伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【読者の皆様へ告知】大変お待たせしました。「伏見顕正の政経塾」の復旧が完了いたしました

2017-10-29 20:19:58 | Weblog

読者の皆様

「伏見顕正の政経塾」の復旧に完了いたしました。

今回の障害の原因は「サイバーアッタック」などではなく(笑)

単純に私のワードプレスなる新技術に対する知識不足でした。

お恥ずかしい限りです。

下記に、新しいリンクを貼りますので、移動先にお越しください。今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

http://akimasa-fushimi.sakura.ne.jp/wp/

http://fushimi-akimasa.jp/

 

伏見 顕正

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【読者の皆様へ告知】現在「伏見顕正の政経塾」が見れなくなっていますが、心配ありません。

2017-10-27 06:52:22 | Weblog

多くの読者の方から、御心配のメールを頂きました。

実は、昨晩から、レイアウト変更しようとして、プログラムをいじってから、おかしくなりました。

サーバーの問題や、サイバーアタックではありません。

新しいサイトでは、WORD PRESSを使用していますが、ワードプレスとデータベースに不具合が起きています。

未だワードプレスの知識に乏しいので、復旧に時間がかかりそうですが、頑張ります。

復活したら、また告知いたします。

ご迷惑をお掛けしますがご理解のほどよろしくお願いします。

 

伏見 顕正

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【読者の皆様へ告知です】明日、サーバーメンテナンスの為、数時間ブログが閲覧できなくなります。

2017-09-17 14:40:57 | Weblog

対象ブログ;伏見顕正の時を斬る占いブログ

       伏見顕正の政経塾

です。

 

 

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

 

管理人;伏見顕正

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デレデレ草さんの最新の御神託の転載です、無限拡散

2017-09-04 20:17:17 | Weblog

さて、現在、デレデレ草さんの新サイトは、悪意のあるサイバー攻撃で閲覧不能になっております。

全ては、非国民で一人三役(エアーBB、トド子、自分の過疎ブログ)をこなす、三流脚本家のイザーマン

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa

と、創価朝鮮人のふぶきが下手人です。

http://blog.goo.ne.jp/yonyon4009

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下転載です・・・・・・・・・・・・・・・・

転載元はこちらです。

http://blog.goo.ne.jp/derederegusa

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。でれでれ草です。

いつも、暖かい応援のコメントやご支援をありがとうございます。

ブログをつぶされても邪魔をされても、掲示板などの世論はこちらにあるとうことが励みになっています。ありがとうございます。

なんらかの妨害を受けているのでしょうか。あたらしいブログへのアクセスが難しくなり、かつ、管理人もログインすることすらできず、

あたらしいブログの更新がかなわない状態になりました。サーバー側が勝手にいじっているのか、あるいはサイバー攻撃かわかりませんが。

これがいわゆる言論弾圧でしょうか。めんどくさいですねえ。

今までの記事は画像は、メルマガという形にするか何らかの方法で今までの検証を残そうと模索しています。

皆様にはご迷惑とご心配をおかけしておりますが、ちょっと長引きそうです。
 
北のミサイル発射や核実験があったのにかかわらず、小室と「眞子様」の婚約会見がとうとう強行されました。

会見のお写真は、気がわるいので貼りません。日韓併合前の朝鮮スラムと同じ波長に感じました。穢いです。

小室との結婚を反対する声として、かなりの数の請願書やメールが届いているにもかかわらず強行されましたね。国民の声も、国家の威信も無視してのご結婚です。

多くの請願書やメールがいっているのにもかかわらず、関係なない、といわんばかりです。

結婚後の生活は、国からの税金や皇室特権をあてにしているのはもろわかりの内親王夫妻。

国に負担をかけることしかしない内親王夫妻。

実は管理人は会見をリアルタイムでは見てないんですね。

写真や報道からは、

「結婚する。夫に仕事ない、資産ない、だから養って。内親王の尊厳が損なわれたらマズいでしょ。あとはよろしく」

そんな声が聞こえてきそうな雰囲気でした。あながち間違っていないと思います。
 
その後の報道や皆様のコメントなどを拝するに、管理人は民主党政権の成立の時を思い出しましたネ。

民主党政権=朝鮮系政権が成立したときは、もうだめだとおもいましたが、その後1000日後に民主党政権が崩壊。

自民が与党に復帰、第二次安倍政権が成立し、その後はサクサク「日本をとりもどす」流れになっています。帰化人政権の復権は永遠にないでしょう。

1000日の民主党政権のおかげで彼らの危険性と正体に国民が気が付き、その後、民主党をはじめ帰化人勢力は惨敗しつづけ敗走しつづけています。
 
今度のことも同じ結果になるんじゃないでしょうか。

・最下層の最低の男性を夫に選んだ内親王。

・国民の反対をおしきって勝手に記者会見をして結婚するという内親王。

・国防の問題がおこったのにかかわらず、勝手に記者会見をする内親王。

皇室を妄信している方々にも、今の皇族のおかしさに気が付くきっかけになったのではないでしょうか。

今後、皇族や小室たちの醜態は続くでしょう。それによって、多くの方が覚醒するでしょう。

すくなくとも、女性宮家の設立は、これで立ち消えでしょう。

どうせ、「偽物の佳子様」も「偽物の愛子様」の配偶も小室レベルでしょう。残っている4人の女王もにたようなものではないのでしょうか。

パフォーマンスばかりにこだわり肝心の祭祀を放棄しつづけ、特権ばかり要求して自覚も義務も放棄している皇族たち。

平成以降、皇室の朝鮮化に私物化が目立ちます。

明治帝以降の皇室は、貴賤合体をテーマにしていましたね。

特権と税金ばかり貪りつづけ、国民も国も利用することしかかんがえていないような偽物の内親王や不作不出来な女王さんたちなんかは、持参金1億やるからさっさと出て行ってくれといいたいですね。

皇族の数が減ったというのなら、正統なる皇統の旧宮家が皇籍に復活する、それでいいじゃないですか、と国民が覚醒するには、小室のようなポンコツ物件が必要だったのかもしれません。
 
それに、今回のことで明治維新の真相や明治帝の出自がはっきりしたようなきがしました。

因果の果をみれば因がわかりますが、「眞子様ご婚約」をみるに、流説どおり明治帝以降の皇室は偽王朝だったのかもしれません。

明治帝と昭和天皇は英雄であり霊能者でしたが、結局のところ明治帝の皇統は実質3代もちませんでした。

明治維新は、易姓革命であり階級革命でもあったというい説がありましたが、それが、あながち妄想でなさそうなのは、因果の果である「眞子様ご婚約」をみればよくわかります。

人間関係も結婚も、結局は同種で引き合うものです。小室や雅子と同じように、偽物の睦人さんは最下層から来たのかもしれません。

だからその子孫もまた、もとにいた最下層へ帰っていくのかもしれません。

以前にも書かせていただきましたが、奈良時代の天武天皇は皇族でなかった可能性があります。これは、逆説の日本史で検証されています。

だらだらと天武系はつづきましたが、結局、道鏡事件をおこした女帝を最後に廃絶。

その後、官僚として臣下に下っていた天智天皇の子孫が皇籍に復帰し即位。その子が桓武天皇となって続いていきました。

今後、奈良時代の天武天皇系から皇統が天智系にもどったように、北朝旧宮家への皇統野移動への流れが進むのかなと思います。

安倍ちゃんは、今水面下で進んでいる、旧宮家男系男子の皇籍復帰を検討していることを公表し、そして実行して

いただきたいですね。

帰化人勢力の勝利といえる民主党政権設立の結果、日本国民が目覚めてしまい粛々と自民を与党に戻したあとは、「安保法案」「共謀罪」が成立しました。

アメリカの占領政策の一つだった、朝鮮系・旧同和系を代理人、工作員とした日本の支配体形がおわろうとしています。
 
小室と「眞子様」との婚約、成婚という小さな勝利のために、異国異教徒の工作員の皇室のっとりの計画は総崩れになるんじゃないかと期待しています。

女性宮家設立が潰れたら女性天皇もあり得ません。

美智子が目指している「皇族でない女性が天皇になる」という究極のジェンダーの実現も、愛子天皇の実現も、これでパーになったのではないでしょうか。

アホなコムロチーム(朝鮮・S価チーム)の下手糞な暴走ために、美智子(人民解放軍チーム)、偽秋篠宮(カトリック?チーム)の今までの苦労も水の泡です。

内親王という究極の公人であるにもかかわらず、酷い男に引っかかって貴賤結婚を強行する内親王など日本の恥、今までかけた税金を返せ恩知らず、

小室夫妻は、1億円ほどの持参金をもってさっさと皇室から出ていってほしい、二度と見たくない、とおもう国民は多いでしょう。

ご婚約報道以来の、国民の反応の冷たさ、、、、それが何を意味しているのか、、、、、いいかげんに空気読めよといいたいですね。

日本人は、基本的にサイレントクレーマーなんですよね。どうしようもない場合は、粛々と静かに見捨てていくんです。
 
 
コメント欄より

更新ありがとうございます。

この数日、たまにこちらを閲覧出来ないことがあります。

入場制限がかかっているようですね。

それだけ、この眞子さま婚約テロ(?)の成り行きに関心を寄せている人たちが増えているということでしょうか?

今日、今上から偽物の眞子さまに裁可がおりたら、本物の眞子さまにも有効になってしまう。悔しいことだと思っていました。

けれども、今、この記事を読み、孝明天皇、睦仁親王暗殺の記事を読んで、気が変わりました。

眞子さまには、お気の毒なことですが、小室某に降嫁されましたら、女性宮家の話の芽は、たぶん全くなくなるでしょう。

安倍ちゃんは、あえて眞子さまに降嫁していただいて、日本を取り戻すつもりなのかもしれません。

そのほうが、合理的ですわ。

自分たちは、秋篠宮文仁親王殿下の正当性を信じていたからこそ次代として高御座にお上がりいただきたいと活動して参りました。

しかし、どこぞの組織が関与して秋篠宮家メンバー総入れ替えの憂き目に遭っておられる可能性が極めて高いようですね。

自分もでれでれ草さまと同じく、本物の秋篠宮文仁親王殿下が

また表に出て来られる日を信じております。

そして、本物の秋篠宮家御一同さまが、どこかでご無事でおられることを、心からお祈りしています。

我々はこの数ヶ月、官邸メール、請願書その他の類で、これまでになく多くの国民が活動したと感じております。

眞子さまのご婚約破棄には結果的に至らず大変悔しいことでありますが、

それが、また違う視点から物事を見ればまた希望が持てる…ということを、今回でれでれ草さまに教えていただきました。

ありがとうございます。

今の状況、成り行きをとっくりと眺め、本来の日本国の国体を守るために、日本国民は、今後何をしていくべきか?と、前向きに考えることにしました。

自称コーゴーの野望の裏を書く、次の一手を導き出す良い機会に変えられるかもしれないですから。

安倍ちゃん、ガンバレ!です。

さて、午後3時からの会見には、どの眞子さまが、どのツラ下げてお出になりますのでしょう?

その時間、自分は外出予定なので、録画予約をしましたよ。公共放送を!

ここも、解体される運命が近いような気がします。

受信料を徴収しているにもかかわらず、印象操作やりたい放題!国民を愚弄し放題!の公共放送ですもの。

今後の官邸メールの内容に加えます。(笑)

さて自分は今日で、ひとまず連日投函していた請願書を、今後は週1程度に控え、官邸メール等に切り替えて、ガンガンと行きたいと考えております。

でれでれ草さま、残暑厳しき折り、お二人とも、どうぞご自愛くださいませ。
 
コメント欄より

何度もすみません。

北朝鮮の6回目の核実験の対策のために、安倍首相が官邸に入られましたね。

公共放送、核実験関係のニュース一色になっています。

午後3時は、どうなるのかなー?

菅さん、会見中ですわ。
 
 
コメント欄より

でれでれ草さまのブログに集う皆さまへ

一言だけ、申し上げます。

自分も入場制限表示がかかりました。スマホです。

デスクトップ表示にするをプッシュしたら、記事が表示されましたよ。

偶然かもしれませんが…

それでは、皆さま。

心静かに午後3時をお迎えになられますように。

といっても、正午の公共放送のニュースでは、記者会見は午前中になされたようなことを言っていたような…

ボロが出ないように、必死に編集中なんでしょうか?

たった今、北朝鮮の核実験の可能性のテロップが流れましたわ。

カミカゼかもしれませんね。
 
 
コメント欄より

会見、眞子様ではなく、偽眞子様でしたね。

眞子様ご本人とは、声と顔に話し方が違いましたね。

オーラがなく、所作もお辞儀はぎこちなく、腰かける時に髪を触る、話すのもバレないかと焦って話している感じでした。

ブータンから帰国時の眞子様とされる女性にソックリでした。

今日、今のところ私のTwitterのTLには「眞子様おめでとう」の呟きは、1つもありません。

芸能人や有名人の結婚なら、すぐに誰か1人は「おめでとう」って呟いてるんですけどね。

眞子様ご本人ではなかったので、会見は途中で見るのをやめました
 
コメント欄より

北朝鮮の核実験で政府が忙しいのに、会見(ビデオ映像?)を強行しましたね。

見た目は三越の子だと思いました。

「声が違う」

「所作が汚い」

「髪の毛が乱れている(癖っ毛?)、なぜ帽子を外した?」

「小室は通勤帰りみたい」

「台詞が壁に貼ってあるのでは(笑)」

など全部は見ていませんが、家族との感想です。
 
でももういいや、と思いました。

内親王自ら「皇室を離れる」とおっしゃったのですから。

末端宮家も含めて女性宮家などあり得ません。

ミテコ夫妻はさっさと退位させ、その予算で旧宮家の方々に復帰していただき、皇室を正しい方向へ導いて欲しいです。

安倍首相にはこれからも頑張っていただきたいです。

Hiromi様もお身体大事になさってくださいね。

皆様もご自愛ください。
 
コメント欄より

合成ぽかったですが会見されてしまいましたね

会見まではしないだろうと思ってたんですが・・・

捏造の証拠を掴む為に、あえて流させたんでしょうか
 
 
コメント欄より

度々、申し訳ありません。

違和感や気になったことがあり、いろいろ見ていました。

ニュース記事を見ていて気づいたんですが、偽眞子様、服の胸のあたりがブカブカでしたね。

プロポーズも違和感だらけ、ドラマよりも寒い設定、あれではプロポーズには入りませんよ。

誰かの作った台本通りだったんでしょうけど、月が云々の下りは寒すぎて氷りそうでしたよ

交際履歴やデート情報はうまく作ったんでしょうけど、作り話ってバレバレのレベルでした

会見は違和感だらけでしたけど、以前に録画済みの噂もありましたね。

引き続きできる範囲で、官邸メールや請願書など続けます
 
以上
 
ありがとうございました。

常陸宮妃、本物の秋篠宮妃、紀宮さまのご成婚を除いては、最下層の最低な人間が皇族の配偶になる。

それが、美智子以来続いています。

でもこれは、偽者にすり替えられた皇室・皇統から、本来の皇位継承者たち、天照大神のご子孫たちである正当な旧宮家へ皇統が移動するための巨大な流れのひとつなのかもしれません。

国民にもわかりやすい形で、今の皇室の問題をしろしめすならこういう形になるのかもしれませんね。

まだまだ、今の皇室の不祥事や醜態は続くと思います。

日本国民が静かに目覚めたように、今度の件をきっかけに粛々と真相が広がるのではないでしょうか。

管理人は、本物の秋篠宮家の復帰も希望は持っていますが、旧宮家男系男子の復帰にシフトを移そうと思います。

もし、今後も請願書やメールを出される方がおられましたら、女性宮家反対&旧宮家の復帰の件も併記いただければと願っております。

神国の神威を信じて、筆をおきたいとおきたいとおもいます。

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

【告知】読者の皆様へ、引っ越しました。無限拡散

2017-08-26 08:00:47 | Weblog

下記URLに引っ越しました。今後はそちらへお越しください。

http://web.fushimi-akimasa.jp/・・・・・・・伏見顕正の時を斬るブログ

 

http://fushimi-akimasa.jp/・・・・・・・・伏見顕正の政経塾

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 


管理人;伏見顕正

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ご参考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

件名
-------------------------------------------------------------
【重要】goo事務局からのお知らせ


<お問合せの履歴>
---------------------------------------------------------------
■回答内容 - 2017/08/25 04:20 PM

goo事務局の稲葉と申します。

日頃よりgooをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ご連絡いただきました件ですが、

該当記事の非表示が確認ができましたので、

お客様のブログが表示されるよう再設定をいたしましたので、

ご確認をお願いいたします。

今後は利用規約をお読みいただき、十分に気をつけて

ブログの管理・作成を行ってくださいますようお願いいたします。

【gooブログ利用規約】
http://blog.goo.ne.jp/info/rules.html

お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

今後ともgooをご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

++-------------------------------------++
goo事務局
E-mail:info@goo.ne.jp

gooヘルプ https://help.goo.ne.jp/
++-------------------------------------++



[---001:001133:18844---]

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加