覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

お笑い 暴走の果て

2017年07月13日 10時35分10秒 | Weblog

 交代間近。また、御参考になるとも思われるので、回顧、申し上げて置く。

 さる、7月1日土曜日東京都議会議員選挙前日開催日だが、当日わたくしの情報メールタイトルは   

      暴言者たち  

だった。その前週、宝塚記念 の裏テーマが、引退を表明した アラン・ドロン だと察知し、『太陽がいっぱい』のヒロイン、マルジュと云う父を持つ1頭 8枠11番 サトノクラウン の優勝を確信、お伝え申し上げたので、念頭に別のドロン作品、リノ・ヴェンチュラ、ジョアンナ・シムカスと共演した『冒険者たち』と云う印象的なテーマ曲の映画作品も浮かんでおり、このタイトルとなった。無論、この

    者たち   →  豊田真由子さま  萩生田官房副長官  下村都連会長    

 そしてトドメは、無論、これぞ真打 稲田朋美防衛大臣 !

 そしてわたくしはこの場でも、この人物の都議会選挙中の暴走応援演説で、軍部クーデターの走り2・26並の衝撃が日本中を走り、瞬く間に都議会議員選挙の主役、大勢を決する立役者となったことは皆様御周知。で、この人物写しは歴史上のある名馬だと申し上げ、御登録各位様にお伝えしたその正体だが

     田朋 防衛大臣   →  次郎 厩舎   ミホシンザン    

 この1頭である。GⅠ3勝。あの、シンボリルドルフとの有馬記念対決で、父シンザンの分身として、日本史上最強名馬の決定、マッチレースを戦った一番は有名だが、

    ミホシンザン    

      1985年 皐月賞        枠連 4-5   13番 9番    2着 スクラムダイナ  

      1985年 菊花賞        枠連 5-6   12番11番    2着 スダホーク   

      1987年 天皇賞・春      枠連 5-6    6番 5番    2着 アサヒエンペラー    

 全部5枠絡みで 枠連 5-6 が2発。
 
 わたくしはこの、都議会選挙主役・稲田朋美大臣から、ミホシンザンの2回のGⅠ 枠連 5-6 出現を予告。まんま、ばっちり大本線で的中せしめたレースが

     2017年 7月1日(土) 福島11R テレビユー福島賞    

     1着 6枠11番 ワンスインナムーン        石橋脩   斎藤誠 
     2着 5枠10番 アレスバローズ          菱田裕二  角田晃一   
          (16頭) 

     枠連 900円    馬連 1000円   

 人気サイドで決まりながら、良い馬券だった。

 この日、都議会議員選挙前日土曜の朝 中京1R では、勝ち馬がわたくしがこれだとお伝えした1頭で 

     レッドルーラー       馬主・東京ホースレーシング   

 競馬にある程度通じている方なら御存知。馬主レッド、冠号レッドの馬とは、この 東京ホースレーシング の馬で、レッドのルーラー(統治者) とは、

    レッド(東京)の統治者   = 東京都知事  小池百合子  

であり、この2番人気 単 520円 は朝一番の資金作り、いい馬券で投入額を5倍にし、朝御飯にするには格好。しかもこの中京1Rだが

     1着 6枠 9番 レッドルーラー         西谷誠    2番人気   単 520円 
     2着 4枠 5番 シゲルナマハゲ     植野貴也   9番人気     

      馬連 7810円     馬単  13850円   

 この2着馬 東北のあの著名な祭りの怖いお面を想像しているようでは駄目。もっと都会の、もっとタイムリーなあの人物が念頭にあれば買えた馬券であった、と痛切に思うべし。

 「このハゲー!」 と都知事が揃ってゴールした、都議会議員選挙前日のこの朝のレースだった。この2着枠

      4枠 5番 シゲルナマハゲ   
      4枠 6番 カレンバッドボーイ      

 素晴らしい造型枠だ。この印象的な馬名、今年忘れ難い。

 報道では正確な事実報道が求められるので必然性があるが、流石流行語大賞となると差別的で、放送コードにもかかり、ランク外だろうが、断然、国民的印象、鮮烈度合い、記憶では、これに勝るものがあと半年、出るかどうか。

 饒舌を駆り、勝手に私見を述べるが、もう議員としては復帰は無理だろうし、選挙カーに乗って地元街中も走ることは困難である。吉本辺りでタレントとして採用し、名前も 真由子 → 眉子 または マユコ と改め、今日のマユコの「このハゲー!」のコーナーで、元代議士のキャリアと知性をも生かし、時勢、時流の中の暴言をばっさり日々切り捨てて見せる。その毒舌キャラとして、復活、国民に奉仕して欲しい。絶対、開き直るべきだ。

 日曜朝、張本、大沢親分の「喝!」の裏番組で、このマユコ様コーナーを設け、マツコ&マユコ を取り揃えるなどと云うのも格別な愉快ではないのか。

 ウインズ後楽園傍、母校の名門・桜陰学園も授業で「礼法の時間」などを設け、6年間みっちり教育している筈だが、頭を抱えて居られるのではないかな。古典落語的に

   「おお、はっきりしろよ。この逆蛍」 

とでも、云って置けば、まだ粋だった。 

     【注 逆蛍 ギャクボタル   ホタルとは反対の場所が光っている人のこと」

 わたくしにはこういう先回りが直ぐ浮かぶのだが、今年の菊花賞は 〇枠 である。

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いざ、函館記念! | トップ | 確勝 函館記念 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む