伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【共謀罪成立の意味】日本の「警察権」の回復と「吉田茂の時代」の完全終焉、創価学会の「終わりの始まり」、無限拡散

2017-07-17 15:16:11 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


「共謀罪の成立」は何を意味するのか?自分なりに考えてみました。

① 「日本の警察権」の回復

ご存知のように日本は敗戦で「国家警察」をGHQにより、剥奪、解体されました。

「警察権」がない国家なんて有りませんよ(怒)マッカーサーの指令に、抵抗もせず唯々諾々と従って「売国」したのは、部落民の吉田茂と言う工作員政治家です。

代わりに与えられたのは、今の「自治体警察」と言う中途半端な組織です。

各県警本部長は、県知事の部下ですから、所謂「首長」の犯罪を、逮捕追及できません。昨年の「舛添スキャンダル」で、警視庁が舛添を逮捕できなかったのは

警視庁長官が、都知事の部下だからです。だから過去の談合疑惑で、福島県知事や、茨城県知事を初動捜査から、逮捕したのは東京地検でした。

検察庁に余分な負担をかけているのですよ。

また各県に「県警本部」が分かれているために、県を跨ぐ、犯罪にはどうしても、初動捜査が遅くなり、犯人を取り逃がしたり、被害者が出たりしています。

終戦直後は、進駐軍により銃の所持も禁止されたため、近畿では、「戦勝国」気取りの「不逞朝鮮人」が暴れまわり、兵庫県警は山口組の三代目に頼り

未だに、頭が上がりません。情けないことです。何でも「自殺」で処理する神奈川県警も同じ。

② 事実上の「治安維持法」の復活

未だ、条文は精読していませんが、専門家(左翼弁護士)によると、「治安維持法」を強化し、更にレベルアップしたものだそうです。

「治安維持法」=天下の悪法と言う、思考拒否の組織、集団が有りますが、この法のお蔭で、戦前の日本は「赤化」=共産化を防げたんです。

スターリンの工作員がうじゃうじゃいましたからね。それと、破壊工作をする「不逞鮮人」達。

有名な「ゾルゲ事件」のゾルゲや、尾崎秀実、日本共産党に資金援助までしていた金天海と言う朝鮮人もいました。

日本がソ連の思惑通り「共産化」していたら、多くの善良な日本人が「シベリア送り」になっていたでしょう。

多少の拷問もあり、結果的に死者も出ていましたが、「本物のワル」は尋問だけでは絶対に「自白」しません。

平成になってからの凶悪殺人事件で「黙秘権」を行使して逃げ切った犯罪者は結構います。

例えば「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の主犯の朝鮮人、宮野裕は出所後、「振り込め詐欺」の「出し子」で逮捕されましたが

14日間、黙秘を通して、釈放されています。更生なんかしていませんよ。

★個人的には1990年に亡くなった大叔父の「名誉回復」に繋がりました。

彼は、戦前に、「内務省」と言う国内行政を司る巨大官庁のキャリア官僚として、「警保局(けいほきょく)」=戦前の国家警察に勤務していました。

何をやっていたかと言うと、ズバリ「特高警察」の幹部です。部下を指揮して、共産主義者や不逞朝鮮人を追いかけまわしていたのです。

生前、自宅に遊びにいったときに、居間のTVで、プロ野球のナイター中継を見ていたら、バッターボックスに張本勲が入ってきました。

大叔父曰く「昔はああいう鮮人をよく捕まえたものだ」と懐かしそうに言っていました。

彼が、部下を指揮して捕まえていたのは非合法の共産党員や朝鮮人のテロリストや、独立運動家達でした。

それと、今も昔も、朝鮮人の犯罪はダントツ多かったそうです。

朝鮮人はガタイが大きく、往生際が悪いので、最後は柔道の裸締めで締め落としていたそうです。日本人の共産党の連中は柔道をわかっているから「まいった」する。

朝鮮人は馬鹿だから意地でも「参ったしない」その結果、部下の中にはやりすぎて「アレレ」と言うケースもあったそうです。

また灰をぶっかけて目つぶしなんかもしたそうです。

★昭和18年、創価学会の牧口常三郎と戸田城聖は、伊勢神宮を軽蔑し(神礼問題)昭和天皇に敬意を示さなかったために「治安維持法」で逮捕され

創価学会は、壊滅状態に追い込まれました。

大叔父は当時の上司の安倍源基氏(最後の内務大臣)から、危機管理専門家の佐々淳行氏の父親の九大教授や、アメリカのスパイとして吉田茂もマークするように

指示されていたそうです。佐々氏は著書で、父親と一緒に「ヤバイ書類」を焼却したことを書いています。

吉田はCIAの公開文書で、アメリカとイギリスの三重スパイであったことが明らかになっています。

★その恨みもあったのでしょう。マッカーサーの「内務省解体指令」に喜んで応じています。その為に、終戦直後は、神戸や大阪、全国各地で「朝鮮進駐軍」の犯罪が多発しています。

吉田は「朝鮮人の犯罪が多い」とマッカーサーに泣きついていますが、自分の責任です。

大叔父は戦後、GHQによる公職追放にあい、鹿児島に帰って弁護士を開業して生涯を終えました。

岸信介先生や、上司だった安倍源基氏から、一緒に仕事しないか?と何度か誘われたらしいですが、アメリカの「属国」となった日本で役人を続けたくなくて

丁重に断ったそうです。

★晩年の大叔父が一番心配していたのが「急成長する創価学会」でした。「奴らは共産党よりたちが悪い。宗教でもなくキチガイ集団(カルト)だ」

と憤慨していました。牧口と戸田の逮捕が5年早ければ、完全に壊滅できたのにと残念がっていました。

★昨日、久しぶりに墓参りに行き、「共謀罪」の成立を報告してきました。きっと喜んでくれていると思います。

*写真は、最後の内務大臣の安倍源基氏。別名「赤狩りの安倍」・・・念の為言っておきますが、総理とは血縁は有りません。

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【伊丹十三の死因を検証する... | トップ | 【今年が日本の分岐点】「純... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マリーダグー36)
2017-07-17 15:40:35
拝読して涙が浮かんで来ました。
大叔父様の御意志を伏見様がしっかりと受け継がれていらっしゃるのですね。
毒舌婆様同様、伏見様の御身を案じてはおりますが…私も無駄死には不本意でも誰かを助けて死ねるのならという気持ちに近頃はなれて来ました。
Unknown (元田)
2017-07-17 16:22:47
連日の投稿、お疲れさまです。
貴重な情報をいつもありがとうございます。

この度、いい話を聞かせて頂きました。
FBにてシェアさせて下さい、お願いします。
マスコミの断末魔。 (羅針盤)
2017-07-17 16:54:21
毎日のように、安倍政権の支持率低下を報道しています。よほど、都合の悪い法律なのでしょう。個人的には、テロ等準備罪1号の逮捕者、誰になるか興味深いです。
元田さんへ (伏見)
2017-07-17 17:11:22
了解です。
共謀罪 (シズク)
2017-07-17 17:19:47
先生の投稿は、これまで点だった疑問が線としてつながるような感じで、とてもわかりやすいです。

これほど日本にとって必要な法案は無いと思うのですが、日本人の大半がまだ、マスコミにだまされて支持率を落としているのが心配です。

ただ、自民党が悪くても30%はあるのに対して、民心は9%だったのは笑えました。
どうなる。 (想い)
2017-07-17 19:07:13
頭痛いです。支持率低下を強く報道する姿勢に神経を疑います。
なにが正確なのかわからなくなりまた。
何処か一カ所だけでもテレビ局ジャックで地上波放送してほしいです。昔「きんぴら」と云うタイトルの映画を思い出しました。
TOC条約 (宵待)
2017-07-17 19:42:02
伏見様

共謀罪だけでなく、施行と同時に「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(TOC条約)」締結手続きを済ませた事も評価したいと思います。
共謀罪の制定がなければTOC条約に加盟できません。
共謀罪に反対するものは国際組織犯罪に目をつぶれと言っている訳です。
今後この条約により朝鮮ヤクザや創価の資金を凍らせてくれることを期待します。

共謀罪制定後、安倍憎しで騒ぎ立てる輩は誰なのか?
後釜として持ち上げられているのは誰なのか?
麻生は半島と日本とをトンネルでつなごうという輩ですから論外です。

多くの方々が第三次世界大戦を危惧している今こそ内務省は必要かも知れないですね。
特高もしかりです。
戦後、何も出来ないまま、米兵や朝鮮人の日本人に対する殺人・強盗・傷害・強姦の記録を最期の時まで続けたと聞いています。どれだけ悔しかったか。
でもその記録はいつまでも残り、今や洗脳が解け始めた日本人の心の種火を熾火に変える事と思います。
Unknown (みもり)
2017-07-17 21:49:56
フェイスブックとツイッターでシェアさせたいただきました。真実を伝えないマスコミは、そのうち淘汰されていくでしょう。国民の怒りの本質を報道できなくなった媒体なんて必要ありませんから。
点滴殺人 (隠密剣士)
2017-07-17 22:04:35
横浜 大口病院の点滴殺人は、その気になれば、速攻で解決していたはずでした。
特亜型バイオテロとしての認識が無さすぎます。

みもりさんへ (伏見)
2017-07-17 22:21:37
拡散感謝です。
『特高警察=悪』は東京裁判史観に過ぎない (こすけ)
2017-07-18 02:51:26
国家警察の必要性は以前より感じていました。それ故、第1次安倍政権の時には国家警察の再建も期待していました。
再建の気配を感じることなく、時は流れました。
そして、3年程前より、遅まきながら特高警察が如何に優秀な組織だったかに気付くようになりました。

伏見先生の繰り返しになりますが、ドイツとの同盟を憂慮して反対する陸軍を押し切りゾルゲを、また、身分に拘わらず近衛や西園寺公一(処分が激甘だったのは特高警察のせいではない)らを逮捕したことは、その優秀さを物語っています。

単純比較だと批判もあるかもしれませんが、

特高警察が、「防共によって、国家を守る」ことを最後まで貫き通したのと

「軍によって、国家を守る」はずの海軍が、その上層部によって、昭和天皇の御意向を無視し対米開戦を起し、国民の生命・財産を消失させ、今日の危機的状況を生む原因となっているのとでは、雲泥の差があります。言葉にさえなりません。

敗戦と共に行われた公職追放、実質は優秀な日本人と妄信的共産主義者との入れ替えで、ロシア(1917)やドイツ(1918)で起きた共産主義革命の一部分が、まさか自分の身に起きるとはさぞかし御無念だったと思います。
本記事により、「特高警察は優秀だった」という考えに間違いはなかったと確信できました。
そして、大叔父上様の『カルト教団創価が共産党よりも質が悪い」の言葉に衝撃が走り、改めて国家警察の必要性をメールする所存です。

国家警察長官に亀井静香先生はどうでしょうか。
今回も勉強させて頂きました。ありがとうございます。
こすけさんへ (伏見)
2017-07-18 04:20:51
高評価有難うございます。人生後半を棒に振った大叔父も天国で喜んでいると思います。亀井静香先生、適任ですね。自民党に戻って、副総理も兼任してもらいたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。