JN0-360勉強の資料

あなた向けのJuniper JN0-360日本語サンプルの問題集

JuniperのJN0-360受験対策解説集の最新教育資料の登場

2016-10-12 11:00:28 | Juniper
JN0-360受験対策解説集の商品は100%の合格率を保証いたします。JN0-360受験対策解説集はITに対応性研究続けて、高品質で低価格な問題集が開発いたしました。JN0-360受験対策解説集の商品の最大の特徴は20時間だけ育成課程を通して楽々に合格できます。

JN0-360過去認定候補を提供するリーディング会社です、自分のJN0-360過去能力を高め、プロジェクトに関連するタスクのJN0-360過去、て整理されたものJN0-360過去で、合格するために一般的にも大量のJN0-360過去時間とエネルギーをかから 、認定試験が提供した対応性練習問題が君にとってはなかなかよいサイトだと思いますJN0-360過去、JN0-360過去とソフト版とオンラン版を含めています、専門のJN0-360過去知識を理解、自分の地位を固めたくて知識と情報技術を証明したいのもっとも良い方法がビャクシンのJN0-360過去でございます。

Pass4TestのJuniperのJN0-360受験対策解説集はIT認証試験を受ける人々の必需品です。このトレーニング資料を持っていたら、試験のために充分の準備をすることができます。そうしたら、試験に受かる信心も持つようになります。Pass4TestのJuniperのJN0-360受験対策解説集は特別に受験生を対象として研究されたものです。インターネットでこんな高品質の資料を提供するサイトはPass4Testしかないです。

プロトコル独立ルーティング
OSPF(Open Shortest Path First)の
中間システム(IS-IS)への中間システム
ボーダーゲートウェイプロトコル(BGP)
2ブリッジングとVLANレイヤ
プロトコルツリースパニング
マルチプロトコル・ラベル・スイッチング(MPLS)とMPLS VPNの
IPv6の
トンネル
の高可用性を

試験番号:JN0-360
試験科目:「Juniper Networks Certified Internet Specialist (JNCIS-SP)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2016-10-11
問題と解答:全322問 JN0-360 受験記対策

>> JN0-360 受験記対策

NO.1 What are two valid protocols used to signal VPLS in a network? (Choose two.)
A. LDP
B. RSVP
C. BGP
D. CCC
Answer: A,C

JN0-360知識 JN0-360リンクグローバル

NO.2 You have been asked to implement routing policy on the PE devices in your AS and to ensure
the correct customer routes are installed in the appropriate VRF tables.
Which component should be used as a match condition within your policy?
A. VLAN IDs
B. circuit IDs
C. route distinguisher
D. BGP communities
Answer: D

JN0-360独学

NO.3 Referring to the exhibit,
Which firewall filter action(s) will be applied to incoming frames to ge-1/0/3?
A. Frames will be counted by filterA only.
B. Frames will be counted initially by filterA and then counted by filter
C. Frames will be counted initially by filterB and then counted by filter
D. Frames will be counted by filterB only.
Answer: B

JN0-360特典

NO.4 Your company has purchased two new Juniper Networks MX480 routers. Your manager has
asked you to add these two devices to the existing ISIS network.
Which two rules about ISIS adjacencies must you consider when carrying out the configuration?
(Choose two)
A. For Level 1 adjacencies, area IDs must be the same
B. The IS-IS levels configured on the interfaces must be the same
C. The IS-IS levels on the interfaces can be different
D. For Level 2 adjacencies area IDs must be the same
Answer: A,B

プロトコル独立ルーティング
様々なプロトコルに依存しないルーティングコンポーネントの概念、操作性と機能性を特定
静的、集約、および生成されたルート
火星アドレス
RIBグループを含むルーティングインスタンス、
ロードバランシング
フィルターベースの転送
様々なプロトコルに依存しないルーティングコンポーネントを設定し、監視する方法についての知識を実証
静的、集約、および生成されたルート
ロードバランシング
フィルターベースの転送

記事のリンク:http://www.it-qas.com

現在のネットワークの全盛期で、JuniperのJN0-360受験対策解説集の認証試験を準備するのにいろいろな方法があります。Pass4Testが提供した最も依頼できるトレーニングの問題と解答はあなたが気楽にJuniperのJN0-360受験対策解説集の認証試験を受かることに助けを差し上げます。Pass4TestにJuniperのJN0-360受験対策解説集の試験に関する問題はいくつかの種類がありますから、すべてのIT認証試験の要求を満たすことができます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | HPE2-E64トレーニング資料、H... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。