には違和感がありました。
しかし今上天皇は、どこまで把握しているのでしょうか?

平成27年 歌会始御製御歌

「夕やみの せまる田に入り 稔りたる 稲の根本に 鎌をあてがふ」

この今上天皇の御歌の「稲の根本に鎌をあてがふ」
この言葉が意味深く思います。
二代に渡って皇室にはいりこんだ異質な「血」について今上天皇の「覚悟」があるように感じてしまいます。
伏見様はどう思われますか?
新老人さんへ (伏見)
2015-12-06 00:18:17
私も、この御製に淡い期待を持ったのですが、その後今上は、美智子の入れ知恵で、安倍政権倒閣に挑み、8月の終戦のお言葉戦争、安保法制阻止で連敗し、安保法制の「御名御璽」では、学友に「人生最大の敗北だ」と語ったそうです。それ以降、やる気を失ったようで、覚悟は感じられません。最近は、東宮と秋篠宮から相談を受けても「皇位継承者が決めればよい」と突きはなし、祭祀王としての、責任を放棄していると感じます。私は個人的には、現在、今上様には期待しておりません。
初霜さんへ (伏見)
2015-12-06 00:25:31
勉強になりました。有難うございました。
三島由紀夫とのお見合い (すだち)
2015-12-06 00:29:15
三島由紀夫とのお見合いの顛末。

「つまらない女だった」と三島からお断りしたという話が伝えられています。
あと三島の祖母が美智子さんのご実家の家柄をお気に召さなかったという話も。
どちらもあり得るなと思います。

あと、「ヅカガール」。
こちらの音楽学校の受験資格として、容姿端麗であることが求められます。
また、在団中はレッスン代など何かとお金がかかるので、必然的に良家の女子の中に部落や在日の女子も混ざってきます。
OBには、つかこうへいの娘や黒木瞳、小柳ルミ子などいますからね…。
すだちさんへ (伏見)
2015-12-06 00:44:16
三島とのお見合いの顛末。有難うございました。皇室でも「ワイズだがクレバーではない(小利口だが賢明ではない)と侍従長に言われたように、天才三島から見たら、薄っぺらい女に見えたでしょうね。三島の家は華族ですから、正田家が部落出身だとわかったのかな?
ヅカガールの中には、在日が多いとは聞いていましたが、部落までいるとは知りませんかった。
伏見様ありがとうございます (新老人)
2015-12-06 01:06:03
伏見様
早々の御返事ありがとうございます。やはり今上の覚悟には期待できないようですね。
皇后が腕をつかまえて操縦している様は実に哀れです。
ただ皇后がどんな策略を企てたとしても皇統の「大御心」が東宮や愛子ちゃんの即位などを許すわけがありません。
おい美智子!日本の神様をなめるんじゃねえぞ!今の皇居に向かって叫びたい気持ちです。

すだち様のコメントで思い出したことがありましたので、

>元楯の会メンバー 村上健夫

川戸さんがニコニコ笑いながら、三島さんにとんでもないことを言い掛けました。
「『春の雪』を描いたのは妃殿下にフラれた腹いせって説もありますよ」
三島はこの質問に下を向きます。口をゆがめて黙ります。
「先生、見合いしたんですよね」
「正式のものではない。歌舞伎座で偶然隣り合わせになる形だ」
「先生、断ったの?断られたの?」
「君たちも知っているように、あそこのお母さんはああいう人だから」
三島はいつもの元気はどこへやら、がっくりと肩を落とし頭を垂れて、本当につらそうです。
「あそこのお母さん」が「ああいう人」なことなどメンバーは一人も知るはずがないのに、
「君たちも知っているように」とはおかしな枕詞です。
「殿下や妃殿下に会うことあるんでしょう?」
「子供のことで学校に行った時に、
このままではいけないと思って声をかけようとして近づいても
『あっ、また』とか言って向こうに行ってしまわれる。逃げるのが上手だよ」
と、半分感心するように、今半分は嘆くように語尾を下げて言います。
h ttp://vmugiv.exblog.jp/page/15/

>君たちも知っているように、あそこのお母さんはああいう人だから

すだち様のコメントにもあるように、「ご実家の家柄」に関わることだと思います。

三島氏が口をゆがめて黙ったのは、誤解されていることへの苛立ちだったのではないでしょうか。
日本が心配 (さぽ)
2015-12-06 01:12:47
今回の記事、諸外国での美智子皇后の称号について他ブログにも指摘があり、改めて本当なのだなとショックを受けました。
同時に気になり色々と検索いたしましたところ、鬼女のブログで以下のコメントを発見しました。
「昭和天皇が美智子の隣で突然倒れ、入院している隙に宮内庁長官と侍従長を 国事行為代行の夫(当時皇太子、現今上)に更迭させた。
手足をもがれた昭和天皇は翌年再び入院。そのまま崩御。
昭和末期は昭和天皇と美智子の一騎打ちだったのだな。
昭和60年ごろ昭和天皇は美智子を廃妃しようとしていた。
シナ人美智子母が女性誌を通じて脅しをかけ それはそのまま流れた。
だが先帝は崩御する前に美智子を立后しないように遺言したはずだ。
美智子の立后会議は開催されなかったがドサクサにまぎれ勝手に立后宣言。
美智子立后の後ろ盾となったのは朝日新聞。 云々…」
このコメントが真実ならば、なんという恐ろしい事でしょう。
雅子様は単に美智子様のスケープゴートだったのではないでしょうか。
ところで伏見様、立后されていない場合、万が一、今上天皇崩御された際、美智子様はどのような扱いとなられるのでしょうね。
あぁ、今夜も眠れない。


新老人さんへ (伏見)
2015-12-06 02:06:37
三島の貴重な逸話有難うございました。
さぽさんへ (伏見)
2015-12-06 02:13:50
凄い話ですね。あいつなら、やりかねませんね。あの女は、何でもアリですから、勝手に、「天皇即位」を宣言するかもしれませんよ。
立后 (シズク)
2015-12-06 13:01:50
恥ずかしながら、立后やそのために会議があることすら今回初めて知りました。海外メディアでは后ではないのですね?英国では、カミラ夫人が王妃の称号は与えられていないそうです。あの時は、ウィリアム王子が女王に直訴してとめたと聞きましたが、日本では再婚でもないし、そのようなことが起こるのですか?それならデヴィ夫人に「妾」呼ばわりするのもおかしな話ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。