覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

危うし!ディープインパクト

2016年11月05日 18時09分39秒 | Weblog

 何故、ディープインパクト が3冠最初の皐月賞の折、
 
    7枠14番 ディープインパクト       武豊   優勝 

 スタート直後、大きくヨレたのか。理由が初めて分かった


 これで、明日の 第52回 アルゼンチン共和国杯 非常に自信が増した。

 明日最初に申し上げる 馬連 馬単 是非付き合って下さい。

 もし、あの皐月賞でヨレが大き過ぎ、落馬でもしていたなら、日本競馬史上の最強馬。そしてこれを元にした、壮大な体系。どうなっていたのだろう。が、そこはプロなのだ。

 見た目ほど危うくもなく、ヨレたふりをして見せ、別に平気なのだろう。

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待ち構えた馬券ゲット | トップ | 凱旋門に込めた 秘・レース »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事