覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

追悼 冬彦物語

2017年06月18日 21時03分51秒 | Weblog

 JRAは歴史を踏まえる。何事かが惹起した折、競走史の中で予め一度は行われたレースの内、果たしてどれを再現せしめるべきか。何を取り出して、「現代」と云う一部に刺繍として長大な織物の中に織り込むか、様々の判断、苦慮の上、決定せしめていくのだろう。

 わたくしが思った以上に、メディア、御茶の間で流れる映像。これらで

     野際陽子さん  の 週  

 これが徹底されていたことに少々驚嘆する。この日曜、米子ステークス 勝ち馬 ブラックムーン デムーロ の傍らで、競走中止

      1枠 1番 ライズトゥフェイム     秋山真一郎    競走中止 

 これとても、元妻・野際さんの逝去で、夫だった千葉真一さんの悲嘆写しで、同じ「真一」を中止せしめたことがレース後はっきりするし、また、今日の 鳥取県米子 この意味。実は

   野際さん  映像の上での、印象的な息子 即ち

      冬彦さん 役      佐野史郎  俳優    島根県 松江市出身  

 もう、米子のレースでありながら、隣県、よくどちらがどちらと全国的に間違われる島根の出身俳優。米子で松江の俳優を上演せしめる、その目的ありありの

    今年の 東海ステークス   枠連 2-4   = 米子ステークス  枠連 2-4 再現  

 要するに、米子でありながら、松江の俳優・冬彦さんステークス をやり直しただけ。元夫・千葉真一さんの今年の誕生日重賞を、佐野さんの故郷近い、米子でやった。


 アメリカに移住し、サニーちば で売り出そうとした千葉さんに着いて行けず、離婚となった野際さんだが


    2017年 千葉日報杯   枠連 3-6  11番4番  優勝 アドマイヤナイト  戸崎圭太  


 今日の2重賞はこのリフレイン。

    ユニコーンステークス    戸崎圭太  サンライズノヴァ   優勝 

    函館スプリントS       枠連 3-6     

 世間的に見えた、野際さんに寄添う二人の男。冬彦さん(佐野さん) 及び 千葉さん

 そう云えば、わたくしは終わった今しみじみ思い起こしているが、JRAの近年の活躍馬の中の 「彦」さん とは

    シェイクスピア作 『物語』   主人公の王様  リオンディーズ   2015年 2歳王者  

 これで、冬彦さんと主戦・デムーロが結び付き、今日の冬彦ママを送るレース、デムーロの登場となったことも納得する。


 無論、訃報にまつわる悲しみは個人的で、また果てし無く、世間様に押し付けるものではない。

 が、もともと、ただ一個の極私的無名の人生も、無上の重みをもっているものである。

 豊とブラック とは何か?

 果たして ブラックムーン 勝利 この翌週の来週、またもう1頭のブラックの馬。来るのだろうか??
 
 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。

 水曜、週中情報をお送りする当日、『優駿』7月号の入手。わたくしはゲットしその上で、春のグランプリの真髄に迫り、週中情報を送りする所存。


 今日のメインレース。この冬物語(冬彦物語)の主役 リオンディーズ の敗れたダービー。去年のダービーの 枠連 2-4 3番8番 そして、このダービーの悔しい 4・5着 朝日杯の2・1着 3枠5番 エアスピネル 6枠12番 リオンディーズ これらを並べただけ。

     米子ステークス      枠連 2-4  

     函館スプリントS     馬番 3番 8番 

     ユニコーンS        枠連 3-6   

 

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非情のライセンス | トップ | 春のグランプリへ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む