伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【ダヤン氏寄稿】トランプ危うし?①

2017-03-23 20:33:56 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。さて、前回言及したアメリカ民主党のメルマガによる「確認済:FBIがトランプとロシア関係捜査へ」

(CONFIRMED: FBI investigating Trump and Russia)に関する解析後の結果をお届けします。私の率直な感想は、以下の通り。

① ヒラリー前大統領候補の盗聴疑惑事件より、根が深いこと。勿論、この捜査にもFBIは着手した。

その結果は限りなく、グレイに近い「シロ」だったけれど。

② アメリカ民主党本部のメルマガ読者にこの情報をリークして、多数の賛同を得ると考慮すれば、トランプが名指しで非難した

「偽ニュース」ことCNNやニューヨーク・タイムズ社等もこの情報をほぼ同時に得ていること。

③ ドナルド・トランプの年内弾劾裁判確定後、彼は「罷免」される可能性が高い。そうすると、

誰が予め副大統領「マイク・ペンス」(アイルランド系アメリカ人)を指名したのか?

ロックフェラー家?モルガン家?それとも、ロスチャイルド家?或いは世界最高支配者階級?

つまり、トランプを超短期間の大統領に任命することは、予め仕組まれていた可能性がある。

④ このメール内容は、英語教材にピッタリ。だから、「でれでれ草の英語塾・弟32回」で、

TOEICテストのリーディング・パッセージ顔負けの問題を作成します。ご興味のある方は、そちらのブログも閲覧して下さい。

超ハラハラ・ドキドキかも?勿論、敬宮愛子様の中学校ご卒業文集よりも、「複数のヒトの手が入っていない」ので、読み易いと、解釈。

⑤ JFKの暗殺。そして、ロナルド・レーガンの狙撃事件。アメリカ大統領は不思議と、アイルランド系が狙われる。そうすると、次はマイク・ペンスの●●?

では、本題に入ります。このメールが私のPCに到着したのが3月21日(火)の深夜1時20分。

そうすると、アメリカ東部時間の3月20日(月)の昼過ぎに、全米各地の民主党支持者全員に打電したことが判る。

本文は、ちょっと前(Moments ago)から始まる。民主党本部の戦略分析家は、FBI長官ジェームズ・コムニー

(James Comeny)からウラを取ったのでしょう。だから、このFBI内には、民主党内部への複数の内通者

(インフォーマーよりもディープ・スロートの表現を諜報関係者は好む)がいると、考えた方が無難。

【FBIは2016年大統領選挙戦に於けるトランプ陣営の選挙キャンペーンで、クレムリン(プーチンの聖地)がどのように関与しているか否かの捜査に着手した】

来ましたネ。でも、私の記憶によれば、トランプ対ヒラリーの一騎打ちになる前、トランプの共和党には複数の大統領候補者がいたハズ。

だから、どうやってロシア工作員は、その野郎たちからトランプを選出したか否かの疑問が残る。皆様はどう思いますか?

この回答は実に、簡単。FBIの捜査方法(例えば、殺人事件を迅速に解決するため)に「被害者の輪」(victim circle)があります。

これは、円を描いて殺害された「被害者」(victim)を中心に描く。次の円は「家族」(family)で、その次の円は「友人」(friend)。

そして、最後の円が「見知らぬ者(テロリストを含む)」(stranger involved in terrorist)。

如何でしょうか。私のヨミは、古くからトランプ本人の被害者の輪ではなく、「加害者の輪」(assailant circle)の中(家族と友人を含む)に

彼をクレムリンに繋ぐ者(仲介者兼中継基地)が存在した。だから、ロシア工作員は彼を容易に選出することができた。

そして、アガサ・クリスティーが喝破した推理小説の鉄板の方程式を。「誰が最後に得をしたのか?」ソイツが犯人でしょ。このシリーズも続きます。

【追記】:サラリーマン時代、部下の立教大学出身者がこんなことを語ってくれました。

川上監督率いる巨人軍が栄光の時代に突入した際、その川上監督はあの長嶋茂雄にこう言ったらしい。

「チームの鉄の規律を保持するため、キミ(長嶋)のみをミーティングで叱る。申し訳ないが、たのむ」と。

しかし、元祖天然男の長嶋。そのことをそのミーティングで暴露してしまう。ある時、キャッチー森のサインミスで、敵にサヨナラ負けをした。

勿論、川上監督はその森をミーティングで激しく𠮟咤。そんな時、長嶋曰く、「カントク、何でボクのことを叱らないのですか?」とか。バレバレ!

そして、今回のトランプ騒動。この男、直ぐにツイッターでこう反論した。「ロシアのウワサ話は民主党員がデッチ上げたデタラメだ」

(Democrats made up and pushed the Russian story)。バレバレなのに!

やっぱり、この輩の頭脳レヴェルは以前、言及したあの「みのもんた」と同じ。では、片目のダヤン

*写真は暗殺未遂、狙撃される直前のロナルド・レーガン

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】パククネの幻影④

2017-03-22 14:15:08 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。今回は、「パク・クネの幻影④」をお届けします。

これには符箋があって、先週の火曜日の朝方に観た夢が、現実の姿になって自身の目の前に現れる。

この手の書き手は、イギリスのスパイ作家よりもフランツ・カフカの作品群に多い。

それから、彼のエッセイ「アメリカ」は、非英語圏出身者が描いた作品の中でもベストスリーに入ると、思います。

ナンバーワンは勿論、哲学者ショーペンハウアーの作品。

それは、私が10代の高校生の頃の夢。友人と新宿の輸入盤レコード店「ディスク・ロード」に、

二人ともお目当ての作品「BBA」(Beck, Bogard and Apice)のデビューアルバムを購入して、

中央線(当時はオレンジ色)車内で話しながら、電車が吉祥寺駅に着く時から、背景の色はカラーになる。

なお、このアルバムの中には今でも聴く名曲「迷信」が収められている。原曲は、あのスティービー・ワンダーが提供。

この友人は、東京都日野市に住んでいたので、その先頭車両の車内で別れる。

しかし、私が吉祥寺駅の立川・高尾方面のプラット・フォームに降り立った時、その風景は一変する。

代ゼミの夏季講習で遭遇した川崎駅前の焼き肉屋の息子ではなく、その姉が白いワンピース姿で私の傍に寄って来る。

もっとも、この方はそれから数年後に神奈川県の川崎港に身を投げて自殺した女性。

私に何かを言おうとしているのが判るが、私がこの女性の傍に行こうとすると、今度はプラット・ホームが宙に浮かんでいるというか、

空の中にあるというか、この世でないことが判る。何処かしら?結局、彼女が私に何を言おうとしているのが、

識別・判別せずに終わった奇妙な夢。時間帯は、早朝の4時半から5時ぐらいの間。


それで、昨晩のNHKの7:00のニュース。これは私の小学校時代からの日課で、

サラリーマン時代の海外出張や飲み会や会合等を除いて、欠かさず観ている。

パク・クネ前大統領が検察による「事情聴取」を受けるトップニュース。服装こと異なっていたが、

夢の中の女性と顔は「瓜二つ」。予知夢かしら?特に、パク・クネが黒塗りの自動車から降りて、

検察の建物の中に吸い込まれて行く「歩き方」と「動作」が夢の中の女性と同じだった。

小学校時代、母親の姉で凄く霊感が強い伯母のエピソード。この方は、母親と違って学業にはあまり秀でていなかったが、

兎に角、ヒトの死に対する感覚は、類まれな才能があった。母親の親が最期、病院で入院していると、

「XXXXちゃん(私の名前)おばあちゃんは来週の月曜日の朝8時30分、黄泉の国に旅立つから」実際、その通りになった。

また、政治家や財界人の疑獄事件がテレビで話題になると、決まってこう云っていた。

「このヒトの秘書が死んでおしまい」実際そうなった。この伯母は、私がサラリーマン初期の頃、ガンで亡くなるが。

お見舞いに行った病室で、こう語ってくれたのを覚えている。「ヒトは死相を出すの。見える人には見えるし。

見えない人には見えない。多分、XXXXちゃんはオバチャン同様、霊感強いから見えるかも?」

そう云って、か細くて点滴の穴が無数に点在する右手を私に差し出してくれた。私はそっと手のひらを握り返した。

この霊感というか予測は、外れて欲しいけれど。かなり高い確率で、パク・クネは逮捕前後かここ数週間内に自殺してしまう。

そんな気がしてならない。

朝方の夢に出て来た日野市の友人は、千葉大工学部を卒業して大手メーカーの技術職に就くが、

競馬とヤミのポーカーゲームに嵌り、サラ金の借金苦で30歳の誕生日を迎える前に自殺してしまった。

また、本当にパク・クネが自殺してしまうと、韓国国内世論は真っ二つに分断され、保守派にも革新派にも有権者の決定票は流れない。

そう、以前「キムチ競馬の予測」で分析した中道派「アン・チョルス(55歳)」医師・ITベンチャー企業家が、

大方の予想・期待に反して大統領に就任してしまう。

なお、この現象を判り易く説明すると、昭和40年前半の東大安田講堂事件。翌年、東大入試が中止になると、

大方の受験生は1年間待たずに他の大学に入学してしまう。私のサラリーマン時代の最初の上司もこのタイプで、

東大ではなく伏見さんと同じ慶應の経済に入学した。


そして、アン・チョルスのオチ。多国籍石油会社や諜報機関の分析報告書では、第三次世界大戦が勃発すると、

直ぐに韓国大統領はアメリカに亡命申請を出す。やっぱり、この世の中、英語でいう「ノーイング」

(組み込まれた既成事実や神秘認知能力の意味)を予め予測できる方って、存在するんですネ。旧約聖書のダニエル顔負け。

読者の(卯月)さんコメント通り、「時代は変わります」。因みに、このことをボブ・ディランは、(Times they’re changing)と歌って、

ピンクフロイドのロジャー・ウォーターズは、(Times are subjected to change)と、歌詞に認めました。意味は同じです。

追記:昨日、アメリカ民主党のメルマガ読者の私の手元にこんなメールが届きました。

(CONFIRMED: FBI investigating Trump and Russia) えっ!「確認済:FBIがトランプとロシア関係捜査へ」

皆様もご承知の通り、歴代アメリカ大統領それも就任して間もない大統領が決して、

影響力を行使することが出来ない官僚組織―諜報機関のCIAと警察機構のFBI。

今年は、すべてドンデン返しのある年の予感。

まさか、あのトランプがロシアの大物工作員だったことが暴かれたら?次回、詳しく解析して報告します。

しかし、日本のマスコミはこの手の情報を決して、報道しませんネ。

やっぱり、読者の方の(鈴さん)ご指摘通り、(超)偏向しているのでしょう。

では、片目のダヤン

*写真は出頭するパククネ

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】第3次世界大戦は起こるのか?⑦

2017-03-21 15:42:08 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。今回は、「温故知新」(故きを温ねて新しきを知る・論語)で、先の世界大戦を綴ります。

正に、「目が離せない」と同時に、「目からウロコ」が落ちる感じ。また、最後の【長めの追記】では、耳寄りの情報提起をします。

【大戦名①】:第一次世界大戦

【期間】:1914年7月28日~1918年11月11日

【詳細】:三国同盟国「ドイツ」「オーストリア」「イタリア」対三国協商国「イギリス」「フランス」「ロシア」等(この中に日本・アメリカも含まれる)

【切欠】:サラエボ事件(1914年6月28日、オーストリア皇太子と妃がセルビア人青年によって暗殺された。故に、戦争勃発まで1ヶ月)

【終結】:ベルサイユ条約を以って終了

【死傷者】:3100万人(公式発表)

【大戦名②】:第二次世界大戦

【期間】:1939年9月1日~1945年8月15日

【詳細】:枢軸国「日本」「ドイツ」「イタリア」対連合国「アメリカ」「イギリス」「フランス」「ソ連」等(この中にオーストラリア・ニュージーランド等も含まれる)

【切欠】:1939年9月1日のドイツ軍によるポーランド侵功。故に、侵功と同時に戦争勃発。

【終結】:日本への原爆投下で終了

【死傷者】:7200万人(公式発表・対第一次大戦の2.3倍弱)

【大戦名③】:第三次世界大戦

【期間】:2021年XX月XX日~2024年XX月XX日

以下、省略

如何でしたでしょうか。私の歴史観(史観)は、以下の通り。

① 第一次世界大戦終結時から第二次世界大戦勃発まで、正確には「21年間」を経過していない。

前者は1918年11月11日で、後者は1939年9月1日だから。

そうすると、第二次世界大戦終結時(1945年8月15日)から、予測できる第三次世界大戦勃発

② (2021年XX月XX日)まで、何と「76年間」のブランクが生じている。因みに、76-21=55。55年体制の崩壊?

③ 大戦参加常連国は常に、「ドイツ」「イタリア」「フランス」「イギリス」「アメリカ」

「ロシア」と「日本」。何かG7やG8のサミットみたい。それも、八百長(throwing)のプロレス試合を彷彿。悪役は何処の国?●イツかも?

④ イギリスとフランスの怪しげな友好関係。決して、敵対国同士には成らない。

サラリーマン時代、遭遇した英仏人。前者はフランス人のことを「アクビばかりするカエルの国」(a yawning frog country)。

これは仏国人がワインばかり飲んで、カエルの如くアクビをしているから。一方の後者はイギリス人のことをこう云っている。

「隠れゲイの国」(a hidden gay country)ゲイの闇は深いかも?

⑤ 英語圏同士の国は、決して戦争をしない。これは、ヒロ君や愛子様のダブルを超えた「当たり前田のクラッカー」。でれでれ草さんによる日々の事象解析に感謝!

⑥ 三国同盟国・枢軸国を「侵入・侵功国・悪役レスラー」。そして、三国協商国・連合国を「応戦・抗戦国・正義の味方」と、捉える。

そうすると、「目からウロコ」状態。何故なら、前者はいつも大戦で「敗戦国」。後者のみが「勝利国」。

【まとめ①~⑥】:

アメリカ外交・軍事戦略分析家は、第一次戦争終結時に「戦争経済」(war economy)による「勝利の方程式」の原型モデルを見出していたのが、

私の考え。大戦は常に、「後出しジャンケン」をした国家が勝つ。だから、アメリカは昔から、他国に戦争惹起を盛んに持ち掛けるが、

自国で「引き金」(trigger)を引いたことがない。もっとも、愚直な日本人はマンマとアメリカのワナに嵌り、真珠湾を攻撃してしまった。

これは亡き父、そして、私の年少時に吉祥寺の自宅に出入りした父の友人の海軍関係者の話。

パールハーバーを攻撃する前、海軍諜報部(当時)では、別の「シナリオ」があった。それは、アメリカ国内で

① 意図的に黒人暴動を引き起こし、黒人と白人の間に人種間対立を生じさせること

② 白人とユダヤ人の間でも同様のことを生じさせること。

この主目的は、日本軍が真珠湾攻撃前、日本への好意的な「世論形成」と黒人やユダヤ人を日本軍への「管理徴兵部隊」設立だった。

しかし、当時の陸軍参謀及び陸軍大臣がこの「戦略」を潰してしまう。「海の向こうの毛頭は信用できない」と。

そして、他界した万能学者小室直樹とは別の解釈で、私は第二次世界大戦特に、「太平洋戦争」-この戦略を適用していれば、

日本はアメリカに勝利したと、今でも思っている。なお、連合艦隊司令長官の山本五十六はこのシナリオを非常に評価していたらしい。

そして、あの東条英機より数倍の頭脳明晰レヴェルであったと、私は今でも思っている。

最後に、辞典で「イルミナティ」(ILLUMINATI)を調べたら、興味深い記述がありました。

自称哲学者・博士の意味を除くと、すべてキリスト教・他宗教カラミ。

① 光明会派(その中でも熱狂的な信者団体をいう)

② アルンブラドス派(16世紀スペインに於けるキリスト教神秘主義派)

③ 自然神教と共和主義を奉じた秘密結社(*1776年ドイツBAVARIAで発生)残念ながら、「ベクテル」には言語変換不可能。

④ 薔薇十字会(Rosicrucians)の一派

*1776年、日本は江戸時代で、問屋制家内工業が発生。また、田沼意次が老中に。アメリカでは、南北独立戦争の中、「独立宣言」が成された。

また、イルミナティはラテン語の(illuminatus)の変形語。英語は(enlightened)で、「啓発された」「新しい知見に基づく」の意味。

やっと、見えてきました。このイルミナティ創立には、あの「タクシス家」が深く関与している。

そうすると、このイルミナティにあの「フリーメイソン」を融合・合体させた人物は、誰なのか?私はアメリカ人の「アルバート・パイク」と踏んでいます。

次回は、仕事の合間に専門資料を読み込むので、少々お時間を下さい。勿論、次回もお楽しみ(All in good time!)。

【長めの追記】:

やっと、西の大悪党3代目デイヴィット・ロックフェラー(101歳)の死去が公表されましたネ。

実はこの男、8年前の2月20日に死去しているのに。そうすると、東の悪党の横綱「池田大作」の死去の公表も年内中かしら?

代表の哀れなヤギ男こと山口某の言動に注目!

それより、ここ数日間、叔父の著作「無頼の徒」(絶版)を読み返していました。

これは、週刊誌のトップ屋(スクープ狙いの記者)から作家に転身した「梶山季之」との交流を描いた作品。

梶山のスゴイところは、「赤いダイヤ」(小豆相場で蠢く魑魅魍魎の世界を描いた)で、流行作家の仲間入りをすると、

次々に世間の「ウソと誤魔化し」(英語では、smoke and mirrors)を暴くところ。

それは、私の小学校時代、一世風靡した「スプーン曲げの少年」から自称超能力者の「ユリ・ゲラー」まで、見破ったところ。

彼が存命だったら、逸早く「皇室」のウソと誤魔化しを世間に暴露したでしょう。

それで、私が最も注目した個所。叔父の著作の中で、梶山はこう述べている。

「ボクは、人類のルーツすべては『移民』にあると思っている」

しかし、彼は日系アメリカ移民や日系ブラジル移民の膨大な資料を集めている最中、重度な疾病に罹り死去してしまう。

そう、移民の謎を解き明かすと、今まで視えて来なかった「新事実」が歴史の中に浮き彫りにされるのが、私の考え。

私は、中世後期から近代まで旧ヨーロッパ大陸から新大陸こと北米大陸に移住した移民を精査すると、

「宗教」から「秘密結社」「主要産業」「主要政党」「国家戦略」等までの主要骨格の枠組みを押さえることができると、思っている。

今まで、歴史教科で教わった移民の理由は、宗教上の迫害(主に、カトリック教徒とユダヤ教徒)や

人種差別(主に、ユダヤ人)や食糧飢饉(例えば、アイルランドのじゃがいも飢饉)の者の他に、

予め支配者階級からの「命令」を受けて、新大陸に移り住んだ者がいると、思う。次回、触れるアルバート・パイクのように。

彼等は、その命令を一部の民衆に媒介・拡散している。殺人ハエ(kill fly)の如く。笛吹き(パイパー)顔負け。

そうすると、以下の北米大陸三ヶ所は、【新大陸への移民を巡る旅】で必須のポイントに違いない。

なお、ユダヤ人はすべての移民の中に含まれる。

① ニューヨーク・アメリカ(東欧系移民とロシア系移民の痕跡が判明)

② ボストン・アメリカ(イギリス系移民とアイルランド系移民の痕跡が判明)

③ ハリファックス・カナダ(フランス系移民とドイツ系移民の痕跡が判明)

そう、彼等はいつも太平洋ではなく、大西洋を渡って来た。勿論、船舶を用いて。

実は上記の三ヶ所。サラリーマン時代、私の北米出張の定番ポイントだったので、かなりの隠れスポットを熟知している。

そこで、来年(2018年)又は再来年(2019年)のゴールデンウィーク。読者の方々とスケジュールが合えば、渡米しましょう!

仮に、一定以上の人数が集まれば、私は何れかの都市の大学―それも歴史学専攻(移民学を含む)の教授とその学生たちとの

「シンポジウム」や「意見交換会」をアレンジします。やっぱり、インドに行く前に北米。それも、第三次世界大戦が勃発する前に。

それと、英語は一つの目標があると、グンと伸びます。皆様が外人の教授や学生に質問をしている姿をイメージして下さい。

そして、100㌫保障できること。ご自身が事実関係を述べた後。「それについてどう思いますか?」(What do you make of that?) が云えること。

渡航ルートは、「成田空港」「関西空港」→「JFK」→「ラガーディア空港」→「ボストン」→「ハリファックス」→

「トロント」→「成田」「関空」で、滞在期間は1週間弱。なお、私は皆様のために、「ペヤング・ソース焼きそば」をたくさん持参するつもり。

コレって、海外で食べると、ウマイを超えて、超バカウマ。では、片目のダヤン

*写真は死亡したディビッド・ロックフェラー

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

【宇佐神宮の神勅⑧】吉田茂の虚実、無限拡散

2017-03-21 14:40:46 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


元高官「しかし、君、吉田は今上陛下の立太子式で「臣 茂」と名乗っているんだよ。尊皇家じゃないのかい?」

私「見え見えのパフォーマンスだと思いますよ。「臣」と書けば、野党が騒ぐことを想定した「悪ふざけ」だと思います。実に悪趣味ですよ。

「尊皇家」なら正田美智子何かを権謀術数をたくましくして、皇太子妃に押し込んだりしないでしょう。

もしかしたら自分の生母と「同じ匂い」を感じたのかもしれませんね。

GHQの選任した初代宮内庁長官の田島道治は興信所の調査の結果、「母方(正田富美)の系図に疑問が残った」と正直に言っていますが、

美智子本人の素行についての調査結果は、最初からわかっていて、「闇」に葬り去ったのでしょうね。

戦後の混乱期のあの時代、若い女が「御徒町」に足しげく通うということは、人妻が愛人とラブホテルから出てきた現場を亭主に抑えられて

「私たち、中でトランプしてました」と言い訳することと同じですよ。

米兵相手の売春は地方でも普通にあって、相手を選ばないのを「パンパン」、将校以上と愛人契約を結ぶのを「オンリー」と呼んだんです。

私も「男女」と言うものをわかり始めた時、近所を散歩中に父から「あのお婆さんは「オンリー」だったんぞ」と小声で教えてもらったことが有りました。

良く聞くと戦争未亡人で、子供もたくさんおり、職も無かったので「オンリー」になったそうです。

美人でしたが、どこか崩れた感じが有りました。気の毒でした。」

元高官「しかし、入内させた後、評判が悪いので吉田は怒ったという話もあるよ」

私「最初からわかってたことです。予定通りの演技ですよ。」

元高官「吉田の気質を君ならどう定義する?」

私「時代と状況に合わせて、態度を変えるオポチュニスト(機会主義者)だと思います。ぶれない部分は「自己中心主義」だけです。」

元高官「実例を挙げてみてくれよ」

私「中学の時、もう亡くなりましたが、城山三郎の「落日燃ゆ」を読んだんです。主人公は東京裁判で「殉難」した元総理で外交官の広田弘毅でしたが

作中に「狂言回し」として、外務省同期入省の吉田茂が最後まで登場するのです。新聞の書評では、「反軍国主義者」の吉田の裏の顔を見事に描き出したと好評でした。

≪関東軍も真っ青の帝国主義外交官(笑)≫
吉田は慶應や東京商大(後の一橋)学習院を中退を繰り返しながら転学して26歳の時に無試験で東大法科に入学しました。
東大時代の成績も悪く、入省時の成績も悪かったので、外交官としての初任地は「花の欧米」ではなく、中国の奉天総領事でした。

当時はシナ大陸勤務は「チャイナサービス」と呼ばれ省内で蔑視されていました。以降20年間中国大陸を転々とします。

吉田は「満蒙分離論(満洲と内蒙古の分離)」などを強硬に主張して、関東軍を鼻白ませました。

またある時、軍閥のドン、張作霖の私邸に招かれましたが、食事の時、料理に「食べばし」を入れた張作霖に嫌気がさし、それ以降張から招待されても無視しました。

会議の時、関東軍の意見を押さえて強硬論を吐く、張作霖の機嫌を損ねて、関東軍を困らせる。関東軍は東京の陸軍省に吉田の苦情を言う。

陸軍省から、外務省に「吉田と言う男は何とかならないか?」とクレームがいく、外務省はあまりの苦情の多さに、吉田をシナ大陸を転々とさせる。

女房の父が、牧野伸顕(のぶあき;大久保利通の二男で外務省の大物官僚)でなければとうに馘首されていたでしょう。

資格がないのに、ヴエルサイユ講和会議に参加させてくれと牧野に頼み込み、牧野の秘書として随行するが、性格上秘書的な仕事が全くできずに

牧野にすっかり嫌われたという落ちもあります。

吉田は回顧録で当時を振り返り「なあに、あの時代はイギリスもフランスもシナ大陸で随分、エゲツナイことをしてたんだよ」と自己弁護しています。

終戦後「軍部に抵抗した気骨の政治家」と言うイメージで国民の前に現れ、演じ切りましたが、中国大陸では英仏顔負けの「帝国主義者」

「対米英戦反対」は負ける戦には反対だというわかりやすい性格でした。決して反戦主義者でも平和主義者でもありません。

≪外務省後輩による低い評価≫

お亡くなりになった元駐タイ大使で歴史家の岡崎久彦氏が、ライフワークとして、明治以降の外交史として「〇〇とその時代」PHP文庫シリーズ(〇〇は著名外務大臣名)の

吉田茂の時代で述べていますが、岡崎氏自身が吉田に低い評価を付けるのみならず、当時の部下も口を合わせて、重光葵さんや東郷茂徳さんの方が数段頭がよかったと述介しています。

特に重光さんは、日本の「南進政策」に「大東亜共栄圏構想」と言う大義名分を与えて、正当化し、アメリカにおそれられたために戦犯として服役することになりました。

出所後も、新党を作ったり外相を務め、活躍しましたが急死しました。巣鴨に収監されなかったら総理の目もあったでしょう。

吉田については娘の故麻生和子さんも「父は頭話あんまりよくない」と言っていました。

★要するにその時のシチュエーションで、損をしないように強いほうにつく、マッカーサーのお蔭で長期間最高権力者でいられたのだから、

マックの言うように「皇室を三代で根腐れさせる」布石を着実に打ったのではないでしょうか?

第一弾は「正田美智子」第二弾は「小和田雅子」、そして現状を見れば、今の皇室は、秋篠宮一家でかろうじて「首の皮一枚」繋がっています。

間違っても佐伯徳仁が即位でもすれば、「易姓革命」が起きて、世界に冠たる日本の天皇家は断絶し、正田―堤朝鮮王朝の誕生です。

*写真は吉田茂を酷評した故岡崎久彦駐タイ大使

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【宇佐神宮の神勅⑦】日本国民の必須知識;吉田茂は工作員だった、無限拡散

2017-03-21 12:03:09 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


私「吉田茂が工作員だったって知ってました?」

元高官「噂には聞いたことが有るけど、詳しく説明してくれるかい?」

私「先ず、コードネームは「ヨハンセン」でした。事の始まりは日米開戦当時から始まります。

日米開戦反対だった吉田茂を筆頭に、近衛文麿元総理、幣原喜重郎元外相、鳩山一郎等の総勢7名の親英米派グループでした。

「ヨハンセン」と言う名前は、彼らの動きを察知した憲兵隊が命名したために「吉田反戦グループ」の「ヨシダハンセン」が「ヨハンセン」となったものです。

吉田は開戦前から、アメリカの駐日大使だったジョゼフ・グルーと親しく付き合い、頻繁に連絡を取り合っていました。
敗色濃厚となった1945年2月、吉田は近衛に上奏文(いわゆる「近衛上奏文」)を作成させ

天皇を動かして、終戦に持っていこうとしました。しかし、憲兵隊に察知され、吉田等は4月25日、

憲兵隊に逮捕されましたが嫌疑不十分で、不起訴となり5月30日に釈放となりました。

★この逮捕は、戦後、吉田にとって「大きな勲章」になりました。たった一か月の「逮捕の実績」が、

アメリカ政府から見たら「日本軍国主義に逆らった反軍親米の政治家」と認定されたのです。

終戦の翌年1946年に早くも、総理大臣に登りつめました。これだけではありません。

吉田は幼少期から、工作員と接触し彼らに影響を受ける環境にあったのです。

先ず、養父の吉田健三は香港のイギリス資本のジャーディン・マセソン商会横浜支店長でした。

この会社は明らかにロスチャイルド系の会社で戦後は、有名なキャセイパシフィック航空も経営しています。

養父の健三はマセソン商会横浜支店長で日本政府相手に軍艦や武器、生糸の売買で巨利を稼ぎました。

健三自身もイギリス系の工作員だった可能性が大です。

3歳の時、吉田家に養子に出され、11歳の時に養父が亡くなり、56億円の遺産を受け取りました。

養父が亡くなるまで8年間でしたが、吉田家に出入りする社員や幹部にも工作員が多かったことは想像に難くありません。

≪吉田のロンドン人脈≫

吉田は1936年から駐英大使を務めました。この間に、後に総理大臣となった時の側近や人脈を作っています。

先ず、総理時代の秘書官となった白洲次郎と知り合っています。その白洲の紹介で筑豊の炭鉱王の麻生太賀吉と吉田の三女和子は知り合い結婚します。

娘婿となったのです。孫の太郎氏は言わずと知れた元総理で、現副総理です。

また麻生太賀吉の叔父の加納久朗横浜正金銀行(後の東京銀行)ロンドン支店長とも知り合います。

当時の正金銀行は「外為専門銀行」でしたから、国際金融のスペシャリストでした。

加納は後に、BIS(国際決済銀行)の副理事長になり、スイスのバーゼルに赴任しました。

バーゼルと言えば、今「渦中の大盗賊」が拘禁されていますね(笑)これも何かの因縁かもしれません。

吉田はロンドンで有能だが一癖も双癖もある強烈な個性の人物と知遇を得ました。

白洲、麻生、加納、誰しもがイギリスの工作員であってもおかしくありませんし、特殊なソサエティに入会しなければロンドンシティで裕福な生活のできない仕事です。

そういう連中を束ねて君臨した吉田が英国諜報部とつながりが無い方が不自然です。まして、本来は広田弘毅内閣の外相になるはずが、陸軍に嫌われて

駐英大使になったことぐらい、英国政府も諜報機関も周知の事実ですから。

白洲次郎は吉田の秘書官の間は傲慢無礼で、周囲に嫌われましたが、ほんの数年前に「再評価」の動きが有り、「GHQに逆らった男」として人気が上がりました。

しかし、この話には捏造疑惑が有り、ブームも去ってしまいました。白洲の生前の写真から、その日本人離れした風貌と体格

(日本人離れした鼻の高さと180cm以上の身長)から、イギリス人混血説もあります。不思議と正田富美と近いものが有ります。

吉田は日米開戦前夜、1941年9月6日の御前会議で決定した「帝国国策要領」を一字一句、アメリカの駐日大使、ジョセフ・グルー氏に情報漏えいしています。

吉田の妻雪子(大久保利通の孫)はグル―の妻のアリス・ペリー・グル―と非常に親しかった。アリスはミドルネームから分るようにペリー提督の子孫です。

このアリスから、九条節子(後の貞明皇后)、鍋島伸子(後の秩父宮妃)はロスチャイルド・モルガン系の情操教育=洗脳教育を受けていました。

アリスの母の旧姓はキャボットで、黒人奴隷貿易と麻薬売買で巨富を得た悪名高きキャボット家です。

このように吉田は妻雪子を通じて、アメリカ・エスタブリッシュメント(支配階級)の「奥の院」と明らかに通じていました。

要するに英米の凡百の工作員の「上に立つ工作員」だったのです。
*写真は白洲次郎(左)日本人離れした鼻に注目

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【宇佐神宮の神勅⑥】私の吉田茂観の変遷、無限拡散

2017-03-21 09:31:00 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


元高官「君の「吉田茂観」は昔からこんなだったの?」

私「実は昔は騙されていました(笑)中学生の頃、もう亡くなられましたが京都大学の国際政治学の教授、高坂正堯さんの、「宰相吉田茂」を読んで興味を覚えました。」

元高官「生前お会いしたことが有るよ。リアル・ポリティーク(現実主義政治学)の旗手だった学者だね。」

私「当時は、社会党や左翼全盛時代でしたから、戦後日米同盟の基盤を作った吉田茂の「再評価」は新鮮でしたね。

しかし、大学生だった1980年代に、アメリカ人のMITの政治学者、ジョン・ダワーの「吉田茂とその時代」を読むとまた印象が変わりました。

「反軍」で「リベラルで自由主義者」の吉田茂像を否定して「帝国主義者」の本性を暴いたのは圧巻でしたね。ダワーの著書は、日本人でも知らないような

吉田のパーソナルデータを駆使してよくここまで調べ上げたなと感心しました。ただ従来と違い「予定調和」の吉田礼賛ではなかったですね。

この本で、今思えば収穫だと思ったのは、吉田の生母の「情報」が全く不明だという事実ですね。
公式発表では、実父は土佐の民権活動家の竹内綱の庶子(非嫡出子)だということはわかっています。しかし、この竹内綱自身も全く無名な男で

当然、日本史の教科書には載らないし、「売り」は板垣退助の子分だったという話です。

生母の氏名、出自が全く不明な総理大臣と言うのは、「憲政史上」吉田ただ一人です。

加えて、私が感ずるのは、実父とされる竹内綱自身が、無名の人物で、養子に出した五男坊が、偶々総理大臣になったから、「著名人」になったのではないか?と言う疑惑です。

今、竹内のWikiを見ると、「これでもか!」と言うぐらいに、業績「てんこ盛り」です。恐らく竹内の生地の高知県の宿毛の人達が「地元お越し」でやっているのでしょうが、

以前、正田美智子の実母の正田富美(旧姓、副島を自称)の佐賀の実家について調べてみたことが有りましたが、多久市には「副島家文書」と言う記念館のようなものが有る

と地元の人が豪語していましたが、後で佐賀県の他地区のかたが、教えてくれましたが、正田富美は、美智子入内後に多久市に来て、副島家に「戸籍を売ってくれ」と頼み断られたそうです。

富美は顔立ちとスタイルですぐわかりますが、生まれも育ちも戦前の「魔都」上海の英国租界地区。解体された旧正田邸は英国のチューダー朝風の様式で清水組(現;清水建設)が建築したものですから

実父は高い確率で、租界のイギリス人、母親は日本人以外のアジア人で間違いないと思います。極端な色白、同年代の日本女性と比べれば異様に高すぎる身長。おまけに実母の名前は戸籍上「空欄」です。

これは吉田にも言えることで、いくら実父が外に作った子供にしても、産ませた女性の名前ぐらいは覚えているはずです。吉田は生後すぐ、竹内の友人で豪商の吉田健三に養子に出されますが

この養父も茂の生母の名前を知らない。結局めんどくさいので、周囲の大人は聞かれたら「生母は芸者だよ」と口をそろえるようになった。

★名前の無い「芸者」っているでしょうか?
明治の元勲、長州の木戸孝允の妻は「松子」、志士時代からの恋人で、当時は有名芸者の幾松(いくまつ)です。

初代総理大臣、伊藤博文の正妻の梅子も元芸者です。

★ここまで来ると、吉田の生母は、芸者ではなく、世間に言えない階層、部落民の女性ではなかったかと思わざるを得ません。

恐らく実父の竹内も、養父の吉田健三も生母の名前を知っていたはずだが敢えて、本人に教えなかったのだと思います。

★そう考えると、吉田茂が皇太子妃に「正田美智子」に拘った理由も、「同族的親和性」とすれば納得できます。

美智子の実父の堤康次郎も、半島系部落民ですから、符合が合います。
★ともかくも、1980年代の歴史書、伝記等は、「自虐史観オンパレード」でした。先ほどのダワー以外の日本人の政治学者は「吉田茂礼賛一色」でした。

GHQ占領時代の事実上の日本総督長官(サンフランシスコ講和条約までは日本は独立していません)の吉田茂礼賛は、イコール「アメリカ賛美」であり、裏は「戦前の日本は全て悪い自虐史観」です。
★またこの時代に目立ったのは「ケネディ王朝」礼賛本の多さでした。「アメリカは移民でも努力すれば大統領になれるんだよ」と言うメッセージで、日本人に「アメリカンドリームやアメリカ信仰」を

植え付けるものでした。若かった私もかなり洗脳されましたけど。

しかし、時代が変われば新しい資料や「証言」も出てきて「史観」も変わります。ケネディ家は理想のファミリーではなくて、大統領の父、ジョセフ・ケネディが「禁酒法時代」にマフィアと組んで密造酒で

大儲けしたり、株の「インサイダー取引」で儲けたり、息子たちを大統領にするために「違法行為」で蓄財しました。

また、当時「アイルランド系移民」と言えば、日本でいう「在日朝鮮人」並みの扱いでした。

日本は日露戦争後、アメリカにとっては「仮想敵国」となり、西海岸で、「日系移民排斥運動」が始まります。その先頭に立ったのが何と、アイルランド系移民たちでした。

勤勉で働き者の日系移民に、自分たちの仕事が奪われると危機感を抱いたのでしょう。

*写真は志士時代の木戸を命がけで助け、めでたく結婚した木戸松子(幾松)

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

【宇佐神宮の神勅⑤】戦後自虐史観の最たるものは「吉田茂礼賛論」である。無限拡散

2017-03-21 06:20:05 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


元高官「君は吉田茂を全く評価しないのかね?」

私「個別的に評価すべき点は評価しています。例えば経済政策の「傾斜生産方式」です。

【傾斜生産方式】

第二次世界大戦(以下(先の)「大戦」)後、GHQによる占領行政下にあった日本における経済復興のために実行された経済政策である。

当時の基幹産業である鉄鋼、石炭に資材・資金を超重点的に投入し、両部門相互の循環的拡大を促し、

それを契機に産業全体の拡大を図るというものであった。工業復興のための基礎的素材である石炭と鉄鋼の増産に向かって、

全ての経済政策を集中的に「傾斜」するという意味から名付けられた。結果として戦後日本の重工業復興の呼び水となった。

それと吉田は悪運が強い。丁度景気の悪い時に「朝鮮戦争」が勃発し、戦争特需で景気回復しました。

また、朝鮮戦争勃発により、朝鮮半島の南北分断が固定化され、その後は「冷戦」と「反共」の時代になり、アメリカにとって日本は「太平洋をアメリカの海」にするための

「反共の防波堤」となり、アメリカの対日政策が寛容になりました。1951年のサンフランシスコ講和条約では、戦勝国のアメリカ以下の連合国が、敗戦国の日本に

「賠償金は一切請求しない」と言う前代未聞の超寛容な講和条約となりました。但し、講和条約調印後、吉田はアメリカの憲兵二人に両脇を押さえられ、別室に連行され

「この条約にサインしろ」と迫られてサインしました。その条約が、岸信介さんが改訂する前の「旧日米安保条約」です。

★内容は、在日米軍は、講和条約発効後も、自由に日本国内の基地を使い続けることを認める。と言う一方的なもので、日本が攻撃を受けたときは在日米軍が日本を守る義務は有りませんでした。

吉田が約7年間の長期政権を維持できたのは、国内ではマッカーサーに可愛がられ、アメリカ本国ではトルーマン大統領に好感をもたれたからです。
元高官「そこまで認めて、最終的にはマイナスと言うのは何故なの?」

私「吉田は「軽武装・経済重視」と言う戦後体制のモデルを作りましたが、「軽武装」を実現させたのは岸信介総理の「日米安保改正」で、初めて在日米軍が日本全土の防衛の義務を負うようになったのです。従って

吉田の時代は「軽武装」は実効性が無かったのです。また吉田は、戦後世界で、最も新聞で漫画に描かれた政治家をチャーチルと二人で人気を分け合っています。

吉田の毒舌、悪趣味なユーモアは、全国紙の連載漫画家の格好の飯のネタとなりました。漫画家たちは吉田が総理の座を去る時に漫画で感謝の意を表したそうです。

例えて言えば、昔の横綱の朝青龍のような「ヒール人気」ですね。その為、実績の割には存在感が有り、記憶に残る政治家で「過大評価」されがちなのだと思います。

元高官「手厳しいね(笑)。それで、最終評価でマイナスにする根拠は?」

私「それは、とりもなおさず、「正田美智子入内」の大罪です。事前に、クリスチャンで有る事や「御徒町」に出入りしている評判は効いているはずだから、

他に、ご成婚に貢献した小泉信三や黒木侍従長等の背後に控えた「黒幕」です。吉田は確信犯で、22年後の「平成」になってから、皇室が「美智子独裁」で「脳死状態」になることは薄々得分っていたはずです。

「内廷皇族の北朝鮮化」と「三笠宮系宮家の銭ゲバ」ぶりを見てください。まともなのは過剰公務をこなしている秋篠宮家と、「美智子独裁」にも毅然としている常陸宮両殿下ぐらいなものですよ。

「日本の国体」を人間の体に例えたら、「皇室」は「脳髄」に当たります。今現在、まともな2宮家を除いたら既に「脳死寸前」の現状です。

皇室が「脳死状態」になったら、「日本の国体」は崩壊します。
★「皇室を三代で根腐れさせる」と言うマッカーサーと吉田との密約が、「現実化」しつつあるのです。

★「皇室を脳死」させるには、第一弾として「正田美智子入内」が絶対条件だった。その作戦の最高指揮官が吉田ですから、

これは、明らかに「反日行為」であり、保守政治家としては「万死」に値します。いくつかの政治的業績が有っても、それをチャラにしても尚余りある「汚点」です


*写真は下層民「正田美智子の入内」とそれをごり押しする吉田茂一派に徹底抗戦した松平信子常磐会会長

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【宇佐神宮の神勅④】「逆臣吉田茂」論―「戦後復興」と引き換えに皇室をアメリカに売り渡した男

2017-03-20 23:55:51 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


私「時系列で教えていただくと、「正田美智子入内」に向けて吉田が相当前から、長期的に見て次々と布石を打っているのがわかります。
皇太子妃候補を正田美智子に絞った時点で、学習院常磐会や柳原白蓮のような旧華族の猛反対を受けるのは明白だったので、用意周到だったのでしょう。

祖父の正田貞一郎を貴族院議員に無理やり政治力で押し込んだ時点で、吉田の頭には「結論は正田美智子ありき」だったのでしょうね。

元高官「そうだね。御妃選びの時期になった時、不動のエースだったのは学習院で旧宮家の北白川肇子様だったが、ご本人があまり乗り気でなかったのと

突然、横から正田美智子さんが現れて、獲物をかっさらっていった感じだね。正田美智子の登場が無ければ、最終的には肇子さんも北白川家も根負けして、「謹んでお受けします」と

なってた可能性は高いと思うね。」
私「私が思うに、何故、出自等から見て、「無理筋」の正田美智子を横車を押し通して入内させたか、非常に「謀略性」を感じるんですよね。いくらなんでも「新平民」から・・・

オーナー粉屋稼業で、財力は有るという売りでしたが、旧正田邸は私も昔実物を見ましたが、たかだか60坪程度の「マッチ箱」のような家でした。とても金のある家には見えませんでした。」

元高官「あくまでも推測だが、バーターで堤康次郎から「金」が流れた可能性が濃厚だね。その流れた先が問題だが・・・

私「成功報酬として、吉田茂のポケットに入ったとみています。吉田茂と言う政治家は「マッカーサーの忠実なる僕」でマッカーサー帰国後に訪米したときは必ず面会しています。
「皇室を3代で潰す」と言うアメリカとの密約を忠実に履行していると思います。

はっきり言えば、吉田茂は「日本の戦後復興」と引き換えに「万世一系、男系男子の皇統の断絶」をアメリカに約束したGHQの植民地総督だったと思います。

吉田は、1967年(昭和42年)10月に亡くなっていますが、その4年前の1963年に小和田雅子が生まれています。

吉田は雅子誕生の時点で、次の皇太子妃に小和田雅子を第一候補とした可能性が有ると見ています。

理由は父親が北朝鮮人で、母親、江頭優美子が部落民、これ以上の「皇室破壊力」は無いわけで、絶好の妃候補と見たのだと思います。

吉田は、私が小学校の頃に亡くなり、TVでも報道されましたが、伝記などを見ても、認知症になった形跡も見られず、亡くなった日は「富士山が見たい」といって

娘の麻生和子さんが、布団を敷いて、眠るように無くなったそうです。とにかく最晩年まで頭はしっかりしていました。
元高官「小和田雅子に白羽の矢を立てたことが、吉田の死後、どう継承されてきたの?」

私「吉田は自分の様に東大法学部を出て官僚社会のトップになったエリートこそが総理になるという信念を持った人でした。従って、部落出身で東大出の官僚出身者の福田赳夫元総理に引き継いだのだと思います。

それが、証拠に、福田赳夫は、自分の秘書官だった小和田恒の長女の雅子を「将来、皇太子妃にする」と言っていたのは有名な話ですから。これも偶然にしてはできすぎています。もめにもめた雅子入内の「皇室会議」の議長が、部落民出身の

宮沢喜一総理ですからね。自民党内の部落出身の政治家の「引き継ぎ事項」だった可能性すらあります。まさに「共謀罪」ものですよ。

まあ、同じ部落同士と言う親近感もあったのでしょうが。私も驚いたのですが、小和田雅子は学習院を受験して落ちているのだそうです。本人も言いくるめられてその気になっていたのでしょう。」

*写真は今上陛下の御妃候補の不動のエースだった北白川肇子様(現姓;島津)、正田美智子の「プロの女」風俗嬢的イメージは微塵もない。これが「やんごとなきお方」の神髄でしょう。

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【宇佐神宮の神勅③】昭和の元勲、吉田茂の底深い疑惑、無限拡散

2017-03-20 19:21:44 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


元高官「GHQや、マッカサーの皇室観を一変させる出来事が起きたんだ」

私「それは、何ですか?」

元高官「1946年2月から1949年まで、営々と励まれた「昭和天皇の全国行幸」だよ。先帝様に助言したGHQの幹部には意地の悪い意図が有り、

身に寸鉄も帯びず、国民大衆の中に身をさらしたら、必ず「共産主義者」か「朝鮮人」に殺されるだろうという期待が有ったんだよ。

現に、戦前の摂政の宮以降、明確な暗殺未遂があった。無政府主義者の難波大助による「虎の門事件」や朝鮮人テロリスト李奉吉(イ・ボンギル)による「桜田門事件」だ。

ところが、この3年間の全国行幸では、不祥事は全く起きず、国民たちから歓迎されたんだ。

これは欧米も含め、「世界史上の奇蹟」とも言われた。しかし、マッカーサー以下GHQには衝撃を与え、大きな危惧をもたらせた。

それは、日本人は、昭和帝の「玉音放送」で「一億総玉砕」は止めたが、何十年か後に新しい天皇が号令をかければ、また1億国民は天皇のもとに一致団結して

アメリカに逆らうのではないか?と言う恐怖にも似た危惧だったんだ。

そこで、私は、マックはその「危険性」を飼い犬だった吉田茂と話し合ったと睨んでいる。

在任中マッカーサーは「皇室は3代持たない」と言う発言を残している、
その後彼は、トルーマン大統領に解任され1951年4月に、日本を去った。

マッカーサーの威光をバックにした吉田は、巨大な「ハロー・エフェクト(後光効果)」を失い、傲慢さとワンマンぶりから民心が離れて1954年に総辞職した。」

私「それと、「皇室三代絶家説」とはどうつながるんですか?」

元高官「吉田茂の政治資金源、スポンサーは西武グループ総帥の堤康次郎だった。そして堤の商売上の盟友は、群馬館林の醬油業者で皇后様の祖父の正田貞一郎だった。

時系列に把握してもらいたいんだけど、吉田茂は1946年(昭和21年)5月に政権を取り第一次吉田政権を作った。

面白いことに、同年1946年7月に正田貞一郎は貴族院議員に勅選された。推薦者はその時の総理の吉田以外にはいない。

更にポイントは、貴族院は翌年1947年5月に廃止された。廃止が決まっている貴族院にぎりぎりセーフで無理やり押し込んだんだな。
ここまで言えば、わかるだろう。君の言葉で正解を言いなさい(笑)」

私「正田美智子入内の複線ですね。祖父が部落民では格好がつかないから、「箔付け」をしたんですね。おまけに、正田美智子は、母正田富美と堤康次郎の不倫の子

ですから、堤康次郎も自分の娘を皇太子妃にしたいという宿願が有ったでしょうし。それにしても吉田茂の遠大な「謀略」ですね。驚きました。」

元高官「おまけに、正田貞一郎は1956年(今上陛下と美智子のテニスコートの出会いの1年前)に藍綬褒章まで受賞している。その7年前に日清製粉は「独禁法違反」で司直の捜査を受けている。客観的に見て、受賞資格は無いはずだ。

しかし、これも吉田の強い意向だったのだろう。吉田は2年前に政権の座から降りているが、「長期政権;7年」の元首相として党内に隠然たる勢力を持っていたからね。」

私「吉田茂としては、万世一系の皇統を「根から腐らせるには「部落民の娘」を皇太子妃にぶち込むのがベストだと考えたのでしょう。

しかも、神道も排除する一神教のキリスト教徒ですからね。吉田自身もクリスチャンですし」

(続く)

*写真は吉田茂と堤康次郎(堤美智子の実父)の親密な関係を示す写真、一緒に写真に納まる池田勇人、佐藤栄作はともに総理になり「保守本流」を形成する。

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

【宇佐神宮の神勅②】忌まわしい「戦後」と言う時代が音を立てて崩れ始めている、無限拡散

2017-03-20 16:30:29 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


私は、昨晩遅く記事をアップして、ベッドに入ったが「悶々」としてよく眠れなかった。

大変、貴重な情報を頂いたが、記事にするのを禁じられた情報も多く、「ハノイの件」の様にぼかされて教えてもらえなかった重要ポイントも多かった。

記事にした後、物凄い「消化不良感」に襲われたのである。

それで、期待はしていなかったが、お昼前に思い切ってこちらから電話してみることにした。以下はその電話のやり取りである。

私「伏見です」

元高官「おお!どうした(笑)」

私「おくつろぎの所、申し訳ありませんが、昨晩の件で追加の質問が有りまして・・・」

元高官「ああ、構わないよ。今日は家内も銀座に買い物に出てるところで、私も暇つぶしに読書をしているところだ。まあ時間的に余裕はあるが、答えられないことは答えないからね(笑)」

私「承知しております」

元高官「で、聞きたいことって何だい?」

私「昨晩、記事に書き忘れたのですが?「ハノイの「ブツ」の件、重要だと思うので書いてよろしいでしょうか?」

元高官「ああ、例の、「ハノイで政府専用機2機に「重いもの」を一杯に積み込んで帰国した」と言う箇所だね。別にそのままの表現なら構わないよ。でもそれ以上は現時点では答えられないね。」

私「御許可有難うございます。」

元高官「ところで「ハノイの真意」はわかったかね?」

私「申し訳ありません。皆目見当が付きません。」

元高官「そうか・・・君なら「解答」を見つけられると思ったのに。ちょっと買いかぶりすぎたかな?アハハ(笑)ところで君は「戦後」と言う時代区分についてどう思うかね?」

私「はい、昭和32年に経済企画庁のエコノミストの後藤誉之助が経済白書で「もはや戦後ではない」と記載したので、「戦後」は終わったのではないですか?」元高官「甘い、甘い、「木を見て森を見ず」はだめだよ。君が過去に書いてきた記事をつなげてみると、自ずと「大きな絵」がかけるじゃないか?」

私「そう言いますと?」

元高官「わかりが悪いようだから、最初から丁寧に説明しよう。1945年8月15日以降、GHQの7年間の占領統治と当時の長期政権の吉田茂総理が全てを決めたんだ。

連中はドイツ系ユダヤ人が作成し、ヒトラーによって無効化された「ワイマール憲法」をほぼ丸写し同然に置き換えて、やっつけ仕事で「日本国憲法」を作って押し付けたんだ。

しかも、国民に「自衛権」も与えず、事実上、「国防軍」である自衛隊を「継子扱い」して苛めている。

★特に注意すべきは「ポツダム宣言」の受け入れだ。広島、長崎に2発の原爆を落とされても、尚も日本は「受諾」しなかった。

何故か?大日本帝国の「譲れない線」の「国体の護持」の確約が取れなかったからだ。しかし、その後、永世中立国スイスで活動中のOSS(CIAの前身)のアレン・ダレスとスイス駐在日本武官との間で

「国体護持の確約」が取れたので、お上(昭和天皇)と側近たちも安心してポツダム宣言を受諾して、海外の戦地の日本兵にも「停戦」を呼びかけたんだ。

しかし、日本側が理解した「国体の護持」とは「皇室制度の悠久なる護持」だったが、連合軍側特にアメリカ政府、トルーマン大統領の意向は違った。

彼らの真意は、単に「昭和天皇個人」を戦犯として「訴追」しない。その一点だった。

戦後の「日本占領」を想定するに当たって、国民が尊崇する昭和天皇を生かしたほうが、反乱や暴動も起きず、結果的に「占領コスト」が安く済むことがわかっていたからだ。

実際そうなったし、GHQの「日本占領」「日本改造」は順調に進んだ。この時点では、GHQも「皇室」を廃止しなくて良かったと思ったはずだ。

ところが、GHQの「天皇観」は有る事件を通じて180度変わることになる。
*写真は「終戦の日」から半月立った8月30日に征服者として厚木空港に到着したマッカサーGHQ総司令官

(続く)

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加