覇王の馬券密議

中央競馬の壮大な演出劇の真実・・・ターフ裏の怪人が饒舌に説き聴かせる回顧と予想

菊花賞 絶対獲る!

2016年10月17日 14時43分55秒 | Weblog

 昨日の 秋GⅠ第2弾 秋華賞、わたくしの読み通りズバリ 枠連 2-4 3番7番 大本命での的中だったが、わたくしは次のような仕掛をも、読んでいた。

 もし本当に 3番7番 で決まるなら、これもまた作為だ、と確信していた。それは、昨日出馬表中に、何故か、高橋祥泰厩舎の同居強調があり、この厩舎唯一のGⅠ 第1回 NHKマイルC タイキフォーチュン ツクバシンフォニー この 枠連 2-4 3番7番 馬単も 7番3番 このままを告げる為のこの厩舎の強調と云う読みもその通りだったが、皆様御覧になりながら、スルーして省みない次のような、強烈な告知もある。

   2016年 秋最初のGⅠ  スプリンターズステークス

 これが 枠連 7-8 13番15番 で決まったが、この1315。伊達ではない。何しろ、この上記最初のGⅠの当日、欧州競馬では世界的大レース 第95回 凱旋門賞 が行われ、わたくしの本命視で申し上げた ファウンド の優勝 皆様方も御覧になった筈だ。で、その13と15だが

    第95回 凱旋門賞  

    13着   馬番  7番 シルバーウェーヴ        スミヨン
    14着   馬番 14番 マカヒキ              ルメール 
    15着   馬番  3番 ミグワールド           ペリエ 


 ああ、我らがマカヒキ、14着に沈んだか。で、終わる16頭立ての下位着順。日本でも御馴染みのトップジョッキーが並び、やはり本場仏人のイケ面揃い ・・・ などはさて、要するに、

    秋華賞 は  凱旋門賞 14着 マカヒキ  
      これを前後で囲む着順2頭 13着 15着 の2つのゼッケン 3番 7番 で決まる

 これが事実である。そして

      最初のGⅠ                          2つ目のGⅠ
     スプリンターズ                          秋華賞

     1着 13番 レッドファルクス   →  凱旋門13着   馬番 3番   パールコード   2着
     2着 15番 ミッキーアイル    →  凱旋門15着   馬番 7番   ヴィブロス    優勝 


 全国のファンに、盛り上げ、煽り、注目させた凱旋門賞ライヴ。その日の秋最初のGⅠ から 2つ目のGⅠ へ。鮮やかな受け渡し、リレー連続ドラマとも呼べるサインである。

 だから幾度も申し上げているが、競馬の着順、ゴール順は1着~最下位まで総て予め決まっているのである。上位に関係ない後方のジョッキーらが手を抜き、馬の負担を考え、残りはエネルギーを惜しむかと云うと、とんでもない。例えば決められた14着でフィニッシュできるよう、13着、15着予定の馬ジョッキーと呼吸を計り、間合いを読み、互いに最高のパフォーマンスを心掛け、観る者に感銘を与え、レースを感動的に仕上げる尽力を惜しまない。その巧緻で一流、二流が判断される。GⅠともなれば、毎週がお祭りであり、大舞台である。
 そして全レース、常に査定されているのである。着順をやり違えるなど論外。同着にしろと云われればそうする。数センチ程度ずれても、このハイテク時代。判定写真などどうとでもなる。全部主催者側発表の「公正競馬」だからだ。ジョッキーはアーティストである。


 早くも、3つの連動が総て合致することを申し上げた 第77回 菊花賞 わたくしは、今週のイベントを読み進め、どうしても、間違い無く、と確信できることの1つとして、

    今週土日メイン  3つの競馬場のメインどれかで、必ず  枠連 〇-〇 または 〇番〇番 出現

 これを断言する。恐らくは、土曜の新潟、いや新潟と見せて京都と云うような微調整をやって来るかも、とも思うが、根拠明白。その為に、今、ある楽曲を視聴し、納得した。下調べが無いと、とてもズバリ読み切ることは困難だ。


 そして、今週末のイベントに登場するメンバーを見て、第77回 菊花賞 ある同一要素2頭の馬がどうしても浮かび上がり、これらがどう配置されるのか。これが非常に興味深いレースであると確信する。

 木曜午後の出馬表が楽しみである。無論、金曜前売りが実施されるクラシック最後の1冠。

 明後日 19日水曜日 今週御登録ある各位様宛、週中情報を御送付申し上げ、菊花賞は勿論、富士ステークス の2つの連動、過去14年で13回 及び 過去12年で11回で8年連続 この2つも含め、週末2つの重賞に向け、徹底して、事前の読みを御披露申し上げる。無論、勝ち馬はほぼ確信し、問題は相手探し、またどのような出馬表上の造型となるか。これに焦点が集まる。


 昨日 秋華賞 JRA年間ナビゲーター、CMキャラの 有村架純 この登場で、どの様なサインがあったのか。ゲスト出演の意味とは何だったのか。終わっても解からないままの方に、何をか言わん。このゲストが、土曜重賞 府中牝馬S 枠連 1-8 も 秋華賞 3番7番 もきとんと告げてくれていたぜ。この正体もまた、明後日お伝え申し上げる。客観的で、誰が見ても同じ示唆。リサ当日退場や、リンドシェーバーが死去した、との訃音。てんこ盛りで、サイン鮮やかな秋華賞だった。

 が、今週の 第77回 菊花賞  

 ある絶対の自信と共に、大勝負となる。

 皆、今回は ルメール サトノダイヤモンド で仕方ない、または 基本は2強対決 と見ているレースかも知れないが。

 続々御登録。また御延長お申込み、恐縮でございます。

 
    御登録お問合せ先

        sir_delacroix@yahoo.co.jp    まで

  『詳細希望』 または 『登録希望』 の件名明記にて、空メールを下さいます様。

  

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いざ、菊の大輪へ | トップ | KIKKA 睨む菊花賞 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む