覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

凝視カレンダー

2016年09月15日 23時57分39秒 | Weblog

 そもそも1月号『優駿』付録今年のカレンダー9月

      シーキングザパール 

である。これを見れば、この馬の国内唯一のGⅠ 第2回 NHKマイルC この 枠連 7-7 これが今月、何処かで待っていると先回りして考えるのは当然である。わたくしは先週の2重賞、一方でそれらしきを認め、炸裂かと疑いをかけたが、実は 第30回 セントウルステークス が、2番人気・9番人気の7枠2頭の2・3着。即ち、7-7崩れのレースとなり 第61回 京成杯オータムハンデ は、7-7どころか


     1998年12月20日 第32回 スプリンターズステークス    

     1着 5枠10番 マイネルラヴ          吉田豊 
     2着 2枠 3番 シーキングザパール        武豊  


 このカレンダー主役のGⅠ2着したレース再現で


     先週 第61回 京成杯オータムハンデ  

     1着 5枠10番 ロードクエスト          池添謙一 
     2着 2枠 3番 カフェブリリアント        戸崎圭太 


 この鮮やか再現に過ぎなかった。完全にこのエクスキューズも用意された、肩透かしを食らった格好のわたくし。


 こうして元のオリジナルレースに辿り着いて置くことは重要で、それが先の勝利に繋がる。終わった後、ロードクエストは思ったより強かったのう、などと云う要約は無益。

 先週日曜、わたくしは 高松ペア からら、当然バドミントンネタを探っていたが、日曜阪神1Rの7枠


     7枠14番 アローシャトル       高橋康之厩舎


 この矢のようなシャトルこれが、高松ペアの 高橋礼華 のスマッシュとも鮮やかに呼応して映じ、メインのセントウルの7枠 ネロ 2着の補強サポート。同居馬は ラヴァーズポイント 高橋康之厩舎 で、幾度も言うが、ポイント =  は、もう一人、松友美佐紀(みさき) である。金メダル祝意でお見事に高松宮記念馬圧巻ゴールで寄り添うネロ他、7枠2頭。

 さて、朝の今週の2重賞出馬表を待つばかり。


 蓮舫登場で、さても何が待つか。

 また、豊洲の石原慎太郎元都知事も驚く、都幹部とやらの不作為。そして、驚異の落札率。
 都で未だこんなことをやり、また内田何某とかが、やはり小池さん登場の折、何がどこで誰によって決められているのかまるでブラックボックス・・・の発言趣意そのままだったと暴かれる。

 その石原節も出た、フジの報道インタビュー番組。誰をも愛した田中角さんのお話もふんだんで、面白く視聴した。

 涼しくなり、わたくしもロードバイクで毎日走る日々。そして、見据えるGⅠシリーズの前、伊調さんの国民栄誉賞決定。無論、あのレースの再現は今週。


 御登録お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名明記にて、空メールを下さいます様。



 長期の御優待御登録来春のダービーまでの枠もかなり埋めて頂き、それだけわたくしもがっつり立ち向かう闘志は静かに、また猛烈に燃える。正直、格安で今なら御受け致して居ります。


 さあ、明日の出馬表。先週のような低配当週で納める訳が無い。

 セントライト記念、2つの連動合致の〇枠で間違い無し、と見ている。

 無論、今週はあの方の登場で、〇〇騎手が走る。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼風の先GⅠシリーズ | トップ | 2重賞確信 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む