伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【詠み人知らず】カチカチ山の狸と化した余命爺、信者の暴走抑えられず、無限拡散

2016-07-01 10:39:56 | 皇室
★動員数で嘘つくのは極左団体の十八番ですね。やはり、そういうことなんでしょうか。

★余命のケツには火が付いていると思いますよ。

あの集金、やばいですからね。

★集金ストップも意味不明です。

★やっぱり供託金だろうなー。

F呼ばわりは伏見ブログに人を集めたくないのではと思います。

なにせ、アクセス数が週に800でしたっけ? 笑

★明らかな嘘ついて矮小化しないといけないくらい、何か都合悪いんでしょうね。

余命のアクセス数も公称と一桁違いますね。豆腐3000,信濃1300でしたっけ?所詮こんなものだと思います。

≪サプライズプレゼント≫

余命爺の「間抜け」なコテハン達のプロファイリング

「パイプの煙」こと【パイプの糞づまり】

パイプの煙については、西宮か神戸のそのあたりに住んでる男。年は結構高め。

三菱電機に勤務歴あり、少なくともも中国籍朝鮮族で関係者の可能性がある。以前は名古屋の大曽根近くで働いてた。

以上

人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】女の惑星②

2016-06-30 11:57:32 | 皇室
伏見様及び読者の皆様:

おはようございます。今日のテーマは、先週言及した「オンナの惑星」の続編。

朝のニュース番組を観ていたら、予測した小池百合子(63)元ニュースキャスターが東京都知事選挙に出馬宣言したとか。

個人的には、私の予測が的中した反面、複雑な心境。この女性―反知性主義でもない「先天的知性欠如」を標榜する方でしょ?

作家の曽野綾子や林真理子のような。

文章や発言に接しても中々、馬鹿か利口かの判断が付かない。でも、数日後読み返してみると、

明らかに原始的知性が著しく欠如しているのが判る。即ち、「反復連動性」がないから。具体的に言うと、

すべての事象に対して「自分の思い込みを嵌め込んだ」だけの方。分析能力や予測能力の蓄積も無い。

東京都民として、これ以上「民度」が著しく低下することを避けたい。

そこで、私が推す黒木香(本当に自殺したのですか?)や風祭ゆきが立候補宣言をしないので、

最後のウルトラCの候補者の紹介を。その名は、片山さつき(57)現参議院議員。

そして、私が選挙プランナー又は選挙参謀になったと仮定して、以下のアイディアを紹介。

【選挙スローガン】:「エコノミーの私」「無能だった前夫のオトシマイのツケをこの私がキッチリ精算させて頂きます」「私はセコクない」「副知事もオンナにします」

【選挙中の服装】:「浴衣」で統一。本来なら着物がベストだが、選挙期間中は梅雨明けに属して兎に角、暑い為。

【選挙中の応援演説】:オトコをメインで起用し、そのオトコ達にも着流しや浴衣に統一させる。推薦する応援者は、俳優の松方弘樹と梅沢冨美男。

【選挙中のアトラクション】:遊説演説が終わる度に、右肩の浴衣を捲り上げ、「桜吹雪」の入れ墨を有権者にご披露。ヤクザ映画の絵師に相談して下さい。

【選挙中のテーマソング】:「東京音頭」とムソルグスキーの「展覧会の絵」(Pictures at an Exhibition)。この落差がA層のオトコの心を鷲づかみ。

【選挙中の最大の山場】:舛添要一のソックリさん(劇団に要請)が遊説車の舞台に上がったきたところを

松方弘樹と梅沢冨美男が取り押さえる。これがTV報道されたら、瞬間視聴率も急上昇すると同時に「当選確定」が目の前。

なお、その舛添にはこんな台詞を云わせたい。「さつき、もう一度ボクとやり直してくれ」最高でしょ?これで、B層のココロも鷲づかみ。

【当選後の出版活動】:①「片山さつきの浴衣写真集」→コレ、意外と売れると思います。

但し、価格帯は三千円前後。世の中、怖いもの見たさの輩が沢山いますから。

②ローマ市長のビルジア・ラッジ(37)との「討論・対談本」→キャプションは、イタリア女と日本女による時空を超えた対談。

彼女を東京に招聘して、朝まで討論して下さい。この本も売れます。対談中のBGMは勿論、ピンクフロイド。

ご検討して下さい。では、片目のダヤン

*写真はピンク・フロイド
人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【S女史の解析】余命代替わり詐欺、「死ぬ死ぬ詐欺」か?無限拡散

2016-06-29 13:34:35 | 皇室
詐欺と言えば、初代が亡くなったという設定も、そうかもしれないと思い始めました。

気づいたのは、「なぐられる」という表現です。
初代あるいは2代目のころに、何度もコピペで出てくる2008年賢者のシナリオの

初出稿は、2013年2月か3月ごろの16.日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ①序章

>日本の政治において一 番の問題は隠れ朝鮮であった。

>よってマスメディアが朝鮮になぐられている状況をネットを使って打破し、真の日本国民の敵は誰かを明らかにしていく。

★違和感のある使い方です。また「殴られる」と漢字ではないところにも、ご注目下さい。なぐ•る【殴る・擲る・撲る】

1(こぶしや棒などで)相手を乱暴に強く打つ。「—•る蹴るの暴行」

2乱暴に物事をする。また、なげやりにする。補助動詞的にも用いる。「書き—•る」

私は日本語としては、似たような音で敢えて探すのならば、嬲られるが正しいと思う。

なぶ•る【嬲る】

1弱い立場の者などを、おもしろ半分に苦しめたり、もてあそんだりする。「新入りを—•る」

2か らかってばかにする。愚弄する。「教師が生徒に—•られる」

3手でもてあそぶ。いじりまわす。「おもちゃを—•る」

★この[なぐられる]の独特の使い方は、コメント投稿者やお追従ブログの誰ひとりとして使っていません。

★普通の日本語にはない使い方だからでしょう。

ところが、251 在日医師Red通報事案2015.8.21. (この時点では、三代目?四代目?)

>③大阪は極端にひどいが、他の都道府県でもトップから教育委員会までなぐられているところは多い。

もう1回。 335 9.4放談会2015.9.7.

今日は余命が出かけているという設定での、Dの発言の中に、

>先日、やっと朝日新聞集団訴訟の第一回口頭弁論が開かれました。

>この期日間隔を見るだけで、日弁連になぐられている原告団の限界を感じますね。

という一文がある。

ちなみにその直前に、Dは「余命さんの官邸メールにもその手法が随所に見られます。」と、

敢えて自分は余命ではないように強調はしている。

★そして、私が改めて変だと思った直近の記事が923 巷間アラカルト28、2016.6.27.
>とくに関西においては、パチンコ、タクシー、暴力団等の組織のほとんどは北がなぐってきた 状況であったため、

>もろに影響が出ている。

★「死ぬ死ぬ詐欺」っていうのが募金にはあるらしいですね。人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】鈴様への回答

2016-06-29 12:31:49 | 皇室

伏見様及び(鈴)様並びに読者の皆様:

 

昨日、ネットでイギリスの新聞をナナメ読みしていたら、面白い表現にぶつかりました。

 

「ブレグレット」=(Britain + Regret)即ち、「イギリスの後悔」ってことでしょう。

 

EU離脱をせず、残留のほうが良かった。一方、その前の表現は、「ブレグジット」(Britain + Exit)で、離脱のこと。

 

そして、サラリーマン時代に閲覧することができた資源系メジャーのレポートに「ブリコロニー」(Britain + Colony)の記載がありました。

 

これは、「イギリスの植民地」を意味します。これが記されたのは、2001年。

 

結論は、旧ソビエトが分断され、バルト三国やウクライナやベラルーシやカザフスタン等の新しい国家が次々と誕生。

 

ここで一番得をしたのは、それら独立国の国民や政治家やビジネスマンではなく、世界の支配者とそのプランナー

 

(所謂シナリオライター)と思います。その理由は、従来モスクワからの鉄の承諾が必要だった

 

「武器」「食糧」「エネルギー」「金融」の供給を諸外国や多国籍企業が自由にコントロールすることができる。

 

そして、旧ソビエト帝国の次のターゲットは、「中国大陸」。

 

私は前述のレポート通り、中国はここ6~10年以内に三国に分断されると予測しています。

 

①  北中国(首都は北京で通貨は香港㌦)

 

②  南中国(首都は広州で通貨は香港㌦)

 

③  インド領自治区(チベットとウイグル自治区を含み、首都はデリーで通貨はインドルピー)。

 

鈴様もご承知かもしれませんが、嘗て世界の七つの海の支配と世界の植民地化に成功したイギリスは、

 

目に見えない「隠し財産」を無数に保有しています。それも世界中の至る所で。

 

それは、旧植民地国で発行・流通されている通貨の「発行権利」で、英語で云う(Currency Issuing Rights)。

 

未だに一カ国につき、平均30~40㌫前後だから驚きですネ。日本もこの通貨発行権を朝鮮半島や旧満州や台湾や

 

東南アジア諸国から取得すれば、良かった。でも、できなかった。理由は、第二次世界大戦後以来、

 

外交政策と通商政策の立案さえも皆無の国だから。残念無念。

 

そこで、「何故、イギリスは中国のアジアインフラ銀行(AIIB)に加入するのでしょうか?そのメリットは?」の回答は、

 

前者が「底値買いの高値売り」ができるから。イギリスは恐らく、中国分裂の前に委託金の完全返還要求

 

(利息と利子をタップリ付けた)又はそれに等しい付随権利の要求をするでしょう。

 

後者は、その中国の分裂後、香港政府とインド政府に圧力を掛けて、従来の通貨発行権の発行比率を更に上げる。

 

そんなシナリオが見え隠れしています。この手の交渉は、イギリス人にとって「朝飯前」なのでは?

 

それと、鳩山兄に関して。率直な感想は、旧東側諜報機関(東欧諸国や中国共産党や朝鮮半島諸国を含む)は、

 

本当に「性格破綻者」や「落ちこぼれ」が好きなこと。昨年のシールズの代表者にしかり、

 

鉄格子が窓枠に嵌め込んである精神病院の住人のほうが相応しいかも。サラリーマン時代の部下で東工大出身者がいました。

 

これは意外と知られていないことかもしれませんが、この鳩山兄は政界に入る前に東工大の助教授(准教授)を歴任。

 

そして、アダ名は、「壊れたハト時計」または「湿った空気」。残念ながら、優秀な先生ではなかったかも?

 

やはり、ヒトには職業の向き不向きがありますネ。彼はAIIBの上席顧問より、AIIBのチラシやティッシュ配りほうが合っているのでは?

 

そのオチは、駅前で配っても誰も受け取らない。では、片目のダヤン

 

追記:英語に自信がある読者の方は、下記のメルアド(双方)にメッセージを打って、オバマ政権とアメリカ民主党政権の

メルマガ読者になることをお薦めします。メリットは、アメリカ内部(民主党寄り)の情報が逸早く入手できることや最新のアメリカ英語表現を覚えること。

デメリットは、寄附金の依頼ですが、私は一度も応じたことがありません。

この八年間。従って、無料で定期的に英語を習得したい方には最適かも?All the Best! democraticparty@democrats.org  info@barackobama.com

ちなみに、先週のメルマガで笑ったのが、ドナルド・トランプを揶揄した表現。「金髪のヅラを被った野獣(wild beast who wears a golden wig)」だって。

 以上

<a href="http://blog.with2.net/link.php?829968"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!

 

 

【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。


harunohi807@gmail.com

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【最終攻防戦】タイタニック号と化した、余命一派のブログ、アクセス数、順位、もはや、影響力皆無、無限拡散

2016-06-28 23:13:10 | 皇室
興味が有ったので、余命爺、豆腐おかか、支那の太郎(信濃太郎)の3ブログの、ランキング、アクセス数、等影響力を、
読者のIT技術者、Y○○さんに、調査してもらった。その結果、驚くべきと言うか?腹筋崩壊物の衝撃の事実が分かった(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Y○○氏
夜分遅くに失礼致します。

先程、どのブログも基本的にトップページ表示されてるのみしか受け付けない

ので、この様な結果と相成りました。

以下の通りになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪ブログランキンサイトは、余命爺以下3サイトを相手にしていない≫
★ランキングサイトに、自分たちの惨状を知られると、無知な読者を騙せなくなるからだろう(笑)
★この3ブログに、共通するのは、「プロバイダーによるレンタルブログ」ではなく「レンタルサーバー」を使用しているという事である。
★★「朝鮮族の中共工作員」で、「人格障害持ちのアルツハイマーの余命爺」の「意味不明の日本語」を、もったいぶって、解釈する、愚昧な盲信者の2ブログ。
こんな連中が、「レンタルブログ」でやれば、即刻プロバイダーから、「丸ごと削除」されるのは、明白だ。
★そのかわり、アクセス数等、「嘘八百」言いたい放題できる。その典型が、余命爺だ(笑)
それでは、気になる、連中の、ブログの、パフォーマンスを見てみよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
余命三年時事日記
1万4000PV Rank in Japan 24万2968位・・・自称一日17万アクセスもあるんだって(爆)、中国人民解放軍からのアクセスならわかるけどな、腹筋崩壊

豆腐おかかのブログ
3千PV
 Rank in Japan 83万5866位

信濃太郎のブログ
1千300PV
 Rank in Japan 101万9766位

以上となりますが、更新お疲れ様でした。有難う御座います。

また、何かとありましたら、その時はどうぞ、宜しくお願い致します。

PS news usさんとこで、しつこい高速冷房さんや盲信者さんのコメントもう、

あきまへんわ☆(呆れて笑いようがないですね。)余命爺のサイトに

載っている、投稿者のコメントのいいところをとって良い方に使うなら

いいですがね・・・。それでは、失礼致しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「劣化掲示板」と化した「余命爺ブログ」、ある程度は予想していましたが、「想像以上の惨状」でした。
「威張りまくるB層子分達」も同じ。
★余命爺は、この惨状で、発行部数19万部の「神奈川新聞」並みの影響力が有ると豪語している(爆)良く言うわ(笑)
神奈川新聞の愛読者か?なるほど、「左翼妄言家」か(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちなみに、私のブログのパフォーマンスである。嘘だと思うならGooブログに確認すればよい。
トータル閲覧数PV   2198万5088

トータル訪問者数IP  614万0691
新聞に例えると、1IP、一購読者と考えると、8年間の累積発行部数614万部か?ちなみに、昨日の実績は

6月27日(月)5万304PV、アクセス数は9480(IP)で、少ないほうである。
★余命爺は「余命叩きのFブログ(多分私のこと)のブログのアクセス数は800に満たない」と言っているが、

そうだとしたらお前たちは、そんな弱小ブログに、この春、屈伏させられたのか?

★人気ブログランキングの順位は確かに、かつてに比べて下がっているが、こちとら「占いジャンル」で登録してあるんでね~

占いは、最近全くやっていないし、5月、6月と、私事が多忙で、更新する暇がなく、「盟友」のダヤン氏の無償協力に甘えているところである。

★Gooブログは、アフィリエイトが禁止なので、順位や、アクセス数は、何のメリットもない。それでも、10代は常にキープしてある。

「人気ブログランキング」は8年前に、ブログ開設当時に、便宜上、登録しただけで、

ランキングサイトは身にもいかないし、クリックを誘導させる工夫もしていない。

★★私は、従前にも述べたように、本を出す気はさらさらないし当然「余命爺のように詐欺目的のブログ活動」でもない。

≪余命の大嘘百連発(笑)≫

① 自民党代議士、石原伸晃氏と既知の仲と吹聴

石原伸晃氏は、私の慶応大学の先輩である。年もそう離れていない、石原氏と体育会・少林寺拳法部で、親友だった先輩を知っているので、

その先輩に頼んで、「石原氏が、余命某と言う老人と互いに良く知る中なのか」聞いてもらった。その先輩は、石原氏とは家族ぐるみの付き合いで、ワンコールでつながる中だ。

その際、もし、既知の関係ならば、石原氏が思い出すように、自称大ブロガーであることと、ブログ名、青林堂から自称ベストセラーを出したこと。

同じ慶應OBの泡沫議員、和田政宗と面識が有る事。落選中の、元議員、杉田水脈と面識が有る事、等々、石原氏自身が思い出せるように最大限の情報をメールにまとめて提供した。

丁度先ほど、先輩から電話が有った。その回答は

「石原は、どうしても、思い出せないそうだ。何かのパーティーで、声をかけられた人かも知らないが、記憶をたどれないと言っている。最後は、「その爺さん

は、週刊誌の記事で、俺のことを知っているんじゃないの?」という話で大爆笑になったよ。」とのこと。

★要するに、石原氏は、「余命らしき人物」は全く知らないと言ってるのだ。

加えて、余命爺の政界の唯一の、細い情報源、和田政宗については、相当嫌っており、ぼろくそに言っていたそうだ。

和田の評判が最悪なことは、私も「三田会」のパーティーでは、以前から、良く耳にしていた。

かつて、和田の当選を、「ネットの勝利だ」と快哉を挙げた連中がいたが、我々慶應OBは、醒めた目で見ていた。

同級生で「あの、和田が政治家だってよ(笑)」飲み会の場は「冷笑」で満ち溢れていた。

「岡崎トミ子が、相手なら、誰でも勝つよな(笑)よりによって、和田でなくても良かったんじゃないの~」白け鳥が飛んでいた。

慶應義塾大学のOB会「三田会」は、「鉄の結束」を誇る。但し、上下関係は強烈に厳しい、他社の先輩であっても「酒の誘い」を断ると

あっという間に「生意気な奴だ」と言う情報が共有され、以降はまともに相手にされなくなる。

その代り「最低限の仁義」さえ守れば、何かあった時は、先輩たちは、身を粉にして、後輩の面倒を見てくれる。

★「三田会」の「情報ネットワーク」は「光ケーブル並み」

そして、「人物の情報」「各社OBの人事情報」は、共有され、データベースとして蓄積され、随時更新される。

私が、東京で、証券マンだったころ、「三田会」のパーティーや、飲み会で、「NHKの和田ってやつは、箸にも棒にもかからない奴らしいよ」

と言う、評価をちょくちょく耳にした。偶々一回のパーティーで、特定個人が悪口を言うのなら、個人間の相性の問題で、済ませられるが

「会社の人事」と同じように、「悪評」を頻繁に効くようになると「同窓生としての人事考課」が確定する。

私は、和田はかなり年下だし、面識もないが、「評判」を聞いて、「ビジネスシーン」でもし会うことが有れば「警戒」を怠らないようにしていた。

★「OBの評判は最悪」、泡沫政党の「力も実績もない」陣笠議員が「唯一の情報源」の余命爺の影響力(?)たるや、賢明な読者なら推して知るべしであろう。

≪ケントギルバート氏との交際も嘘くさい≫

調べても良いが、時間が無駄で馬鹿らしい。私はこれも、「まるっきりの嘘」だと思う。

ケント氏は、多数の著書を出しているが、問題の青林堂から、出版しているのは、「テキサス親爺」との共著一冊のみ。

しかも、ケント氏の視点は「日本の歴史問題」「GHQ史観」「沖縄問題」と、「問題意識」がハイレベルで、

優先順位の低い「在日問題」しか語れない低レベルの余命爺を

相手にするはずがないと思う。親日だが、そこは、シビアなアメリカ人、中国人民解放軍の工作員で、

正体不明の朝鮮族の余命爺など、警戒するのが関の山であろう。

★本当にケント氏と交友があるのなら、せめて「ツーショット写真」ぐらい、豆腐おかかのブログに乗せろよ。顔はモザイクでいいからさ。

どうせ、青林堂の、玄関ですれ違ったぐらいだろう。

★私が調査する前に、せいぜい「口の裏わせ」でもしておけばいいさ。モルモン教徒で、倫理観の強い、ケント氏は拒否するだろうけどね(笑)

≪NewsUS掲示板が「反余命派」に制圧される時が、「余命爺と言う亡霊」が地獄に戻る時≫

★余命詐欺を拡散したのが、NewsUSならば、余命爺に「引導」をわたすのもNewsUSとなるだろう。

ほぼ、毎日、記事更新ごとに、「反余命派」の攻勢が、より、苛烈に、圧倒的優位に立っている。

ここの、掲示板は、余命爺の雑文の更新のお知らせと、「嘘八百の「官邸メールの実績」」を、記事更新ごとに毎日書き込んでいる。

言わば、「余命爺ブログ」への「誘導基地」であった。その為に、「高速冷房」と言う「掲示板奴隷」を余命は、常駐させている。

今の所、「高速冷房」以下、数名の常駐奴隷は、「反余命派」の攻勢に対して、「論理的」かつ「有効」な、反撃ができていない。

B層丸出しの「朝鮮人」の連呼ぐらいである。あげくに、「反余命」の書き込み者を、高速冷房は、私に特定する始末(爆)

元土木作業員か、何か知らないがIQ20レベルであろう。私に特定するなら、「動かぬ証拠」を示しなさい。

どのみち、「高速冷房」は、掲示板で死ぬまで働かされて、最後は、余命爺の「トカゲのしっぽ切り」にされる運命は決まっている。

「管理人は余命叩きの書き込みを、削除しろ」と絶叫しても、管理人は聞く耳持たず。

それも、そのはず、NewsUSは、この春、「余命が正体バレ」して以降、アクセスランキングが急上昇した。

組織内で「余命派の粛清」もあっただろうし、「余命爺の「衛星板」」では、食っていけないからだ。

≪掲示板での抗争を「余命」VS「在日」にすり替えたい「余命一派」≫

これは、「掲示板小作農」こと、「高速冷房」が、余命爺の投稿記事で、とくとくと述べていたことである(笑)

そうは、問屋が卸さない。時代は変わったのだ。

≪分岐点となった昨年末の「日韓合意」と「嫌韓ブーム」の斜陽≫

在特会の桜井誠は、「日韓合意」以降、「安倍叩き」を始めた。愚かな男である。「安倍叩き」で食っていた、NHK,民放キー局のキャスター達

国谷裕子、岸井成格、古館一郎、全て、官邸の圧力で、降板させられた。虫の息で残っているのは、関口宏のみ。

桜井誠ら、在特会は、舛添と同じで、「安倍総理が泳がしているだけ」、露骨に「安倍叩き」をする人物を、官邸は「冷やかに」監視しているであろう。

やってることを見れば、いつ朝鮮人に、襲われてもおかしくないのが、桜井。彼の、身の安全を祈るのみであるが、官邸が、桜井を見放した時何かが起こるであろう。

★2012年、李明博の竹島上陸と天皇侮辱に始まった「嫌韓ブーム」ももう4年たつ。

「慰安婦問題」については、昨年末の「日韓合意」で、最終的不可逆的な、外交的決着がついた。

私は、当時の国際情勢では、「ベストな選択」だと思っている。日本が一歩譲ることによって韓国の「逃げ道と言い訳」を未来永劫完全に封じたからだ。

「天皇侮辱」、今上陛下が、秘密裏に、韓国に謝罪に行きたい旨の、李明博宛の「親書」の存在が明らかになった。それと、「自称皇后」の「A級戦犯発言」

今、知識層の中では「内廷皇族」に対する、強い「不信」が渦巻いている。

毎日20万人が閲覧している「皇室全般画像」の住人達の、「総意」を見ればわかるであろう。

「世論調査」でも、日本人の「嫌韓意識」が減少していることが明らかになっている。

一重に「パククネ外交」を粉砕した、「安倍総理の外交的勝利」である。

≪嫌韓と「在日排除」で食ってきた、余命爺は、「粗大ごみ」となった。≫

★日本で「嫌韓ブーム」が終了しつつあることに気づかない、余命爺。

★自ら「時代の寵児」と錯覚した「朝鮮族の無学な老いぼれ」の余命爺。

自分たちが、ネット界で、少なからぬ「日本人ブロガー」の「恨み」を買っていることに愚かにも気づいていない。

   ★私は、固より、「朝鮮族詐欺師」の正体を見た、「日本人ブロガー」及びネットの住民で「余命を恐れないもの」が増大していることに気づいていない。
   ★豆腐おかかのブログのコメ欄で、H/N勇次氏が「虎の威を借るのは、やめなさい。他人の褌で相撲を取る事を恥じなさい」と親切に忠告していたが、
   豆腐おかかも、花菱も、聞く耳持たず。勇次氏の忠告が、豆腐おかか、花菱が、「余命逃亡後」「リアルな社会に戻れる」最後のチャンスだった。
   ≪NewsUS掲示板での攻防こそ、「朝鮮族工作員」余命一派を撲滅する「天王山」≫
   「反余命派」は、「愛国日本人有志」であり、私は、その中に、「在日」の人は少ないと思う。
   こういうと「脊髄反射的な反応」しかできない、余命派は、すぐ「左翼だ」と言う。
   「中国人民解放軍の朝鮮族工作員」の余命爺こそ、「左翼」であり、「共産主義者」である。
   余命爺の子分達は「いや違う」と言うだろうが、豆腐おかか以下、幹部気取りの連中で、余命爺と会ったり、「肉声」を聞いたものは一人さえいないのだ。
   ★「反余命派」の攻勢は、我が祖国、「日本」を、余命爺ら「中国」の侵略から、守るもので、私は大いにエールを送る。

   以上






人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】天国への階段

2016-06-28 11:53:51 | 皇室
伏見様及び読者の皆様:

今日の東京は朝から雨。そのせいかちょっと肌寒い。そして、この記事はいつもと同じ電車の中で綴っています。

今日の本題は、あのイギリスの伝説的なロックグループ「レッド・ツェッペリン」の名曲「天国への階段」。

アメリカ現地時間の6月24日にロスアンジェルスの裁判所で、この曲の挿入部分は盗作ではないと司法判断された。

しかし、1970年代初期にリリースされた作品が、約45年以上経って、それもアメリカの東部ではない西部の

裁判所に持ち込まれるなんて、実に不思議ですネ。一方、最近の出来事を時系列に嵌め込むと、面白い結果が見えて来ます。

「天国の階段は盗作ではない」→「イギリスのEU離脱」→「全世界の株式市場の同時全面安と為替市場の超乱高下」→

「アメリカ資本のランク付け会社によるイギリス評価の引き下げ」→「金地金価格の高騰」→「昨日(27日)のNYC株式市場の全面安」→

「本日(28日)は左記を受けて日経ダウも全面安かも?」

そうですね。一部の白人機関投資家がこよなく愛す「底値買いの高値売り」ができる。

私は始めのうち、その原資は「今までの貯え」から巨資を投じて、「買い戻し」に転じると思っていましたが。

やはり、地球の支配層は考えることが違いますネ。彼らは金地金の高騰した差益分をその買い戻しに充填するでしょう。

それで、彼らはキチンと一部の投資家に「前振り」をしている。即ち、告知義務を果たしている。それが「天国への階段」の裁判結果。

その歌詞の中で、「輝くものすべてが金(All that glitters is gold)」と「輝くものすべてが金とは限らない

(All that glitters is not gold)」を上手く使い分けています。この主人公の女性は、ギリシャ神話に出てくるフリギアの王様でミダス王

(英語読みはマイダス)の手に触れるものはすべて黄金に変わった「恩恵」を受けることが出来なかったので、

せめて「天国への階段」の近くだけには行かせてあげようを間接暗喩した悲しい歌。ちなみに、そのマイダス・タッチ(Midas Touch)は、

カネ儲けの才能(the ability to make lots of money)の意味。なお、ジミーペイジの「ギターソロ」の部分は、

その後のギターリスト達に多大な影響を残しました。兎に角、ギターリグ(演奏様式)がカッコイイ。

文章にすると、「あれだけ成功しているところをみると、彼女にはきっと金儲けの才能があるらしい

(With all the success she has had, it appears that she has the Midas Touch)。きっと読者の方の中にもいらっしますネ。

私はサラリーマン時代から、海外出張に行く度に「金貨」を購入してきました。保管場所は自宅ではなくあるところに。

これから、暫くの間、金地金の高騰が続きそうな気配。では、片目のダヤン 

追記:このトレンド(傾向)は、ダイヤモンドや宝飾雑貨にも広がるかも?そしたら、

ダイヤモンド・レディー(Diamond Lady)の登場。ひょっとして、でれでれ草さんだったりして?ウヒャー!

以上

*写真はレッド・ツェッペリン


人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【H女史のコメント】青山繁晴氏の選挙の足を引っ張る余命爺と青林堂のブラックな実態、無限拡散

2016-06-27 21:28:53 | 皇室
コメントが入りません(泣)・・・という事で、記事にさせてもらいました。貴重な写真有難うございました。
★青林堂無くして、余命爺の駄本の出版は有り得ませんでした。その意味でこのとかくの評判のある出版社は
「余命爺と言う稀代の朝鮮族詐欺師」の「プロデューサー」と言えましょう。頂いた写真は「類は友を呼ぶ」
余命爺のプロデューサーの、「超ブラックな実態」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
HN○○

世界中で起きている驚愕の事実にハラハラしながら、

伏見様やBB様、でれでれ様のブログを時間のある時に拝読させて頂いております。

知らずに買ってしまった余命の本も伏見様のご忠告のお陰で、全く読まずにホコリをかぶって放置状態!

売るわけにも行かずに途方に暮れております。

1つ質問させて頂きたいのですが。

最近ツイッターを覗く機会を持つようになりました。

余命一派はまだツイッターには登場していないのでしょうか?

私を早々にフォローしてきた方で、やたら余命本の写真を貼り付けて余命を持ち上げている方が何人もいます。

私は一瞬、余命達が現れた!!と思ってしまいました。

BB様のコメントにも書かせて頂きましたが、それは騙されている方という事でしょうか?

伏見様のご意見お聴きしたくて、ついコメントさせていただきました。

≪回答≫
それは、騙されている連中ではなくて「余命真理教」の「盲信者」達です。連中は、
「余命三年時事日記2」が全く売れないので必死なんです(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだツイッターもSNSも不慣れな主婦です。

ささやかながら、自分で営業しながら仕事もしています。

そんな生活の中、知れば知るほど自分が関わって良い世界なのか?

と考えてしまいます。

余談ですが、私は青山氏を尊敬して本も何冊か読んでいますが、青林堂とそんな事があったのは知りませんでした。

別の話題ですが、実はこんなモノがツイートされていましたがご存知ですか?

以下写真添付


ご存知でしたら余計なお世話で申し訳ありません😓

先日街頭演説を聴きに行ってきました。

講演会も行きますが、演説でも変わらずにご自分の意見を発信される武士の魂を持ったお方。

彼の当選が今後の日本の未来に大きく関わっていく事を期待して止みません。

横田めぐみさんはじめ、被害者の方々が早急に帰って来られる事を祈ります。

伏見様のドカドカ砲

心身共にお疲れになられると思いますが

日本を浄化する為に斬りまくってください。

これからもよろしくお願い致します。

ブログへの感謝の気持ちを込めて!!
以上
*写真は、「余命真理教」と表裏一体の青林堂の「超ブラックな実態」
人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】引き抜くオトコと女(そのカミサン)

2016-06-27 12:01:29 | 皇室
伏見様及び読者の皆様:



早朝、録画していた衛星放送のBBCを観て、作家安倍譲二のエッセイを思い出しま

した。敵対する組織暴力団同士で、逸早く勝利を導くにはどうするか?これには、

フォーサイス顔負けの諜報戦が必要。即ち、敵のナンバー1の組長ではない、ナン

バー2の「若頭」又は引退して顧問になっている「OB」の引き抜き。それがダメ

だったら、ソイツを二重スパイ(ダブル・エージェント)にすればよい。



何しろ、奴らは「情報(宝)の宝庫」だから。これに近いことは、映画「ゴッド

ファーザー」にも描かれています。その後、安倍譲二が属していた安藤組は、短期間

でヤクザ・ランキングトップ20に入った。アメリカの経済雑誌フォーチューンの企

業トップ500社を凌ぐかも?



今回のEU離脱決定の責任を取り、自らディヴィット・キャメロン首相は、今年の1

0月で辞任することを宣言しました。そして、次の声明を残して。「私は我が国が次

の目的地に向けてかじを操る船長として相応しいとは思わない(I don’t think it

would be right for me to try to be the captain that steers our country to

its next destination)」これは、番組からそのママ聞き取ったので、英文に誤訳が

ある場合―読者の方、訂正して下さい。



サラリーマン時代、海運会社に勤務した者にとって、「船長」「かじを操る」「最終

目的地・寄港地」の単語を聞くだけで、ハラハラ・ワクワク・ドキドキすると同時

に、この男に強烈な親近感を覚えました。やっぱり、筋金入り(die-hard)のイギリス

人ですネ。嘗て、世界の七つの海を征服したその末裔をキレイに証明している。ちな

みに、ショーペンハウアーは、「国家は地球という海に浮かぶ一隻の船に過ぎない」

と、喝破しました。だから、沈没や難破や座礁は十二分にあり得ると。



私は、日本政府が今までアメリカ一辺倒(主に、CIA)の情報に依存していた「皇

室」「朝鮮半島」「中国」並びに「ロシア」情勢・状況をイギリスMI6と共有する

時代が到来したと、思います。これは正に「情報(宝)の山」。そして、ダヴィドッ

ク研究所の提携先も確保しなければなりません。この研究所は、王立戦略軍事研究所

と古くから昵懇だから。これが2020年以降、「日英同盟」の確固たる布石に成る

ことを願いつつ。恐らく、実現します。



なお、私が仮に特使だったら、キャメロン前首相と奥方のサマンサ夫人も日本に招聘

することを考えます。その殺し文句は、「我々日本政府は、貴方達が日本国を幸先の

良い最終目的地に向けてかじを操る偉大な水先案内人として相応しいと強く思ってお

ります」(We, Japanese Government, do think that you all would be right for

us to try to be the greatest social pilots that steering our country to an

auspicious destination)」かも?



仮に、この夫妻に年収20億円払ったとしても、その費用対効果は計り知れない

(It’s countless)。それが、私の分析と予測。では、片目のダヤン
人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【最終章③】断末魔の余命真理教、内ゲバと組織の自己崩壊&ネタギレ、無限拡散】

2016-06-26 21:41:15 | 皇室

≪逃げ場を失った詐欺師の末路≫

★★「都知事選」での、話題作りに失敗した余命爺は、「最後の話題作り」は、「告発サイト」への方向転換らしい(笑)

それも、「匿名での刑事告発」だそうだ。改めて、「余命爺の無学ぶり」に卒倒しそうになった。

★★「余命爺」は、「告訴」と「告発」の「刑事訴訟法」の初歩的な知識が皆無らしい。

読者の皆様も、「匿名での刑事告発」と言う、「馬鹿発言」に、ぶっ飛んだと思うが、

結論から言うと【匿名での刑事告発】はできない。

刑事訴訟法上は、「告訴」と「告発」の定義や、違いについて述べているが、その「告発」までの、「具体的な手続き論」については規定していない。

「手続き論」は、警察が決めるのだ。

ちなみに、地元の県警に確認したところ「匿名は受け付けない」との回答であった。

ネット上でエビデンス(確証)を探すと、「秋田県警の「告訴・告発センター」の対応が有ったので、リンクを貼る。

http://www.police.pref.akita.jp/kenkei/osirase/keiki250401kokusokokuhatu.pdf

それには、①匿名での刑事告発は受け付けない、とある。

また、②「虚偽の告発については罰することが有る」と明記してある。

★私は、余命爺の場合、むしろ②に該当するのではないか。と思っている。

★★また、過去の事例を見ると、警察は、「告発状」を受理しないケースが多々見られるそうである。

【詐欺師の告発状】を、果たして、警察がまともに、相手にするであろうか?

私見だが、私はその可能性は限りなく低いと思う。

★★★しかも、「匿名不可」だから、「余命爺」は身ばれすることになる。その度胸が余命爺にあるかどうか?

私は、無いと思う。やれるものなら、やってみろ。と言うのが私の本音である。豆腐おかか、花菱、残念だったね(笑)

NewsUsの掲示板での、正当な「余命批判」は、今後も続くだろう。

★へそが茶を沸かす「告発サイト」構想、【詐欺師の哀れなネタギレ】である。

★「余命ブログ」が散々な評価の「二階堂ドットコム」になる日である。

★私は、余命爺は、都知事選のさいちゅうか、終盤に、盲信者の子分どもを全員、無慈悲に切り捨てて、「トンヅラ」すると思っている。

 

以上

 

</strong><strong>人気ブログランキングへ  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!

 

 

【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。


harunohi807@gmail.com

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【最終章②】断末魔の余命真理教、内ゲバと組織の自己崩壊&ネタギレ、無限拡散

2016-06-26 20:46:27 | 皇室
≪在特会の桜井誠の応援から早々に手を引いた余命爺≫
東京都知事舛添要一の辞任が決まると、在特会の桜井誠が、早々と都知事選の立候補を表明した。
そのニュースを早々と、ネット上で、報道したのは、例によって「保守速報」のみ、全メディア総スルー(笑)
先週、昼のワイドショーの「バイキング」を偶々見ていたら、「次の都知事は誰か」の特集。
噂に登る人、可能性のある人を最大限、並べて、コメンテーターが意見を交わしていたが、その中に「桜井誠」の名前は無し。
唯一、出馬を明言している人物が、華麗にスルーされていた。
保守速報によると、「余命と在特会の影響力の相乗効果」がでる。との売りであった。
★しかし、余命爺は最近の記事で、早々と「桜井支援からの撤退」を表明。
理由は「最悪共倒れになることを防ぐ為」だそうだ。
★余命爺自ら、自分の影響力が無い事を認めたのである。
もう、一部の盲信者を除いて、「劣化掲示板」とかし、「コテハン」がかわるがわるお追従投稿を繰り返す「余命ブログ」をわざわざ、見に行く暇人はいまい。
「乱雑に表示される投稿文」に対して「日本語が苦手」な余命が、「意味不明」の、つぶやきをする。
それを、子分達が、「もったいぶって、解説する」愚劣極まりないカルト集団である。
「ブログの体」も、「掲示板の体」もなしていない。
★いっそのこと、ツィッターにすればよいと思うが、「情弱」な余命爺にはできまい。
★★「桜井支援」で、盲信者達の為の「話題作り」をして、出版の失敗、募金の失敗から「眼をそらそうとした」余命の目論見は潰えた(笑)
≪余命に深刻なダメージを与えているNewsUS掲示板の「余命バッシング」≫
豆腐おかかの、ブログのコメ欄で「掲示板が有らされている」と聞いて、早速見に行ったら、盛大な「余命バッシング」が展開されていた。
誰がやっているか、皆目見当もつかないが、ほとんど、私とでれでれ草さんの、記事をコピペし、書き込み者が「的確」な「余命批判」を展開している。
★「余命真理教」の連中は、やれ、「余命叩き」だ「余命バッシング」だと、朝鮮人特有の「被害者コスプレ」に専念している。
★★私は、これは、極めて正当な「余命批判」であり、「誹謗中傷」ではなく「表現の自由」「言論の自由」を超えないものだと思う。
昨年から見ていても
① 7月9日、「在日一掃のデマ」
② 「詐欺まがいのデタラメ本」の出版
③ 「ハードランディング」等、数々の予言の嘘。
そのたびに「余命爺」は、「発言の責任」を取らず、ただひたすら「目先を変えて」、馬鹿信者と、読者を騙してきた。
その「朝鮮人特有」の「詐欺体質」を批判されても、文句は言えまい(怒)
★きつい言葉で言えば、「叩かれるだけのこと」をしてきたのであるし、自業自得である。
★★「バッシング」には正々堂々と反論し、論破すればよいだけの話である。
NewsUSの、的確な「余命批判」に対し、「高速冷房」と言う間抜けが、「あなた、伏見さん?」と聞いてきたのには、腹筋大崩壊した(笑)
私も、でれでれ草さんも、掲示板、特に「皇室全般画像」は良く見るが、決して、書き込みはしない、「馬鹿」が絡んでくるとうざいからだ。
≪手のひら返しで、青山繁治氏にすり寄る余命爺≫
かつて、余命爺は、評論家の青山繁治氏や、櫻井よしこ氏を「上から目線」で見て、誹謗中傷していた。
特に、青山氏に対しては、余命爺と青林堂仲間の「井上太郎」が、根拠なき誹謗中傷をして、激怒させている。
★ところが、最新記事では、NewsUSでの、「余命叩き」に音をあげて、かつて、散々誹謗していた青山氏に対して
「掲示板での「余命批判」」を何とかしてください。と「朝鮮人特有の手のひら返し」で意味不明の助けを求めている。
それも、記事全文を、余命爺自身が書いている珍しいものだ。要するに、掲示板の書き込みに対して、青山氏に「法的措置」を取ってほしいという懇願だが、
何度読んでも「論理破綻」していて、意味不明だ。余命爺自身が、掲示板での、「余命批判」に相当、まいっている証拠だ(笑)

続く


人気ブログランキングへ←  この記事に興味をもたれた方はクリックお願い致します!!!


【一般読者様へ】

鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。

harunohi807@gmail.com



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加