伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

日々のニュースや出来事を中心に率直な感想を書いていきます。また政治や景気などについて将来の予想や読みを書きたい。

【ダヤン氏寄稿】女の敵は女

2017-02-19 12:09:45 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。十代の頃に読んだ五木寛之と野坂昭如の対談。前者の五木曰く、

「ボクがよく行く銀座のクラブだけど。バーのマネジメントで一番、重要なのはオンナの管理らしい」

野坂曰く、「ホステスの管理ってこと?」そして、五木はこう喝破した。「ママネジメントしないと、オンナ同士で殺し合いが始まる」とか。

先週、旧知の乙仲兼フォワーダー会社にいる方と飲みました。そして、「オンナの敵はオンナ」のエピソードを2つ。昨年、

この会社でこんなことがあったらしい。登場人物は、以下の二人。

● A子「トルコ語が流暢だが英語はイマイチ。40代でバツ一」

● B子「スペイン語は堪能だが英語はソコソコ。40代で独身」

そう、二人の共通項:特殊外国語は流暢だが、英語は決まり文句以上話せない。ある日、時差も日本と1時間しか変わらない

シンガポールの提携代理店から国際電話が入った。案の定、その日の時刻は6:00(18:00)で、担当部署の大部分のスタッフは既に退社している。

そんな時、B子が受信した内容は、「A子さんはいますか?」彼女は、退社した・退職したのを混同したのか?

こう、相手に云ってしまう。「A子は退職しました」(Girl-A has resigned)。すると、相手はガッカリして、「とても残念だ」(I will miss her)。

翌日、そのシンガポールの代理店から再度、確認の電話が入った。あろうことに、電話を取ったのはB子ではなく、A子。

先方曰く、「何でオマエが働いているの?」(Why not you’re working, still?)だって。

ここから捕り物帳ならぬ、女子プロレスを超えた「オンナの修羅場」が上演される。歌舞伎顔負け。ウチのネコみたい。

怒号と共にファイルや椅子が相互間で飛び交う。前述の乙仲兼フォワーダー担当者曰く、「オンナ同士のケンカは怖くて」とか。

その後、二人は互いの髪の毛を引っ張り合い、取っ組み合いの乱闘。私が「オトコは仲裁に入らなかったの?」と訊くと、

担当者は「ダマッテ観ていました」。ホントかよ?

もう一つは、彼の大阪支店でのエピソード。御堂筋に位置し、雑居ビルの一角から。社員総数は4名で、所長(オトコ)事務員(オンナX3)。

ここの事務所はD/O(delivery order・貨物引渡書)の出先機関で、通関免許もなく英語に通暁したスタッフも皆無とか。

丁度、彼のお客さんが大阪にいたので、出張した際のエピソード。朝からオンナの事務員2人(共に、40代独身)が口論をしている。

話を聞くと、1人のオンナが相手のオンナの机の下に「トイレ芳香剤」を置いたのがその原因らしい。

「アンタ、クサイやねん」それから、上記同様の捕り物帳ならぬ、女子プロレスを超えた「オンナの修羅場」の再上演。

担当者曰く、「XXXさん(私の名前)、オンナ同士のケンカってオトコと違って、何処となく陰湿な感じがしますが。どうですか?」

「う~ん」私にも判らない。「でも、エピソード1も2も。そのオチは乱闘したオンナは会社を決して辞めなかった。そうじゃないの?」と訊くと、

「その通りです。やっぱり、XXXさん(私の名前)は凄い!」とか。誰でも想像できるけど。ウチのネコでは無理かも。

私は、オトコとオンナの本質的「闘争本能」の一番の相違点は、「共存共栄」(Live and Let Live)と「死ぬのは奴らだ」(Live and Let Die)と、認識している。

だから、後者のオトコは戦争をしたがるし、相手を必ず殺戮する。なお、「彼女は退社した・退職した」の表現は以下の通り。誰も誤解で「ケンカ」はしたくない。

「彼女は退社しました」(She’s going back to her home sweet home)

「彼女は退職しました」(She’s resigned or She left the company)

もう一つ。これは大阪や関西圏内の読者の方へは、辛辣な見解だけど。

3年後の東京オリンピックを分岐点として、海外資本や東京資本の会社は大阪から撤退すると、私は分析している。

理由は様々だけど、「分散投資」よりも「集中投資」のほうが、企業収益を圧迫しない。大部分の仕事は人工頭脳(AI)で賄える時代が足元に迫っている。

残念ながら。

では、片目のダヤン 

追記:「第三次世界大戦が起こるか?」は、シリーズ化にします。

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】第三次世界大戦は起こるのか?②

2017-02-19 11:27:46 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。先ず、ロスチャイルド家やロックフェラー家の衰退・消滅に触れる前に、私が「陰謀論」を好きになった理由から。

亡き父親のコネで公務員になった故人で叔父であった作家笹沢佐保は、20代後半で途方に暮れてしまう。

何しろ、役所内に劇団を立ち上げ、同じ職員だった女性と心中未遂をしたから。場所は、神奈川県の江ノ島海岸。

この当時、私は幼稚園児だった。しかし、幸いにも二人は地元漁師に発見され生環した。

その後、彼は様々な職業を経験して30歳になる前に「六本木心中」を書き上げた。この作品で、横溝正史賞受賞。

そして、私が小学校4年生になった頃、大ブームを引き起こした「木枯らし紋次郎」を上梓。この時の「流行」は今でも鮮明に覚えている。

何しろ、東京のサラリーマンや公務員が昼メシを食べて、皆「楊枝」を銜えて飛ばしたから。

また、今まで東京多摩地区で借家住まいだった冴えない男が東京小平市に「紋次郎御殿」と称された地下三階・地上三階の豪邸を建立したから。

私の小学校の男性美術教諭までも、給食後、楊枝を飛ばしていた。「あっしには、関わりネエことでござんす」とか。

毎年、彼の自宅で開かれた新年会には、様々な人物が交差した。後に社長・会長となるフジテレビや東映や角川書店の男から、

顔を上げて話すことができない地味な男。これが後に、白昼の死角を発表後、「人間の証明」でブレイクする森村誠一。

笹川との縁は、カンヅメになったホテルに森村が勤務していた。本当にヒトの「縁」とは、不思議なモノ。

そんな新年会で、叔父にこう云われたのを覚えている。この当時、私は小学校5年生。「ヒトは10年間、同じ職業に就くと大抵、プロになれる。

でも、この世の中、そのプロになれない者はゴマンといる。その理由が判るかい?」勿論、私には理由が判らない。

すると、こう語ってくれた。「もう一人の自分が見えていないから。だから、闇雲に突き進むだけで、失敗してしまう」と。

これは、私がサラリーマン時代、海運業界に身を投じたときにも役立った。大半の営業マンは海上貨物を得るために突き進むだけ。

一方、私はいつも自分の背後と両隣から突き進み、攻める業界を多面的・多層的側面から観ることができた。

「それと、素養。才能がなければ、何をやってもダメだ。XXX君(私の名前)は、作家の素養があるとボクは見る。

でも、闇雲に本を読んでも意味がない。松本清張作品。それも「昭和史発掘」から読んだほうがイイ」と。

そして、小学生のアタマでは、清張の昭和史発掘はかなり、難しかった。でも、戦後の三代ミステリー事件であった

「下山事件」「三鷹事件」「予讃線事件」を読み進めるうちに、彼の解析方法が判明した。例えば、GHQの占領政策を命題とすると、

① 反GHQ・親GHQに携わっていた人物から意見聴取。

② そこから、符合する部分・符合しない部分を抽出。

③ それを双方の当事者に問い質す。

④ 最後に上記の事例を事件に当て嵌める。

戦後の疑獄事件の9割以上は、GHQが関与していたと、私は思う。では、本題に入ります。第三次世界大戦の命題は、以下の2つに凝縮されると思う。

● 通貨発行権(currency issue rights)の行方

● 人口削減(population reduction)の実施

【通貨発行権について】

現在の国際通貨「米㌦」「ユーロ」「日本円」「英ポンド」「中国人民元」は、何れもIMF(国際通貨基金)の通貨バスケットに属している。

判り易く云うと、通貨の兌換性・流通性があること。一方、その紙幣・貨幣を発行している各国の「中央銀行」に民間資本が入っていることは、

あまり知られていない。勿論、日本銀行の「その他」の株主も10㌫以上は、民間資本が流入している。

そう、「その他」の正体がロスチャイルド家やロックフェラー家だったら?読者の方が毎日使用する「千円札」や「五千円札」。

それが兌換・流通される度に数10㌫のコミッションが入ったら?そのコミッションを得る者は、笑いが止まらないハズ。

そして、このスキームを崩壊させるには、基軸通貨を有する国家を財政破綻(デフォルト)させれば良い。

現在、アメリカ国債(短期・長期を含む)オバカな国家は、①中国②日本③サウジアラビア④イギリス⑤ユーロ加盟国の順。だから、

アメリカ国債がコケルと、皆コケル。このシナリオを描けた方は、「タクシス家」「シュルバーン家」「サヴォイ家」を縦横無尽に歩ける方。

ヘンリー・キッシンジャー博士クラスの方でしょ?安倍首相は日本が保有するアメリカ国債を全額・全部「売却」してくれないかしら?

そうすると、ユダヤ人による金融支配は終了する。

【人口削減について】

これは、海運業界に属していた方は知っているハズ。実際、私がその海運業界に属した1980年代半ばから「ロクでもない」モノが

国連・ユニセフ・その他の国連機関を通じて、アフリカ・南米・アジア各国に船積され、流通していた。

だから、30年以上前に人工削減の原型は既に始まっていたのが事実。

① 賞味期限切れの食料品・飲料水―当たり前田のクラッカー

② 発ガン性や疾病を誘発する食糧―前述と同じ

③ ワクチン入りの食糧―前述と同じ

④ アスベスト入りの住宅資材。これは、主に難民キャンプで使用された。

ここで、ビル・ゲイツに問いたい。「オマエのワクチン接種(vaccination)は、人工削減のためでしょ?」

何しろ、このワクチンはヒトの遺伝子を破壊するから。それで、思ったよりも人口削減できなかったから、戦争を起こす。

私は、「オマエ、フザケルナ」と言いたい。どんな人間も、自身が生まれた責任をもってこの世に生を受けている。それを根絶する訳?

このユダヤ野郎とその子分であるマイクロソフト社元日本代表の成毛真も私は、大キライ。コイツらは、

「俺達は生き延びる」と錯覚しているバカな野郎。どんな根拠があるのかしら?そして、この成毛は読書家でもないのに、本の評論家として名を売っている。

アンタの著作「新世代ビジネス、知っておきたい60の心得」は、サラリーマン時代に本屋で「1ページ」を開いた途端、棚に返した。

マトモな人間が読む本ではない。丁度、幸福の科学の某教祖が綴っている内容と同じ。でも、読書を「阿片」や「ヘロイン」と認識する方にはピッタリかも。

せめて、池田大作の「人間革命」を超えないと。残念!

次回は、第三次世界大戦勃発時の各国首脳を予測・分析します。

でも、その前に「オンナの敵はオンナ」を綴ります。お楽しみ!では、

片目のダヤン

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【特別企画】北朝鮮の金正男氏暗殺される。命式が語る非業の死

2017-02-15 11:46:19 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


読者の皆様、ご無沙汰しております。昨日驚愕のニュースが飛び込んできました。

「北の刈り上げ君」の異母兄の金正男氏が、マレーシアで、二人の女テロリストによって毒針で殺害されました。

「もっさり」した風貌ながら、インタビュー動画によると、平和的で人の好さを感じさせる人でした。

「日本は清潔で素晴らしい国だ」とも言っていました。

彼とメールをやり取りした某ライターによると「弟(金正恩)が世襲して人民が幸せになるとは思えない」と暗に

世襲批判もしています。

≪ディズニーランド事件の真相≫

元公安調査庁第二部長の菅沼光弘氏によると、あの事件は、ディズニーランド行きが目的ではありませんでした。

故金正日の時代の正男氏の任務は、「北朝鮮製兵器の外国へのセールスマン」でした。

非常に有能なセールスマンで、父親の覚えもめでたかったそうです。

2001年5月のディズニーランド事件の真相は、北朝鮮製の兵器を買った国(主に中東の「反イスラエル国」)

は、代金を日本の銀行の口座に入金します。典型的な「マネーロンダリング(資金洗浄)」です。

正男氏の来日は、武器売却代金を口座から引き出すのが目的でした。

「ディズニーランドに行きたかった」は、とっさに思い付いたいいわけでしょう。

★あの事件のベストな処理法は、

正男氏が銀行から、金を引き出した直後に「逮捕・拘束」することでした。そうすれば、「口座の特定」ができて

北朝鮮の「資金の流れ」が、相当詳細に把握できたでしょう。

但し、あの時は、彼が到着する前に「金正男が日本に向かっている」との情報が入っていたので、空港での身柄確保となったわけです。

彼の「超法規的・強制送還」は当時の田中真紀子外相の判断ではなくて、彼女と対立していた「チンパン」こと福田康夫官房長官(当時)

の強硬な主張だったそうです。「フフン」の爺さんは、小和田雅子擁護と言い、こと、「朝鮮系の事件」については必ず首を突っ込んできます。

「北朝鮮と良からぬ利権」が有るのではないかとさえ思わせます。

≪何故、金正日の後継者争いに敗れたのか?≫

菅沼氏によると、北朝鮮の金王朝の後継者の条件は二つあり

① 逆らうものを情け容赦なく粛清する決断のできる男

② いざとなれば、戦争を始める度胸の有る事

故金正日は、金正男、金正哲、金正恩の三人の性格を見極めて、早くから三男の金正恩に後継者を絞っていたようです。

長男の正男のことも可愛がっていましたが、「温和で優しい性格」故、後継から外したのでしょう。

≪金正恩政権掌握後の中国への亡命≫

父による弟への世襲が決まった時点で、中国のマカオに居を移し出国しました。事実上の亡命で、中国の庇護下に入ることです。

弟の性格をよく知っている彼は、国内に留まれば「自殺に見せかけた交通事故」で消される危険を恐れたのでしょう。

事実、2002年の小泉訪朝の前に、金正日に対して反対の姿勢を崩さなかった党幹部が交通事故による不審死を遂げました。

それも、交通量の少ない平壌市内で、「軍用車との正面衝突」です。

同じような、「偉大なる将軍様」に逆らう幹部は、初代金日成いらい、「わざとらしい交通事故」で何人も消されています。

≪庇護者、チャンソンテックが粛清される≫

故金正日の、最愛の妹金敬姫の夫、チャンソンテックは、「対中国の窓口」でした。

中国共産党のカウンターパートは、江沢民主席以来と言いますから、相当年季の入った「親中派」です。

中共との密談場所は「大連」ですから、チャンは大連に利権を持って腐敗もしていました。

≪中国側は金正男の世襲を望んでいた≫

江沢民→胡錦濤→習近平と続く、中国側の狙いは、「扱いやすい金正男」を後継者に据えて、北に「傀儡政権」を作りたかったのです。

中国側の意を受けたチャンは秘密裏に「金正男擁立」の活動を始めます。しかし、金正恩の知るところとなり、高射砲で吹き飛ばし肉片にするという

極めて、残虐な方法で処刑されました。このニュースを聞いた正男は、「次は自分か・・」と覚悟を決めたでしょう。

それでは、命式を見ていきましょう。

金正男

1971年5月10日~2017年2月14日(45歳没)

   上 中 下  宿命星  蔵干  十二運  吉凶星

年柱 辛  壬  偏官 印綬    死 天徳貴人

月柱 癸  丙  偏印 傷官    沐浴 金輿禄 駅馬(2個)
日柱 乙  己     偏財    養

時柱 乙  己  比肩 偏財 偏印 衰 華蓋

【辰巳空亡なので月柱が空亡している】

【総合鑑定】

≪非業の死を宿命づけられた命式≫

月柱の巳と年柱の亥が冲「ちゅう」を形成します。その為に月柱の空亡は消えてしまいました。空亡填実(くうぼうてんじつ)です。

時柱の丑と日柱の未が冲「ちゅう」を形成します。「兄弟不仲」の暗示です。実際その通りでしたね。

★いずれにせよ、命式に2個も冲「ちゅう」が有ることは、「極めて不吉な宿命」でした。

★月柱に偏印と2個の駅馬が並んでいます。しかも、月柱と年柱が冲「ちゅう」で結ばれています。

このサインは「交通事故で亡くなる」暗示です。正男が、北朝鮮内に留まっていたら、恐らく「北朝鮮伝統芸」の「交通事故死を装った不審死」で殺害されたでしょう。

今回殺された場所も、マレーシアの空港と言うことで「交通機関」との因縁を感じます。

★印星(印綬or偏印)が3個以上あります。

このタイプの政治家は非業の死を遂げる人が多いです。しかも、年運や月運が印星の運の時に遭難しやすいです。

ちなみに2017年2月の月運は、壬寅―印綬の月運で印星でした。

年運を見る限り、昨年2016年は丙申―傷官の「けじめをつけられる」年でした。

★恐らく、中共政府から、「利用価値なし」と判断され、「出国命令」を受けたのでしょう。

一説によると、マレーシア政府に亡命を求めようとしたのではないか?とも言われます。

また、マレーシアは、「北の高官」が、韓国に亡命する際の「経由地」だそうです。

★エリートは、マレーシア経由で、北の人民は鴨緑江を命がけで泳いで亡命するのです。

大運を見てみましょう。コメントなしは問題ない10年です。

41歳~51歳 戊子―正財―病・・・正財は命式中の印綬を潰すので、癌になったり不慮の事故で亡くなることが有ります。

★要するに正男の運命は、弟金正恩が世襲した時点で、見えていたので、早めに韓国に亡命すべきでした。

彼の二十八宿は尾宿で腹違いの弟の正恩とは【友・衰の関係】で悪くは有りませんでしたが、相手が悪すぎました。

*写真は金正男

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】第三次世界大戦は起こるのか?①

2017-02-12 10:45:25 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。先ず、戦争は何故、起こるのか?の命題から。ドイツの戦略家クラウゼヴィッツによると、

政治で決着が付かないから、戦争する。即ち、戦争は政治の延長の解決に過ぎないと。

また、サラリーマン時代に遭遇した欧米人は概ね、こう語った。「相手国(敗戦国)を破産させるためだと」と。

そして、読者の方々にも、第三次世界大戦は勃発するが可能性は高いが、日本は巻き込まれないだろうと。

しかし、私の見解では、第三次世界大戦は「必須」だろうし、残念ながら日本もこの大戦に参戦するだろうと、思っている。

その理由は、サラリーマン時代に閲覧することができた「ロイヤル・ダッチシェルの報告書」「ロックフェラー財団のレポート」並びに

「モサドの予測分析書」の三つがほぼ、同時期に第三次世界大戦が勃発することを予測していたから。

① ロイヤル・ダッチシェルは、2021年1月

② ロックフェラー財団は、2021年6月

③ モサドでは、2021年5月

各レポートでも、ほぼ2021年の6ヶ月間で交戦が始まることを予測している。そして、大戦場所は以下の通り。これもほぼ同じ。

① 中東諸国及び、ヨーロッパ諸国

② インド・パキスタン・中国・朝鮮半島・日本

③ アメリカ・カナダ・中南米諸国

従って、北半球の全地域が戦場になると、予測している。また、何れの国家も20~30㌫弱の人口減になることも予測している。

そして、私は第二次世界大戦同様、戦勝国がこの大戦によって潤うのではなく、参戦した国すべてが大戦後、国家破綻(デフォルト)するだろうと、分析している。

そう、デフォルト国家の通貨がどのように変貌するか否かが、第三次世界大戦後の予測分析に一番、役立つと私は捉えている。

●ユーロ―残念ながら、残らない。ユーロ加盟国は、従来の各々の通貨に逆戻りする。

●アメリカドル―残る。一方、以前からウワサがあったNAFTA(カナダ・アメリカ・メキシコ)の共通通貨「アメロ」(AMERO)は、発行されない。

●日本円―残る。但し、アメリカ同様にデフォルト宣言をするので、デノミ(re-denomination)が履行される。

私は、「銭」「1円」の単位が消滅して、「10円」単位になると、把握している。

このデフォルトに伴い、金融機関(郵便貯金や都市銀行を含む)での引き出しは、困難になる。

コンビニも同様。この理由は、アメリカ国債が紙クズになる為。

●中国元―残らない。私の予測では、中国は三分割後(南北中国とインド自治区)、

「ホンコンドル」と「インドルピー」の二つの通貨を併せ持つ国家に変貌すると、思っている。

因みに、万里の長城はインド軍が完全破壊する。なお、北中国の首都は「北京」で変わらず、

南中国は「広州」。そして、インド自治区の首都は、「デリー」になる。

●インドルピー。これは主力通貨になり得る。同時にIMF(国際通貨基金)の特別引出権

(special drawing rights)に属する基軸通貨に成り得る。また、ロシアルーブルも同様。

●オーストラリア及びニュージーランドドル―残らない。イギリスポンドの支配下に置かれると、認識している。

なお、カナダドルは変わらず。また、現時点で東南アジアや中東諸国並びに南米・アフリカの通貨がどのように変貌するか否かは、判らない。

●朝鮮半島―北朝鮮が主導する「ウォン」が基軸通貨になる。何故なら、韓国は北朝鮮に敗北後、

統一国家の首都は「平壌」に遷都されるから。そして、前述の3つのレポートも韓国側にアメリカ軍は、

「参戦」しないと記されていた。また、ここ朝鮮半島と中国には、かなりの数の核弾頭が投下されるとも記されていた。

次回は、私が一番予測したいこと。つまり、世界支配階級(ファミリー)の枠組みを綴りたい。

「タクシス家」「サヴォイ家」「シェルバーン家」の支配は変わらず、高い可能性をもって

「ロスチャイルド家」と「ロックフェラー家」の衰退と消滅がある。読者の期待に反して、

間接的・準直接的ユダヤ人支配は、終了する。それが私の考え。

では、片目のダヤン

*写真はロイヤル・ダッチ・シェルのハーグ本社

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】漂流国家から沈没国家へ

2017-02-05 09:06:51 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


片目のダヤンです。

今回は、1月31日に死去が公表されたイギリスの伝説的なロックミュージシャン

「ジョン・ウェットン」を綴ろうとしましたが。享年67歳。彼がロバート・フィリップ率いるキング・クリムゾン

(ピンク・フロイドと双璧のプログレバンド)に1972年から参加していたことは、あまり知られていない。

なお、イギリス人の発音を真似すると、「ジョン・ウェトゥン」。

そして、彼はプログレ・ロック界(progressive rock society)に「電子ヴァイオリン」を始めて導入した斬新な男であったことも、

あまり知られていない。丁度、ジョージ・ハリソンが「シタール」をアルバム「リボルバー」や「ラバーソウル」に導入したように。

彼はこのインドの伝統的民族楽器の導入で大ブレイクした。本来は、地味な男で、静かなビートルズの一人。

なお、ラビ・シャンカールの聖地は、インド・コルカタ(旧名カルカッタ)。実に素敵な場所。

その後、ジョン・ウェットンは1975年にたった二人のプログレバンドを作り上げる。その名は、「UK」。

このデビューアルバムは、「ヤバイ金」(Danger Money)。その歌詞のスゴイとことは、2008年9月15日に生じた

「リーマンショック」をその33年前に預言していること。「♪ヤバイ金は地球全体の資本主義すべてを麻痺させる♪」と。

このUKの後、彼は複合的プログレバンド「エイジア」を立ち上げる。本当に優秀でイイ男は、早死する運命かつ宿命。

彼には、「第三次世界大戦」を預言して欲しかった。そして、日本の他アジアや全世界を。

また、ジョン・ウェットンのような男は決して、アメリカ人からは輩出されない。勿論、永遠に。これも歴史の皮肉。

彼には、ニール・ヤング同様、自叙伝を綴って欲しかった。(WAGING HEAVY PEACE)ならぬ(WANDERING SMALL WORLD)を。

それで、今回は「漂流から沈没する国家・韓国」(From drifting to sinking country, whose name is South Korea)を綴ります。

ニュースによると、パククネの後、大統領に立候補している中央競馬ではない「地方競馬」のキムチ馬こと、藩基文(バン・ギムン)と

文昌克(ムン・チャングク)は脱落又は落馬若しくは発狂。残ったキムチ馬は、文在寅(ムン・ジェイン)と若干名のキムチ野郎。

話はちょっと逸れますが。サラリーマン時代、欧米人からよく云われたこと。「朝鮮人の名前が一番、発音し難い」やっぱり。

実際、私もそう思う。個人的には、「舌を噛みそうな」奇妙な発音の羅列又は連続音。だから、私は絶対、朝鮮語を勉強しない。

勿論、ネコにもその勉強を強制しない。比較言語学的にいうと、生れながらの「劣性言語」。

ジョン・レノンの歌で、「落ちぶれ朽ち果てたら、誰も愛してくれない」(Nobody loves you when you’re down and out)という名曲があります。

これは嘗て、一世風靡した主人公が他人から糾弾され、世間からも相手にされなくなり、社会からの非難の嵐に巻き込まれて、

一人淋しく閉園時のメリーゴーランドに乗っている悲しい歌。小和田恒とパククネ、読んでいるかい?

老けた舛添要一は、湯河原の賃貸別荘の屋根裏部屋から?

ジョン・レノンはこの楽曲をあの「ミスターヴォイス」ことフランク・シナトラに提供したかったらしいけど。これは勿論、超皮肉。

歴史の紐を解いても、弾劾裁判やそれに近い世間から批判を受けた次ぎのトップも前任者と同じく、糾弾されるのが歴史の必然。

この「ムン・ジェイン」も大統領就任後、一年以内に世間から非難されるでしょ。

また、小池百合子の一年後又は二年後は、誰も想像できない。赤羽の年配ホステスに転身かも。

ここで私は、韓国の稚拙かつ発達障害的な民主主義システムについて、その是非を問うつもりは毛頭ない。

サラリーマン時代、私は韓国人とビジネスをした経験があるけど。日本では信じられない・想像もつかない・考えられないシステムが罷り通っている。

これこそが朝鮮人特有の「重度知的障害」の側面かつ根本理由と、私は捉えている。

ある時、お客さんからの依頼で、「揚地変更」(コンテナの最終目的地を経由港で変更すること)がありました。

具体的には、苫小牧揚げから博多港と大阪揚げから横浜港へ。

コンテナによって異なるので、私は予め、コンテナ・ローディング・プラン(船舶に於けるコンテナの積載場所が的確に表示)を添付し、

電子メールに「大至急」のタイトルを付けて、釜山支店の運航部に送付しました。

ここから、モロ朝鮮人の精神構造が出て来る。メールを送付後、一時間を経過しても回答がない(日本との時差は1時間)。

私は早速、同支店に国際電話を入れました。メールを読んでくれたと訊くと、「読んでいません」。

私は船舶が明日の午後に釜山港に入港することを伝え、港湾当局にも事前連絡が必要だろうと、ややキツメの表現で指示した。

すると、担当者曰く、「マネージャーが外出しているので、メールを開けない」と、小学生でも云わない小賢しい「言い訳」で、その場を誤魔化す。

馬鹿野郎!こんな時、一番効く英語表現は、(Fuck the Shut Up)。かなり、キレテきた私はそのマネージャーの「携帯番号」を聞くと、乱暴に電話を切った。コイツの名前は、パクとか。

マネージャーのキムは、どうやら外出ではなく「自宅」に帰っていたみたい。訳の判らない朝鮮語で捲くし立てるオンナ(同居人?)に代わって、

電話口に出たのはそれから数十分後。私はこのキムチ野郎にこう告げました。「今から会社に戻って、オレの揚地変更の手配をしろ。

しなければ、オマエはクビだ」と。トランプの十八番(You’re fired!)より、(You get the axed!)の表現がキツイと、思います。

何しろ、「斧」でメッタ切りするんだから。

今でも疑問に思うこと。日本の左翼系・中道系マスコミが韓国や在日朝鮮人を執拗に「擁護」する最大の理由。

これは、朝鮮人とビジネスをしたことがないから、奴らが生息する「隣の芝生」が何処となく「青く」「キレイ」に見えるだけ。

これでしょ、真実は。

彼らには一切、「過大評価」は要らない。「過小評価」でもない「超最低評価」からジャッジしてやる。

これをしないと、キムチ野郎から何時まで経っても「ナメラレル」。やっぱり、在日韓国大使館(ソウル)と日本領事館(プサン)には、

途轍もないデカイ「鳥居」が必要。これが私の見解。日本人に「反省」を強制する前に、オマエらが先ず、「内省」「自省」しないと。永遠に不可能だけど。

片目のダヤン

追記:

① 昨日、NYタイムズを読んでいたら、政治風刺で気になる漫画あり。大統領執務室で、トランプはスマホに何やら、呟いている。

その執務室内のカーペットの上には地球儀や千切れたEU国旗が散乱し、電話機は辛うじてデスクの上にある。

しかし、受話器はカーペットの上。窓の外では、デモ隊がホワイトハウスを包囲していることが判る。

トランプが呟いている内容は、「このオレに署名をする別の大統領令をくれ」と。

(Give me another order to sign)同席者は、呆れ顔の選挙参謀ドノバン。

次回は、羅針盤さんからのリクエスト「第三次世界大戦」を綴ります。お楽しみ!(Hoping everyone, All in good time!)

*写真は劣性言語のハングル

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】もうひとりの「みんもんた」かも?

2017-01-31 14:18:19 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。昨晩、取引先の社長と飲み、こんな話題が。「XXXさん(私の名前)、ボクのイメージで、オバマって日本の大学で捉えると。

岡山大学か広島大学出身の感じ。でも、トランプって、大卒には見えるけど、見当がつかない。何処の大学と、思いますか?」

う~ん。私にも見当が付かない。因みに、この社長は明治大学出身。

この場には、私と同じ50代の同じ会社の女性も同席していた。「XXXさん(私の名前)、だったら何でも知っているでしょ」と、畳み掛ける。

でも、判らない。私は、ワイルド・ターキーのダブルを注文すると、暫く考え込んでしまった。その正解は、一つか二つかそれとも三つか。

「みのもんたと同じ立教じゃないですか?」ここで、私は昨年の年末、トランプの選挙期間中の遊説演説とツイッター発言を自宅PCから、

調べたことを二人に伝えました。そして、みのもんたとの共通点は、以下の通り。

① 二人とも裕福な家庭で生まれ、年少時の教育は「公立」ではなく、「私立」で受けていること。

また、大学も私立。端的に言うと、「おぼっちゃま」の典型が老人になってもその幻影が依然と、残っていること。只のワガママ野郎で、始末に負えない。

② 二人とも父親が事業を行っていること。そして、継承していること。しかし、そのビジネス継承は鳴かず飛ばずの時期が数十年以上続いて、

父親の職業とは180度違う業界の「司会者業」で次の展望・未来に繋げたこと。

③ 二人とも「虚栄心」の化け物で、「カネ」と「オンナ」が三度のメシより好き。また、「虚言癖」は年少時から治癒せず、

最近ではその虚言癖から生じる周囲の反応を楽しむ「レベル」まで達した。虚言癖の達人かも。お見合いの達人、顔負け。

④ 二人とも年少時から一番恐れていることは、周囲から「弱虫」や「臆病者」と、指摘されること。

だから、敵が自分よりも強かったら、直ぐに平伏す。一方、敵が自分より弱い場合は、何度でもその相手を攻撃する。

この場合、トランプがアラブ難民で、みのが女子アナとセクハラ付きのオヤジ攻撃。

⑤ 二人とも実力者には常に、媚び諂うこと。私はトランプの大統領選挙で、その勝利要因の一つは、

あのヘンリー・キッシンジャー博士に三度も接触していることが、挙げられると思う。きっと、支配階級直伝の斬新な知恵を授けられたかも。また、

みのは某芸能プロダクションの社長や芸能界に強いヤクザの組長とは、昔から昵懇の仲と聞く。

すると、私の話を聞き入っていた社長曰く、「XXXさん(私の名前)、やっぱりスゴイですヨ。そこまで、読み解くとは。

それで、安倍首相の日米首脳会談(2月10日)はどうやったら、成功すると思いますか?」

私は再度、ダブルのワイルド・ターキーを注文すると、こう彼に告げました。「それは信頼関係を構築する場合と信頼関係を構築しない場合に分かれます」と。

前者は、麻生財務大臣の他、みのもんたを業界枠の特別オブザーバーで同席させること。

彼のことだから、24時間以内に銀座のホステスをホワイトハウスに呼ぶでしょ。それから、ドンチャン騒ぎ。

これは、両首脳の「胸襟」を開くどころか、トランプの「股間」を想定外で膨らませる。その後、ホステスの「お持ち帰り」は、トランプ次第。

信頼関係を構築しない場合は、「シカト」を続けつつ、こう言えばいい。「大統領閣下、私は日本を飛び立つ前にデモ隊に囲まれて、

こう云われました。虚言癖は女性ストッキング同様、伝染すると。大統領の常備薬を少し、分けて頂けませんか?」

何れにしろ、トランプの政権期間は長くモタナイのが、私の分析。家内によると、トランプはみのもんたより、

大阪が輩出した偉大な同和出身の政治家「橋本徹」にソックリとか。難民でコケルか?マスコミでコケルか?失言でコケルか?

それとも、脱税でコケルか?私にもネコにも判らない。では、片目のダヤン

追記:来月2月から、投稿回数が減ることをご了承して下さい。貧乏ヒマ無しというか、

仕事の関係上、時間を割くことが困難になりました。恐縮です。

なお、伏見様には既に伝えました。

≪管理人≫ダヤン様、超連投有難うございます。感謝します。

*写真は、「日本のトランプ」ことみのもんた

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】虚空の大演奏会

2017-01-29 19:07:42 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。昨晩、こんな夢を見ました。場所は、韓国ソウルとプサンの日本大使館と日本領事館。

前者では、「虚空の大演奏会」(The Great Gig in the Sky)が執り行われている。

後者では巨大スクーンによって、その演奏会の模様が具に映し出されている。時間帯は、夕刻時。

そう、これは両外国の治外法権の地内に「巨大鳥居」が建立されて、日本から駐韓大使と領事館代表が帰任した際の大式典(a great ceremony)。

客席には、安倍首相や岸田外相の他、イギリス首相のテレーザ・メイやイスラエル首相のベンヤミン・ネタニヤフの他、

ローマ法王やダライラマの顔が見える。不思議と、韓国や中国の政治家やトランプやプーチンの顔は見えない。

招待券を送付したにも関わらず、「ドタキャン」されたのかしら。それとも、ダフ屋に転売して現金に「換金」したのかしら。

或いは、自分のダブルに近い風貌の「スパイ」を送りこんだのかしら?

その夢の中で、誰かが囁いている。この演奏会は、「ヤルタ会談」や「ポツダム会談」を凌ぐモノになると。

この両会談の特徴は、超大国の首脳である英・米・ソビエトからのチャーチル・ルーズベルト・スターリンが

数多くの側近を同行・参加して、共に1945年に開催されていること。

時系列で示すと、ヤルタ会談(クリミア半島ヤルタ)が同年2月で、ポツダム会談(ベルリンに隣接する都市)が同年7月から8月に開催。

その主要議題は、「枢軸国(ドイツ・日本・イタリア)の戦後処理」「ドイツ・東欧の戦後処理」「日本の領土縮小・無条件降伏」

「ポーランドの国境問題」等。これらが熱心に議論されたと、歴史書物には記されている。

しかし、私はそのように判断しない。この会談の水面下で議論されたのは、「共産主義国家ソ連の容認」

「英米を軸とした多国籍企業の枠組み」「冷戦後の二極化の世界」と、観る。一方、これらを説明すると、

紙面が尽きてしまうので、端的に言及することにする。この二つの会議の影のプランナーは、世界最高峰に位置する「御三家」であって、

その忠実な下僕のロスチャイルド家とロックフェラー家が、ソビエトの共産主義化に資金面から協力した。

彼らの見返りは、ソビエト通貨ルーブルの「通貨発行権」を得た。

また、ドイツの作家J.M.(ヨハネス・マリオ)ジンメルの作品「暗がりの奴らは見えっこないさ」を読むと、

かなりこの両会談を複合的観点から把握することができる。勿論、作品内には御三家もロスチャイルドやロックフェラーも登場しないけれど。

政治家は、神聖ローマ帝国の時代から地球の影の支配者たちの使者兼代理人に過ぎないのがその理由。この図式は、残念ながら現在でも変わらない。

それから、本題に入る前にもう一つ。プーチンに接近し、「特別な関係」であり続けるイギリス首相をホワイトハウスに

最初に招聘したトランプの目的は、一つ。ヤルタ会談やポツダム会談同様、その72年後、彼は「英・米・ロシア間」で新たな「世界の枠組み」を作りたがっている。

これでしょ、真の理由は。そうすると、トランプを大統領に押し上げたのは、その御三家のファミリーの一つかもしれないという、推理が成立する。

意外と手強い相手かも?今までの外交ルートが通用しない理由は、ここにあるかも。

なお、昨年のアメリカ大統領選挙は、ロックフェラー家が積極的に「ヒラリー」を支持し、

「ブッシュ・ジュニア(途中で辞退)」をイギリス・ロスチャイルド家が支持した経緯がある。

これは数年前に亡くなったJFKのスピーチ・ライターだったセオドア・ソレンセンも自叙伝でこう記している。

「アメリカの大統領選挙はボストン・ティーパーティー(ボストン茶会事件)そのものだ」と。

これは大統領選挙が昔から英米間の「代理戦争」を意味し、その茶会事件とは、1773年(日本では江戸時代の後期)に

反英運動の切欠になり、独立運動の転機になった関税事件。面白いことに、その当時の船荷証券上の荷主と荷受人は、

ロスチャイルド家傘下の「東インド会社」だった。私はこの事件があったからこそ、アメリカ人は「紅茶」をあまり飲まないし、

頑として自国のアメリカ英語を「イギリス英語」に変えようとしないと、判断している。

そのアメリカはイギリスから全身離脱を試みたが、未だ上手く行っていないのが現状かも。

この夢は、1月28日の深夜から、翌29日の早朝に掛けて見た。後半では、時代が流れて「2037年」になっていること。

これは、自宅のカレンダーで確認できた。手前味噌になるけど、私も家内も70代半ばに突入しているけど、あまり老けた風貌に見えない。

画期的なアンチエイジングのサプリでもあるのかしら。自宅にネコがいることも変わりない。ひょっとして、この夢は「ドッペルゲンガー現象」かも?

ここから、予知夢?を実現・具現化するべく、細部を綴って行く。先ず、巨大な鳥居の柱は、電信柱の製造メーカーに受注すれば、

1~2週間で出来上がるのが私の考え。それを現地(韓国)で組み直して、6~8本前後の電柱を1本に束ねれば、半径1㍍前後の柱は直ぐに出来る。

その表面に化粧板として、御影石や大理石を付着すれば完了。なお、韓国への船積業務は私にお任せ。着岸港は、「仁川」と「釜山」。

次に、演奏会の楽曲名。日本には滝廉太郎から黛敏郎まで、偉大な作曲家を輩出した歴史があるけど。

ここでは、グローバルとル・モンドをキーワードにして、「富田勲」と「ピンクフロイド」に絞って頂きたい。

演奏曲名は、「新日本紀行」から「虚空の大演奏会*」まで。約1時間半の演奏時間。

なお、ピンクフロイドの楽曲は、ジャズ・コールマンがアレンジして、ロンドン・フィルハーモニー・オーケルストラの下、

ピーター・スコールズが指揮を執ったアルバム(US AND THEM SYMPHONIC PINK FLOYD)を聴くと、一目了然。

*日本では、「虚空のスキャット」と訳しているが、これは間違い。

楽団は、新日本フィルハーモニー交響楽団でもNHK交響楽団でも構わないけど。世界同時三大生中継(日本・イギリス・イスラエル)の実現を考慮すると、

NHK交響楽団に絞り込むのがベストな選択。また、開演と同時に「平家物語」の一節を朗読して頂きたい。

勿論、その朗読者は安倍首相お気に入りの同局「岩田明子記者」。

個人的にもこの方、小学校時代の学級委員の同級生にソックリで、私も好きな方。

近々に政治家に転身すると思うけど。なお、現在の女性閣僚が皆、地方都市の安スナックの下品な「オンナ」と捉えると、

唯一銀座の高級クラブ出身の「ホステス」ですネ。他とは品格が違いすぎるから。因みに、次の内閣で現在の女性閣僚はすべて「入れ替わる」のが私の予測。

また、落選後は、地元スナックでホステスへの華麗なる転身かも?

演奏後の議題は、ヤルタ会談同様に以下の4項目に絞り込んで頂きたい。

① 「中国分断後の処理」

②   「日英イスラエルを軸とした多国籍企業の枠組み」

③ 「第三次世界大戦後の世界」

④ 「日・英・イスラエル間の諜報機関の連携」

日本は、不死鳥の如く蘇るのではなく、不死鳥の如くずっと世界に君臨するのが私の考え。では、片目のダヤン

*写真は日本統治下の朝鮮神宮

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】国交断絶も視野に入った日韓関係③

2017-01-27 13:02:51 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。先ずは、サラリーマン時代のエピソードから。会社の通例を破って、30歳の誕生日を経て課長に就任した私が配属されたのが、

北米航路。そこで、サービス・コントラクト(海上貨物輸送契約)締結数を日本のみならず、アジア諸国の支店内でも一番になってやると、意気込んだ時期がありました。

最初の頃、その契約に従来の日本から「輸出」のみではなく、アメリカから「輸入」も含んだコンバインド・サービス・コントラクトにしたので、

信じられない程にその契約締結を完了することができました。只のモノ珍しさでしょ。

しかし、ある時期からパッタリと契約が取れなくなってしまいました。60枚から80枚前後(Aサイズ)の英文書類を

業務管理部のスタッフの方々が、夜11時過ぎまで残業して作り上げる。それを翌日私が、チェックして契約相当額の「印紙」を貼り付け、

客先の担当者から署名を頂き、アメリカ支社と全米海事委員会(FMC)にクーリエ便で送付するのが一連のサービス・コントラクト締結の流れ。

私は概ね、客先でこう云われました。「今回は署名できません。お宅より他社さんが安い海上運賃をオファーしてくれましたので。申し訳はありませんが」

こんな時、会社の他の営業マンは、広告代理店の辣腕営業マン同様、その担当者に「土下座」するか、

会社に長時間「居座って」何とか署名を頂いてくるのが営業の美談でしたけど。

私はそれをせずに担当者にこう告げました。「それじゃ仕方ないですネ。しかし、一つのことを記憶して下さい。

私が今の会社にいる限り、お宅の貨物を日本からボイコットさせますから」これを言うと担当者は、二つの言動を示した。

「早く帰って下さい」か「その手の脅しは私には通用しません」読者の皆様は、どちらの言葉を発しますか?

人間とは不思議なもので、契約締結を成し遂げたその晩の「美酒」よりも、署名なしの契約書類を会社に「持ち帰る」ほうが鮮明に覚えている。

会社に着くや否や、業務管理部の女性社員(現在はアメリカ大使館勤務)から、「XXXさん(私の名前)、今回もオジャンでお陀仏ですか?」

と、言われる始末。まるで、鋭利なジャックナイフで胸を突き刺されるような台詞。こんな台詞をそれなりの美人に云われると、ガクっとする。

そんな営業低迷期が続いた数週間、会社帰りに立ち寄った銀座のイエナ書房である一冊の本に出会いました。

それはノーベル文学賞も受賞したウィンストン・チャーチル自叙伝。こう記されていました。

「交渉とは始めから決裂するモノと思え」(Think the negotiations be a thing breaking down from the beginning)そして、

交渉を有利に運ぶ一番の要素は、限度ギリギリの交渉(an eleventh hour deal)であると。

この11番や11番目の由来は、ヨーロッパでは夜の11時を過ぎないと、空が暗くならないから。

その読後、私は営業スタイルを抜本的に変えることにしました。客先の担当者が契約書に署名するギリギリの段階で、いつもこう切り出しました。

「大変、恐縮なのですが、本社から思わぬ横ヤリが入りまして。今回の契約締結は始めからなかったことにして頂けませんか?」また、

この手の交渉はドナルド・トランプだったら、朝飯前の得意技。

政府の通商交渉担当者の方、気を引き締めて(Let’s be sharp)、頑張って下さい。

すると、案の定、企業担当者曰く「無茶言わないで下さい」「ボクは上司にどうやって説明すればいいのですか?」

「本当に困ります」「助けて下さい」「何とかなりませんか?これはお願いです」等々。

それで、私は担当者に条件付き(一部の区間の海上運賃アップ)で渋々、合意しました。勿論、これは私の仕組んだ「シナリオ」。

話を日韓関係に戻します。日本が韓国との従来の外交交渉で常に、誤ってきたこと。チャーチルが喝破した如く、

「交渉とは始めから決裂するモノと思え」ではなく、「交渉とは始めから合意を想定したモノと思え」の観点から行って来たから、

悪徳朝鮮人の「思う壺」の複合的かつ複雑な「迷路」に自ら進んで入り込んでしまった。これでしょ。

私が思うに彼らは、「言動」よりも「行動」。即ち、アクションに重きを置く民族・部族と思います。

だから、先ず「ソウル」にある日本大使館と「プサン」にある日本領事館の入口に巨大な「鳥居」を築き上げて下さい。

勿論、監視カメラ付き。その鳥居の10種類のうち、明神鳥居でも神明鳥居でも鹿島鳥居でも構わない。

その後、その鳥居を日本人学校、進出日本企業や日本料理店に拡大させる。即ち、「畏怖」(awe)と「恐怖」(horror)の念を朝鮮人に植え付けるのです。

これは湾岸戦争時のアメリカの軍事作戦名でしたネ。ちなみに、私が推薦する今回の作戦名は、「神社鳥居の逆転劇」(Reversal of the Shrine Gate)。

この効果は、絶大かも?では、片目のダヤン

*写真は今となっては空しい2015年12月の日韓合意、岸田外相とユンンビョンセ

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】玉ネギの皮を剥くように。。。

2017-01-26 16:48:14 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。今回は、日本の固有領土「竹島」に1月25日に上陸した韓国キョンサンブット(朝鮮東部に位置)の

キム知事(盗賊兼悪徳朝鮮人)への対抗措置を綴ろうとしましたが。これは次回に譲って、「triko様」の質問に答えることにします。

差し詰め、都内の某高級ホテルの会員制バーに夜毎、日参している麻生太郎財務大臣兼副総理は、

年代物のマッカランとカスピ海原産のキャビアを口に流し込み、ハバナ産の葉巻に火を付けながら、側近にこう語ったのではないでしょうか。

『最近、オレの一族が福岡の一等地にビジネス関連の学校を「みぞうゆう」(未曽有)の勢いで、建設しているとネットで指摘してやがる。

それもフランスのロスチャイルドの下僕がオレの一族で、カネまで「つつきょう」(提供)してもらっているとか。

バカ言うんじゃない。オレは昔から、「あかけじん」(紅毛人)とは付き合わないし、「はんざつ」(頻繁)に会っているのは、オマエ(側近)だけだ』

それから、triko様はよく、フランスのロスチャイルド家と麻生一族の関連性・相関性を調べ上げましたネ。
私は、麻生太郎の血筋を引く吉田茂が外務省勤務時にイギリス大使を歴任した観点から、イギリスのロスチャイルド家と思っていました。

ロスチャイルド家の家系図(Rothschild Family Tree, 1450-1973 Cambridge University Library)を観ると、

ドイツ・フランクフルトの最下層市民ウーリ・ツァイベッシュがやがて夫となるフォーゲル(ロスチャイルド家の先祖)の

妻エルハナン(ユダヤ人は母系社会)の父親だったことが判ります。時代は、1450年。日本では、南北時代から室町時代に入った頃。元号は、応永。

そして、時代は変わって、第二次世界大戦後にフランス・ロスチャイルド家の当主だったギー・エドゥアール・アルフォンヌ・ポールの二人の子供

(共に1950年代生まれ)のエチエンヌ・アフフォンヌ(男)とクリスチアンヌ・アブディ(女)のどちらかと、

現在の麻生太郎や麻生一族が関係しているってことですネ。これが事実なら、凄いことになります。

文春砲を凌ぐ「猛烈スクープ」。小和田恒のスイス軟禁騒動、顔負け。

これは以前にも記しましたが。私は年少時から、ヨーロッパ史を含んだ世界史が大好きでした。

だから、書斎にある本も七割以上は、その歴史書。話を進めましょう。

世に言われる「支配者」「秘密結社」「大富豪」の原型モデルは、神聖ローマ帝国初期(968年頃)にその起源があると、私は捉えています。

日本の時代は、平安時代で元号は安和。だから、五人の息子がロスチャイルド家からその主要ヨーロッパ五カ国に派遣される前に

真の支配者等は、ヨーロッパで誕生していたと思います。その名は、「タクシス家」「サヴォイ家」と「シェルバーン家」。

彼らの特徴は、皆「中欧」で誕生して現在はドイツ・フランス・スイスに定住兼巨大な城を建立して、

依然として「国際銀行保険金融市場」に絶大な権力を誇示しているところです。「直接支配」がこのキーワード。

また、サラリーマン時代にヘンリー・キッシンジャー博士に邂逅したことも以前に触れました。

彼の発言で、未だに忘れられない台詞があります。これは、私の質問「誰がこの地球を支配しているのか?」に対して。

「食糧を支配する者は国家を。エネルギーを支配する者は大陸を。国際金融を支配できる者は全世界を支配することができる」

これは、ロックフェラー家の下僕と称されたキッシンジャーだからこそ「言うことができた」発言と、私は捉えています。

即ち、ロスチャイルド家もロックフェラー家もモルガン家でさえも「食糧」「エネルギー」「国際金融」のすべてを支配することは、できない。

その一部しか「間接支配」できないからこそ、世間に顔を露出する場合がある。一方の直接支配をできる者は決して、世間に顔を出すことはないのです。

その手下のロスチャイルド家等の下僕にやらせて置けば、済む話だからです。その手下にユダヤ系のアイゼンベルグ家も含まれます。

なお、モサドエージェントは、私のキッシンジャー博士と同じ質問にこう答えました。

「止めとけ(それ以上、調べるなの意味)。タマネギの皮を剥くと同じだから

(徒労に終わると同時に危険なこと)」(Just stop it. Same as peeling an onion)最後に、triko様。世の中、ロスチャイルドやロックフェラーに関連する書籍は数あれど、タクシス家等の書物は一切、ありません。

それは「記述するのも危険」「出版するのも危険」「読むのも危険」だからです

フランスのロスチャイルド家と麻生一族の「カネの流れ」を調べると、十中八九その世界最高峰の秘密ファミリーにブチ当たります。

従って、私には調べることはできないと、ここに付け加えて置きます。

では、片目のダヤン 

*写真は、ロスチャイルドのパリ家当主、で妻を伴ったギー・ド・ロチルド(フランス語読み)・・・2007年没

次回は前述の通り、「国交断絶も視野に入った日韓関係③」を綴ります。

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【ダヤン氏寄稿】ニクソンとの類似性?

2017-01-25 16:05:35 | Weblog

⇐人気ブログランキングに参加中です。


伏見様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。昨晩、以前に記したFXトレーダーのX氏から携帯に連絡が入りました。

「XXXさん(私の名前)、どうもありがとうございます。今回も当たりました。やっぱり、凄いです」とか。

これは、1月23日(月)の株価と為替の予想に関して。

「それで、もう一つ訊きたいことがあります。今後のトランプって、どうなりますか?」

これは、取引先の担当者の方からもここ数日の間、よく訊かれる質問。私にも判らない。でも、企業の貿易担当者や

政府の金融政策担当者に尋ねる質問事項とも言えないから、過去に政権を取ったアメリカ大統領やその副大統領との共通点や相関性を探れば、

それなり以上の予測を導くことができるんじゃないですかと、答えました。

すると、皆一様にアタマの回転が速い方ばかり。だから、透かさず「どの政権と比較対象をすればいいのですか?」と、

矢のようなツッコミ。私の回答は、「JFKとリンドン・ジョンソン後のリチャード・ニクソンとジェラルド・フォードの共和党政権」。ここからは、少し説明が必要。

サラリーマン時代、イスラエル大使館職員のモサドエージェントに邂逅したことは、以前にも触れました。

彼自身が見せてくれたチェックシートにこんなモノがありました。これは政治家にも企業経営者にも宗教指導者にも使えると、彼は自慢げに話していましたけど。

個人的に思うことは、対象者の深層心理にかなり迫った・抉ったモノと評価。

① 「猜疑心」(suspicion)

② 「虚栄心」(vanity)

③ 「臆病者」(coward)

④ 「虚言癖」(mendaciousness) SVCMと、覚えていると便利。

実際のチェックシートは、A4サイズの用紙に上記4項目が記された小さな「円」が描かれており、

対象者の言動・行動から性格(言動等から判断)を導き出してその円を塗りつぶす。

これを4~5人の諜報分析班のスタッフが同時刻・同時間内に書き上げ、その提出後に対象者の「性格」が判断される。

因みに、この50年間で輝かしいフルマーク(百点満点)を取ったのは、第37代アメリカ合衆国大統領のリチャード・ニクソン。

昨年の12月21日、インフルエンザに罹り、その後ヒマ潰しに自宅PCからトランプの遊説中の演説から当選後のツイッターまで、

その言動・行動をチェックしました。先ず、最初の「猜疑心」については、ヒラリー同様に数回に亘り、自分の選挙参謀と広報担当を一方的な理由でクビにしている。

「虚栄心」は、ホワイトハウスの専用執務室の窓際カーテンをオバマ時代の「紅色」から「金色」に交換。それも僅か3時間以内で。

「臆病者」は、選挙遊説中にローマ法王を非難したと思いきやその2時間後に専用機の機内から「そうじゃなかったんだ。法王様」と直ぐに弁明。

最後の「虚言癖」は、未だ治らず。メキシコ国境に巨大な壁をメキシコ政府のカネで作り上げると、強調。

ここで、私はトランプ任期中の「暗殺説」よりも「失脚説」を採用したい。ニクソンのウォーターゲイト事件同様に。

これにはCIA関与説や民主党陰謀説の諸説があるけど。

自己の猜疑心こと「相手を信用する気になれないから、何かしら自分に不利なことをすると疑う」がその災いを招いたとしか、考えられない。

即ち、自ら志願して自滅した輩。

また、私が気になっていること。大統領就任前に彼自身が保有するトランプタワーでの記者会見。

マスコミ数社からの質問を遮ったことのみが、我が国では報道されているけど。その記者会見の執務テーブルの上に無造作に置かれた「茶封筒」の山。

これは息子に自分のビジネス全てを譲渡する書類と、トランプは説明した(記者会見)。

しかし、これは只のカムフラージュに過ぎないのが私の見方。売れない俳優から大統領になったロナルド・レーガンでさえ、

自分のドサ回りや司会者時代に得た収入に関連する納税報告書をすべて議会に提出した(就任直後)。

一方のトランプは、会社の納税報告書・資産証明書はもとより個人の納税報告書さえ、提出していない。これには、「ウラ」があると考えたほうが無難。

ズバリ、云うと。不動産王は「オモテ」の顔で、脱税王が「ウラ」の顔。脱税が発覚するのを恐れて、息子にいち早く会社の資産すべてを譲渡したのが真実でしょ。

また、アメリカの租税法がどのように機能しているかは、判らないけど。なお、この問題を敵対しているマスコミは、必ず洗い出す。そして、その時が失脚の時と、私は予測する。

最後に大胆な予測を。今年の11月中旬ぐらいから、トランプの脱税疑惑が表面化する。

そして、来年2018年早々からその「弾劾案」を裁判で叩くか否かの激しい駆け引きが始まる。

また、大統領就任1年を祝うことなく、副大統領マイク・ペンスがスンナリと大統領に就任。

しかし、翌2019年5月の全米遊説中*、ペンス大統領は暗殺されてしまう。

その年に両議会一致で大統領選挙が繰り上げ開催され、新たな大統領が選出される。

だから、トランプもペンスも東京オリンピックには、来日しない・できない。では、片目のダヤン

*私には、クルマの都デトロイトが浮かぶ。「デトロイト・ロック・シティー」かも。

*写真は自らの「猜疑心」で墓穴を掘ったと言われるニクソン元大統領

◆この記事に興味を持たれた方はクリックをお願いします!



◆冷静に政治経済を語ります


f:id:fushimiakimasa:20161017152949g:plain


◆占い専門ブログです


f:id:fushimiakimasa:20161017152955g:plain


【一般読者様へ】
鑑定の御相談は下記メアドまでご連絡ください。 尚、携帯電話からメールする人は必ずドメイン設定を解除してください。
harunohi807@gmail.com



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加