デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

名バイプレイヤー、アール・メイを5月に聴く

2017-05-14 09:19:35 | Weblog
 先月29日、楽天の美馬投手からデッドボールを受けた日本ハムの中田翔選手が怒ってマウンドに歩み寄った。両軍ベンチから選手が飛び出す。乱闘寸前だ。札幌ドームで観ていた小生は「こら!ミマ!何回当てるんだ!ボケ!ススキノ歩けないぞ!」と当の中田選手以上に声を張り上げた。というのも中田選手は、2013年8月に美馬投手の死球で骨折し、残りシーズンをほぼ棒に振った経緯があるからだ。チームを引っ張る4番が激高するのも無理はない。

 乱闘寸前といえば、1999年5月に東京ドームで巨人の松井秀喜選手がデッドボールを受け、一触即発だったことがある。相手は阪神のダレル・メイ投手だ。松井選手が「あれは絶対故意に違いない」とコメントした5月のメイ事件だ。さて、この前振りで登場するのはあのミュージシャンだろうって?そうです、ビリー・メイ、いやアール・メイです。早くはビリー・テイラーのトリオ、グロリア・リンの歌伴、67年にハービー・マンと来日、晩年はバリー・ハリス・トリオで活躍したベーシストだ。名が付くバイプレイヤーでディスコグラフィーを編んだら電話帳の厚さになるかも知れない。

 数あるなかから「Lush Life」を選んだ。コルトレーンが急成長を遂げた時期をとらえたピアノレスのトリオである。ピアノレスはコード楽器であるピアノがない分アドリブの幅が広がるが、安定感に欠けると言われている。このテナートリオはというと三者のバランスが取れていて土台もしっかりしている。「Like Someone In Love」、「I Love You」そして「Trane's Slo Blues」の3曲だが、どのトラックもコルトレーンがめくるめくフレーズをこれでもかというほど重ねていく。ベースもまたテナーと歩調を合わせながら、自在に弾きまくる。コルトレーンの息継ぎの間に聴こえるメイのブーンという太い音は堪らない。

  5月のメイ事件が起きた1999年は日本ハムが北海道に移転する前で、当時は巨人ファンだった。デッドボールの瞬間、「テメイ!こら!狙ったな!謝れ!」とテレビに向かって罵声を吐いた。怒ったところでどうにもならないのだが、つい熱くなるのが野球だ。日本ハムファンの今は札幌ドームで野次を飛ばしているが、スタンドで静かに応援する観客にとっては迷惑なことだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 摩訶不思議な共演、カテリー... | トップ | 月光のいたずら »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アイ・ラヴ・ユー・ベスト3 (duke)
2017-05-14 09:24:52
今週もご覧いただきありがとうございます。

「I Love You」は、1944年のミュージカル「Mexican Hayride」のためにコール・ポーターが作詞作曲しました。今週はこの曲のお気に入りをインストでお寄せください。ヴォーカルは機を改めて話題にします。

管理人 I Love You Best 3

John Coltrane / Lush Life (Prestige)
Bill Evans / New Jazz Conceptions (Riverside)
Bennie Green / Back On The Scene (Blue Note)

奇しくも三大レーベルの選出になりましたが、他にもケニー・ドーハムをはじめアート・ファーマー、ソニー・クリス、デューク・ピアソン、ハーブ・エリス、ジョー・パス等々、多くの名演があります。

今週も皆様のコメントをお待ちしております。

中田翔、美馬からの死球にぶち切れ 4/29

https://www.youtube.com/watch?v=eVu6LptBQHs

松井、キレる

https://www.youtube.com/watch?v=O3oLRq5j0L0

Mulgrew Miller - The Art of Solo Piano - I Love You

https://www.youtube.com/watch?v=PhzNcM-mnPU

アクセス数が多いだけのことがあります
エスコバー (宵闇散歩)
2017-05-14 18:12:35
アール・メイと同じレフティが登板で4連勝、明後日からの楽天2連戦が大事ですね。

こんばんは、dukeさん。

トレーンのこの1枚はまさにアール・メイの1枚ですね!

Swing Swang Swingin' / Jackie McLean (Blue Note)
この♯しっばなしの音色にやられます、メンツ、選曲、言うこと無しのメイ盤。

Tender Feelin's / Duke Pearson (Blue Note)
ピアソンの魅力は60年代後半の作品のブラジリアンテイストに凝縮されているとはお気軽なCD再発のお陰で実感できましたが、トリオを聞き直し、そのオシャレなプレイに感心します。

Live In New York / Herbie Hancock Trio (Jazz Door)
ホントはベニー・グリーンのバックオン~を挙げるつもりでしたがマルグーの素晴らしい動画を見て(そういう企画なんでしょうがAABAについて真面目に語る姿に彼の生真面目さを感じました)、ハービー以前以後というか良くも悪くもな影響力を思い、彼のピアノプレイがわかりやすいいちばんなアルバムを。ヤク中真っ只中の録音とはSGI学芸員もへそで茶をわかしたくなるでしょう。

次点に
I Love You / Fumio Karashima Quintet Last Live (Polydor)
日本の熱い名盤だと思います。
5月の連勝 (duke)
2017-05-14 19:15:22
宵闇散歩さん、コメントありがとうございます。

試合をご覧になりましたか。エスコバーは、いきなり本日話題のデッドボールで慌てましたが、何と勝ち投手。江戸ウィンですね。アッ、ロッテは千葉か。これからの活躍が期待できます。

コルトレーンのこのレコードはA面とB面を聴き比べるだけでジャズの面白さがわかります。

トップにジャッキー・マクリーンがきましたね。ブルーノートのマクリーンでは好きな1枚です。

続いてブルーノートのピアソン、内容は勿論ですがアルバムタイトルもジャケットもいいですね。

そしてハンコック、90年代ですね。フュージョンに染まってからは聴く気になれませんでしたが、この辺りから少し聴くようになりました。ジャズピアニストとしての選曲もナイスです。ベニー・グリーンといえばピアニストの方ですが、昨夜DAY BY DAYでシェリー・マンの古い映像を観ました。ピアノはラス・フリーマンなのですが、顔がグリーンに似ていました。

辛島文雄さんがありましたね。ホント凄いピアノです。井上淑彦さんの参加が嬉しい。黒岩静枝さんの50周年に井上さんも出演予定でしたので残念です。
メイ演でアール (M54)
2017-05-15 11:51:47
dukeさん、こんにちは。 ご無沙汰しております。
お互いに上り調子ですね、応援にも力が入りますね。

John Coltrane / Lush Life (Prestige)
ライクサムワンのイメージが強かったですが、この曲も良いですね。アール・メイはミンガスを思わせる力強いベースですね。

Hampton Hawes - For Real! (Contemporary )
早い早い!短いですがたまらない疾走感です。ランドも凄い! ラファロも凄い!

The Swinging Guitar Of Tal Farlow(Verve)
この曲はタルには合ってるように思います。 まぁこのトリオは何を演っても好いですけど。

ピアソンのも良いので迷いましたが・・

5月のタイトル大賞 (duke)
2017-05-15 18:08:41
M54 さん、こんばんは。

「メイ演でアール」とはいいタイトルですね。どこぞのブログの悪影響ですかね(笑)かく言う私も貴ブログのビリー・テイラーからメイを拝借しました。

次の直接対決は26日からですので、それまでの7試合を全部勝って差を縮めたものです。

トップはコルトレーンですね。ライクサムワンも素晴らしい演奏ですが、この曲も申し分ありません。。メイのソロはありませんが、存在感は大きいですね。

次にハンプトン・ホーズ、これはランドに尽きます。このスピードは堪りません。

そして、タル・ファーロウ、タルにとって一番いい時代ですし、ベストメンバーです。
フェイバリット曲です (azumino)
2017-05-15 20:34:02
dukeさん こんばんは

このような有名曲がお題として残っていたとは、スタンダードの世界は奥が深いですね。学生時代に、よく聴いていたアート・ファーマーの「Modern Art」で出会って以来、いろいろなアルバムで耳にしている、大好きな曲です。トップは、マクリーンなのですが、あとは趣味を入れてみました。

Jackie McLean / Swing Swang Swingin' (Blue Note)
Art Pepper / Intensity (Comtenporary)
Dusko Goykovich / After Hours (enja)

マクリーンは、ハードバップ的なフレーズで、スイングしていて、他のメンバーもあわせて、いい演奏をしています。1960年録音のペッパーは、刑務所へ入る前で、独特の乗りの舞い上がりフレーズで酔わせてくれます。ダスコ・ゴイコヴィッチのこのアルバムは、彼の最高傑作だと思います。テテ・モントリューのピアノも調子がよく、イントロからわくわくものです。
有名盤の収録曲 (duke)
2017-05-16 18:31:18
azumino さん、こんばんは。

スタンダードを中心に相当数の曲を話題にしてきましたが、まだ残っておりました。コール・ポーターの作品もまだ手付かずのがありますので、当分ネタはありそうです。

この曲はコルトレーンやマクリーン、ファーマー、エヴァンス等、ジャズ喫茶でよくかかる有名盤に収録されておりますので、知らず知らずのうちに馴染んでおります。

トップにマクリーン、次にアート・ペッパーがきましたか。入獄を繰り返していたペッパーですが、音楽は深いですね。

そしてダスコ・ゴイコヴィッチ、ワンホーンで気持ちよくプレイしております。70年代初めの録音ですが、当時ヨーロッパのジャズなら日本の方がまだましだと酷評されていました。その中にあってこれは突出しておりました。
今日の気分で! (芝刈りオヤジ)
2017-05-17 17:25:43
dukeさん こんちわ!

お題曲「I Love You 」は沢山の好い演奏盤あり!今日の気分で決定。明日選ぶと変わりそうですが・・・

①Jackie McLean / Swing Swang Swingin' (Blue Note)
良いねぇ!低重心好演奏。

②Hampton Hawes / For Real! (Contemporary )
大好き盤!これも低重心好演奏そして高速。

②Stan Getz / Serenity(Universal)
色んな評価があるゲッツの晩年盤!素晴らしい。

③Art Farmer /Modern Art (Liberty)
ゴルソンのウネウネテナー。このウネウネが贔屓!

③Pim Jacobs / Come Fly With Me(Philips)
ピアノものではこいつが良い!

おまけ
作り手(Archer Thompson)違いの同名曲有り。古い曲の様です。こいつも良い曲で、C・Hawkins 、 J・ Forrest 盤がとても宜しい・・・
5月の気温、気分 (duke)
2017-05-18 18:07:10
芝刈りオヤジさん、コメントありがとうございます。

今日はようやく気温が上がり半袖で出かけました。明日からドーム通いです。

トップにマクリーンがきましたね。タイトルの如く変幻自在のスウィングです。

次にハンプトン・ホーズ、スコット・ラファロで売れたレコードですが、ハロルド・ランドもいいですね。

そしてスタン・ゲッツ、ジャケット写真に性格が表れておりますが、音楽は冴えております。ケニー・バロンとの相性がいいこともありアドリブも一層のキレがあります。

その昔、エヴァンスの「Modern Art」と言うけしからん輩がおりましたが、アート・ファーマーもベニー・ゴルソンも申し分ありません。

飛行機ジャケに悪いものなし、と言ってもゲッツしか思い出せませんが、このピム・ヤコブスはいいですね。アメリカ的なスウィング感があります。

Archer Thompson の曲はメロディーが出てきませんが、アーヴィング・ヴァーリンや尾崎豊、同名異曲が多いですね。
本日決定!アイ・ラヴ・ユー・ベスト3 (duke)
2017-05-20 10:35:10
今週もコメントをお寄せいただきありがとうございました。

I Love You Best 3

Jackie McLean / Swing Swang Swingin' (Blue Note)
John Coltrane / Lush Life (Prestige)
Hampton Hawes / For Real! (Contemporary )

マクリーンにコルトレーン、そしてホーズ、名盤が並びました。他にもビル・エヴァンスをはじめベニー・グリーン、デューク・ピアソン、ハービー・ハンコック、タル・ファーロウ、アート・ペッパー、ダスコ・ゴイコヴィッチ、スタン・ゲッツ、アート・ファーマー等々、多くの名演が挙がりました。それぞれ愛する人に込めた美しい演奏が聴けます。今宵はお気に入りの「アイ・ラヴ・ユー」をお楽しみください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL