デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

フラン・ウォーレンの恋はどんな味がしたのだろう

2016-09-25 09:20:24 | Weblog
 誰でも一度や二度はあるのが失恋で多くの名言が残されている。文芸評論家の亀井勝一郎は「恋の味を痛烈に味わいたいならば、 それは片思いか失恋する以外にないだろう」と。また、毎日一升瓶を空にするほど酒を愛した歌人の若山牧水は「恋という奴は一度失敗してみるのもいいかも知れぬ、そこで初めて味がつくような気がするね」と。ありきたりの恋愛論は凡人が言うと振られた恨みにしか聞こえないが文人が語ると文学的になる。

 歌も同じでランダムに楽譜集を開くと出てくるのはトーチソングと呼ばれる失恋の歌だ。両者が言う「味」を味わうなら「You Don't Know What Love Is」がいい。「恋の味をご存知ないのね」とお誂え向きの邦題がふられている。♪You don't know what love is Until you've learned the meaning of the blues・・・ブルースの意味がわかるようになるまでは恋のことなんかわからないものよ、というドン・レイの詞はなかなかに哲学的だ。この「the blues」の意味はシンガーや聴き手によって解釈が違うだろう。人生の機微や恋の苦悩、愛の葛藤、官能的なセックス、そして倦怠と嫉妬と憎悪と未練。経験が多いほど歌に深みが増し説得力も大きい。

  この手の歌ならビリー・ホリデイの右に出るものはいないが、ただでさえ落ち込んでいるのにビリーを聴いたら立ち上がれないので、新しい恋の予感がするフラン・ウォーレンを選んでみた。クロード・ソーンヒル楽団の「The Real Birth of the Cool」で美しい高音を響かせていた美人シンガーだ。16歳でエリントン楽団のオーディションに合格、その後アート・ムーニー、ビリー・エクスタイン、チャーリー・バーネットの各楽団を渡り歩きソーンヒルに迎え入れられている。この「Hey There! 」は1957年の録音で、当時31歳ながらキャリアの通り華やかなビッグバンドで酸いも甘いも噛み分けた「the blues」が重く響く。

 ♪And how lips have taste of tears Loose the taste for kissing・・・涙を厭というほど味わった唇はキスの味が判らなくなってしまう。歌詞のこのフレーズは特に情感が籠る。ジャーナリストのドロシー・ディックスは「涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの」と。また「お腹がすいているときにキスがしたい女なんていないわ」とも。失恋した貴女は美味しいものでお腹を満たして周りを見てみよう。もっと素敵な恋の味が広がるかもしれない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズ・ストリートを横切っただけのドン・スリートはアスリートになれなかった

2016-09-18 09:18:49 | Weblog
 おそらくこのドン・スリートの「All Members」を所有されている90パーセントの方はサイドメンに注目しての購入だろう。小生もその一人でこのトランぺッターの名前も知らなかったし、リバーサイドの傍系レーベル、ジャズランド盤だけに本家で売れなかったアルバムを体裁だけ変えての再発盤だと思ったくらいだ。ケニー・ドリューやズート・シムズの再発ものをタイトルとジャケットの違いから別物だと思い飛びついた苦い経験がよぎる。

 ジミー・ヒースとウィントン・ケリーの共演盤といえばタイトル曲が決定的名演として知られる「On the Trail」があるが、これにはトランペットは入っていない。大抵ジミーのセッションは兄弟のパーシーとアルバートなのでロン・カーターとジミー・コブというのも珍しい。ということはスリートのオリジナルになる。経歴を見てみるとドラマーのレニー・マクブラウンのアルバムに参加しているという。ソニー・スティットやブッカー・アーヴィンのバックで叩いていたし、モンクと来日もしているので名前は知っているものの残念ながらリーダー作は聴いていないので、スリートのスタイルも力量も知らない。

 録音は1961年。マイルスが「Someday My Prince Will Come」を発表した年でケリーとコブが参加していた。なるほどマイルスに似ている。マイルスのリズムセクションを使ってそのラインを狙ったふしがある。更に見ての通り、映画俳優のようなルックスだ。録音当時、リバーサイドはチェット・ベイカーと契約が切れているので、イケメン・トランぺッターとして売り出す企画が持ち上がったとしても不思議はない。野次馬的な見方はさておき肝心の演奏だが、このアルバム1枚で消えたのが残念なほど筋が良い。「But Beautiful」のバラード・プレイはコントロールが利いているし高音もよく伸びるし歌心も満点だ。

 女性なら手に取りたくなるジャケットと質の高い演奏でキープニューズの作戦通り好評を博したことだろう。おそらく次はワンホーンでいこうか等のプランもあったのかもしれないが、その後はドラッグのために引退同然となっている。一流になるには高い音楽性は勿論のこと、抜擢された運を切り開く行動力、そしてどん底に落ちても目的を見失わない鋼の意志と這い上がっていく努力が必要だ。マイルスもチェットも麻薬癖から抜け出している。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

新主流派とはボビー・ハッチャーソンのヴァイヴ・スタイルをいう      

2016-09-11 09:18:19 | Weblog
 先週訃報をお伝えしたルディ・ヴァン・ゲルダーのスタジオで1966年に「Happenings」を録音したのは、8月15日に亡くなったボビー・ハッチャーソンだ。ライオネル・ハンプトン、ミルト・ジャクソンに次ぐヴァイヴ奏者の代表作であり新主流派の傑作でもある。日本でリリースされたのは翌年だったろうか。当時のブルーノート盤は直輸入盤で、それに帯と日本語のライナーノートを付けて東芝から発売されていた。

 田舎ゆえ入荷が遅かったがそれでもリアルタイムで聴いたレコードの1枚だ。まだジャズの聴きはじめで50年代のハードバップもそう多く聴いていない耳にもそれは斬新だった。それ以来全部ではないがハッチャーソンの新譜は出ると同時に聴いている。それだけに訃報は一つのジャズの時代、もっと言うなら自分の青春が失われたようで寂しい。足跡を追う如く聴いた1963年の初録音であるマクリーンの「One Step Beyond」、次いで64年のドルフィー「Out to Lunch」、アンドリュー・ヒル「Judgment」という作品群は、モーダルなヴァイヴがひときわ異彩を放っており、ジャズの方向性、またブルーノートの路線までをも示唆している。

 1970年代に入り新主流派ジャズそのものに陰りが見えたころフュージョン的な作品を発表していたが、80年代以降は多くのプレイヤーがそうであったようにストレートにスウィングするアルバムが多くなる。81年にコンテンポラリー・レーベルに吹き込んだ「Solo / Quartet」はタイトルそのままの内容で、A面はヴァイヴの他にマリンバやチャイムを使った多重録音、B面はマッコイ・タイナー、ハービー・ルイス、ビリー・ヒギンスというメンバーで「My Foolish Heart」に「Old Devil Moon」というスタンダードを演奏している。故郷での録音ということもあり古巣のブルーノートよりリラックスしているが高い音楽性は変わらない。

 最初に共演したマクリーンはセシル・テイラーがヴァイヴを叩いようなサウンドだったと絶賛していた。今聴き返しても新鮮なのはそこにある。サイド作を入れるとアルバム数はゆうに60枚を超えるが、新主流派のジャズ・ヴァイヴは生涯変わることはなかった。セシルと同じでスタイルを貫き通した信念のプレイヤーである。新主流派とはボビー・ハッチャーソンのスタイルを言うのかも知れない。享年75歳。次世代のヴァイヴ奏者といわれた人は今もこれからの世代にも名を遺す。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァン・ゲルダーの音、それが本物のジャズの音である

2016-09-04 09:03:00 | Weblog
 去る8月25日に亡くなったルディ・ヴァン・ゲルダーを知ったのはジャズを聴きだしてからしばらく後のことだ。ジャズの音とは迫力があるものだと最初から耳が覚えたこともあり、ミュージシャンの位置やマイクのセッティングで大きく音が変わる技術どころか録音エンジニアの存在すら知らなかった。1970年だったろうかECMというレーベルから出たピアノの音を聴いて愕然とした。クリアだがジャズの音ではない。改めてブルーノート盤のクレジットを見る。

 ジャズの入り口がヴァン・ゲルダーの音でなければこのジャズ地獄に陥ってはいないだろう。蝶が舞う如く華麗な指先でタッツタラタラ~タララ-ンと逞しい音を出すリー・モーガンにバリバリバーンと頭の天辺からつま先まで一気に音が抜けるジョニー・グリフィン、キンコンガキーンカカーンと鍵盤の悲鳴が心地良いソニー・クラーク、ブンブーンブウォーンと大きく絃が撓うポール・チェンバース、そしてアート・ブレイキーのドッドッドーンドッツカーンというナイアガラ瀑布。ソロだけで圧倒されるが、それがアンサンブルで押し寄せてくる迫力ったらとても擬音で表現できるものではない。

 この太い楽器の音はハイグレードなオーディオばかりでなく家庭用の手軽な機器でも体感できる。その秘密はアルフレッド・ライオンが黒人家庭で使っている安い装置でも迫力のある音で聴けるように工夫してほしいという要請があったからだ。ライオンの理念も立派なものだが、それに応えるヴァン・ゲルダーの技術の高さも相当なものといえよう。モンクはスタジオがあった地名に因んで「Hackensack」という曲で稀代の録音技師を讃えている。その日のミュージシャンの体調やライオンの意見を聞きながらテキパキとマイクの位置を決め、スタジオを動き回る様子が伝わってくる曲だ。

 ヴァン・ゲルダーはブルーノートのみならずプレスティッジやサヴォイ、インパルスでも多くの録音を手掛けているので、1950年代から60年代の終わりまでにジャズを聴いた方は間違いなくこのジャズ・サウンズが入り口である。それが最高のジャズの音だとは知らずに聴いていたのだからこんなに恵まれた話はない。ジャズが一番熱かった時代の演奏を活き活きと録ったレコードは永遠の財産だ。享年91歳。RVGの刻印をそっと撫でてみる。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ナンシー・マルコム嬢の弾き語り

2016-08-28 09:50:20 | Weblog
 先週話題にしたクロード・ウィリアムソンの「'Round Midnight」にメル・ルイスが参加している。ルイスといえば40年代後半からボイド・レイバーンやレイ・アンソニー、スタン・ケントンという一流の楽団を渡り歩き、60年代初頭にジェリー・マリガンのコンサート・バンド、次いでモンタレー・ジャズフェスのハウス・ドラマーとして3年間務めたあと65年にはサド・ジョーンズと双頭バンドを結成した。

 ダイナミックなビッグバンド・ドラマーのイメージが強いが、堅実なプレイが要求されるスタジオ・ミュージシャンとしてシェリー・マンほどではないが幾つかのセッションに参加している。ドン・ランディの枯葉、ビル・パーキンスのオン・ステージ、ズート・シムズの「Choice」、ステュ・ウィリアムソンのベツレヘム盤等、地味ながらいぶし銀の味わいがあるレコードばかりだ。そして意外なことに歌伴でも叩いている。スウィング期のビッグバンドであれば専属のシンガーもいるので手慣れたものと思われるが、小編成となると目立ってはいけないし、さりとて控え目では歌が生きてこない。

 ナンシー・マルコム唯一のアルバム「The West Coast of Broadway」にクレジットがあった。このナンシー嬢、本業はピアニストなのでここはピアノ弾き語りで録音されている。歌は付け焼刃的な印象を受けるが、表現力はなかなかのものでクルト・ワイルとアイラ・ガーシュウインの「My Ship」は、小舟に揺られているようで気持ちがいい。声はハスキーで歌い方はクリス・コナーやジューン・クリスティに似たケントン・ガールズ系だ。ジャケット写真通りの清楚な歌とシナトラやジュリー・ロンドン御用達のアル・ヴィオラのギターを引き立てるルイスのブラッシュが小気味良く響く。

 12曲中、「If I Were A Bell」や「Old Devil Moon」等4曲はインストで、ピアニストとしての腕前を披露している。このアルバム1枚しかリリースされなかったのが不思議なくらいセンスがよくアイデアも豊富だ。経歴を見てみるとケントンの紹介でピアノ教師のサム・サックス(Sam Saxe)に2年間師事している。サックスといえばアーノルド・ロスやクロード・ウィリアムソンを育てた人だ。ジャズ界はどこかでつながっている。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

クロード・ウィリアムソンのバップ・ピアノを聴け

2016-08-21 10:01:07 | Weblog
 ECMやヴィーナスといったレーベルのピアノの音が心地良いリスナーは50年代に活躍したピアニストを聴かないようだが、7月16日に亡くなったクロード・ウィリアムソンは白人三大バップ・ピアニストの一人であることを知らない世代にも人気がある。妙中俊哉氏の尽力で15年間のブランクをはさんで77年に復帰したときは、柔なピアノやフュージョンが全盛の時代に新鮮に響いた。

 78年の「クレオパトラの夢」はバド・パウエルを聴いたことがない耳には衝撃だったろう。90年代のヴィーナス・レコードの作品は他のヴィーナス・ピアノ同様、金太郎飴だがそれでもバップのエッセンスを汲み取れる。復帰以降も好評とはいえ、60年代から70年代にかけてジャズ喫茶で過ごしてきた世代にはさすがに物足りない。70年代に50年代の音やスタイルで演奏することは時代遅れであることは確かだし、セールありきのアルバム制作であれば時代の流れに乗るのも致し方ないが、50年代に活躍したバップ・ピアニストだからこそ頑なにそのスタイルを貫いて欲しかった。

 それと言うのもこのベツレヘム盤があまりにも素晴らしいからだ。録音した56年当時、ウエスト最強だったレッド・ミッチェルとメル・ルイスと組んだ作品で、タイトル曲をはじめ「Stella By Starlight」、「Somebody Loves Me」、「The Surrey With The Fringe On Top」、そして「Love Is Here To Stay」、選曲のセンスも光る。非凡なメロディーラインの構築、機知に富んだアドリブ、三人が輪になった統一感、そのどれもが一級品といっていい。誰でもが弾くスタンダードは個性が強く反映されるが、ウィリアムソンの解釈はバップ・ピアニストの誇りがダイレクトに響いてくる。

 かつてウィリアムソンは、「白いパウエル」と揶揄された。おそらく黒人ジャズ至上主義者が言ったのだろう。音楽に限らず芸術は憧れるアーティストを模倣することから始まる。真似だけのプレイヤーは消えてゆくが、そこから自分のスタイルを見付けた人だけが一流になれる。ベツレヘム盤「'Round Midnight」は、ジャズ喫茶でパウエルよりもリクエストが多かった。享年89歳。トリオ名盤は死なず。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤードバード組曲をハービー・マンを聴いてみよう

2016-08-14 09:24:37 | Weblog
 惜しくも第88回アカデミー賞でオスカーを逃したものの作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた作品がある。「ブルックリン」だ。アイルランドからアメリカに移住した少女の揺れ動く心をある時は大胆に、またある時は繊細に描いている。田舎に育った若者なら一度は憧れる都会暮らしの自由と不安、開放と孤独、何の変哲もないごくありふれた物語だが、ラストまで飽きさせない。

 ブルックリンといえばM-BASE派だが、これを話題にするとただでさえアクセス数が少ないブログに閑古鳥が鳴くので今週はブルックリン出身のハービー・マンが登場だ。え!?ジャズロックだのボサノヴァだのフュージョンだのと時流に合わせたスタイルで金儲けしたマンはジャズミュージシャンの風上に置けぬ、という批判があるではないか。確かにそれを指摘されると返す言葉はないが、70年代に大ヒットした「Memphis Underground」からジャズに入った方もいるし、チック・コリアをはじめラリー・コリエル、チャック・レイニーを育てた功績は大きい。

 1962年の「Comin’ Home Baby」のヒット以降、リアル・ジャズ・ファンから白い目で見られているが、50年代はバップ・フルート奏者として素晴らしい作品を残しているのだ。サム・モストと組んだベツレヘム盤や、ボビー・ジャスパーを迎えたプレスティッジ盤、そしてこのサヴォイ盤「Yardbird Suite」はモダン名盤に数えられる。涼しげなフルートの音色とフィル・ウッズの温かみのあるアルト、エディ・コスタの天に抜ける透明なヴァイブ音、ジョー・ピューマの琴線を揺らす爪弾き、録音された1957年はホットな時代だが、クールの趣きもあり楽器の特性を生かした好アルバムだ。

 映画「ブルックリン」では主人公が田舎か都会かを選択する場面があり、ここが見どころになっている。私ならこちらを走る、いや僕ならあちらに行く。つい自分を主人公に重ねてみたくなる作品だ。西か東か、上か下か、前か後ろか、人生は勿論だが日常の些細な事も常に選ばなければ先に進まない。時に選んだ道につまずくことがあっても自分が決断したことは正しい。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

レッキング・クルー・プラス・ジョンソン

2016-08-07 09:34:46 | Weblog
 今年2月から各地で順次上映されている映画「レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち」がようやく札幌で掛かった。60年代から70年代にかけて数多くのヒット曲を手がけたセッション・プレイヤー集団にスポットを当てたドキュメンタリー作品だ。シナトラやプレスリー、ビーチ・ボーイズ、ママス&パパス、サイモン&ガーファンクルらのヒット曲が録音される過程は興味深い。

 レコード・ジャケットに写真がアップされ、テレビで歌うアーティストはスタジオで録音をすることはなく、超が付くテクニックを持ったミュージシャンが代りにプレイをしていた。この驚愕は2009年5月の拙稿で鶴岡雄二さんの著書「急がば廻れ’99」を元に話題にしたが、それを裏付けする内容だ。その影武者の仕事ぶりが凄い。ギタリスト、トミー・テデスコの手帳は早朝から深夜までスタジオの移動だ。ドラマーのハル・ブレインは仕事を受けた数ではなく断った数で人気度がわかるという。女流ベーシストのキャロル・ケイは大統領より稼ぎがあったと豪快に笑っていた。

 クルーのなかに「ピンク・パンサー」のテナー・ソロで有名なプラス・ジョンソンもいる。バップを演奏していたが泣かず飛ばずで縁があってキャピトル・レコードの専属になった。この人も忙しい。キャピトル・タワーと呼ばれる本社ビルに缶詰状態だ。シナトラは勿論のことナット・キング・コールやペギー・リー、ディーン・マーティンといった専属シンガーのほとんどの録音でバックを務めている。59年のリーダー作「This Must Be the Plas」も勿論キャピトルからのリリースで、シンガーが心地よく歌えるイントネーションと間は絶妙だ。「If I Had You」ではバリトンを吹いているのだが、適度な湿り気のある音色はリラックス効果がある。大物シンガーが欲しがるわけだ。

 曲がヒットするにはキャッチーなメロディー、それを歌うシンガーの魅力が不可欠だが、この作品を観るとバックの大きさがよくわかる。特にイントロが重要で、僅か数秒でビルボードにチャートインするか否かが決まる。クルーはそこに持っているアイデアの全てを注ぎ込むのだ。これを知って聴き直してみると目から鱗だ。それ相応のギャラは貰っているとはいえレコードジャケットに一切彼らのクレジットはない。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ウッシッシ、俺はジャズ評論家だったんだよ、はっぱふみふみ

2016-07-31 09:20:52 | Weblog
 今月12日に大橋巨泉さんが亡くなった。「11PM」や「クイズダービー」等のテレビ番組で司会者として活躍された方だ。今年の2月だったか黒柳徹子さんの「徹子の部屋」に奇しくも7月7日に83歳で亡くなった永六輔さんとご一緒に出演されていた。闘病のため少しばかりやつれて見えたが、昔話で盛り上がる声は張りもあり、当時のエピソードを語る口調もしっかりしていただけに残念だ。

 このたびの訃報で巨泉さんがジャズ評論家だったことを知った方もおられるだろう。1960年代は歯に衣着せぬ批評でジャズ誌を賑わしていた。分かりやすい解説も定評があり40年代前半のスウィング末期から50年代のモダン初期に至る過渡期のジャム・セッション形式によるコンボ演奏を「中間派」と名付けのは巨泉さんだ。また。ヴォーカルにも造詣が深く、日本語版ダウン・ビート誌62年2月号では当時の奥様、三宅光子(現・マーサ三宅)さんとご夫婦対談という企画でジューン・クリスティとクリス・コナーを語っていた。ビリー・ホリデイの自伝も油井正一さんと翻訳されている。

 ♪Alone together, beyond the crowd・・・で始まるアーサー・シュワルツとハワード・ディーツの名コンビが書いた「Alone Together」に「ふたりぽっち」という邦題を付けたのも巨泉さんだ。見事なくらいこの邦題がしっくりくる歌詞とメロディーである。多くの名唱からパティー・マクガヴァン唯一のリーダー・アルバム「Wednesday's Child」を選んでみた。消え入るようなフルートにポロンポロンとギターが入るゆったりしたイントロから歌詞をかみしめるように丁寧に歌っている。孤独な二人が一緒にいればこれからの将来、どんなことにも耐えていける・・・大恐慌の風が吹く1932年に作れられた曲ではあるが希望の光がさす。

 ヘレン・メリルの名唱で知られる「You'd Be So Nice To Come Home To」に「帰ってくれたらうれしいわ」という邦題を付けたのも巨泉さんだ。誤訳を指摘する声もあるが、たとえ歌詞の内容と違っていても誰でもが知っている邦題は名訳といえよう。ヘレンのあのジャケットは間違いなくそう歌っているのだから。ジャズをこよなく愛したダンディー大橋巨泉。享年82歳。合掌。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・ピーナッツとあの時代

2016-07-24 09:27:20 | Weblog
 昭和を代表するテレビのバラエティー番組に「シャボン玉ホリデー」がある。放送開始は昭和36年だ。主役は当時ナベプロが売り出していた双子のザ・ピーナッツで、ハナ肇とクレージーキャッツが脇を固めていた。多彩なゲストを交え、歌やトーク、コントという構成はその後の同種の番組のお手本になっている。番組の最後にザ・ピーナッツが歌う「スター・ダスト」でポピュラーソングの魅力に触れた人もいるだろう。

 ザ・ピーナッツの妹の伊藤ユミさんが、5月18日に75歳で亡くなった。姉のエミさんは2012年に亡くなっているので今頃天国で一緒に歌っているのかも知れない。昭和34年に「可愛い花」でレコードデビューしてから引退する昭和50年までトップスターだった。双子ならではのバランスがとれた美しいハーモニーは勿論のこと、歌唱力は今時のぽっと出のアイドルでは足元にも及ばない。また提供される楽曲も洗練されたもので、これも来年になったら忘れられている最近のどれも同じに聴こえる曲とは格段の差がある。半世紀経った今でもザ・ピーナッツのヒット曲が歌い継がれているのはそこにある。

 その実力は海外でも高く評価され、ドイツではEP盤が発売されている。それも1枚や2枚ではない。1964年から68年にかけて8枚もリリースされているのだ。しかもヒット曲にドイツ語の歌詞を付けた安易なものではなく、楽曲はドイツの作曲家のオリジナルであり、バックバンドはドイツの一流ミュージシャンだ。写真はそのEP盤の音源をCD化したもので、日本で録音したドイツ語の曲とドイツの放送で使われた音源も収録されている。ドイツ語の発音はよくわかないが、おそらくネイティブに近いものだろう。日本語、英語、ドイツ語、どの国の言葉で歌ってもあの完璧なハーモニーは変わらない。

 二人が彗星の如く現れた昭和34年は「週刊少年マガジン」と「週刊少年サンデー」が同時創刊された年で、小型車の代名詞となる「ブルーバード」が日産自動車から発売されている。また、第1回レコード大賞が開催された年で、カラーテレビが登場した年でもある。伊藤ユミさんと前後して永六輔さんと大橋巨泉さんも亡くなった。テレビ文化を育てた人たちである。ご冥福をお祈りするとともに昭和の良い時代に生まれたことに感謝したい。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加