覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

真夏のフーガ独唱

2017年07月31日 10時08分39秒 | Weblog

 クラシックの古典的な音楽形式で フーガ 遁走曲 とも訳される。 by 横山典弘 独唱だった。

 昨日日曜注目を申し上げた出走の1つ

   日曜 札幌 8R  8枠12番 カゼノドリーム    中野栄治厩舎   

 競馬は記憶と連想、及び着想の上の調べ上げの戦いである。このゼッケン、この馬名と厩舎から鮮やかに浮かび上がったのは

    1990年 第57回 日本ダービー    枠連 3-5  12番 6番 

     優勝  12番 アイネスフウジン     中野栄治騎手    フウジン = 風神  

 正しく、陸軍中野学校 また 神風特攻隊 を思わせる逃げ切り。このレースまでで8戦4勝2着3回。が、その後出走することは無かった。今も語り草、JRAブーム全盛の府中に19万人が押し寄せたダービー、ナカノ・コール に包まれ、が、この絶頂を最後に特攻一番機は帰らなかった。不帰の神風。ダービーのテーマの1つは、ある事柄を荼毘(だび)にふすことである。

 何故、これと同じ 12番 風の馬 中野厩舎 を昨日造型、提示してきたのか。無論、わたくしの第一感、既に読み切っていたことの推しに過ぎなかった。2着はまた当時若き有望株、2世ジョッキーだが、腕達者を認められていた 横山典弘 弱冠22歳 でのダービー1番人気 メジロライアン 2着である。驚くべき程でもないが、武豊もまだ典ちゃんより1つ若い。昨日 クイーンS 同じく横山、今度はフウジンの代わりに自身が逃げ切り完勝 を告げる仕掛、布石配置だった。

 ダービーは青春のクライマックスの様なレースだが、この横山典弘2月23日生まれは皇太子殿下と同じで、来る即位の新時代には、また仕事を担うだろう。無論、大仕事である。


 その青春だが、清宮幸太郎の夏、甲子園への夢は終わった。西東京大会決勝で敗れ、既に進学かプロかの話題に移る。1999年5月25日生まれだから、あのわたくしも大勝した アドマイヤベガ のダービー制覇の直前の誕生。誕生週のGⅠ 高松宮記念 は マサラッキ 優勝 で、枠連 1-2 これまた世間の注目する若武者・清宮くんで、枠連 1-2 クイーンS の根拠の1つだったのかも知れない。


 そして、問題は早くも今週の競馬。既に、事前に調べ上がっている材料もあり、詳細はまた、明後日 8月2日 水曜 週中情報 で御登録各位様宛、御送付申し上げるが、もう8月だなどと、今、あのカレンダーを捲り、クイーンステークス 2枠の横山 枠連 1-2 を思い出し、口あんぐりしているようでは遅いぜ。わたくしはこの向こう様が発行、編集のカレンダーの8月写真をも見届け、先週土日の見解もその読みの上で作成・御送付申し上げている。

 何故、12月11日配布カレンダー・8月写真 が カンパニー&横山典弘 の2009年 天皇賞・秋 なのか、と云うことである。2枠の横山の優勝 後方に2着 スクリーンヒーロー の白い帽子、勝負服も見え、枠連 1-2 である。終わってからでは遅く、また来月8月だと先送りしていては駄目なのである。そもそもこのカレンダーは売り物ではなく、昨年 阪神JF当日、ウインズ、競馬場限定配布手渡しの代物で、これを入手していない段階で既に負け。

 今週、第53回 小倉記念 去年は濃い連動2つの合致する 5枠 を事前に読み、週中水曜に5枠発射だとお伝え申し上げ、開けて見たら 4番人気 5番人気同居の ベルーフ マーティンボロ だった。この5枠中心から、相手 3枠3番 クランモンタナ 11番人気 この人気薄を読めるかどうかだった。これを読み、枠連 7670円 馬連 13440円 の楽しい真夏のレースだった昨年。

 今年もまた、濃い連動を携え、楽しみな一番ではあるが、今回は現時点で13頭のやや寂しい登録。頭数よりも、メンバーそのものが寂しげで、近走、重賞勝ちを挙げた馬が見当たらない。バンドワゴン などかつての期待の3歳馬で、前走鳴尾記念は2番人気で期待を裏切り、またここに臨んでくる馬も居るが、確たる中心馬不在

 それよりも何よりも、今年は7月初の九州を襲った豪雨災害。この余波を受けた後の、初の九州は小倉での開催が先週からスタート。この、この夏九州初の重賞が、何を語り掛け、どんなレースとなるのか。地震でよろけた清正の名城・熊本城にまた無情にもしたたかな雨が降り注ぐ光景。果たして、どの馬が何を訴えるのか。

 じっくりと今週、考える。

 一方、歴史の浅い重賞 第9回 レパードステークス こちらはそもそもタイトルからして、ある基本的なテーマが明瞭なレースながら、連動に余り頼れる根拠がある訳でもなく、が、こちらは今回断然

     エピカリス     UAEダービーで僅差2着  米3冠ベルモントS登録、人気ながら、出走回避 
 
 この5戦4勝2着1回の「留学」帰りが出走する。アドマイヤリード で地に塗れたルメール。昨日ダービー馬の弟、レイエンダ で直線入口、一瞬の脚を披露するだけのデビュー勝ち、同じ勝負服、同じ藤沢和雄厩舎で、これを見届けたとき、やはりメインでは不要だと思ったが、今週はこのダートの若武者。米3冠まで視野だったもう1頭のキャロットで、前走取消の鬱憤晴らし。問題は、相手まで読み切れるかどうか

 ゴールドアリュール産駒だが、わたくしもこの夏のパヒュームは CHANEL の ALLURE SPORT で颯爽、涼感を心掛けるが、相手 ユニコーン の2着 ハルクンノテソーロ などではない、別の1頭の台頭を期待する。

 先ず以て、御記憶の方もあろうが、わたくしが宝塚記念の週申し上げたある事柄と、今回のこの レパードステークス は相呼応し、隠しテーマが 〇〇〇〇〇〇 と既に読めている。絶対、これが今週の主役を造型することは間違い無し! 
 

 数多い、的中の御報告、御礼。暑い最中、賜りまして恐縮でございます。
 

 メインでなく、ドリームジャンボ 新潟6R メイクデビュー 枠連 6690円 これはお喜び、ひとしおの方。居られました。この プロレスの日 のジャンボ鶴田分身。師匠馬場さんの故郷新潟での一発 西田雄一郎騎手 実にこの2着の後、メインでも大仕事。全く同じ 8枠15番 で ラインミテーィア 1997年 七夕賞 以来の生涯2度目の重賞。

    ジャイアント馬場 の故郷 新潟    日曜 プロレスの日

     6R メイクデビュー  8枠15番 ドリームジャンボ   西田雄一郎    7番人気  2着 
    11R アイビスSD      8枠15番 ラインミーティア     西田雄一郎       8番人気  優勝

 堂々たる プロレスの日 だった。馬場さんの故郷、新潟の馬場に相応しい演出。

 そして豪雨災害の夏、元気を出せ、日本にも地元が生んだ、世界の巨人が居るぞ!の励ましだった。

 北海道新聞 村田会長 同時に辞任の 村田蓮舫 が居ながら、何故、この日曜 村田一誠騎手 無声だったのか。調べてみて解かった。日本プロレスの父、プロレスの日の暦制定の元、力道山を刺した男の名が村田だった。それ故、プロレスの日の新潟の重賞、昨日アイビスは 8番人気優勝 の大荒れになった。
 
  御登録 お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 件名明記にて、空メールを下さい。


 来年宝塚までの年間御登録格別破格御優遇でもう若干名様、この秋GⅠシリーズまでの中長期御登録はまだ今週お受けしております。昨日の大勝負成功で、今週もまだ、御優遇でお受け致します。
    

 17ページの記述を見ても、どうやら注目され出した 清宮幸太郎 と 種牡馬オルフェーヴル 2人の若武者は重ね見られているようである。

 台風5号 旅路の行方を憂う。

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クイーンS大的中!内幕 | トップ | 勝利 連動の貫徹 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事