気心も受け、爱されない

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

れておきまし

2017-07-14 10:40:57 | 日記
前日に俺がアイツに話す時、俺の方から『探偵でも雇ってみたら?』とさりげなく、でもしっかりと記憶に残るようにフォローは入れておきますよ。
それと新聞受けには2、3枚、見逃さない程度にそのチラシは入れておきましょう。
ってな感じでどうでしょう?」
とホンジョウは真剣にイナガキへの説得モードに入っている實德環球

面白そう!
あたしは乗った!」
とサイドよりモトコが上機嫌な笑顔でそう応える。

しかしオマエらも好きだねえ」
とマスターは呆れ顔だ。

じゃあ、わかりました。
ホンジョウさんの企画通りことが運んだ場合、わたしはその指示通りに全面的に協力しましょう。
ただし、その後わたしの商売に悪影響がないように後々そのナカバヤシさんには皆さんから十分にフォローしていただくって条件でね」
と、なんとイナガキもその提案を一応納得したようだった???、ってよくもまあこんな馬鹿げた大人の悪戯にこのイナガキって探偵も乗ってきたものだ證券行開戶
探偵って職業はそんなに暇なのか?

なんて思いつつも、その夜赤い砂漠」はそのしょうもないサプライズ企画で延々と終電まで盛り上がり続けた。

そして、その段取りどおりの1週間後の金曜、ホンジョウはナカバヤシを連れ再びその赤い砂漠」に顔を出す。

ホンジョウはふたりの酒が進み調子づいたあたりを見計らい彼の思い出の”運命のオンナ”との感動的な再会エピソードを事細かにナカバヤシに話し出す。
そして真剣にその話に聴き入るナカバヤシに対しホンジョウは、
ところで???、オマエの方はどうなんだ實德
?」
との突っ込みを入れる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同格に並べる | トップ | 想定範囲外だ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。