デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

春ソング、今年は Up Jumped Spring で跳ねる

2017-04-30 09:36:56 | Weblog
 ここ札幌も桜が咲き、ようやく春らしくなってきた。春の曲をと思い無料でダウンロードできる「春のスタンダード・ナンバー20曲」を見てみるとゲッツの「It Might As Well Be Spring」をトップにエヴァンス「Spring Is Here」、エラ&ルイの「April In Paris」、ベティ・カーター「Spring Can Really Hang You Up The Most」、ブラウニー「Joy Spring」と誰でもが知っている曲が並ぶ。メロディーが流れるだけで足取りが軽くなる。

 他にもブロッサム・ディアリーの「They Say It's Spring」やデクスター・ゴードン「 I'll Remember April」、ジャズテットの「Younger Than Springtime」、御大エリントンの「Springtime In Africa」という定番が並んだところで、どなたが選曲したのか知らないが、天国に近いスウィートな音楽と言われたガイ・ロンバードの「April Showers」にジャンゴ・ラインハルトの「Swingtime In Springtime」、グレン・ミラーと人気を二分したグレン・グレイの「Suddenly It's Spring」といった咄嗟にメロディーが出てこない地味な曲が入っている。なかなかに渋い。ところがだ、フレディ・ハバードのあれが抜けているではないか。

 そう、「Up Jumped Spring」だ。初演は3管JMの「Three Blind Mice」だが、ハバードのアトランティック移籍第1弾「Backlash」で有名な曲である。多くのカバーがあるが、JMで一緒にプレイしたカーティス・フラーがアルバムタイトルにして取り上げていた。2003年にシカゴ・ジャズ・フェスティヴァルのため滞在中に地元ミュージシャンと録音したものだ。地元といっても侮れない。シカゴに行くならトランぺッターは連れていかなくても大丈夫と言われたブラッド・グッドが参加している。おそらくフラーもグッドとセッションしたかったのだろう。ともにご機嫌なフレーズが飛び出てくる。

 20曲のなかにアート・テイタムが演奏した「Some Other Spring」もあった。アイリーン・キッチングスが書いた曲で、テディ・ウィルソンと離婚したショックも癒えない頃の作と言われている。また、アーサー・ハーゾグが付けた詞をビリー・ホリデイが歌ったことで、歌詞と相俟って暗いイメージがある曲だが、メロディーは意外にもは明るい。「Spring」という単語は知らず知らずのうちに人も空気も明るくする。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

軽音楽の総称がジャズだった時代、ペギー葉山がデビューした

2017-04-23 09:09:48 | Weblog
 昭和22年に創刊されたSJ誌で読者人気投票が始まったのは昭和26年のことだ。女性ボーカルを見てみると26、27年の上位は同じで、1位ナンシー梅木、2位加藤礼子、3位水島早苗と並ぶ。翌28年のトップもナンシー梅木が譲らないが、2位に選ばれたのは今月12日に亡くなったペギー葉山だ。当時、トップバンドの渡辺弘とスター・ダスターズの専属シンガーとして活躍していた。

 レコードデビューは昭和27年で、シャンソン王子と呼ばれたアンドレ・クラヴォーのヒット曲「ドミノ」のカバーである。B面は「Kiss of Fire」で、「火の接吻」という昭和の邦題が付けられていた。SP盤だがこれらの音源はCDで聴ける。当時若干19歳ながら声に伸びがあるし、カバー曲と感じさせない表現力、そして何よりもジャズフィーリングが豊かだ。「ペギー葉山」というのは芸名でなく本名で、アメリカ人の血を引いているのではないかと思ったほどだ。そのセンスの良さが民謡調の「南国土佐を後にして」や溌溂とした青春歌謡「学生時代」、楽しい「ドレミの歌」の大ヒットにつながったといっていい。

 「It's Been A Long Long Time」はデビュー40周年記念アルバムで、矍鑠としたハンク・ジョーンズと並んだペギーの立ち姿が美しい。日本のレスター・ヤングといわれた尾田悟と、ベニー・グッドマンの後継者と呼ばれるケン・ペプロウスキーが参加しているのでグッと厚みが出る。ビッグバンドよりもこの編成の方がノスタルジック感が醸し出されてペギーの声とのバランスがいい。タイトル曲をはじめ「Love Letters」、「All of Me」、「As Time Goes By」、「I'm Beginning To See The Light」というステージで何度も歌ってきたであろう曲はスタンダードというより持ち歌に聴こえる。深みを増した声と磨かれたフレージング、スウィング感、40年のキャリアが詰まっている。

 2014年に「大人の歌ネット」のインタビューで、「今の夢」を聞かれて、「これは、叶えられないとは思いますけど、外国の人とデュエットしたいの。以前、今は亡きハンク・ジョーンズとはね、ジャズのアルバムを出したけれど、向こうの歌い手さんとね…、トニー・ベネットさんなんていいわね(笑)。これは夢よ、そんなことあり得ないんだけど、トニーさんが日本に来た時に、一緒にレコーディングできたらいいなぁってね 」と。夢のデュエットを聴きたかった。享年83歳。合掌。

敬称略
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

暴れる女ドロシー・ドネガン

2017-04-16 09:32:50 | Weblog
 以前、「騒ぐ女ヘイゼル・スコット」のタイトルで女流ピアニストを話題にした。どれほど賑やかなのかは拙稿をご覧いただきたい。今週は彼女の上をいくドロシー・ドネガンだ。唸り声は勿論のこと、ピアノを弾きながら不敵な笑みを浮かべるわ、足はバタバタやるわ、踊るわのアクション系だ。日本にも派手なパフォーマンスをみせる人気ピアニストがいるようだが、そのスタイルの元祖と言っていい。

 エヴァンスのリリシズムやパウエルの閃き、モンクの間こそがジャズピアノの王道であり、わざとらしい奇声を上げたり、軟体動物のようにくねくね動くのはジャズにあらずという風潮が強い日本ではこの手のスタイルは歓迎されない。また、レコード時代に国内盤が出たこともなければ、ビッグネイムとの共演もないので知名度は低い。ところがエンターテイメント性が重要視されるアメリカでは絶賛されているのだ。日本で話題を呼んだのはビル・クリントン大統領が、ドロシーをホワイトハウスに招いたことが伝わった時だ。さすがにペンシルバニア通り1600番地ではマンハッタン52丁目ほど暴れないものの、奇抜であることに変わりない。

 本国の評価を裏付けるように多くの作品がリリースされている。1枚挙げろと言われれば57年の「At The Embers」だ。オスカー・ペティフォードのクレジットもあるトリオで、選曲がいい。「That Old Black Magic」に始まり「Over The Rainbow」、「Sweet Georgia Brown」、「My Funny Valentine」、「Autumn Leaves」、「Lullaby Of Birdland」等、誰もが知っている曲を喜怒哀楽豊かに弾いている。全体にアップテンポで音数も多いが、エロール・ガーナーを思わせるタッチで、バラードもなかなかに聴かせる。パフォーマンスも面白いが、ピアニストとして音だけ聴いても理屈抜きで楽しい。それもジャズなのである。

 このアルバムを選んだのは内容は勿論だがジャケットにある。写真は今年1月20日に亡くなったチャック・スチュワートによるものだ。コルトレーンやドルフィーのジャケットで有名な写真家である。バーカウンターの止まり木にはドラマがある。揃えた靴と脱ぎ捨てた靴。口説く男。そういえば精神分析学者のジークムント・フロイトは靴は女性器の象徴としている。靴を脱ぐという行為は・・・
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

アーサー・ブライスとその時代

2017-04-09 09:46:50 | Weblog
 先月27日に亡くなったアーサー・ブライスを初めて聴いたのはジュリアス・ヘンフィルのフリーダム盤だった。70年代前半のことで、泣く子も黙る攻撃型のフリージャズだ。次がチコ・ハミルトンで、何とこちらは乗ってけサーフィンではなく、翔んでけフュージョンである。混沌としたジャズシーンを生き抜こうとするなら節操、いや幅広くプレイできることが条件だ。ともにジャズ喫茶で1,2度聴いただけだが綺麗なアルトと記憶している。

 広く名前が知られるようになったのはギル・エヴァンスの楽団やジャック・デジョネットのスペシャル・エディションに参加したころだろうか。どちらのバンドでも一際異彩を放っていたが、レコード会社が余程の宣伝費をかけたとみえてジャズジャーナリズムの扱いも大きい。キャノンボール・アダレイが75年に亡くなったので、「キャノンボールの再来」とか、「次代を担う新鋭」等と持ち上げられた。また、メジャーレーベルのCBSと契約したことも人気に拍車をかける。実力は証明済みのアーサーといえど、宣伝力がなければ無名のまま終わったかも知れない。実際、そういうミュージシャンが多いのがジャズ界の現実だ。

 数あるリーダー作からCBS第一弾「In the Tradition」を選んだ。この時30代後半で、それまでのキャリア全てが詰まっている。スタンリー・カウエルとフレッド・ホプキンス、スティーヴ・マッコールのトリオをバックにしたワンホーンなので音色やフレーズが浮き出てくる。ファッツ・ウォーラーの「Jitterbug Waltz」にエリントンの「In A Sentimental Mood」、「Caravan」というアルバムタイトルの如く伝統を重んじた選曲だ。注目すべきは「Naima」である。録音した78年当時、まだ発表されてから20年も経っていない曲だが、コルトレーン以降のサックス奏者にとっては古典という存在なのかも知れない。

 改めてフリージャズからフュージョンまでこなすブライスが共演したミュージシャンや参加したアルバムを調べてみた。先に挙げた他にデヴィッド・マレイ、ジョン・ヒックス、レスター・ボウイ、チコ・フリーマン、ウディ・ショウ、マッコイ・タイナー、ワールド・サキソフォン・カルテット等々、70年代から90年代にかけてシーンを彩った人ばかりだ。下積みが長かったアルト奏者はデビューしてから一度も止まることはなかった。享年76歳。合掌。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

セ・パ両リーグ開幕、負けるなマッケンナ、ハミルトン、ハナ

2017-04-02 09:35:44 | Weblog
 プロ野球ファンが待ちに待った開幕だ。我が贔屓のファイターズは昨年、日本シリーズを制しているので今年は球団初となる連覇が期待される。31日の開幕戦、そして昨日の第2戦とも札幌ドームは満席だった。初戦は落としたものの、昨日はいい勝ち方をしている。栗山監督は、「昨年と同じことをやっていたら連覇なんて無理。進まないといけない」と語っていたが、勝ちにこだわる采配が楽しみだ。

 この時期は野球に因んだ曲やジャケットを話題にするのが恒例で、今年は「No Bass Hit」を選んだ。ガレスピーの「One Bass Hit」やジョン・ルイスの「Two Bass Hit」にヒントを得ているが、これは曲名ではない。メンバーはボールにサインのあるデイヴ・マッケンナとスコット・ハミルトン、ジェイク・ハナの3人である。ジャズファンはそれぞれの楽器を知っているのでピーンとくるが、野球ファンのために説明しておこう。「Bass」は「Base」にかけたもので、このアルバムはベース奏者がいないことからこのタイトルになっている。大先輩の曲にあやかった粋なネーミングである。

 プレイボールは直球ど真ん中勝負の「But Not For Me」だ。スタンダードの玉手箱ともいうべきミュージカル「Girl Crazy」の曲で、他にも「I Got Rhythm」や「Embraceable You」も同ミュージカルで発表されている。1930年当時のガーシュウイン兄弟は泉の如くアイデアが湧き出てきたのだろう。マッケンナの一音に促されるようにゆったりとしたテンポでハミルトンがメロディーを乗せ、倍にテンポを変えるタイミングでハナのブラシが重なる。コンコード・レーベルというと寛ぎの演奏というイメージがあるが、このテーマは緊張感があるし、徐々に熱を帯びてくるアドリブはジャズの王道を行くものである。内容はホームランと言っていい。

 オリジナル・スコアには「悲観的に、やや遅く」とジョージの指示があるように、この曲はタイトルの如くいじけた歌ではあるが、ヴァースに「Dreams come true!」という前向きな歌詞がある。栗山監督の座右の銘は「夢は正夢」だ。ファンの熱い声援がなければ優勝を呼び込むことはできないし、夢が叶うこともない。週末は野球を観ることとジャズを聴く以外、何もしないシーズンが始まった。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

トマトが苦手な大谷翔平選手でもブラッディ・メアリーなら飲めるかもしれない

2017-03-26 09:26:16 | Weblog
 街中の至る所に貼られている2017開幕シリーズのポスターに誘われて、ふらっとファイターズ・ファンが集まるバーに寄った。シーズン中は満席の店も先客は若いカップルだけである。話題の中心は大谷翔平選手だ。女性が「大谷君ってトマト、苦手なんだってー」と。連れの男性が「ブラッディ・マリーなら飲めるかもよ、マスター作ってよ」。シェーカーの音が心地いい。「ブラッディ・メアリーです」と鮮やかな色のカクテルがカウンターにスーッと差し出された。

 「えっ、マリーじゃあないの」「イングランドのメアリー女王に因んでおりますので、メアリーと教わりましたが、勿論マリーでもかまいません」とバーテンダー氏はフォローする。やっかいな「Mary」さんだ。発音は語学の専門家に任せるとして、カタカナ表記はマリーにメアリー、更にメリーもある。有名人は表記が定着しているが、日本にあまり紹介されない人はまちまちだ。「Mary Ann McCall」はレコードが少ないうえ、国内盤もあまり出ないので、ジャズ誌の表記は執筆者によって違う。ここらで統一してはどうだろう。目鼻立ちのしっかりした顔と力強い声からイメージするならメアリーか。

 エサ箱で見付けられず国内初CD化されたときに入手したが、帯にはマリーとある。Regent レーベルの「Easy Living」だ。録音は56年。バックのオーケストラのメンバーが凄い。ジョー・ワイルダーにセルダン・パウエル、ズート・シムズ、ナット・ピアースにウェンデル・マーシャル、ケニー・クラークのクレジットもある。となればアレンジは旦那のアル・コーンだろうって。そう思ったが何とアーニー・ウィルキンスだ。調べてみるとコーンと離婚直後の録音である。落ち込むどころか声に艶も張りもあり、むしろ活き活きとしている。一方、コーンはこの後めっきり髪が薄くなる。女は強い。

 誰が決めたのか知らないが定着した表記は耳慣れているせいもあり、まるで日本語のようにしっくりくる。自らが愛した男たち全員を不幸へと陥れたメアリー・スチュアートがマリーだと悪女に思えないし、マリー・クワントがメリーだとスカートの丈が長くなる。また、メリーさんの羊がメアリーだと語呂が悪くて幼稚園児が舌をかむ。「Mary」さんもカタカナ表記一つで印象が違うが、総じて美人が多い。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズ喫茶御用達ホレス・パーラン

2017-03-19 09:18:00 | Weblog
 「最初は、どうしたら滑らかなフレーズが弾けるのか、それに苦労した。しばらくすると、そんなことに努力をしても無駄なことに気がついた。自分のスタイル、誰の真似でもないスタイル、それを身につけたい。それなら、逆に滑らかでないフレーズとアクセントで自分を表現しようと思った」 小川隆夫著「ブルーノートの真実」(三一書房)に人生哲学ともいえるインタビューの答えが載っている。

 「うちはフリージャズしかかけないよ」とか、「ジャズヴォーカル・オンリーだから」という店は別にして、ジャズ喫茶世代なら通い始めて早いうちに出会うレコードがある。名盤と呼ばれるものは毎日のようにリクエストがあるからだ。この「Us Three」もその1枚で、たとえリクエストがなくてもかかる。大抵の店はオーディオ機器に力を入れているので、自慢のスピーカーを鳴らすためだ。まず背骨がピーンと伸びるような太いベースにやられる。そこにドラムが駆け足でやってくる。そして後頭部にガーンとくるピアノだ。ジャズ喫茶という閉鎖的な空間に緊張が走る瞬間だ。

 そしてただでさえ暗い店を真っ暗にする黒い連打がボディを攻める。初めて聴いた人は必ずといってよいほどレコードプレイヤーを見る。見えない位置にあっても目で追う。もし見えたとしてもカートリッジの先端など見えるはずもないのだが、針飛びしているのではないかと確認したくなるのだ。頻繁にかかるレコードなので、程よく傷がついていて、プチ、バシ、とノイズが入る。うまいことにフレーズの繰り返しの部分にそれが入るものだから針飛びしていると勘違いするのだ。サラ回しや常連客はそんな初心者を通い始めの自分に重ねて温かい目で見ている。

 同書にライオンの言葉があった。「ブルーノートには、同じようなタイプのホレス・シルヴァーやソニー・クラークがいたし、スリー・サウンズのジーン・ハリスもこのタイプだ。常識的に考えれば、この手のピアニストは必要なかった。でも、わたしはパーランのプレイが好きだから、レコードを作り続けた」と。2月23日にハンディを克服したピアニストが亡くなった。享年86歳。1960年に録音された名盤はジャズ喫茶がある限りかかるだろう。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

Mr. 辛島文雄のスピード

2017-03-12 08:54:36 | Weblog
 「俺が理想とするドラマーはトニーとディジョネットだよ」と言ったのは2月24に亡くなった辛島文雄だ。2007年、ライブ終了後の打ち上げで、メンバーの若いベースとドラムを叱咤激励するうち出てきた名前である。1980年から6年間ジャズマシーンに参加していたことからエルヴィンだろうと勝手に決めていたので意外だった。重量感よりスピードを求めていたのかも知れない。

 72年に大徳俊幸の後任としてジョージ大塚のバンドに迎えられたときから注目を浴びたピアニストだ。WHY NOT から出た初リーダー作「ピラニア」は鈴木勲とジミー・ホップスという名手が脇を固め、新人をサポートしていた。それに応える辛島のピアノは鍵盤を壊すかと思うほどエネルギッシュだ。次作はTBMの「ギャザリング」で、こちらは親分のジョージ大塚が参加している。ともにオリジナル曲とスタンダードを程よく配した正統派のピアノトリオだ。録音は75年と77年で、猫も杓子もフュージョンに染まっていた時代にこのスタイルとなれば拍手も大きくなる。

 数あるリーダー作から「It Just Beginning」を選んだ。録音した2003年当時、ベストメンバーといえる井上陽介と奥平真吾がしっかり支えている。トップの「You And The Night And The Music」に「All Of You」、「My Funny Valentine」、「Un Poco Loco」という有名曲をストレートに演奏しているのが実にいい。テーマを大きく崩したり、いきなりアドリブという手法も面白いが、美しいメロディは基本的に美しくというのが持論なのでど真ん中に響く。特に持ち味が出ているのは、コルトレーンがポール・チェンバースに捧げた「Mr.P.C.」で、恐ろしいほどのスピードで一気に攻める。これぞ辛島だ。

 「日本は集合時間に遅れても待ってくれるが、向こうはそうはいかない。遅れたら置いていかれる。知らない町に独りだぜ。それもジャズなんだ。すべからくジャズなんだよ」とエルヴィンのツアーの想い出を話してくれた。本場のジャズはそれだけ厳しいということだ。日常の全てがジャズだったピアニスト。あのスピードをもう一度味わいたかった。あまりに早すぎる。享年68歳。合掌。

敬称略
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・ラ・ランドからスンダード・ナンバーは生まれるか

2017-03-05 09:46:04 | Weblog
 ミュージカルの楽曲を数多く話題にしているが、実のところミュージカルは苦手だ。突然歌い出して踊る理由がよくわからない。映画「ウエスト・サイド物語」はジョージ・チャキリスが恰好良くて最後まで観ることができたが、「マイ・フェア・レディ」はヘプバーンの美しさより眠気のほうが勝った。それでも「ラ・ラ・ランド」はデイミアン・チャゼル監督ときいて早速観た。先週発表になったアカデミー賞で作品賞は逃したものの6部門に輝いた作品だ。

 チャゼル監督の前作「セッション」同様、ジャズファンならニヤリとする。パーカーをはじめマイルス、モンク、ケニー・クラーク等、ジャズマンの名前が出てくるし、「ジャズが死にかけてる」という台詞も泣かせる。更にLAが舞台でライブシーンは「ライトハウス」だ。パシフィック・ジャズと並んで西海岸を代表するレーベル、コンテンポラリーが誕生するきっかけになったのがこのジャズクラブである。ディキシーランド・ジャズ専門レーベル、グッド・タイム・ジャズのオーナー、レスター・ケーニッヒが、ここに通ううちディキシーとは大きく違うモダンジャズの魅力に引き込まれたという。

 レスターが聴いたのはベーシストのハワード・ラムゼイを中心としたジャムセッションだ。アート・ペッパーをはじめハンプトン・ホーズ、バーニー・ケッセル、シェリー・マン等の名手が入れ代わり立ち代わりステージに上がるシーンを想像するだけでワクワクする。写真はタイトル通りラムゼイの6枚目のレコードで、バド・シャンクにコンテ・カンドリ、ボブ・クーパー、フランク・ロソリーノ等、錚々たるメンバーが並ぶ。どのトラックもひねりがあって面白いが、「ラ・ラ・ランド」にピッタリの曲があった。クロード・ウィリアムソンをフューチャーした「Isn't It Romantic」だ。バッキングに徹するラムゼイのビートが心地いい。

 売れない女優とジャズピアニストの恋を描いたミュージカル映画は作曲賞と歌曲賞も受賞した。独立した曲としても完成度が高いので、歌うシーンも退屈しない。レナード・バーンスタインは、「物語が進行した結果、登場人物の心境や感情を歌として表現するのがミュージカルである」と言っている。スタンダード・ナンバーがミュージカルから出てきた理由がこの映画でわかった。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

ベティ・コムデンとアドルフ・グリーンの明るいコンビ

2017-02-26 09:15:10 | Weblog
 「ジュールがまた素晴らしいメロディを書いてくれたんです。それは第二幕の途中で歌うデュエットで、あまりに受けてショウが止まってしまったほどですから。本当ですよ、そんなところでショウを止めてしまうバラードなんて滅多にあるものじゃありませんからね。」と作詞家のベティ・コムデンが絶賛している。村尾陸男著「ジャズ詩大全」(中央アート出版社」から引いた。

 ジュールとはジュール・スタインで、曲は「Make Someone Happy」だ。詞は先のコムデンとアドルフ・グリーンの共作による。1960年のミュージカル「Do Re Mi」のなかの曲というからスタンダード・ナンバーとしては比較的新しいほうになる。「B. Comden-A. Green」のクレジットはよく見るものの咄嗟に曲が出てこない。同書によると53年の「Wonderful Town」、68年「Hallelujah, Baby」、そして70年「Applause」でトニー賞を三度取っているという。また、レナード・バーンスタインと組んだ「On the Town」、 「Do Re Mi」同様スタインと組んだものでは「Peter Pan」というヒット作もある。

 その名コンビの「Make Someone Happy」は、タイトル通り少し落ち込んでいるときに聴くとたちまち幸せになる曲だ。明るい曲を歌うならドリス・デイに限る。ジャケット、アルバムタイトル、「I Want To Be Happy」や「Clap Yo' Hands」といった収録曲、アレンジと指揮はニール・ヘフティ、これだけ揃えば太陽に負けない。滅多に歌われないヴァースを朗読してから、やんわりとテーマに入っていく洒落た仕掛けに唸る。下手なシンガーがこれをやると野暮ったいばかりか曲を壊してしまうが、ドリスが歌うとただでさえ整った曲が一段と格調高くなる。一流シンガーの粋を技をみた。

 作曲家と作詞家のコンビはよくあるが、コムデンとグリーンのような作詞家のコンビは珍しい。それも同級生の女性と男性である。二人の作品を調べてみると作詞の他に、「Singin' in the Rain」や「The Band Wagon」というヒット作の台本も手掛けている。詞も台本も前向きで明るいものばかりだ。気心の知れた男女のコンビだからこそネガティブにならないのだろう。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加