伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【ダヤン氏寄稿】原書のススメ≒学問のすすめ

2016-05-27 12:08:11 | 皇室
伏見様及び読者の皆様:

おはようございます。原書の精読―学生なら兎も角、私は勤め人なので時間が取れないと、仰る方もいます。

でも、原書1冊を読むと、同時に数冊の本をナナメ読みした効果が生じるのが私の考え。

例えば、昨日紹介したマクドナルド創設者レイ・クロック(Ray Kroc)の回顧録。この中には、

トルーマン元大統領の台詞が頻繁に出てきます。「重圧に耐えられないのなら、さっさと辞めろ」

(If you can’t stand the heat, get out of the kitchen)。すると、台所から出て行けが何で

「自分の職務」や「自分の職責」なの?との疑問が湧く。英英辞典で調べればいい。キッチンは自分の職の意味。それだけ。

なお、原書を読み込むと、興味深いパターンに気づきます。

聖書(旧約と新約を含む)からの引用

シェークスピアからの引用

C名人の発言からの引用の3パターン。

また、英米人との会議や雑談や飲み会の時にその一つでも披露すると、相手との距離がぐっと近くなる。

サラリーマン時代、ニューヨークで会議があって、パナマ運河を通行する自社船舶のコンテナ毎に

その通行料金を按分すべきか否かの議題。しかし、シカゴとロスアンジェルスの支店長が強硬に反対。

このお陰で、会議がなかなか終わらない。

それで、私に発言の機会が回ってきたので、上記の発言。「重圧に耐えられないのなら、さっさと辞めろ」すると、

マイアミの支店長曰く、「ハリー・トルーマンがやってきた(Here comes a Harry Truman)」で全員大爆笑。

これで、議案も議決され、一件落着。

それから、レイ・クロックに戻ると。「初めにシナリオありき(In the beginning was the script)」は、

新約聖書のヨハネによる福音書を見事にパクっている。「初めに言葉ありき、言葉は神と共にありき、言葉は神であった

(In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God)。

その当時、私のパクリは言葉を「熱意(enthusiasm)」に変えただけ。この発言後、

もらい泣きしたアメリカ人はいなかったけど、皆一様に「何て、感銘を与えるスピーチなんだ!

(How eloquent speech you made!)とか。こっちは、笑いを堪えるのに精一杯。

最後にシェークスピアの引用を。これは、イギリスの三大スパイ作家であるフォーサイス・ルカレ・デイトンの作品には、
テンコ盛り。例えば、「筆舌に尽くしがたい(beggars all description)」「大バカ者(blinking idiot)」
「チンプンカンプン(It’s Greek to me)」「汚い仕打ちをする(foul play)」や「初めから判りきった結論(foregone conclusion)」とか。
では、片目のダヤン
≪管理人補足≫
フレデリック・フォーサイス(Frederick Forsyth) - 1938年8月25日、イギリス、ケント州アシュフォード出身の作家。スパイ小説や軍を舞台にした作品が多く、世界各国で読まれている。
略歴
19歳でイギリス空軍に入隊後、1956年から1958年まで勤務する。
その後、イースタンディリープレスのレポーターとしてジャーナリズムの世界に入り、
1961年にロイター通信社の特派員としてパリ、西ドイツ、チェコスロバキアで過ごす。
1965年にBBC放送入りし、1967年にナイジェリア内戦(ビアフラ独立戦争)取材の特派員として現地入りした。
そして1970年に、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領暗殺未遂事件を書いた処女作『ジャッカルの日』を世に送り出した。
フォーサイスは秘密情報部(MI6)の協力者としてスパイ活動を行い1973年に東ドイツから小包を国外へ持ち出す任務などを行ったほか、
書いた小説は出版前にMI6へ内容を確認していたと2015年に語った[1][2]。
フォーサイスを語る上で欠かせない逸話として、赤道ギニアのクーデター支援がある。
『ジャッカルの日』の印税により、ナイジェリアでの独立戦争に敗れ祖国を失ったビアフラ人のために傭兵部隊を雇い、
赤道ギニア共和国に対しクーデターによる政権転覆を1972年に図った。しかし、計画は船への武器積み込み予定地であるスペインで、
事前に買収していたスペイン国防省の役人の裏切りにより、傭兵隊長がスペインで身柄を拘束され頓挫した。
この実話を下地にして、執筆されたのが第3作にあたる『戦争の犬たち』で、この物語では作戦は成功している。
後年、アカデミー賞俳優のクリストファー・ウォーケン主演で映画化された。ただし『朝日新聞』の取材には、
作戦会議を取材させてもらっただけで、傭兵達が自分を首謀者だと思い込んだのだと、計画への関与を否定している(「AK-47 カラシニコフ」より)。
また、ロシアの危機を描いた『イコン』(1996年)は、現在のロシア情勢と照らし合わせてもリンクするところが多く、
再評価されている。フォーサイスは同作で執筆活動の終結を宣言した。そのため、直後の来日時のサイン会
(東京・八重洲ブックセンターなど)では、多くのファンが詰めかける結果となった。
結局、絶筆宣言は覆され、8年ぶりにスパイ小説『アヴェンジャー』を発表した。その後、アンドリュー・ロイド=ウェバーと共に
『オペラ座の怪人』の続編となる『ラヴ・ネヴァー・ダイズ (ミュージカル)』、原作はフォーサイスの作品『マンハッタンの怪人』
(The Phantom of Manhattan))のミュージカル脚本を上梓し、アルカーイダやタリバンなど複雑な思惑の絡み合う
イスラム社会とテロリズムを描いた『アフガンの男』(2008年)を発表する。
トリビア
• 日本での出版第一号は1971年に刊行された『ジャッカルの日』で、出版元角川書店の当時担当者だった角川春樹は

• 「世界的にも無名の作家で、日本での翻訳出版権も日本円で当時、数万円で契約出来た」と

• 自著「わが闘争ー不良青年は世界を目指す」で語っている。

• 『ハイディング・プレイス』(フジテレビ出版)は米露日を背景に、日本を舞台にした政治スリラー。

• 登場人物の一人は俳優高倉健を念頭に執筆された。同作は日本側主導で、映画化を念頭に企画が進められていたが、

• 「原作の内容が余りにも、アレだったので...映画化はなくなった」と、ラッパーの宇多丸が、2013年11月9日放映の

• レギュラー番組『5時に夢中!』(東京MXテレビ)で明らかにした。 

ジョン・ル・カレ(John le Carré、1931年10月19日 - ;
本名:デイヴィッド・ジョン・ムア・ コーンウェル〈David J. M. Cornwell〉)は、イギリス・イングランド、ドーセットの
プール出身の小説家。スパイ小説で知られており、映画化された作品も多い。息子に作家のニック・ハーカウェイ。
概要
スイスのベルン大学とオックスフォード大学のリンカーン・カレッジで学び、イートン校で2年間教鞭を取る。
その後外務英連邦省に入り、MI6に所属、主に西ドイツ(在ボン大使館、在ハンブルク領事館)で働く。
外交官として働く傍ら、その経験を元に小説を書き始め、1961年(29歳)のとき発表した『死者にかかってきた電話』で
小説家としてデビュー。1963年の『寒い国から帰ってきたスパイ』でエドガー賞 長編賞を受賞し、世界的に評価を得る。
彼の作品の多くは、さえない初老のスパイ「ジョージ・スマイリー」が登場し、その中でもスマイリーを主人公としたものは
60年代では『死者にかかってきた電話』『高貴なる殺人』、70年代では『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』
『スクールボーイ閣下』『スマイリーと仲間たち』の合計5作である。特に70年代に発表した長編3作は全てスマイリーを
主人公としており、日本ではその3作を「スマイリー三部作」と呼ぶ。

レン・デイトン
レオナード・シリル・デイトン(Leonard Cyril Deighton, 1929年2月18日 - )は、イギリスの作家。
スパイ小説やノンフィクションの巨匠として有名。ロンドン出身。

★結局、デイトンを除く二人はスパイ(MI6)だったんですね。

*写真は銀座のクラブ、ザボンでくつろぐフォーサイス





人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】コンビニでケーキを売った

2016-05-26 14:47:09 | 皇室
伏見様及び電光影裏様並びに読者の皆様:

おはようございます。電光影裏様のコメントを読んで、19歳の時の記憶が蘇りました。

大学1年の時に高校時代の同級生が自宅に来て、宴会。でも、肝心なビールが底をついてしまった。

時間は10時過ぎ。酒屋も自販機での販売も終了。そこで、その同級生と一緒に近所のセブンイレブンに行きました。

その当時のキャッチコピーは、「開いてて良かった」とか「セブンイレブンいい気分」。時代は1980年代。

最近は、コンビニに行かなくなったので判りませんが、その当時のコンビニのショーケースには必ず、

瓶ビールが陳列されていました。お目当てのサッポロビールを8本(つまり、同級生と4本ずつ持ち帰り)をレジに持ち込むと。

やや五月みどり風の中年女性曰く、「学生さんでしょ、お若いからビールは何本でも飲める。それより、ウチでバイトしない?」とか。

これは、現在、50を過ぎると昔の思い出に属するのですが。不思議と10代後半から20代全般―年上の女性に声を掛けられました。

理由は不明で、「青春の影」かも。この歌はチューリップでしたネ。ちなみに、カラオケでの私の十八番。

最初は、エアロスミスのドリーム・オンとジョージ・マイケルのプレイング・フォー・タイム。

それで、数日後、初めて履歴書を書いて持参すると、出てきたのは地味そうな店主。50代前半ぐらい。

話はちょっと逸れますが、派手X地味のパターンの夫妻は意外と夫婦円満で、派手X派手又は地味X地味のパターンは

破局こと離婚し易いのが私の分析ではなく、経験知。彼は私の履歴書を見るなり、「ボクも理系なんだ」。

話を聞くと、東北大学工学部を出て昭和電工へ。その当時、サラリーマン界で早期退職の前兆があって、

彼はその第一期生。私が思ったのは、コンビニの店主になるより、カミさんにスナックやパブを経営させて、

彼は自宅で中学生や高校生に数学等を教える塾の先生が向いてるかもと。ずっと、技術畑にいた方だったので、

かなり学者風。英語で云う、象牙の塔の住人(Guy who’s living in the ivory tower)が相応しい。

時期は年末に近い11月。その当時、セブンイレブンは山崎パンのクリスマス・ケーキを重点的に販売していたので、

そのフランチャイズの店主にも過酷なノルマがあった。その前年はノルマの2割さえも達成できなかったので、

本部から厳しい叱責があったとか。昔のセブンイレブンはテレビCM通り、夜の11時で閉店。

ある晩、これからメシに行こうと誘われ、店主と奥さんと私で向かったのが吉祥寺駅前の鮨屋。派手な奥さんは、

「今年ケーキが売れなかったなら、アタシの方からフランチャイズ契約を打ち切ってやる」とか勇ましい。

一方の店主は、「成せばなる」。やはり、性格も対照的。英語で云う、(Opposite attracts・反対同士が互いに惹かれ合う)。

そして、二人とも異句同音に「XXXちゃん(私の名前)、アタマがいいんだから何かアイディアないの?」。

実は、このときに初めて世のビジネス書を読み漁りました。しかし、大学の生協にあったのは、

経済学概論や経営学全般等で即効性のない書物ばかり。それで、銀座のイエナ書房で画期的な本に出会います。

マクドナルド創立者レイ・クロックの回顧録とも云える(GRINDING IT OUT:THE MAKING OF MCDONALDS)。

日本語に訳すと、差し詰め「コツコツとやり遂げる:私のマクドナルド創設秘話」かも?。

この中で、今でも印象に残っているのが「勇気をもて(Be daring)」「誰よりも最初に(Be first)」

「他人と違ったことをする(Be different)」と「初めにシナリオありき(In the beginning was the script)」。

そして、私は、武蔵野市内でも店舗に近いの集合住宅・病院・学校・消防署・警察署に焦点を絞り込みました。

クリスマス・ケーキのチラシを前年より遙かに多い二万部にして頂き、彼らに配布したのです。

また、注文の際の割引価格を二段階に設定しました。12月の第一週までは通常価格の5%引きで、第二週までが8%引き。

このアイディアは店主や奥さんも半身半疑だったのですが、その第二週に予期せぬ出来事。クーポン兼に住所氏名を記して、

現金を持参したお客さんが殺到したのです。前年、64個しか売れなかったクリスマス・ケーキがこの年には3101個

(48倍の販売アップ)を記録。この翌年、山崎パンの営業部長が菓子折りをもって自宅に来ました。

この短期間のバイト(11月〜12月)のお陰で、私は翌年から日米会話学院に行くことができたし、
インドにも旅行することができました。その二ヶ月でバイト代(ケーキ販売の手数料も含む)は、127万円でした。
読者の方で、営業関連に就いてる方。上記の本を読むことをお勧めします。必ず、営業成績はグンとアップします。
でも、読んで実行してもダメだった方。コメ欄に書き込んで下さい。別の処方箋を御知らせ致します。
「初めにシナリオありき」が私の好きな格言。
では、片目のダヤン





人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】ヤバイ金(DangerMoney)?

2016-05-25 14:09:23 | Weblog
伏見様及び読者の皆様:

おはようございます。朝のテレビニュースは見るモノですね。昨日、企業の社長と来日中の外人と酒を飲んでたので、

朝から完全な二日酔い。50を過ぎると、その酒がなかなか抜けない。そんな今日、家内の一言でベットから飛び起きました。

「中国人が14億円引き出した!」とか。そのテレビを見ると、テレビ朝日のグットモーニング。全国のセブンイレブンの店舗

(それも西日本地区が多い)で総額14億円のカネがほぼ同時期に引き出された。セブンイレブンは警察に相談中。

それも南アフリカ共和国の金融機関発行のクレジットカードやキャッシュカード。これには、「ウラ」があり過ぎる。

咄嗟に思い付いたのが、十代の頃に購入した伝説のプログレバンドの「UK」。イギリス出身。そのアルバムは、

「デンジャーマネー(ヤバイ金)」。アルバム・ジャケットもイギリス紳士と思われる男が石鹸を付けて

両手を洗面所のシンクで洗っている姿。これはかなり複雑なマネロン取引を終えて、高級レストランでキャビアと白ワインを

胃袋に流し込む前―そんな感じを巧に暗示。ちなみに、「ネコに小判」の英訳は、キャビア・トゥ・ザ・ジェネラル

(caviar to the general)。シェークスピアのハムレットに出てくる。

その歌詞の中で、ボス(命令指揮者)にバレたらどうする?しかし、主人公とその手下は、そのままネコババ(hit and run)。

私が思うに、これは中国諜報機関が描いたシナリオ。その根拠理由:

都市銀行や地方銀行のATMで引き出さなかった→バレバレになるから

東京や関東地区ではなく、西日本セブンイレブンに集中させた→本社(東京)への業務連絡が遅れ、途中で作戦も変更し易い

店内の防犯カメラでもコンビニのATM装置付近は死角になる場合が多い。つまり、始めから練られた作戦(elaborate plan)かも?

現時点で、この多額のカネの入手が習金平一派か江沢民一派のどちらの指示系統で動いたのか否か判りません。

しかし、その痕跡を辿る方法はあります。防衛省の分析班の方々―アメリカやイギリス発行の軍事雑誌こと「ミリタリーマガジン」を

来月号(6月)から暫くの間、購入して読み込んで下さい。それも読者欄を。必ず出てくる。例えば、

「ウージーマシンガンとロケット砲。数量に関係なく購入希望。すべて前金」とか。そして、

その私書箱の住所を必ず追って下さい。仮に精査出来ない場合は、直ぐに職員を現地に出張させ、確認させる。

それで、元海運マンから一言。中国国内の通関と内陸輸送の観点から、奴らは必ず自国の船会社を使う。

だから、コスコ(COSCO)やチャイナ・シッピング(CHINA SHIPPING)やSITCの上海や寧波向けの20フィートコンテナには注視が必要。

日本の税関当局と事前に相談の上、日本に停泊している貨物(20フィート・コンテナ)を任意でチェックしてもいいし。

これは、もう時効だから書くけど。

1990年代、マスコミから批判・非難が多かった神奈川県警。でも、彼らが行ったことで評価できるのは、
中国人の密入国者を横浜港で逮捕・連行したこと。私も一回だけ立ち会ったことがあって。まるで、映画そのモノ。
業務用のバールで刑事がコンテナ側面を叩くと、その騒音に脅えた中国人が音を立てる。
そして、コンテナから出てきたのは複数のみすぼらしい中国人男女。この詳細は、2019年に上梓する小説で。
密航者と中国人は最高の組み合わせ(Stowaway and Chinese, They have a good combination)。
では、片目のダヤン

*写真は横浜港



人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

【Suica割氏寄稿】東京都民の皆様への激励、転載自由、拡散希望

2016-05-25 07:59:31 | Weblog
連日、たくさんの方々が桝添知事の行動に怒って、都庁に抗議の電話やメールをしてますけど、それはお止めになった方がよろしいです。

それよりも、効果があり、他の大事な用件のある方々の迷惑にならない方法をお教えします。

連日、都庁は抗議でパンク寸前ということは、他の用件の方の用事を済ます時間を余計にかけさせるという迷惑を与えています。

これは、他人に迷惑をかけないという人としての美徳に反します。

次に桝添は、末端職員が電話対応で大変な思いをしていたとして、それを負担に思うような神経の持ち主か?

それを考えるべきです。

そういう抗議で大変という言い訳なんか聞きたくない。それをどうにか納得させるのが、職員の仕事と言いそうではないですか?

相手にとっては、全く痛くもない行為です。

では、どうするか?

相手にとっては、致命的な行為をしてやるのが一番です。

ハードルが高くても、効果的なのがリコール。150万人の都民の署名が必要ですが、それなりに集まるだけでも、
精神的ダメージ(精神的ダメージを与えられる理由については、後述します。)を与えられます。

上手くいけば、解職に持ち込めます。

それと平行して、都議会の方々に解職の議決を行うように請願を行いましょう。出来れば、賛成してくれたら支持します。
反対するなら、投票は他の候補に入れます等の一言を加えるならば、より効果的でしょう。
つけ加えるならば、自民党の東京選出の国会議員の皆様や都議会の皆様に桝添を押した事の責任への対処を行うように働きかけましょう。

もとから反対派ならば、追い落とすためにさらに頑張ってくれるでしょうし、賛成派も自分の首のために努力を惜しまないでしょう。

さて、ここで、リコール不成立でも、それなりに支持が集まる事が桝添に精神的ダメージを与えられる理由を述べましょう。

解職の議決を行うには、三分の二の出席があり、かつ、四分の三の賛成があることが要件です。解職の議決をされた場合、
知事は地方議会を解散する事が出来ます。ただし、その解散選挙の後では、過半数の議決ですぐに解職可能です。桝添
の不支持が高まるにつれ、都議会の皆様にとっては、知事が解散を行う可能性が低くなり、解職の議決をするハードルが低くなります。
桝添にとっては、解散をしても、桝添反対派にとって、追い風の環境であるため、自分の言いなりになる
議員が少ない環境が生まれます。結果として、二度目の解職の議決をされるだけで、
意味無いですから、桝添に精神的に追い詰められる感覚を味あわせる事が出来ます。

都民の皆様には、怒りを意味ある行為に変えて、桝添を始末される事を期待しています。

桝添の頑張り次第(面の皮の厚さか状況認識の甘さ)では、日本政治史発のリコールされた知事という肩書きがつきます。

ならば、都民の皆様には、その歴史を作った一員となるのもよろしいと思います。

以上



人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】英語力を簡単に判断する方法?

2016-05-24 19:13:28 | Weblog
伏見様及び読者の皆様:

スアレス山本さんの検証記事を読んで思い出したこと。サラリーマン時代の後半から新規・中途採用に関わりました。

特に、後者では即戦力を必要とする外資系だったので「英語力」が問われる。総務部や人事担当者は、英語の試験

(これは英作文と英文読解を含む)をしましょうと、執拗に迫る。でも、私は面接試験で三つの日本語を言ってその場で、

訳させるに固執しました。理由は、英語の「センス」が直ぐに判るから。その三つ全問正解が「内定」。

二つの場合は、試用期間を「延ばす」。そして、一問正解や全問不正解は、その場で「サヨナラ」。問題文は、以下の通り。

こういうふうに日本では商品が流通しています。
所得税は来年下がるだろう。
日本の景気は不景気になり始めました。

解答:This is the way/how merchandise is distributed in Japan Income taxes will go down/drop/fall next year

Japan’s economy started to get sluggish/become stagnant/stagnate。

これで、驚くことに全問正解は在籍時、一人しかいなかった。女性で農学部出身。それで、候補者のうち、

2割前後しか二問正解がいなかった。彼らは外国語学部英語学科卒や文学部英文科卒でもなく、工学部や経済学部や農学部ばかり。

今でも思うことは、外国語学部や英文科出身の方は、あまり英語や外国語に向いていない。理由は判らないけど。恐らく、

彼らは自分が勉強したスタイルを変えないんでしょうネ。永遠に。会社でTOEIC導入(830点以下はサヨナラ)で、

犠牲になったのも外国語学部・文学部(英文を含む)・法学部出身の順。これが全体の90%以上。

それで、スアレス山本さんご指摘のジャパン・タイムズのスタッフ・ライターことMagdalene Osumi女史に関して。

私は直観でこの方は、ハーフでもなくQuarterでもない日本人か在日朝鮮人の方と思います。その理由:日本語で考え、

文章を構築した場合にその日本語があまりにも推拙。多分、政治資金規正法の言葉も知らないし、立証や確証や証拠の違いも良く判らない。

そんなレベル。だから、日本の大学は何処も入学できず、アメリカに渡米。それで、語学学校を経て地元の短期大学に入学。

その後、アメリカ人や他白人と結婚(相手はかなり年上)して、帰国。

そして、確固たる専門知識もなく、ジャパン・タイムズに入社。アルバイトや派遣社員の時期が長かったにも関わらず、

社員になれた。恐らく、突然の社員の退職かも。あと、年齢は40後半〜50代でショート・カットの方で、

真っ赤なルージュを好む方に見えました。身長は普通。でも、決して会いたくないオンナのタイプ。

それから、英文や日本文からその人物を的確に読み取る方法は、何れお話します。

これは、私が本を上梓する2019年かも?

では、片目のダヤン


以上

人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【スアレス山本氏のコメント】ジャパン・タイムズ例の英文記事の検証

2016-05-24 15:15:32 | 皇室
今回、ダヤン様記事「ジャパンタイムズ…」のコメ欄に投稿しようと

したところ、禁止ワード?で弾かれてしまい、勝手ながら

拙文をメールにてお送りさせていただきます。

===========================

遅くなりましたが、土曜日のJapan Timesを読みました。

このStaff WriterなるMagdalena

Osumiは何者でしょうね。

ただのハーフで、バイリンガルならぬパラリンガル?

外国語学部英語学科ではなく、文学部英文学科?

同じ言葉を繰り返し使うのは、文章に対する美的感覚がない?

英文を書きなれていないどころか、

人の書いた文章をあまり読まない?つまり読書をしない?

ダヤン様の的確なご指摘が、まるで受験生への添削のようでした。

一般人なら構いませんが、プロの物書きとしてはいかがなものかと。

===========================

以上


人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】ジャパンタイムズを20年ぶりに読んだら。。。。

2016-05-22 18:39:03 | 皇室
伏見様及び読者の皆様:

スアレス山本さんのJapan Timesの女性記者から舛添への質問―その一文が中枢神経内の言語野(言語機能を司る神経細胞)に引っ掛ってしまって。

実はこのジャパン・タイムズは、サラリーマン時代に定期購読(subscription)していました。併せて、日経と朝日も。

会社では、業界紙に属するShipping Trade NewsとFinancial Timesを読んでいました。

その定期購読を止めた理由。東京の在日外国大使館のパーティーに顔を出すようになり、その複数の大使館職員に云われたこと。

「英字新聞は何を読んでるの?」私は誇りをもって、「ジャパン・タイムズ」と言うと、皆一様に怪訝そうな顔つきに豹変。

「本当かい?」「日本語英語(ジャパングリッシュ)って楽しの?」もっと辛辣な方は、

「日本人が英語を話せない一つの尺度(barometer)」とか。これは、イギリス人。

それで、上記の女性記者が執筆したと思われる舛添関連の記事の新聞を購入して読んでみました。

題名は、カッコイイ。「舛添、傲慢の費用を大騒ぎの経費でまかなう(Masuzoe defiant on expenses furor)」

これは恐らく、英語圏出身の編集キャップが考案した文章でしょう。ちょっと、詩的。理由は、

オン・イクスペンスズにしているところ。しかし、本文の内容はモロJapanglish(日本語英語)。多分、

この女性記者は、日本語で考え→和英辞典(電子辞典かも)→英和辞典(同左)→グーグル翻訳で整合の順で綴った。

その理由:―蠍を述べた・表明した・示唆した・強調した等を意味する動詞がすべて(said)。本来なら、

発言内容に準じて、remarked→expressed→indicated→emphasizedにすべきでしょう。

金曜日に記者会見を行ったことは、明白な事実。従って、記事内に4回以上もFridayを書く必要なし。1回で十分。

それとも読者の中に「週の曜日で木曜日に続く日(day of week following Thursday)」を知らない読者がいるのか?判りません。

受け止めるは、(accept)ではない。このアクセプトの本来の意味は、(1)喜んで受け入れる(2)招待等に対して肯定的に返事する

(3)好意的にみなす(4)有効な(情報・商品等)であるか否かを受け入れる等である。従って、舛添発言の「真摯にご批判を受け止める」は、

(I will humbly accept criticism)ではなく、(I will unwillingly receive criticism)にすべき。

残念ながら、前者は英語圏・非英語圏を問わず、誰も言わない。どっから、出たのかしら?外務省か創価学会?

ぃ毅廝隠箸すべて滅茶苦茶だけど、特にヒドかったのが(Who)に伴う所有格変換。これは中学校1年の1学期に学習した内容。外務省顔負け。

サ事の始まりの「難題をかかえた?東京都知事(Embattled Tokyo Gov.)」は、ジョイスやモームが活躍した時代の表現。

少なくとも60年以上古い。従来は、敵軍に囲まれてその準備をすることや戦闘に対して十分に強化することだから。

そうすると、難しい状況や立場に追い込まれている(corner)が無難。従って、(Being cornered Tokyo Gov.)が正解。

最後の記事の(The group is co-headed by Hiroshi Murakami)もオカシイ。この場合、東京地検に告発・告訴状を提出したのだから、

(The group is masterminded by Hiroshi Murakami)が正しいのでは?

Я澗里僚蠍:舛添は記者会見で、数百人に及ぶ記者から質問攻めにあったのだから(1)be bombarded with questions

(2)be peppered with questions(3)be flooded in questionsの何れかを記事に書かないと、

臨場感のあふれる記事にはならない。只の瓦版や学級新聞クラス?

┐△泙蠍世い燭ないけど(I’m hard to say that)、英検1級・工業英語1級・TOEIC980点以上の取得は、

来世以降に期待するしかない絶望的な英語力の方。ちなみに、私はこれら三つと仏検1級取得をすべて30代で取得しました。

本来なら、英語の記事を書いてはダメな方。この際、日本語で考え→和英辞典→英和辞典→グーグル翻訳等での整合作業は止めて頂いて、

「英語で考え」→「英英辞典」→「自分のアタマでの変換作業」のステップにして下さい。これじゃホント、

日本にいる外国人は誰もジャパン・タイムズを読まなくなる。現にそうだったら、恐縮です。では、片目のダヤン

追記:前回のアイリーン・ネミロフスキーに関するイギリスの書評。私だったら、こう訳します。

原文:”A novelist of the very first order, perceptive and sly in her emotional restraint”.

この文は、orderの次に(which is seen)が省略されている。翻訳:「一人の小説家による(超)最初の注文書であって、

心情的に抑制された作品から、著者自身の知覚力の鋭さと茶目っ気が読み取れる」語学能力とは、母国語と外国語を掛け算して、

数学脳で割り算することが、私の考え。実に簡単なこと。誰にでもできる。


以上


人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【S女史寄稿】伏見先生への御知らせ、熊本大地震の続き

2016-05-22 09:02:06 | 皇室
熊本地震の余震がいまだ止まず、震源が大分県側に移動していると聞き、肝が冷える思いでおります。
大分県の北には宇佐神宮が鎮座しているからです。かの和気清麻呂公に神託が下った運命の社が。
ご存知の通り、日本の中央構造線の西の守りは弊立神宮と阿蘇山(阿蘇神宮)のペア、東は香取、鹿島の両神宮。
東は5年前に破られました。今回は西。もう日本のどこで大地震が起きてもおかしくありません。

糸魚川-静岡構造線も既に中越沖地震で破られてますし、残るは富士山だけです・・・
(今回の地震が南海トラフ地震を引き起こすのではとも言われております。勘弁して欲しいです)。
しかし、これは神からの日本人への天罰では断じてなく・・・祭祀を怠るだらしない内廷皇族への警告だったはずです。
5年間も、いや阪神淡路大震災以来約20年 神の声を無視してきたツケは大きいと思います(神戸では『神の戸』が開くといわれました)。
神の戸どころか地獄の釜の蓋が開きそう・・・。もちろん、正田美智子と佐伯徳仁を引きずり込むために、です。
なら何故、大地震を起こして無辜の民を苦しめるのか?と疑問でしょうが、神の論理は人間には不可解で不条理だから、としか答えられないのです。
宇佐の神は皇室の危機に動かれる神、内廷では愛子さんは完全に影武者と入れ替わりました。
修学旅行にも愛子さんとして参加しているとはおぞましい。女帝擁立のクーデター、やる気充分か?

宇佐の神様はつくづく女帝と縁があるようですね、かの称徳女帝は宇佐神宮信託事件を起こし、その翌年崩御されました。
八百万の神々はもう本気モード突入みたいです、怖っ。
神と民をあざむく偽皇后と偽東宮は要らない、祭祀をおこたる天皇はすげ替える。結果、東宮肥は無能ですから自然に干上がります。

影武者の少女は気の毒ですが、民を欺いた罪を償わねばならなくなりましょう。

東宮の地位は秋篠宮様が継ぐのでノープログレムです。

これで全ての問題は解決です。

(『天の岩戸』神話の再現、今上から文仁天皇への譲位が拝見できましょう)
しかし、これだけの大事を成すからには、神様とて通常業務スタイル(?)では無理で『臨戦体制』にギアチェンジしないといけない。そのために・・・。
奇しくも今年は申年、諏訪大社御柱祭の年でもあります。前述した中央構造線と糸魚川-静岡構造線が交差する地点を守るのが諏訪上下両大社の神様です。

4月の下社御柱祭の山出し(木落とし)の数日後が熊本大地震です。御柱祭の年は様々な祭事が夏まで続きます。

熊本地震の前震、本震という流れが諏訪大社上社の前宮、本宮という二社構造と奇妙に重なっているし・・・。
下社の春宮、秋宮という構造も池沼『春』宮から『秋』篠宮様へと変わることを示唆している?・・・勘ぐりすぎか
(イタリア訪問された文仁親王殿下と紀子妃殿下は完全に『皇太子ご夫妻』待遇でした!)。再び秋に地震があるかも・・・、勘弁して欲しい。
熊本と諏訪では遠すぎると思うでしょうが、神様にとっては距離は関係ないですし、実は九州は諏訪系の神社の多いところです。
古代九州で、大和朝廷に屈服した熊襲(クマソ)や隼人(ハヤト)と呼ばれた人々の無念を鎮めたのが諏訪の神様のようです。
どちらも縄文文化の栄えた地です。

内廷皇族どもは祭祀ブッチで、古き縄文の荒ぶる神まで目覚めてさせてしまったか?
(諏訪の神を怒らせたばっかりに滅亡したのが甲斐武田家です)
神様達はチームで動きますから、天津神の皇祖神チームに加え、普段は別系統の国津神チーム
(諏訪の真の神は龍神とも縄文の古き蛇神ミシャグチ様ともいわれます)まで一緒に動いたらどうなるか!
地上は大荒れ必須です。蛇神系の神様は、怒らせたら本当に恐いですよ。諏訪大社は信濃国(長野県)一の宮、
長野県は盗宮負債が公務、祭祀ブッチでスキーや静養に行くところ、何かやって怒らせましたか。
私としては雅子のオウンゴールに思わず万歳三唱したいくらい。
中央構造線を守る神社には不思議と龍神がついて回ります。東端の鹿島神宮は地震を起こす大ナマズを押さえる要石があります。
ナマズ(文仁親王の研究対象)は実は龍神のことだとか。諏訪には古くから龍神(蛇神)伝説が伝わり、
西端の阿蘇神宮の神の名には『龍』の字があります。偶然にも文仁親王と悠仁親王の守護神は龍神ではありませんか。
天津神、国津神、八百万の大神様、龍神様、お願いします。どうか連れて行って下さい、あの要らん二人(ミチナル)を。
荒ぶる神々が目覚めるだけに、地上は大荒れでしょう。日本の現状がまさに該当。五輪直前のブラジルも大統領弾劾で大荒れ中。

米大統領選挙も大荒れ模様。先生のお見立て、相変わらずお見事です。正直イヤですが、トランプ新大統領誕生でしょう。
だがトランプは逆説的に日本の為には良い大統領かもしれない。夏場にトラブルがありそうですが、しのげそうです。
そのままの勢いでヒラリーに勝てましょう。しかし年齢的にも一期だけ?2020年は彼にはキツい年です。旋風は既に止み、反発も凄いだろうし。

トランプを米国が超大国を降りるきっかけを作る男として、私は評価します。彼の『言葉を玩ぶ』癖は
エンターティナーとしては一級でも政治家としてはどうなんでしょう?政治家の言葉は武器であり、
その武器を徒に玩ぶ癖をなんとかしないと政治家としては1.5流で終わるでしょう。
トランプ大統領の間に、日本は果たして憲法改正をして核を持てるのか?チャンスは数年間しかない。

安倍総理との相性は悪くない。互いに助けあえる関係。政治家としては安倍さんのほうが数枚上手で望むものを
トランプから得るでしょう。もしヒラリーがダブルだったら・・・読めませんし、大統領にだけはなって欲しくない。
荒れるのは地上だけなく、今後は内廷も荒れるはず。どういう形で荒れるかは未知の領域です。神の論理は人間にとっては不可解で不条理です。

神様の心を和らげ人間が望むような福徳を頂く一つの方法が祭祀ですが、神道の宗家たる天皇陛下が祭祀をなさらないのでは・・・個人で出来る事はもう限界です。

今上らが今のところ無事なのは皇祖神様方の余徳のお蔭ですが、じきに徳分が尽きる頃でしょう。
祭祀をしてさえくだされば鎮まったものを、何人犠牲者がでたことか・・・天災天皇とは、実に言い得て妙。
一方、国士 安倍晋三先生にとっては今回の地震に加えトランプ旋風は『神風』かもしれません。
消費増税凍結はほぼ決定、夏の選挙で勝つのは確実で、長期政権化は確定しました。
トランプとはナショナリスト同士で意気投合するでしょう。自虐史観は過去の産物となりましょう
(面白いのはトランプ大統領の目が出た途端、マスゴミが安倍さんを叩かなくなった点です)。
結果、干上がるのは日本国内の反日左翼と正田美智子です。
『昭和大帝の再来』文仁天皇と『天命の男』安倍総理のタッグが実現すれば・・・日本は名実共に世界の一等国に返り咲きです
(それをさせたくない連中が現在いろいろやってます)。さらに米国でトランプ大統領が誕生すれば、戦後レジームは完全に終了します。
四柱推命でも、神道の見地からでも様々なことが重なる2016年は何という年でしょうか。
申年は俗に『騒ぐ』年と言われますが、こんな申年はかってない。
先日、茨城県(鹿島神宮の北)にて震度5クラスの地震がありました。一年のうちに中央構造線の両端で連動地震、
しかも諏訪御柱祭の5月の里曳きの後。ついに三社の神が揃い踏みか・・・、これはもう内廷で近々大激震が起きましょう。
現に盗宮家のスケジュールはまっしろけ状態。
実は約400年前にも中央構造線上で連動地震があったことは、日本史家の磯田道史先生(『武士の家計簿』『天災から日本史を読みなおす』)
が言及されています。1611年に東北地方で大津波を伴う慶長三陸地震が起き、その8年後の1619年に熊本で肥後八代地震が起きました。
(前震、本震という揺れ方が今回と似ており旧八代城が倒壊しています)
その数年間に起きた大事件が二度にわたる大阪の陣(1614〜15年)でした。でれでれ草様は、正田美智子は淀殿とそっくりだと看破されました。
正田美智子は托卵子、佐伯徳仁と共に旧江戸城に『籠城』中です。正田美智子は『皇后』でもない明仁天皇の妾、
豊臣秀吉の側室の淀殿と立場は同じ。淀殿と秀頼に見方したのは牢人ばかり、大名達はとっくに見限っておりました。
当時来日した宣教師が「秀頼は、秀吉の実子ではないらしい(すなわち托卵)」と報告しているくらいですから。
そして今回は幸いなことに内廷側に大軍師、真田幸村(信繁)はおりません。勝負は目に見えております。
実は徳川家康は地震に助けられて天下を取ったのです。慶長三陸地震の15年前に慶長大地震が起き、
5日間で大分、愛媛、京都と西日本をM(マグニチュード)7クラスの連動地震が襲ったのです。
この大地震のおかげで、家康は秀吉の討伐を間一髪まぬがれることが出来ました。
その年(1596年 慶長元年)の干支は丙申、なんと今年2016年と同じです!(秀吉の死は1598年)

淀殿を滅ぼした家康に現在あたる方はどなたか申すまでもありますまい。
日本の場合、地震を味方にできた人が最終的な勝者になるみたいです。
歴史は一定周期で繰り返す、この法則を発見したのは、かのミシェル・ノストラダムスでした。
多少順序は違っているものの、再び起きるであろう最も確率の高い出来事は、托卵母子の破滅です。
仁徳天皇の逆パターンでこれだけ無辜の民を苦しめ続けたのですからね(怒)、天罰かゴルゴ13かは測りかねますが、必ずや逝っていただきましょう、地獄へと。
『落城』はあと少し、伏見先生はじめ読者の皆様どうかご油断召されぬよう!
P.S.

朝鮮ネズミ男こと桝添要一関連の記事を興味深く拝読しました。

先の都知事選の時、谷垣禎一自民党幹事長は桝添の公認を唯一人反対しました。
新党改革の一件を恨んでいるのかなと思っていましたが、それ以前に桝添要一の人間性が信用できなかったのですね。
谷垣さんの言う通りにしていれば自民党も泥をかぶらずに済んだものを。

今からでも遅くない、東京都民の方々に桝添リコールをお願いしたいです。
桝添の運勢が今年ここまで暗転するとは思っていませんでしたが、私見ですが昨年までの運気の良い時に桝添、やり過ぎました。

人間、誰しも運勢の良い時、悪い時はありますが、面白いことに幸運期に調子に乗りすぎると運気が変わったとたん『沈没』する人が多いです。

人間、上げ調子の時こそ仕事や私生活で成果を上げつつ、周囲に気を使い礼節をわきまえ人に優しくせねば。
調子の良い時にイヤな面を露にし過ぎると、運気が変わると人は助けてくれなくなります。
桝添、このケースにもろ該当・・・。温和な谷垣さんを怒らせたりとやり過ぎました。

逆に低迷期は卑屈にならず、最低限のノルマはこなしながら、スキルアップや勉強、趣味で自分に『貯め』を作っておく。
やがて来る飛躍の時期に備えるために。

人生の荒波を中波ぐらいに抑える知恵ですが、桝添はもう手遅れです(この法則によると4年後のトランプもヤバいかも、敵を作り過ぎて。他にもヤバい人達が・・・)。

四柱推命の命式とは実にこわいものです。全て露になりますから。
最後に遅ればせながら、今回の地震の犠牲者の方々のご冥福と、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
長々と失礼いたしました。

伏見先生が益々お元気でご活躍されますように。

先生のお見立てが当たるよう毎日自宅の神棚の前で祈っております(ついでに自分の見方も当たるように)。

以上
人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】舛添―反面教師的な役割かも?

2016-05-21 01:22:50 | 皇室
伏見様及び読者の皆様:

御世話になります。今日、企業の社長と一緒に舛添東京都知事の記者会見を観て、前者曰く、

「あんだけ嫌いだった男が憐れに見えてきた。XXXさん(私の名前)は、どうですか?」とか。

私も彼の気持ちに近く、「嫌いかもしれないが憎めない」や「憎らしいが嫌いにも成れない」の感情。

英語で云う、アンビヴァレント(Ambivalent)・対立ニ者感情。これを例えると、1960年代生まれの方は、

直ぐにその「悪役(ヒール)」を思い出すハズ。

その名は、黒い呪術師こと「アブドーラ・ザ・ブッチャー」のプロレスラー。彼がいたこそ、

ジャイアント馬場やアントニオ猪木がスポットライトを浴びた。絶対的に必要不可欠な悪役なのです。

ちなみに、私は小学校時代にクラスでデブな同級生に何時も「足4の字固め」を掛けていました。

もっとも、女子生徒にはしません。でも、ある時、ある女子生徒にこう云われました。

「学級委員だから何でもできるって、大間違いだから」とか。この女性はその後、学芸大に進み、

現在は都立高校の国語教師。しかし、男運はなくバツ2。

話を舛添に戻します。都庁の試算で新たに都知事選挙を行う場合―少なくとも43億円前後の予算が必要。

このカネがあったら東京都の保育園を少なくともその遊休地に30前後設立できるだろうし、

老人医療の補填にも回せるし、生活補助世帯にも援助ができる。ウ〜ン。もっとも、

私がサラリーマン時代の海運業界では、20フィートコンテナが五千本積載できる「コンテナ船」を建造できる。

それも新造の海上コンテナと併せて。個人的に、東京都がコンテナ船を持つことは大賛成。

これは、東京港の発展にも繋がるし、その元金も5年弱で回収できる。要は、

海運会社にそっくり傭船すること。現在、ヨーロッパの自治体が行っている。

結論は、舛添が辞意を表明しない限り、2018年まで続投すべきが両者の考え。

本末転倒(The tail is wagging the dog)?や逆説的意見(paradoxical opinion)?との考えがあるかもしれません。

しかし、費用対効果や政治的空白を考慮すると、このシナリオが一番最適かも?それで、舛添東京都知事―暫くの間、

眠れない日々が続きますネ。私はアナタの英語力は兎も角、仏語能力がどれくらいあるか判りません。

しかし、この本を薦めます。著作者名は、アイリーン・ネミロフキー(IRENE NEMIROVSKY)。

ロシア系ユダヤ人女性で、フランスで教育を受けた。原書は仏語で、翻訳本は英語。翻訳本が出ているか否かは、知りません。

作風は、二十歳の原点を描いた高野悦子とフランツ・カフカを二乗した感じ。
人間の不条理さと周囲の突然の裏切りが的確に描かれている。正に、アナタの現状と同じ。
作品は、デイヴィッド・ゴールダー(David Golder)、舞踏会(The Ball)、秋の雪(Snow in Autumn)と
クリロフの事件(The Courilof Affair)の四つ。すべて一冊の短編集に記されている。
彼女は、1942年にアウシュビッツで死去し、2007年にイギリスのブッカー賞を受賞した。そして、
この本を読んだから辞任を決意したとは、言わないで頂きたい。最後に、その当時のイギリスの書評:
A novelist of the very first order, perceptive and sly in her emotional restraint.
では、片目のダヤン





人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】在日外国大使館パーティーの別の顔?

2016-05-20 13:08:26 | 皇室
伏見様及び読者の皆様:

おはようございます。本日、火の玉(fire ball)ではなく、火ダルマ(mass of flames)に成ることが必須の

舛添東京都知事に関して。彼の心温まる素敵なエピソードを思い浮かべることは困難ですが、

歴史に「イフ」があればの話で進めます。これは、意外と知られていないことで、在日外国大使館が頻繁にパーティーを行うには、

その必然的な理由があるからです。

本国が勧める商品が外国でどのように売られているか?

新たな買手(バイヤー)が潜んでいるか

その代理人(,鉢△量魍笋魃蕕犬襦砲六臆辰靴討い襪里等々。

その当時(1990年代)、日商岩井は南アフリカからの大理石輸入で、ダントツのトップでした。彼らのアタマが良かったのは、

その原石をバルク船で輸送して我が国で整形加工するのではなく、現地で(日本側のお客さんの要望に合わせて)

加工してコンテナで運ぶ。これが意味することは、そのコンテナが入港後、直接エンドユーザーに運べる。

その用途は、墓石からビルの内装内壁まで。経済学上の「生産と販売」を仕切っていた。デビアスやマイクロソフト顔負け。

そして、舛添の隣にいたのが日商岩井の経営部門室長。この男は、やがて関連会社の社長になり、現在は引退。

そこで、「イフ」に戻ります。仮に舛添が、通訳なしてこの駐日大使と会話ができた場合。私だったら、

日本でのデビアス(ダイヤモンドの総元締め)の代理人に自分自身を売り込んだだろうし、

南アフリカのもう一つの顔であるイスラエル産の機関銃「ウージー(UZI)」のライセンス契約に着手したと思います。

このイスラエルは、唯一南アフリカだけにそのライセンス生産を許している。最後は、原子力のキモである「イエローケーキ」。

これも南アフリカで産出される。これはどれか一つ選択しても、彼は大金持ちになったハズ。これで、公金を追わなくて良かったかも?

しかし、舛添は実にくだらない電波芸者(タレント)の選択をして、挙句の果てー公金取得しか興味のない政治家に成り下がってしまった。

私のサラリーマン時代にいた業界でよく言われた話。「今日の一万円しか追えない男は、数ヶ月後の一億や十億円を得ることはできない」

その理由。目先のカネはシナリオが要らないが、将来のカネは綿密なシナリオが必要。それだけ。

舛添東京都知事―私は、アナタが東京拘置所に収監されても面会に行く気はサラサラない。

しかし、彼の弁護士や支持者の方。この記事を覚えて彼に伝えて下さい。
それから、第二の人生は、ビートたけしが云う「温泉レポーター」ではなく、山本モナと一緒に「ラブホレポーター」がお薦め。
東京MXテレビの深夜番組に登場して下さい。コアな視聴者を獲得できそうな気配。では、
片目のダヤン
追記:この南アフリカには、世界の支配者に直結する代理人が数多くいますネ。それもイギリス人のアルフレッド・ミルナー卿を軸として。
*写真は、アルフレッド・ミルナー卿
≪管理人補足≫
初代ミルナー子爵アルフレッド・ミルナー(英: Alfred Milner, 1st Viscount Milner、1854年3月23日 - 1925年5月13日)は
イギリスの政治家。ガーター勲章勲爵士(KG)、バス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCB)、
聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCMG)、枢密顧問官(PC)。
ドイツのギーセンで生まれ、イギリスに渡り、オックスフォード大学で学んだ。財務大臣ジョージ・ゴーシェンの個人秘書となった。
1897年、植民地大臣ジョセフ・チェンバレンによりケープ植民地の長官に任命される。南アフリカのイギリス代表として、
ボーア政府と対立、ボーア戦争を起こした。第1次世界大戦時にロイド・ジョージの戦時内閣で活躍、フェルディナン・フォッシュ元帥と
連合軍司令官に任命した。1891年、アスター卿、ロスチャイルド卿の出資により『帝国評論』(のちに『ラウンド・テーブル(英語版)』)
を発行する。王室とオックスフォード大学から表彰されている。
1925年、オックスフォード大学の総長に選ばれたが、就任前に亡くなる。
ミルナー幼稚園[編集]
ボーア戦争に際し、ミルナーはオックスフォード大学で優秀な若者をスカウトし、アフリカ征服のためのエリートとして養成した。
これが「ミルナー幼稚園(英語版)(ミルナー・キンダーガーデン)」である。メンバーは諸説あるが、下記の人物である。
• ジェフリー・ドーソン(英語版)
• ウィリアム・ライオネル・ヒチェンズ
• リチャード・フィータム(英語版)
• フィリップ・ヘンリー・カー(英語版)
• ライオネル・ジョージ・カーティス(英語版)
• サー・パトリック・ダンカン(英語版)
• ジョン・バカン
• ロバート・ヘンリー・ブランド(英語版)
• ジョージ・ゴッシェン (初代ゴッシェン子爵)



人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加