覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

真の主演女優

2017年04月23日 18時31分31秒 | Weblog

 終わったことなので、申し上げてしまう。今週は、過去数週の様に強烈なゲスト登場が目立たず、精々

    土曜福島  佐野ひなこ     ゲスト・プレゼンター    

 この人物だった。そして、調べは入れ、また正しく調べがついていた。この人物は、わたくしは全く知らなかったが、ファンの方は御存知。キーワードとして、ホリプロ所属で、土曜東京メインで 厩舎7枠の発射程度のことではなく、
   
    写真集 「晴れのちツインテール」 表紙に登場で注目 

    「放課後ツインテール」 でモデルを務める   

 もうこれで、JRAで過去2頭居た 

      ツインテール        奥村武 厩舎   

      カシマツインテール    角居 厩舎  初勝利後 → 庄野靖志 厩舎 へ移る   

 要するに ツインテール がキーワードだと察知。上記を炙り出していた。そして最大の囮は

    フローラS    3枠 5番 ホウオウパヒューム     奥村武厩舎   

 そして、非常に濃い疑いで見出したのが、今日日曜の京都最終

     8枠10番 スワーヴアーサー        庄野靖志 厩舎   
     8枠11番 ゼウスバローズ          角居勝彦 厩舎  

 この ツインテール 即ち、佐野ひなこ厩舎の同居

 土曜福島のゲストだった以上、これが日曜、翌日今日の福島メイン。この8枠へのサインだった、と云うのが正体。


    日曜福島11R 福島中央テレビ杯    

    8枠12番 クラウンアイリス      7番人気      2着 
    8枠13番 リバティーホール     13番人気  



 牝馬重賞2つが組まれた週。週中の牝馬、いや目立った「女性」の代表格。これが

     山邉節子  容疑者      セツコ   

 これで調べがついた、JRAで出走した セツコ馬だが 

     プロセッコ       萱野浩二厩舎     0勝  

     ホクセツコマチ    根本康広厩舎     0勝 

 共に、0勝で目立ったことは無し。で、この2つの「セツコ」厩舎だが、

 
    土曜京都12R  1枠 2番 トウショウカウント    萱野浩二厩舎  10番人気  優勝 

       単  4310円   

 これを見て、俺も欲しい!と考え、翌日、この 萱野厩舎 根本厩舎 に注目。これを皆様方にも申し上げた次第。で、まだ勝っていない根本厩舎。今日最初の出走が


    日曜東京 9R 石和特別   4枠 4番 ニシノジャーニー    根本康広厩舎  13番人気  優勝

       単  4670円   


 このもっと人気薄だった。1着した。


 そして、皆様。

 日曜の2重賞を終えて今、唖然たる、この つなぎ融資の女王 7億円以上を集めた悪女、烈女。

 この正体が、明らかとなる。JRAも脱帽だからこそ、このような所業となった。真面目な学者的探究姿勢が阿保らしく見える真実。整頓し申し上げる。

    
   今週  4月22日(土)23日(日)  主役  

      山邉節子  容疑者     → セツコ厩舎     萱野浩二   根本康広  両厩舎 

 
 そして、今週の、この2つの厩舎の勝利。


   土曜京都12R   

     1着 1枠 2番 トウショウカウント      萱野浩二 厩舎    10番人気 
     2着 4枠 7番 メイショウノボサン                         5番人気
          (16頭)


   日曜東京 9R 石和特別    

     1着 4枠 4番 ニシノジャーニー     根本康広 厩舎   13番人気  
     2着 7枠11番 サトノキングダム                        1番人気   1.4倍  
          (13頭) 


 特に後者は日曜のもう 9R だから、わたくしもこの馬券を獲るのが精一杯だった。 出て来たら買いで待っていた根本先生。これから、1.4倍の人気に繋げただけ。

 そして、これら御膳立て、協力者らの支援の上で、本舞台の幕が上がった。


    日曜 京都11R 第48回 マイラーズカップ  

     1着 8枠11番 イスラボニータ        ルメール  
     2着 4枠 4番 エアスピネル         武豊    
          (11頭) 


    日曜 東京11R 第52回 フローラステークス 

     1着 1枠 1番 モズカッチャン        12番人気 
     2着 4枠 7番 ヤマカツグレース      14番人気  
          (16頭)


 わたくしも最後の押さえで後者 枠連 1-4 及び 2番7番 なら買い足したことはお話し済み。


     主演 山邉節子

     助演 萱野浩二   根本康広    

     演出 中央競馬会   


 2人で人気薄でやり、その後、御膳立て通りに真打が登場、ただ 枠連 馬連 を再上演して見せただけ。



 一言いうぜ。

    おい、中央競馬会。 お前ら、何やってんだよ!


    前日22歳のモデル、実物連れて来て、当日はおばはんかよ!  


 お前らこそ、出資法違反じゃないのか! 62歳で脚出している悪女。どう惚れろと云うんだよ!

 ま、女性には年齢より、年齢と引き換えに獲得した品格、人格こそが財だとわたくしも思うし、わたくしの周辺にも敬愛する、年配女性は数人居る。 若い子には、まだエルメスのスカーフなど似合わないのだ。

 しかし、酷い~。

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聳え立つフジビュースタンド | トップ | 鮮やか!モズブラウン »
最近の画像もっと見る

あわせて読む