デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

ジャズ・ストリートを横切っただけのドン・スリートはアスリートになれなかった

2016-09-18 09:18:49 | Weblog
 おそらくこのドン・スリートの「All Members」を所有されている90パーセントの方はサイドメンに注目しての購入だろう。小生もその一人でこのトランぺッターの名前も知らなかったし、リバーサイドの傍系レーベル、ジャズランド盤だけに本家で売れなかったアルバムを体裁だけ変えての再発盤だと思ったくらいだ。ケニー・ドリューやズート・シムズの再発ものをタイトルとジャケットの違いから別物だと思い飛びついた苦い経験がよぎる。

 ジミー・ヒースとウィントン・ケリーの共演盤といえばタイトル曲が決定的名演として知られる「On the Trail」があるが、これにはトランペットは入っていない。大抵ジミーのセッションは兄弟のパーシーとアルバートなのでロン・カーターとジミー・コブというのも珍しい。ということはスリートのオリジナルになる。経歴を見てみるとドラマーのレニー・マクブラウンのアルバムに参加しているという。ソニー・スティットやブッカー・アーヴィンのバックで叩いていたし、モンクと来日もしているので名前は知っているものの残念ながらリーダー作は聴いていないので、スリートのスタイルも力量も知らない。

 録音は1961年。マイルスが「Someday My Prince Will Come」を発表した年でケリーとコブが参加していた。なるほどマイルスに似ている。マイルスのリズムセクションを使ってそのラインを狙ったふしがある。更に見ての通り、映画俳優のようなルックスだ。録音当時、リバーサイドはチェット・ベイカーと契約が切れているので、イケメン・トランぺッターとして売り出す企画が持ち上がったとしても不思議はない。野次馬的な見方はさておき肝心の演奏だが、このアルバム1枚で消えたのが残念なほど筋が良い。「But Beautiful」のバラード・プレイはコントロールが利いているし高音もよく伸びるし歌心も満点だ。

 女性なら手に取りたくなるジャケットと質の高い演奏でキープニューズの作戦通り好評を博したことだろう。おそらく次はワンホーンでいこうか等のプランもあったのかもしれないが、その後はドラッグのために引退同然となっている。一流になるには高い音楽性は勿論のこと、抜擢された運を切り開く行動力、そしてどん底に落ちても目的を見失わない鋼の意志と這い上がっていく努力が必要だ。マイルスもチェットも麻薬癖から抜け出している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新主流派とはボビー・ハッチ... | トップ | フラン・ウォーレンの恋はどん... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バット・ビューティフル・ベスト3 (duke)
2016-09-18 09:24:48
今週もご覧いただきありがとうございます。

バット・ビューティフルはビング・クロスビーとボブ・ホープが主演した1948年の映画「南米珍道中」の主題歌としてジミー・ヴァン・ヒューゼンとジョニー・バークのコンビが書いた曲です。ヴァン・ヒューゼンの美しいメロディーに魅せられてインストも多数あります。今週はこの曲のお気に入りをインストでお寄せください。ヴォーカルは機を改めて話題にします。

管理人 But Beautiful Best 3

Stan Getz - Bill Evans / But Beautiful (Milestone)
Freddie Hubbard / Open Sesame (Blue Note)
Charles McPherson / Beautiful! (Xanadu)

他にもアート・ペッパーをはじめカーティス・フラー、バディ・デフランコ、ハンク・ジョーンズ、チック・コリア等々、多くの名演があります。今週も皆様のコメントをお待ちしております。

Stan Getz Quartet - But Beautiful - Umbria Jazz 1989
https://www.youtube.com/watch?v=x6qdSbifkBI

ヴァン・ヒューゼンとバークのコンビといえば「月光と水玉」。それでゲッツはこのシャツを選んだ?
Unknown (ドーム親爺)
2016-09-19 13:02:58
dukeさんご無沙汰でした。うちも強いけどあちらも負けませんね。最終戦まで気が抜けません。
タイトル面白すぎでビール吹き出しました。開けゴマに一票。
台風きそうです。 (M54)
2016-09-19 17:18:26
dukeさんこんにちは。 どちらに転ぶか最後まで分かりませんね。

この曲はエヴァンスとトニー・ベネットのデユオを想います。

Freddie Hubbard / Open Sesame (Blue Note)
これが、一番でしょうか、フレディーからティナへそしてマッコイからフレディへ良い流れですね、好きです。

Art Pepper / Live At The Village Vanguard(Contemporary)
昨日押入れを整理していると、ジョージ・ケイブルスのサイン色紙が出てきました、亡くなったものと思っていました。アート・ペッパーと来日した時のものです。
ライブの前日にそのライブハウスに行ったら、ジョージがふらりとやってきて、サインしてくれたものです。 小柄で気さくなおじさんでした(笑)
そんな訳でもないのですが、これを選びました。 ケーブルスにムラーツ、エルビンとメンツも良いですね。

Kenny Dorham / Jazz Contrasts(Riverside)
ハープを入れて美しく仕上げています、哀愁を帯びた音色が良い感じです。

今夜は台風直撃しそうです、雨戸を閉めてますので、大音量でレコード聴きます(笑)大丈夫かなぁ?
ヒノテルいこうと思ったら・・・ (moto)
2016-09-19 18:57:06
Duke さんこんにちは.

"Trans-Blue / 日野皓正" あげようと思ったら、ガッツリ歌い上げていました・・・・・・・(笑)

ということでインストはたった一枚.

・ Open Sesame / Freddie Hubbard (BLP-4040)

ちょっとくすんだ感じのTinaが微妙にいいなぁ.
優勝目前 (duke)
2016-09-19 19:03:15
ドーム親爺さん、こんばんは。

今日もしびれましたね。最後はハラハラしましたが、いい勝ち方です。明後日からの直接対決に弾みが付きました。

いつもの如くオヤジギャグの域を超えないタイトルですが、これでドン・スリートというトランぺッターを知っていただければブログ冥利に尽きます。

フレディーに投票いただきありがとうございます。若い時から歌心にあふれていたのがわかる名演です。
直接対決で決着付くか (duke)
2016-09-19 19:27:29
M54 さん、コメントありがとうございます。

こちらも負けませんが、そちらも粘りますね。今日で首位浮上と思ったのですが9回裏に同点に追いつく戦力はさすがです。

ヴォーカルではやはりエヴァンスと組んだトニー・ベネットが響きます。

トップにフレディーがきましたか。私は珍しく(笑)ゲッツをトップに挙げましたが、迷った1枚です。フレディーは勿論のことティナ・ブルックスの味のあるソロ、ジャケット、完全ブルーノートという作品です。

次にアート・ペッパー。これもいいなぁ。復帰後絶好調のペッパーです。ジョージ・ケイブルスのサインとは貴重なものをいただきましたね。私は客席からしか見ておりませんが迫力はありました。

そしてケニー・ドーハムもありましたね。ハープも面白いのですが、ドーハムだけで十分美しいと思うのですが。

先日は北海道も台風被害にあいました。こちらは雨戸はありませんので直撃です。御用心ください。
歌うドラマー (duke)
2016-09-19 19:40:45
moto さん、こんばんは。

日野皓正の「Trans-Blue」といえばグラディ・テイトですね。何曲か歌っていたのは覚えておりますがこの曲でしたか。DAY BY DAYに来たことがあるそうですが、スティック握るより先にマイク握ったとか。

Open Sesame のレコード番号を挙げていただきありがとうございます。。語呂のいいナンバーですね。4000番台も1500番台に負けず劣らずいいレコードが並んでおります。ここではティナが光っておりますね。コルトレーン・バンド参加したばかりのマッコイですがジャズテットのぎこちなさがなく一回り大きくなっております。
意外によいマクファーソン (azumino)
2016-09-19 23:12:34
dukeさん こんばんは

村尾陸男著のジャズ詩大全で、「しかし美しい」というのが誤訳だと知って、唖然とした歌です。メロディがよいので、ソロもその流れのものが好きです。スタン・ゲッツのものは未聴なので、ハバードです。

Freddie Hubbard / Open Sesame (Blue Note)
Charles McPherson / Beautiful! (Xanadu)
Joe Pass / Catch Me (Pacific Jazz)

この曲だとハバードの演奏が反射的に出てきます。とてもいいけど、ちょっと陰りもほしい気がします。マクファーソンは、ものによっては単調になるところもあるのですが、この演奏はよいです。デューク・ジョーダン(p)のアシストがいいのか、しっとりと聴かせます。

3つ目は、短いヴァージョンですが、ジョー・パスで。クレア・フィッシャーと組んだこのアルバムは、楽しくて、かつ水準の高い一作だと思います。ペッパー、フラー、ネイサン・デイヴィスなどのものも聴きましたが、パスで。
誤訳したジャズ評論家を皮肉る (duke)
2016-09-20 18:02:54
azumino さん、こんばんは。

ジャズ詩大全の第1巻から出てきた曲ですね。重要なスタンダードが並んでおります。村尾さんは「しかし美しい」と訳した『ジャズ評論家』をかぎ括弧で強調しておりますね。それも二度。気に食わない評論家なのでしょう。誰かは想像つきますがぁ(笑)

トップはハバードで決まりでしょうか。生で二度聴いておりますが、音はでかいしレコードで聴くよりバラードは音が綺麗でした。

マクファーソンは私も挙げましたが、いいですね。プレスティッジ時代とは違って余裕を感じさせます。この時代だからできた演奏なのでしょう。遅れてきたビバッパーなどと揶揄されますが、遅れてきたからこそ新鮮なのです。

ジョー・パスもありましたね。クレア・フィッシャーも好演です。エヴァンスの曲を2曲取り上げているのが聴きどころです。

ネイサン・デイヴィスはロンドンですね。豪華メンバーで楽しいセッションです。
本日決定!バット・ビューティフル・ベスト3 (duke)
2016-09-24 11:16:42
今週もコメントをお寄せいただきありがとうございました。

But Beautiful Best 3

Freddie Hubbard / Open Sesame (Blue Note)
Charles McPherson / Beautiful! (Xanadu)
Art Pepper / Live at The Village Vanguard (Contemporary)

ハバードが一番人気でした。これぞブルーノートというジャズサウンドです。ここからハバードの才能が開花していきます。まさに「Open Sesame」です。他にもスタン・ゲッツとビル・エヴァンス、ケニー・ドーハム、ジョー・パス等の名演が挙がりました。個性際立つ美しいアドリブが聴けます。今宵はお気に入りの「バット・ビューティフル」をお楽しみください。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL