デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

酉年にマリアンのマイルストーンズを聴く

2017-01-15 09:17:48 | Weblog
 アドリブの如く閃きで書いていると言えば格好良いが、実のところ行き当たりばったりの思い付きでアップしている。とはいえ四季の移ろいや行事は念頭にあり、年頭は干支を話題にするのが常だ。酉年といえばまずパーカーで、デヴィッド・ストーン・マーチンの秀逸なデザイン「With Strings」が浮かぶ。これをネタにと思っていたら何と「傷だらけのあいつ」のMINGUS54 さんが大晦日にトリの出し物としてトリ上げているではないか。おまけに暮れだけにクレフ盤だ。

 更に追い打ちをかけるように元旦にいただいた年賀状にもしっかりプリントされていた。ならば昨年「DAY BY DAY」で飲んだときにチェンバースかラファロかと話題に出たハンプトン・ホーズの「Bird Song」が浮かんだが生憎不吉なブラックバードだ。やはり新年は白い鳥に限る。白と言えばデッカの動物シリーズにフラミンゴがある。バリー・ガルブレイスの優しいギターが琴線を揺らすレコードだが、bassclef さんが元旦早々「夢見るレコード」で話題にされていた。こちらは酉年にかけたものではないが、リンクしているサイトから新年早々ネタを拝借するのも気が引ける。

 では、マリアン・マクパートランドの「Interplay」でいこう。オリジナルはマリアン自身のレーベル「Halcyon」だが、ジャケットはMPS盤のほうが断然いい。但しセンターラベルはレーベル名のカワセミをデザインした洒落たもので、こちらはMPSを上回る。リンク・ミリマンのベースとデュオなのでマリアンの繊細で品のあるピアノを聴くなら最高の編成だ。どのトラックも工夫があり面白いが、マイルスの「Milestones」が特にいい。小鳥のさえずりを思わせる無邪気なシングルトーンから大空を自在に飛び回る躍動感のあるアドリブに持っていく展開は英国から米国に渡ったマリアンの心情を映しているようにも聴こえる。

 自分の干支以外は年賀状の時期に知る程度だが、酉年は取り込むにつながり運気やお客を呼ぶという。それにあやかって今年はジャズリスナーが増え、人通りの少ないジャズブログも賑わってほしいものだ。今年も何が飛び出すか見当も付かないアドリブ帖ではあるが、ジャズの魅力を広く深く紹介するスタイルは変わらない。トリ留めのない話ばかりだと閑古鳥が鳴くかもしれないので、飛ぶ鳥を落とす勢いで書いてみよう。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーノート盤に着物美人登場

2017-01-08 08:50:55 | Weblog
 山崎貴監督の映画「海賊とよばれた男」が話題になっている。VFXや主演の岡田准一の特殊メイクが素晴らしいという。そうと聞くと直ぐにでも観たいのだが、本屋大賞を受賞した百田尚樹の原作本を読んでいる最中だ。読んでから観るか、観てから読むか、そんなフレーズが頭をよぎる。出光興産が大企業にまで成長する過程を描いたもので、創業者の出光佐三をモデルにしている。

 出光から「sunrise」、「sunrise」から「The World Is Waiting for the Sunrise」か「Softly, as in a Morning Sunrise」と思ったのだが、ここはホレス・シルヴァーの「The Tokyo Blues」を取り出した。先に挙げた曲も新年に相応しいが、この着物のジャケットも正月らしい。録音は1962年7月だが、この歳の正月に初来日している。正月尽くしだ。日本の印象を音で表現したアルバムで、タイトルもジャケットも徹底して日本というのが嬉しい。向かって左側の美しい女性をご存知だろうか。佐三氏の娘、出光真子さんである。撮影された場所はニューヨークの日本庭園で、留学中にシルヴァーと知り合った真子さんに白羽の矢が立ったようだ。

 来日時によく耳にした言葉を曲名にしており、「Too Much Sake 」に始まり「Sayonara Blues」、タイトル曲「The Tokyo Blues」、「Cherry Blossom」、「Ah! So」で終わる。タイトルの背景はジャーナリストの川畑篤彦氏のライナーノーツを参照していただくとして曲調はこれぞファンキーというものばかりだ。来日時と同じメンバーの録音ということも手伝って、酒、サヨナラ、東京、桜、あっそうという日本人がいつも耳にしている言葉のイメージがそのままに曲になっている。シルヴァーから見た初めての日本の印象が日本のジャズリスナーと重なるのはジャズという共通語によるものだろう。

 ピーター・T・リーソンの著書に「海賊の経済学」(NTT出版)がある。海賊という例を用いてインセンティブをはじめプリンシパル・エージェント問題、ガバナンス問題、フリーライダー問題等々、経済学の概念を説いている。これらの問題解決の糸口をつかみ、大損をしても社員を見捨てることがなかった出光佐三は、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のモデルになった寛容で慈悲深い海賊ジョン・ラカムに重なる。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

SWING 2017

2017-01-01 08:57:31 | Weblog
 明けましておめでとうございます。ジャズ史に残る名盤から愛すべきB級盤まで幅広く話題にしてきた拙稿も早いもので12年目に入りました。開設したころは手軽に投稿できるブログがブームでしたのでジャズを紹介するサイトも多数ありましたが、年々減少しております。ジャズ人口が減ったのも一因でしょう。そんな中これだけ長く続けられたのは毎週多くの方にご訪問いただき、マイナーなネタにもかかわらずコメントをいただけたからです。

 福笑いジャケットは正月恒例になりましたが、今年はコルトレーンの「Live at the Village Vanguard Again」を拝借しました。赤いマフラーが似合うのは華麗なブラッシュワークでグルーヴな空間を創り出す佐々木慶一さんです。私の横にいる美女は昨年の春に福岡から修業に来たシンガーのSATOMIさんです。札幌の空気に馴染み、今ではススキノのため息と呼ばれております。その隣はギタリストの志藤奨さんです。一歩下がっておりますが、日毎に磨かれるフレーズは前面に出ております。そして、エロティックなビートで女性客を虜にするのはこのジャケットを制作したベーシストの鈴木由一さんです。私がこよなく愛するジャズスポット「DAY BY DAY」の素敵なメンバーです。

 コルトレーンがこのジャズの聖地ともいうべきクラブで録音したのは1961年でした。それから5年の歳月を経て再びステージに立ちましたので「Again」が付いておりますが、全く違うコンセプトのバンドがそこにおります。コルトレーンが内なる宇宙を探求した時期で、盟友のマッコイとエルヴィンばかりかファンまでもが離れていきました。一方でコルトレーンの新世界やフリージャズに共感する方に支持されました。ジャズは偉大なイノベーターがシーンをリードすることで変化を遂げてきました。また変わらぬスタイルを貫くことで伝統を守ってきました。そのバランスが保たれているのもジャズの魅力の一つでしょう。

 今年も名盤を中心に埋もれたミュージシャンや忘れられた曲も話題にしていきますので、昨年同様ご愛読いただければ幸いです。コメント欄はベスト3企画を立てておりますが、この1枚、あの曲等、ベストにかかわらず気になったことがあればコメントをお寄せください。また、ジャズに関するご質問、ご感想もお待ちしております。アクセス数は勿論ですが、コメント欄が賑わうことで成立するブログですので、今年もよろしくお願いします。
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

暮れにクレオ・レーンを聴く

2016-12-25 09:23:09 | Weblog
 思いつくままにジャズ雑感を綴ってきたブログも今年の最終稿を迎えました。11年目も毎週欠かさず更新できたのは、いつもご覧いただている皆様のおかげです。コメント欄は毎週ベスト3企画を立てておりますが、500稿以上も書いておりますとスタンダードはほとんど出尽くしました。回を重ねるごとにマイナーな選曲になってきましたが、音源が少ないなか聴き比べてコメント欄を賑わしていただけるのは大変嬉しいことです。

 今年は個人的には良い一年でした。黒岩静枝さんを中心に「DAY BY DAY」の仲間たちと札幌ドームで夏に宴会も兼ねて日本ハム・ファイターズを応援するのですが、今年の参加者は過去最高の12人で大いに盛り上がり、試合も延長の末サヨナラ勝ちでした。幹事冥利に尽きます。その甲斐もあり日本一になりました。また、11月には毎年札幌にお越しくださる長野のazumino さん、12月には北海道を初めて訪れた鹿児島のMINGUS54 さんとお会いすることができました。短い時間でしたが、小生の根城でライブを楽しみながら、心行くまでジャズを語り合いました。ブログを通して知り合ったジャズ仲間との交流は至福のひと時です。

 最終はエリントン・ナンバーを歌ったクレオ・レーンを選びました。クラシックからポピュラー、ジャズまで八面六臂の活躍で知られるイギリスのシンガーです。バックはマーサ率いるデューク・エリントン楽団で、編曲は夫君のジョン・ダンクワースです。アルバムタイトルの「Solitude」をはじめ「Sophisticated Lady」、「Come Sunday」等、凛としたクレオらしい選曲です。孤高、洗練、敬虔という言葉がそれぞれの曲に当てはまりますが、この格調の高さがエリントンの音楽です。これに強力なスウィングがプラスされて最高のジャズになるのです。ジャズ芸術とはこれを言うのでしょう。

 クレオの「月に憑かれたピエロ」やレイ・チャールズと共演した「ポーギーとベス」からこの「Solitude」、クラシックやポピュラー音楽を愛する方がクレオを聴くことによってエリントンの音楽に触れ、そこからジャズへと更に世界が広がるかも知れません。来年も幅広くジャズの魅力を伝えていきますので、引き続きご愛読頂ければ幸いです。毎週ご覧いただいた皆様、そしてコメントをお寄せくださった皆様、今年一年本当にありがとうございました。

九拝
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

貴方はこのピアノがわかるか、ブラインドの戦い

2016-12-18 09:21:56 | Weblog
 ジャズ喫茶全盛の70年代前後に各店で月に一度くらいのペースでブラインドが開かれていた。正確には「blind fold test」で、レコードをかけてサックスなりピアノなりのプレイヤーを当てるクイズだ。当時SJ誌にジャズ喫茶告知板というコーナーがあり、そこに情報が載ったのだが、耳が良い強者がその日だけ集まってきて景品を独り占めするので常連向けに小さな紙を店内に掲示するようになった。

 店によって違うが三問ほどで、解答用紙にわかった時点で書き込みカウンターに出す方式が多い。先着順なのでソロが出てこないうちに推測して出す人もいる。聴き込んでいるレコードならそれで当てることもできるが、出題者も然るもので滅多にかからないレコードで似たようなスタイルのプレイヤーを選んでくるのでそんなに簡単ではない。景品はレコード会社のスポンサーが付くときは新譜の見本盤や店のコーヒー・チケットである。参加料は飲み物代だけなので気軽に楽しめる遊びとはいえ当てれば尊敬の眼差しで拍手が送られるが、外せば鼻で笑われるので一音も聴き逃すまいと真剣だ。

 とうに店の名前は忘れてしまったが問題はピアノを当てるもので、クレジット通り正確に書けという注文が付けられた。曲は「ジェリコの戦い」でヴァイヴがメインのようだ。ソロも出てこないうちテーマを聴くなり自信ありげにさっさと書いて出す人がいたのには驚いた。ヴァイヴのソロに次いでピアノが出てくる。バップスタイルで少々荒っぽい。同じフレーズの繰り返しが入る。悩むうち演奏は終わり、数名が解答を出す。そのなかに「Alice McLeod」と正解を出した人がいた。ソロも聴かないうちに出した方の答えは「Alice Coltrane」である。常連客らしき出題者が、正確に書けと言った意味がよくわかった。

 当時は聴き込みが足りなくてブラインドで外しまくったが、それでも下手な鉄砲で二、三度コーヒー券を貰ったことがある。ブラインドは例えばこのレコードの場合、ピアノはわからなくてもヴァイヴ奏者から手繰る方法がある。正解を出すためには一番は耳だが、誰が誰と共演しているという知識も助けになる。コルトレーンならマル、ガーランド、フラナガン・・・アリスといった具合だ。あれから40年、SJ誌で知識量も増え、多少耳も鍛えられたが、今は目が薄くなり耳が遠くなった。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーに生まれついたチェット・ベイカーがバードランドで見たもの

2016-12-11 09:21:02 | Weblog
 「俺とマイルス、どっちが好き?」とファンに聞く。「ブルーに生まれついて」のワンシーンで、俺とはチェット・ベイカーだ。話題の映画は多くのレヴューがネットを賑わしているので、内容はそちらをご覧いただきたい。また、ベイカーとその音楽、ジャズと麻薬は研究し尽くされているので、こちらも文献を参照してほしい。こう言ってしまうと書くことがなくなりそうだが、いい作品はどのアングルから見ても楽しめる。

 これから鑑賞する方のためにネタバレしない程度に書こう。まず映画なので史実と違うところがある。映画「セッション」のようにこの点を指摘する輩がいたら無視してほしい。映画なので美化されたり誇張するのは当然だ。次にバードランドに始まりバードランドで終わる。ブレイキーのライブ盤等でお馴染のジャズクラブだが、このステージに立つ意味は実に大きい。そしてパシフィック・ジャズの社長リチャード・ボックが出てくる。ここではディックの愛称で呼ばれているボックの器の大きさも見逃せない。小さなレコード会社をウエストコーストの名門レーベルに育てただけのことはある。

 タイトルの「Born to Be Blue」は、1947年にメル・トーメが友人のドラマー、ロバート・ウェルズと共作したもので、日本ではトーメ本人のものよりヘレン・メリルで有名な歌だ。歌詞の内容はネットで紹介されているので省くが、ベイカーが歌ったのはライムライト盤に収録されている。度重なるドラッグ問題でヨーロッパに逃げたものの、そこでも一悶着あり、結局60年代初めに本国に戻る。この「Baby Breeze」は少しばかり落ち着いた65年に録音されたものだ。「A Taste of Honey」の作者として名高いボビー・スコットのキンキンしたピアノと憂鬱そうなベイカーの声が重なり、映画同様ブルーな空気が漂う。

 この映画はR-15指定されている。性描写より麻薬を打つシーンが検閲にかかったと思われるが、会話も過激だ。ベイカーは自分を監視する保護観察官に「あんたのような人がビリー・ホリデイを殺した」と言う。差別問題をえぐっている。マイルスの「女と金のために演奏しているヤツは信用しない」は問題ないとして、「バカな白人女にジャズがわかるか」は時代が時代ならR-18指定、いやカットされたかも知れない。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

10億円当たったら街のうわさになるだろうか

2016-12-04 09:03:04 | Weblog
 ファイターズ日本一セールもピークを過ぎたころ、地下街の一角に長蛇の列が出来ていた。何だろう?化粧品のサンプルでも配っているのだろうか?男性もいるから違う。ベタ踏み坂だか乃木坂だかの握手会か?年寄りもいるのでこれも違う。中国人の爆買いか?割り込みをする人がいないのでマナーの良い日本人だ。先を進むと宝くじ売り場があった。そういえば高額当選が出た所だ。前後賞合わせて10億円の幟が立っている。

 金さえあれば女だってどうにでもできるはどこかで聞いた暴言だが、誰でも欲しいのが金でニカ夫人の「ジャズ・ミュージシャン 3つの願い」でも圧倒的に「Money」が多い。フィリー・ジョー・ジョーンズとチャーリー・パーシップは「Money,money,money!」と答えたが、コールマン・ホーキンスは三つ目に「To be extremely rich」と寄せている。大金持ち願望とはいえ健康、成功の次なので控え目だ。答えたのは60年代初頭だから69年に肺炎で亡くなる数年前になる。健康に不安を抱えていたのだろうか。音楽的にはテナーサックスの父と呼ばれていたので成功したと思うが、願望の一つに挙げるところをみると物足りなかったのかもしれない。

 ホーキンスの名演というと真っ先に出てくるのは1939年の「Body And Soul」だろう。ダンス音楽としてのジャズを聴かせる音楽に変革した作品で、サックス奏者ばかりか楽器を問わず多くのジャズプレイヤーにメロディ解釈の手本とされている。そして、45年にキャピトルに吹き込んだ「It's The Talk Of The Town」はバラード解釈の最良の教科書としてサックス奏者はまずこれを聴き、学ぶところから出発する。さぁ、演ろうかとサー・チャールズ・トンプソンのイントロに促されて吹きだす一音にまずやられる。デンジル・ベストもさり気なく鼓舞しているのもこれが名演と呼ばれる所以だ。ベストのベストといったところか。

 買わなければ当たらないのが宝くじなので年に数度は買うことにしている。確率からいうと何時何処で買っても同じと思うのだが、どうせ買うなら大安吉日に高額当選が出た場所へと足が向く。そんな日の夢の売り場は件の横目に見た行列だ。札幌市の人口は約200万人でジャンボ宝くじの当選確率は1000万分の1、ということは・・・もし当たったら・・・並びながら胸算用をしていると外国の格言を思い出した。The lottery is a tax on people who flunked math・・・宝くじは数学を落第した人への税金だ。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

The Lonesome Traveler on the Train

2016-11-27 09:08:36 | Weblog
 「ガール・オン・ザ・トレイン」という映画を観た。ポーラ・ホーキンズという作家は知らないが、書店に原作本がうず高く積まれていたのを覚えている。「女性向けのサスペンス小説、大ベストセラー」と恋愛もののような可愛らしい文字のポップが付いていた。さすがに本は手に取る気にならないが、映画となれば興味がわく。タイトルからは行く先を決めず傷心の旅に出る若い女性をイメージするが、大人の男女6人が織りなす愛憎劇で、現実と妄想、現在と過去が入り交ざるスリリングな展開だ。

 映画のタイトルがアルバム・タイトルでも何ら違和感がないジャケットがあった。レイ・ブライアントの「Lonesome Traveler」だ。ブライアントといえばピアノトリオの傑作として知られる1957年のプレスティッジ盤や、幻の名盤と騒がれた59年のシグネイチャー「Plays」、コロムビアの「Little Susie」等で特に日本でも人気のあるピアニストだが、60年代はほとんど話題にならない。レコードも出しているのだが、「Sue」と「Cadet」という地味なレーベルのため輸入盤も入ってこなければ、日本盤が出るケースも少なかった。また、ビッグネイムとの共演も65年のロリンズ「on Impulse」1枚にとどまっている。

 そんな不遇の60年代でもこのアルバムはジャズ喫茶で人気があった。カデットの前作「Gotta Travel On」あたりからジャズロックだのコマーシャルだのと批判もされていたが、芸術としてのジャズ論を離れるといつの時代もリズミカルなものが受け入れられるし、ナンシー・シナトラの大ヒット曲「にくい貴方」という選曲もセールを伸ばすためには仕方がない。クラーク・テリーとスヌーキー・ヤングが参加しているもののホーンアンサンブルだけでソロを聴かれないのは少々不満が残るが、ブライアントのピアノはいつもながらに明朗快活だ。自作曲「Cubano Chant」の輝きが72年のモントルーの大抜擢につながっているのを聴き逃してはならない。

 この映画、主要な登場人物は6人なのだが、展開が早くて相関図が分かりにくいのが難だ。それを見越しているのかチラシに関係が詳しく解説されている。原作を読んでいない方は事前に調べてから観ると謎解きが早いだろう。勿論いきなり映画館に入っても楽しめる。チラシに「初めて体験する衝撃のラストに激震」とある。推理できてもモヤモヤしたままでもラストは戦慄する。げに女は恐ろしい。 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

クイーンのブルー・アンド・センチメンタルを聴いてみよう

2016-11-20 08:30:12 | Weblog
 宮崎正弘著「ウォール街 凄腕の男たち」(世界文化社)に、「10年後大統領選へ挑戦か?」のタイトルでドナルド・トランプ氏が紹介されている。発刊された1989年当時から大統領という目論見があったようだ。同書ではアメリカン・ドリームの体現者として不動産ビジネスの戦略を分析しているが、いわゆる仕手戦の名人でユナイテッド航空やホテル・チェーンのホリディ、百貨店フェデレイテッド等、売り抜けるタイミングの巧みさは舌を巻く。

 さて、トランプといえばドナルド違いでバードの「Royal Flush」にマル・ウォルドロン「The Dealers」、ウェス・モンゴメリー「Full House」、キャンディーズの「ハートのエースが出てこない」と何枚か思いつくが、選挙中から美貌の娘イヴァンカが話題になっていたので、クイーンのジャケットを選んだ。フランシス・ウェインの「The Warm Sound」だ。40年代にチャーリー・バーネットやウディ・ハーマンのファースト・ハードで活躍したシンガーで、この時代の楽団専属歌手が誰でもがそうであったようにスケールは大きい。ベイシー楽団の初期の作編曲家というよりもバットマンのテーマ曲で有名なニール・ヘフティの奥方でもある。

 エピックやコーラルにもアルバムがあるが、このアトランティック盤がベストだ。プロデュースは旦那だけありハンク・ジョーンズをはじめビリー・バターフィールド、ジェローム・リチャードソ、ン、アービー・グリーン、アル・コーンという歌伴の名手を揃えている。しかもメンバーを変えて2回のセッションだ。スタンダード中心の選曲で特にいいのが「Blue And Sentimental」だ。1938年にベイシーとジェリー・リヴィングストンが作曲したもので、当時はハーシャル・エバンスのテナーをフューチャーして大ヒットした。美しいメロディーにマック・デヴィッドが歌詞を付けたのは9年後のことだが意外にもヴォーカルは少ない。それだけにフランシスとヘフティの選曲眼が光る。

 同書で「ドナルド・トランプは、日本の対米投資の変化をいち早くかぎとり、日本のマネーを狙って次の手を打ってくるであろう」と結んでいる。経済と政治は別物だが手強い相手には違いない。選挙中の発言がそのまま政策になるとは考えにくいが、日米同盟、TPP、対ロシア等、どんなカードを突きつけてくるのだろうか。先日の安倍首相とトランプ氏の初会談で日米の信頼がより厚くなることを期待している。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ジュニア・クックのサーキュレーション・ブリージングに息が止まった

2016-11-13 18:22:46 | Weblog
 1961年の正月にアート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズが来日した。蕎麦屋の出前持ちがモーニンを口笛で吹いていたという伝説も生まれたファンキーブームの到来である。フロントにモーガンとショーター、ティモンズとジミー・メリットがバックという豪華メンバーだ。次の来日は63年で、このときモーガンに変わって先週話題にした「Big Apples」に参加しているフレディ・ハバードが初来日している。

 そのハバードを最初に聴いたのは72年のこと。ジュニア・クック、ジョージ・ケーブルス、ベースにAlejandro Scaron、レニー・ホワイトを引き連れてバンドリーダーとしての公演だ。ハバードの艶やかな音とキレのあるフレーズに唸ったものだが、この日一番衝撃を受けたのはクックのプレイである。B級だの、垂れ流しだの、閃きがないだのと散々酷評されてきたテナー奏者だ。ホーレス・シルバーのレコードで聴く限りブルー・ミッチェルといいコンビだが、決して先を行くプレイではない。その印象で生に接したものだから座席から飛び上がるほど驚いた。まず音がデカい。指の動きが華麗だ。

 そして、息継ぎなしで長いフレーズを吹くサーキュレーション・ブリージングに圧倒された。生を聴いて知ったテクニックだ。シルバーの元を離れてからも引っ張りだこで多くのレコーディングにクレジットされるとともにリーダー作も何枚か吹き込んでいる。そのなかから1988年のスティープルチェイス盤「The Place To Be」を選んだ。ミッキー・タッカー、ウェイン・ドッカリー、リロイ・ウイリアムズという名手をバックに悠々と吹いている。特に「Over The Rainbow」がいい。美しいメロディーだけで成立している曲はたとえアドリブの素材に選んだとしてもメロディーを大きく崩さないのがルールである。そしてアドリブも美しなければ曲が生きてこない。

 ブレイキーと入れ替わるように62年の正月にシルバーが初来日した。勿論クックがフロントだ。このライブの音源は残されていないが、72年のようにクックはステージであるったけのテクニックを披露したことだろう。当時観た方は小生同様、レコードとはイメージが違う演奏に驚いたことと思われる。クックの生を知る人はクックを高く評価するだろう。クックを貶す人がいれば生を聴いてから語れと言う。
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加