覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

アルテミスS 的中

2016年10月29日 16時05分57秒 | Weblog

 今週該当154ページ シンザン 置き土産だった。


 新潟メイン 魚沼ステークス わたくしの大本線が 1着・3着

 そして、京都 第59回 スワンステークス 直前10Rで申し上げた、連続で兼ね合う 6枠11番 サトノアラジン 2頭目のアラジン馬 そして、端から2番目の連続する 1枠2番 サトノルパン 
 
 この2頭の サトノの馬 のワンツーと云う、結末で、わたくしは 10R を見届け 1枠 加え、辛うじて押さえで枠連を獲った。これもあの 〇・・・・・・・〇 を期待してのこと。


 そして、残る東京11R 第5回 アルテミスステークス 実に本命サイドではあったが、これも3つ目のメイン。

 仕掛は 火曜日発売『優駿』11月号、今週該当154ページ。ここで日本競馬史上最高傑作の1つと云われる写真が掲載されており、この正体が

     シンザン  目黒記念 直前のショット  


    1965年 第61回 目黒記念   

    1着 6枠 6番 シンザン      
    2着 8枠10番 ブルタカチホ    

 このまんま 枠連 6-8 十分と見た。これが アルテミスステークス の結末だった。本命サイド、低配当だったがな。そして実に、今週は秋の天皇賞で、


    1965年 第52回 天皇賞・秋

    1着 7枠 9番 シンザン   
    2着 6枠 7番 ハクズイコウ   

 これが 枠連 6-7 新潟メインの結末だった。わたくしはこの シンザン 天皇賞・秋 馬番 7番9番 を狙っていたが、枠連で新潟メインが正解。


    土曜メイン 

      新潟  魚沼ステークス    =  シンザン  天皇賞・秋    枠連 6-7 

      京都  スワンステークス  

      東京  アルテミスS      =  シンザン  目黒記念     枠連 6-8  


 京都スワンが思ったより荒れたが、これが誤爆での 枠連 1-6 2番11番 この意味も噛み締め、明日大勝負 第154回 天皇賞・秋 これを読み切る。


 最終、無論、凝視!

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狙い通り!摩天楼 幸福 | トップ | 天皇賞 驚愕枠!! »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事