デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

もし、あなたがジャズ喫茶のマスターなら7月17日に何をかける?

2017-07-16 09:30:19 | Weblog
 明日7月17日はビリー・ホリデイとコルトレーンの命日にあたる。親の命日は忘れてもこの日を覚えている罰当たりなビリーのファンやコルトレーン信者は多い。ジャズ喫茶全盛の1970年前後は必ずと言っていいほど各店で特集が組まれた。昼は通常営業で夜にコルトレーン。ビリーとコルトレーンをバランス良く流す店。時間帯で企画を立てる店がほとんどだったが、中には一日中どちらかを徹底的に流す店もあった。

 さて、もしあなたがマスターで、ビリー・オンリーの日なら何をかけるだろうか?コロムビア時代からデッカ、ヴァーヴと順を追ってかける。コモドア盤を中心に全盛期に絞る。オーケストラをバックにじっくり聴かせるものと、コンボと丁々発止のセッションを交互にかける。どのレコード選びも楽しいが、不世出のシンガーを延々と聴くとさすがに飽きるだろう。そこでインスト物をはさむ。まず大定番、マル・ウォルドロンのレフト・アローン。ストリングスをバックに詩情豊かに吹き上げるジョニー・グリフィンの「White Gardenia」。ジーン・アモンズの「Got My Own」もいい。ズート・シムズの「For Lady Day」もある。

 そして、ウェブスター・ヤングの「For Lady」。ジャケットがいい。とてもプレスティッジと思えない。女性の立ち位置が不自然なのは、向き合っていた人がいたからだ。それを編集して敢えて一人にしたことで後姿から伝わるものが大きくなる。ヤングはトランペット奏者であるが、ここではコルネットを吹いている。録音は1957年で、ビリーが麻薬や離婚で苦悩していた時期だ。その哀しみを代弁するかのように音色は物悲しい。そこが心を打つ。バイス・プレスと呼ばれたポール・クィニシェットとマルの参加もビリーの作品集としての価値を一段と押し上げている。静かなる傑作とはこれをいう。

 レコードという文化も消えつつあり、ジャズ喫茶で全てを学んだ世代は寂しい限りだが、先日、ソニーがレコードの自社生産を再開するというニュースが伝わった。何と29年ぶりだという。レコードを知らない若い世代にこそ聴いてもらいたい。CDやパソコンでは味わえない深くて豊かな音がそこにある。ジャケットからゆっくりレコードを取り出し、ターンテーブルにのせる。そして静かに針を落とす。そこには仏壇に向かうような厳かな空気が流れる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Alright, Okay, Fighters Win  | トップ | 飛行帽子の似合うモンクが文... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
言い訳しないで・ベスト3 (duke)
2017-07-16 09:35:22
今週もご覧いただきありがとうございます。

ウェブスター・ヤングの「For Lady」に収録されている曲から今週は「Don't Explain」を選びました。1944年にビリー自身が作詞作曲しました。今週はこの曲のお気に入りをインストでお寄せください。尚、ヴォーカル・ベストは2011年7月24日の拙稿「ビリー・ホリデイは言いわけしないで、と哀しそうに唄った」をご覧ください。

管理人 Don't Explain Best 3

Webster Young / For Lady (Prestige)
Harold Land /West Coast Blues (Jazzland)
Wynton Kelly / Piano (Riverside)

他にもデクスター・ゴードンをはじめチェット・ベイカー、マル・ウォルドロン等の名演もあります。
今週も皆様のコメントをお待ちしております。

今週は動画はありません。レコードでお楽しみください。
コルトレーンのバラード (azumino)
2017-07-19 21:49:02
こんばんは

僕の場合、コルトレーンを偲んで、バラードやクレッセント、エキスプレッションといったインパルスのバラード系のアルバムです。コルトレーンのサウンドが素晴らしく、また、疲れないので。お題ですが、

Wynton Kelly / Piano (Riverside)
Dexter Gordon / A Swingin' Affire (Blue Note)
Kenny Barron / Green Chimneys (Criss Cross)

定盤ばかりですが、ケリーはこういったバラードを弾かせても素晴らしく、惚れ惚れします。ゴードンは、豪快な演奏ばかりでなく、繊細な面ももっていると思います。少し新しい1980年代の録音のケニー・バロンを3番目に加えました。
ウェブスター・ヤングやケニー・ドーハムといったトランペット奏者のものも忘れられません。
ビリーのバラード (duke)
2017-07-20 17:09:27
azumino さん、コメントありがとうございます。

コルトレーンのバラード系を楽しまれたようですね。私は久しぶりにビリーのヴァーヴ盤をじっくり聴きました。バラードにみせる悲哀は未だ超えるシンガーはいません。

トップにケリーがきましたか。ケリーといえばミディアムからアップテンポで鬼気迫るソロをみせますが、バラードも聴かせます。

次にデクスター・ゴードン、これも定番と言われるだけの名演です。それにタイトルがいいですね。ブルーノート時代は一作一作輝いておりました。

そしてケニー・バロンがありましたね。いきなりソフトリーにやられますが、この曲はベン・ライリーのブラッシュが決まっています。
レアードさま! (M54)
2017-07-21 09:24:43
dukeさん、こんにちは。 
昨夜はナイスゲームでした、援護射撃ありがとうございます(笑)

ウエブスター・ヤング・・このレコードは2度しか、目にしておりません。 ネットオークションである程度まで頑張りましたが・・みるみる上がっていくので諦めました。
 
Dexter Gordon / A Swingin' Affire (Blue Note)
こんな曲はDexにお任せですかね、好いですね。 ソニー・クラークも良いですね。

Harold Land /West Coast Blues (Jazzland)
これも好きな一枚です。 ジャケがとても気に入ってます。 
中田、意地をみせろ! (duke)
2017-07-21 18:09:48
M54 さん、こんばんは。

昨夜は長い試合でした。まずは連敗を止めてヤレヤレですが、19日に負けましたのでクライマックスシリーズ自力進出が消滅しました。トホホです。こうなるとソフトバンクの応援ですね。

ウエブスター・ヤングのこのレコードは唯一のリーダーアルバムですし、内容もいいので昔からオリジナル盤は高値です。私もオリジナルを買えるわけもなく、残念ながらCDです。

トップにデックスがきましたね。 「love affair」に事欠かないデックスですが、タイトル通りのご機嫌なアルバムです。ソニー・クラークは麻薬代欲しさの必死さが伝わってきます。

そして、ハロルド・ランド。私も迷わず挙げた1枚です。何の変哲もないジャケットですが、色がいいですね。リバーサイド・オールスターズの面子は最高です。
本日決定!言い訳しないで・ベスト3 (duke)
2017-07-22 12:30:37
今週もご覧いただきありがとうございました。

Don't Explain Best 3

Dexter Gordon / A Swingin' Affire (Blue Note)
Wynton Kelly / Piano (Riverside)
Harold Land / West Coast Blues (Jazzland)

多くの投票はいただけませんでしたが、デックス、ケリー、ランドと定番が並びました。それぞれ派手さはありませんが、味わい深い演奏ばかりです。
他にもウェブスター・ヤングとケニー・バロンも挙がりました。共に珠玉のバラードが堪能できます。
今宵はお気に入りの「言い訳しないで」をお楽しみください。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL