デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

ジミー・ヴァン・ヒューゼン、自由の女神像上空をテスト飛行中

2016-06-26 09:20:15 | Weblog
 シナトラお気に入りの作曲家、ジミー・ヴァン・ヒューゼンは戦時中、ロッキードのテストパイロットを副業にしていたそうだ。パイロットがCAを口説くために曲を作る話はありそうだが、作曲家の副業がパイロットとは驚く。それも飛ぶか堕ちるか分からない開発中の戦闘機である。上下にペンを走らせてインクの滑りをみる万年筆の試し書きとは違って、急上昇や急降下を繰り返す危険な仕事だ。

数あるヴァン・ヒューゼンの曲から梅雨時なので、「Here's That Rainy Day」を選んでみた。ミュージカルの挿入歌として1953年に発表されたものだが、そのミュージカルが失敗だったため曲まで忘れられようとしていた。その6年後にシナトラがアルバム「No One Cares」に選曲したことで火が付いた曲である。「All The Things You Are」や「Ev'rytime We Say Goodbye」同様、ミュージカルは大コケだったが曲だけ残ったケースだ。おそらくシナトラが取り上げなければ埋もれたままになっていただろう。ジョニー・バークによる歌詞も素敵だが、何よりもヴァン・ヒューゼンのメロディーはタイトルそのものだ。

 感傷に浸る美しい旋律に惹かれるのかインストも名演が多い。どれを出そうかと迷ったが、丁度ピッタリのジャケットがあった。自由の女神像の上を注意して見てほしい。ほらヴァン・ヒューゼンが飛んでいるではないか。CTIのフレディ・ハバードときいて敬遠される方もおられるようだが、騙されたと思ってこの一曲を聴いてほしい。フリューゲルホーンで淡々と歌う。摩天楼に柔らく降り注ぐ雨が気持ちいい、そう言っているようだ。バックのジョージ・ベンソンがさりげなくサポートするのだが、アスファルトに自然と沁み込む雨粒の如くである。傘をたたんで少しばかり濡れてみようかと思わせるバラード表現だ。

 テストパイロットの件は音楽関係者には内緒にしていた。相棒のバークに「歌が完成しないうちに、墜落して死んでしまうかも知れない作曲家に誰が仕事をくれるんだ」と言っていたそうだ。現在は航空機技術の向上や地上テスト、シミュレーションの導入、無人飛行で危険は減ったが、1950年代はおよそ1週間に1人の割合でテストパイロットが死亡していたという。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

野口久光氏の「Mal 4」評に半世紀後のピアノ・シーンを見た

2016-06-19 09:00:21 | Weblog
 「彼は優れたピアニストであるとともに作曲家としても有能な人物であり、クラシックの素養と作曲家的な才能がピアノ・プレイに独特の風格とスタイルをつくりあげている。非常に黒人的な一面、クラシックのピアニストのような冷晰さがあり、むしろその方に彼の個性を感じさせる。いわゆる表面的な技巧で人を驚かそうとしたり、自己陶酔的なプレイは絶対にしない」。野口久光氏がレコード芸術誌1961年3月号に寄せた新譜月評である。

 この文章だけから推測するならジョン・ルイスを思い浮かべるかもしれないが、「Mal 4」を評したものだ。意外なことに「彼の名を冠した日本での最初のLP」とある。てっきりジャズ喫茶の人気盤である「Left Alone」か、順番に「Mal 1」と思っていたが国内発売の契約や販売戦略があったのだろう。因みにベツレヘム盤は同年の8月に出ている。マル・ウォルドロンの日本デビューといえるこのアルバムだが、ピアニスト及び作曲家としてのマルを聴くならこれがベストといえる。ホーン入りはたとえリーダー作であってもプレスティッジのハウス・ピアニスト感が強いが、このアルバムはトリオだからだ。

 ベースはアートの双子の兄弟であるアディソン・ファーマーに、ドラムは1958年録音当時ナンシー・ウィルソンの旦那だったケニー・デニスという堅実なバックである。オリジナルとスタンダードを程よく配しているので初めてマルを聴こうとする方にも抵抗感はないだろう。自作ではジャッキー・マクリーンに書いた「J.M.'s Dream Doll」が格調高く、クラシックの素養を感じさせる。一方、スタンダードではハロルド・アーレンの「Get Happy」が聴きどころだ。寡黙で陰影に富んだモールス信号的奏法といわれるマルのスタイルだが、ここではアップテンポで畳みかける。ハード・バッパーの主張だろう。

 60年代初頭というとモードやフリー・ジャズが台頭してきた時代だが、野口氏が例える「表面的な技巧」と「自己陶酔的なプレイ」をするピアニストはこの当時見当たらない。今ならテクニックを抜いたらスウィングの欠片も残らないピアニストや、軟体生物のような動きで奇声を上げる自己陶酔型は存在する。野口氏は半世紀先のジャズピアノ・シーンを見据えていたのかも知れない。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ティナ・ルイーズの腕に噛みつきたい

2016-06-12 09:07:23 | Weblog
 女優がヴォーカルのレコードを出すのは珍しくない。余技の域を超えないのがほとんどだが、なかにはその世界でも成功したのではないかと思うほど上手い人もいる。スクリーンで少し名前が売れたころ、映画会社が戦略的にリリースする企画だから大抵は1枚で、多くても2~3枚だ。本分は女優なのでそのアルバムが売れたからといって歌の領分に入ることは滅多にない。

 歌を売るのではなく顔と名前をピーアールする目的なのでジャケットは特に力が入る。チャームポイントや魅力的な肢体を強調したものが多い。ロンダ・フレミングのコロムビア盤が赤髪なら、ピア・アンジェリのルーレット盤は黒髪だ。モーリン・オハラの「Love Letters」は胸で、ミス・ミズーリからハリウッドにスカウトされたトニ・キャロルの「This One Is The Toni」は鍵穴から見える谷間、ジェーン・ラッセルのMGM盤は指、ローラ・オルブライト「Lola Wants You」は肩、イギリスのマリリン・モンローと呼ばれたダイアナ・ドースの「Swingin Dors」は腰、マリー・マクドナルド「The Body Sings」は太腿・・・

 そして腕といえばティナ・ルイーズだ。映画は20本以上の出演作品がありテレビドラマにも出ているので女優として人気があったのだろう。この「It's Time for Tina」はティナの唯一のアルバムで、バディ・ウィードのオーケストラにエリントン楽団にいたこともあるトロンボーン奏者のタイリー・グレンやコールマン・ホーキンスをフューチャーした豪華版だ。「Tonight Is The Night」から「Goodnight,My Love」までストーリー性のある選曲も心憎い。ジャケットそのままの色気を前面に出して歌っているので、「私を抱いてちょうだい」という「Embranceable You」をベッドのなかで聴いたら妄想で爆発するだろう。

 この腕を見たとき室生犀星の「舌を噛み切った女」の一節を想いだした。「その二の腕は噛みつきたいほど、ふくれて白がこぼれた」。街中でノースリーブの女性を見かけるとつい二の腕に目が行く。前を歩いていようものならティナのような腕美人をイメージして犀星が描くエロティシズムに暫し浸ることができる。先を行く女性よ、頼むから後ろを振り向かないでくれ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

レイ・チャールズ楽団にジョニー・コールズがいた

2016-06-05 09:19:49 | Weblog
 40年も前になるだろうか。レイ・チャールズを聴いた。「What'd I Say」や「Unchain My Heart」のEP盤は随分聴き込んだ。幕が上がっていくにつれまず見えたのは金色のハイヒール、そして足、更に脚である。女性コーラス・グループのレイレッツがステージ最前列にいる。フロントに立つだけありスタイルが抜群な美女揃いだ。ドロシー・ダンドリッジとリナ・ホーンとワリス・デイリーとハル・ベリーが並んだと言えば想像が付くだろうか。

 美女を同行して長いツアーに出るとレイやバンドマンと色恋沙汰があっても不思議はないなぁとレイレッツの美脚に見とれながら納得していると、やけに音がでかいトランペットのソロが入った。目を移すと小柄なトランぺッターが鮮やかなソロを取っている。さすがにレイのバンドともなると凄いミュージシャンがいるものだと感心してよく見るとどこかで見た顔だ。そうだスイングジャーナル誌だ。慌ててプログラムを開くと(tp)セクションに「Johnny Coles」の名前があるではないか。ニックネームであるブルーノートのアルバムタイトル通り「Little Johnny C」である。

 「The Warm Sound」は60年代初めにエピックに吹き込んだ初リーダー作だ。ピアノは曲により渡欧する前のケニー・ドリューと黒っぽいランディ・ウェストン、ファイヴ・スポットのハウス・ベーシスト、ペック・モリソンにタイミングの名人チャーリー・パーシップをバックにしたワンホーン作品である。自作曲「Room 3」でみせる作曲能力、訥々とバラードを刻む「Pretty Strange」、躍動感のある「Hi-Fly」に歌心あふれる「Come Rain or Come Shine」、そして特に素晴らしいのはアップテンポの「If I Should Lose You」だ。タイトル通りの歌物だがインストの名演も多い。勿論その一つである。

 リーダー作こそ少ないコールズだが多くのアルバムに参加している。デューク・ピアソンの「Hush!」、ミンガスは「Town Hall Concert」、ハンコック「The Prisoner」、ギル・エヴァンスの「New Bottle Old Wine」・・・ほんの一部に過ぎないが傑作ばかりだ。更に1997年に71歳で亡くなる前年にはジェリ・アレン「Some Aspects of Water」の録音にも呼ばれている。目立たないが絶対に必要なプレイヤーがそこにいた。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ライラックを見ていたらカール・パーキンスのピアノが聴こえた

2016-05-29 09:13:05 | Weblog
 初夏の訪れを告げるイベント、さっぽろライラックまつりが開かれている。会場の大通公園にはワインガーデンやとうきびワゴンも用意され、爽やかな陽射しを浴びながら飲食や散策を楽しめる。清々しい空気を待ちわびていたかのように一斉に咲いたライラックの香りに包まれると美しいメロディーが浮かぶのだろうか。ピーター・デローズは「Lilacs In The Rain」を書いている。

 この曲をピアノでじっくりと歌い上げたのはカール・パーキンスだ。バラードにおける豊かな表現力、「Woody 'N You」でみせる力強さ、自作曲「Carl's Blues」のブルージーさ、初リーダー作とは思えないほど完成度が高い。パーキンスといえばマックス・ローチとクリフォード・ブラウンの「In Concert」をはじめ、一度は縫いぐるみになりたいと思うチェット・ベイカーとアート・ペッパーの「Playboys」、ジャケ買いの筆頭「You Get More Bounce with Curtis Counce」等々、名立たるウエストコーストのアルバムでお馴染だ。29歳の若さで亡くなっているので活動期間は短いが録音は多い。そして、そのどれもが素晴らしい。

 インディアナポリス時代からの幼馴染みだったベーシストのリロイ・ヴィネガーが、ロバート・ゴードン著「ジャズ・ウェスト・コースト」で述べている。「一緒に演奏するタイプのミュージシャン、つまり相手の頭のなかに響いている音を演奏できるミュージシャンなんだ・・・だから彼は『リズム・セクション・ピアニスト』と呼ばれたのさ。カールのようなタイム感覚を持った奴が、ベーシストにはいちばん大事なんだ」と。左腕の障害を克服した独自の奏法は度々語られても、何故多くのピアニストがいるウエストで引っ張りだこだったのか記されているものはなかったので目からうろこだ。

 親友を亡くしたヴィネガーは「For Carl」という曲を捧げている。自身も「Leroy Walks Again」で取り上げているが、決定的名演はフィニアス・ニューボーンJr.の「World of Piano」だ。追悼曲といえばゴルソンが書いた「I Remember Clifford」はバラードの傑作として知られるが、「For Carl」はリズミカルで尚且つ美しい。恋人を想って書く曲は美しいに決まっているが、ときに愛情より友情が上回ることもある。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズ喫茶「JAMAICA」のジャズ・メッセージ

2016-05-22 09:28:43 | Weblog
 札幌、というより日本を代表するジャズ喫茶の老舗「JAMAICA」のマスター、樋口重光さんが5月12日に亡くなられた。札幌のジャズの親父であり師匠でもあった人で、多くの方がこの店に通いハードバップの洗礼を受けている。高校や大学の授業をサボって、JBLパラゴンから流れるファンキーな音に酔いしれ、かかったレコードをノートに書きとめ、マスターから人生を学んだ方もおられるだろう。

 開店は1961年なので今年は55年目にあたる。ジャズ喫茶がピークだった70年前後は、ここ札幌にも「Act」をはじめ「Ayler」、「B♭」、「ニカ」等々、多くの店があったが今でも現役なのは奥様と娘さんが店を守っている「JAMAICA」と「BOSSA」くらいなものだろうか。レコードからCDに変わり、ジャズを聴く若者が減り、ジャズ喫茶文化が衰退した今でも頑固なまでにジャズの扉を開けているのは頼もしい。樋口さんはジャズの生き字引で、聴いたレコードの量は勿論のこと、多くのジャズメンを見ており親交も深い。1966年のコルトレーン来日公演も聴いている。

 店に行った方ならアート・ブレイキーのサインが入った「A Jazz Message」が飾られているのをご存知だろう。JMとブルーノートのイメージが強いブレイキーだが、こちらはインパルス盤でソニー・スティット、マッコイ・タイナー、アート・デイヴィスと組んだワンホーン・セッションだ。組み合わせの妙はボブ・シールの得意とするところで、普段顔合わせがないミュージシャンだけにJMとは異質な緊張感が生まれる。名プロデューサーの狙いは当たった。余談ながらブレイキーのドラムは一聴でそれと分かるので、ブラインド・クイズによく出される。JMのイメージで聴くからなかなか当てられない仕掛けだ。

 ブルーのジャケットの余白には友愛の意味を込めて「FORGET ME NOT」と力強く書かれている。マスターがブレイキーと酒を酌み交わしたときにサインをいただいたという。半世紀以上に亘り「JAMAICA」から発せられたジャズ・メッセージは扉を開けた一人一人に伝わり、ジャズをこよなく愛した札幌のジャズ・マスターを忘れることはないだろう。享年78歳。合掌。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

アーネスティン・アンダーソンとコンコードに乗って

2016-05-15 09:26:07 | Weblog
 クインシー・ジョーンズの自叙伝にジェローム・リチャードソンの回想が綴られている。「ジミー・スコットは体重がせいぜい100ポンドの小男だったが・・・彼は身長が6フィートもあるメンバーと喧嘩をし、勇敢にも立ち向かっていこうとした。みかねた女性シンガーのアーネスティン・アンダーソンが相手の男を説得し、一歩手前で事なきを得たこともある」と。ライオネル・ハンプトン楽団にいたころの話だ。

 この3人が参加していたのは1952年前後で、クインシーのほかにもアル・グレイ、ジミー・クリーヴランド、クリフォード・ブラウン、ウエス・モンゴメリー、ファッツ・ナヴァロ、ジジ・グライス、アート・ファーマー、チャールズ・ミンガス、フィニアス・ニューボーンJr.といった将来ジャズシーンを牽引していくジャズ・ジャイアンツが一時的に在籍している。何とも豪華だ。皆中退だがジャズの東大といったところか。喧嘩を仲裁したアンダーソンはツアーやギャラの問題でメンバーの出入りが激しいバンドをまとめる姉御肌だったのだろう。今年3月10日に87歳で亡くなっているので、当時まだ20代前半だ。

 1956年にスウェーデンのメトロノームに吹き込んだ「It's Time For Ernestine」で脚光を浴び、マーキュリーから数枚リリースしたあとイギリスに渡っている。名前も忘れかけていた1976年に、コンコード・ジャズ・フェスティバルに出演して健在ぶりを示した。この後空白を埋めるようにコンコードから続々とリリースする。勿論、スウィンギーでブルージーな歌声は昔のままだ。「Live From Concord To London」は、先に挙げたジャズフェスとロンドンのロニー・スコッツ・クラブのライブを収録したもので完全復帰を決定付けたアルバムである。何度も歌ってきたであろう「Love For Sale」が収めれているが、これが酸いも甘いも噛み分けた熟女の解釈だ。素晴らしい。

 アンダーソンは世代的にはエラ、サラ、カーメンの次世代として将来を嘱望されていたが、当時の多くのジャズシンガーがそうであったようにロックの隆盛で仕事がなくなっていく。また、スコットはレコード会社との契約のもつれから音楽活動ができなくなった。ともにブランクを乗り越えてシーンにカムバックしている。復帰後の活躍はご存知の通りだ。本物とはブランクの間も練習を怠らない人を言う。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ドルフィーと百年の孤独とマルケスと

2016-05-08 08:58:42 | Weblog
 週末いつものように「DAY BY DAY」のカウンターに座ると、「お預かりしております」と一目でボトルとわかる紙袋が置かれた。ファンからの贈り物は珍しくないがどなただろう?以前住んでいた道東のジャズ仲間だ。ご家族で週初めに来店されたという。そういえば息子さんが札幌に就職したことを年賀状に添え書きされていたのを思い出した。しばらくお会いしていないが、電話口の声は今も変わらない。

 麦焼酎の「百年の孤独」である。これは嬉しい。薄い琥珀色で何年も寝かしたウイスキーのような深い味だ。プレミアが付いているので簡単に入手できない逸品である。ジャズファン、それもドルフィー・ファンならレコードの横にボトルを飾っているかもしれない。ラベルに「When you hear music ,after it's over, it's gone in the air. You can never capture it again」が刷られている。そう、あの「Last Date」の最後の曲「Miss Ann」のあとに収録されているドルフィーの肉声だ。録音に先立つ4月にミヒャエル・デロイターのインタヴューに答えた言葉だが、この1964年6月2日の録音から27日後に帰らぬ人となったので意味深い。

 バックはミッシャ・メンゲルベルクにジャックス・スコールズ、ハン・ベニンクというオランダを代表するジャズマンで、ドルフィーが引っ張る形で実力以上のものを出している。ヨーロッパのプレイヤーはアメリカと比べると数段も落ちると言われているが、ビッグネイムと共演することで鼓舞されそれがいい演奏につながっていく。アルバムはまずバス・クラリネットではじまる。モンクとケニー・クラークが1942年に共作した「Epistrophy」だ。ユーモラスでひょうきん、尚且つリズミカルなテーマはモンクならではの作風で、それを理解しているサイドメンとドルフィーのセッションは極上のものとなった。

 「百年の孤独」というネーミングは、1982年にノーベル文学賞を受賞したコロンビアの作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの同名小説に由来する。20世紀文学の最高傑作のひとつと言われている作品で、無人島の1冊に挙げる人も多い。ドルフィーの深いバスクラの音色に包まれながら琥珀色のグラスを傾け、ページを開く。連休の喧騒のあと、孤独に浸るのも乙なものだ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

こどもの日に聴くトニー・オルテガ

2016-05-01 09:25:52 | Weblog
 拉致監禁という閉塞的なテーマは気が乗らず、予告編もさほどインパクトがなかったのでパスしようと思っていたが、映画通の知人が褒めていたので映画館に足を運んだ。ブリー・ラーソンがアカデミー賞主演女優賞を初ノミネートで受賞した「ルーム」である。監禁からの脱出劇ではあるが、その後の社会復帰までのプロセスを子どもの視点から描いたヒューマン・ドラマの傑作といっていい。

 見るもの触るもの何にでも興味を示すのが子どもで、そんな写真を使ったジャケットはトニー・オルテガの「Jazz for Young Moderns」だ。知名度の低いオルテガだが、まずレコード棚を見てみよう。ライオネル・ハンプトンにディジー・ガレスピー、メイナード・ファーガソン、クインシー・ジョーンズ、ドン・エリス、ネルソン・リドル、ジェラルド・ウィルソンのビッグバンドが1枚はあるだろう。パーソネルをじっくり見てほしい。(alto sax,tenor sax, clarinet, flute)の一つか全部が記載されているのがTony Ortegaだ。これらの楽器を完全に吹けるマルチリード奏者ゆえどの楽団も欲しがったのだろう。

 マルのレフト・アローンが3000枚、ズートのダウン・ホームが1000枚、ジス・イズ・クリスが500枚売れても、このアルバムは1枚しか売れないほど地味なベツレヘム盤だ。だがメンバーは凄い。アート・ファーマーをはじめジミー・クリーヴランド、ボビー・ティモンズにエド・シグペンという名手揃いで、アレンジはナット・ピアースとボブ・シープだ。「Ghost of a Chance」を聴いてみよう。このアレンジはシープで、原メロディーを生かしながらモダンな味付けをしているので全く違う曲に聴こえるほど斬新だ。オルテガが最も得意とするアルトをフューチャーしておりビッグバンドから抜け出てくる音は力強い。

 「ルーム」は解放された子どもが初めて目にする外の世界を素晴らしいカメラアングルでとらえている。大きく広がった景色に驚きながらも、環境を受け入れて成長していく少年の背中は大きかった。来る5日はこどもの日である。この日ぐらいは子どもの目線で考え見て触れてみよう。この楽器はどうして音が出るのだろうと・・・忘れていたものが見つかるかも知れない。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーノートのグラント・グリーン

2016-04-24 09:35:01 | Weblog
 そこにジャズの神様がいたとしか思えない出会いがある。例えばキャノンボール・アダレイとウェス・モンゴメリー。キャノンボールがツアー中、インディアナポリスでギグがはねたあと地元のジャズクラブを訪れたとき聴いたのがウェスだ。そのテクニックに驚いて早速、親分のオリン・キープニュースに「ビッグニュースでっせ」と電話をする。地方で羽目を外して女遊びにでも興じていたならウェスのデビューはなかったかも知れない。

 同じくギタリスト、グラント・グリーンをセントルイスで聴いたのはルー・ドナルドソンで、「グリーンを元気よく走り回っている若獅子です」とライオンに紹介する。粒立ちのシングルトーンに魅せれたライオンは、ブルーノートのオールスターを次から次へと組み合わせてレコーディングをはじめた。リーダー作だけでも20枚近くあるし、恩人のルーはもとよりハンク・モブレイ、リー・モーガン、ハービー・ハンコック、親戚でも何でもないがドド・グリーンのヴォーカルにも参加している。ブルーノートというレーベル自体駄作はないが、グリーンの参加アルバムも然りだ。

 数あるグリーンの作品中一番売れたのは、一般受けするジャケットと当時の大ヒット曲をタイトルにした「I Want to Hold Your Hand」と思われる。売るためのタイトル曲はともかく、「Speak Low」や「Stella By Starlight」というスタンダード中心の選曲と、曲によりモブレイも入っているがオルガンのコルトレーンとも称されたラリー・ヤングとエルヴィン・ジョーンズの参加はソウル系が苦手なジャズファンも納得の1枚といえるだろう。ベストトラックは「This Could Be The Start Of Something Big」で、軽快ながらブルージーなギター、オルガン、ドラムという編成の妙を味わえる。

 方やオクターブ奏法、方や甘美なシングルトーンでジャズギター界を牽引した二人だが、後期は同じような道を辿った。「California Dreaming」に「A Day In The Life」、「Main Attraction」に「Easy」とイージーリスニング・ジャズに路線変更したことで、リヴァーサイドやブルーノートのファンからそっぽを向かれる。一方、理屈抜きで楽しい作品からジャズに入った人もいるだろう。ともに間口を広げた偉大なギタリストである。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加