デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

ザ・ピーナッツとあの時代

2016-07-24 09:27:20 | Weblog
 昭和を代表するテレビのバラエティー番組に「シャボン玉ホリデー」がある。放送開始は昭和36年だ。主役は当時ナベプロが売り出していた双子のザ・ピーナッツで、ハナ肇とクレージーキャッツが脇を固めていた。多彩なゲストを交え、歌やトーク、コントという構成はその後の同種の番組のお手本になっている。番組の最後にザ・ピーナッツが歌う「スター・ダスト」でポピュラーソングの魅力に触れた人もいるだろう。

 ザ・ピーナッツの妹の伊藤ユミさんが、5月18日に75歳で亡くなった。姉のエミさんは2012年に亡くなっているので今頃天国で一緒に歌っているのかも知れない。昭和34年に「可愛い花」でレコードデビューしてから引退する昭和50年までトップスターだった。双子ならではのバランスがとれた美しいハーモニーは勿論のこと、歌唱力は今時のぽっと出のアイドルでは足元にも及ばない。また提供される楽曲も洗練されたもので、これも来年になったら忘れられている最近のどれも同じに聴こえる曲とは格段の差がある。半世紀経った今でもザ・ピーナッツのヒット曲が歌い継がれているのはそこにある。

 その実力は海外でも高く評価され、ドイツではEP盤が発売されている。それも1枚や2枚ではない。1964年から68年にかけて8枚もリリースされているのだ。しかもヒット曲にドイツ語の歌詞を付けた安易なものではなく、楽曲はドイツの作曲家のオリジナルであり、バックバンドはドイツの一流ミュージシャンだ。写真はそのEP盤の音源をCD化したもので、日本で録音したドイツ語の曲とドイツの放送で使われた音源も収録されている。ドイツ語の発音はよくわかないが、おそらくネイティブに近いものだろう。日本語、英語、ドイツ語、どの国の言葉で歌ってもあの完璧なハーモニーは変わらない。

 二人が彗星の如く現れた昭和34年は「週刊少年マガジン」と「週刊少年サンデー」が同時創刊された年で、小型車の代名詞となる「ブルーバード」が日産自動車から発売されている。また、第1回レコード大賞が開催された年で、カラーテレビが登場した年でもある。伊藤ユミさんと前後して永六輔さんと大橋巨泉さんも亡くなった。テレビ文化を育てた人たちである。ご冥福をお祈りするとともに昭和の良い時代に生まれたことに感謝したい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ジェレミー・スタイグ、横浜に眠る

2016-07-17 09:24:07 | Weblog
            
 フルート奏者のジェレミー・スタイグが今年4月13日に亡くなっていたのを知った。その訃報記事によると奥様は日本人で横浜に住み、最近は演奏活動よりも父親ウィリアム・スタイグから引き継いだ絵の才能をいかし、デジタル絵本を制作していたという。因みに父君は有名なイラストレイターで、エピック盤のレスター・ヤングやジョニー・ホッジス、チュー・ベリーのジャケットを手掛けている。

音量がないこともありフルートはジャズの主流楽器ではないが、サクソフォーン奏者がビッグバンドに入団する時はクラリネットと合わせて持ち替えで吹けなければ雇ってもらえなかった。多彩な音を必要とするビッグバンドでは曲やアレンジによっては必要な楽器だったのだろう。1950年代に兼任だったフルートを専業にしたのはハービー・マンで、そのあと60年代に現れたのがスタイグだ。スタイグは事故で唇半分の筋肉の自由を失いながらも独自のマウスピースを使い独特の吹き方をする。鋭く突きぬける高音や息漏れのような濁った音は本来フルートが持つ美しい音色には程遠いが一番ジャズらしい音といえる。

 70年代はジャズよりロック、フュージョンの世界で活躍したスタイグだが、69年にビル・エヴァンスと共演した「What's New」は強烈な1枚だ。アルバムタイトル曲をはじめ「Lover Man」、「Autumn Leaves」、「So What」とニヤリとする曲が並ぶが、何といってもトップに収めれている「Straight No Chaser」に尽きる。数あるモンク・ナンバーでも「'Round About Midnight」と並ぶ人気曲だ。速いテンポでテーマを提示するスタイグに絡むエヴァンス、そして強靭なゴメスのベース、ゾクゾクする出だしである。そして後半の呻き声のようなソロとエンディングの息漏れまで一気に聴かせる。まさに喉が焼けるような熱いストレートだ。

 サックス奏者があふれているので目立つためにフルートに特化したのがハービー・マンだが、結果としてフルートが独立したジャズ楽器であることを証明した。それをジャズ芸術の域にまで高めたのはエリック・ドルフィーだ。そしてジェレミー・スタイグはジャズ楽器としてのフルートの魅力を引き出し、面白さを伝えた人である。スタイグを聴いてフルートの虜になり楽器を手にした人は数知れない。享年73歳。合掌。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ひまわりに囲まれたジャッキー・バイアード

2016-07-10 09:30:31 | Weblog
 2週に亘って雨の曲を話題にしたので今週はジャケットもタイトルも飛び切りの晴れを持ってきた。インドか南米のような色使いでジャズのレコードにはみえないが、間違いなくジャズだ。ではレーベルは?チープだがサヴォイにしては派手すぎる。超マイナーレーベルならマニア向けにジャズらしさを出す。セール優先のメジャーではあり得ない。え!まさかジャズ専門レーベル?

 そうです。プレスティッジ盤です。「Trombone by Three」とかマイルスの「Cookin' 」、ガーランドの「Groovy」といった秀逸なデザインもあるが、プレスティッジのジャケットといえばただ顔を正面にドーンと置いたものが多い。それも自然なアングルではなく、ハーイ撮りますよポーズだ。なかにはジョニー・ハモンド・スミスの「Cooks With Gator Tail」のように、顔も忘れた黒ベタもある。そんなレーベルだけにひまわりに囲まれたジャッキー・バイアードはおどろおどろしい。ジャケットで売れるとは思えないが、もしジャケ買いするとすればゴッホかヴィットリオ・デ・シーカか伊藤咲子のファンだろう。

 デザインは冴えないが3大レーベルとしてジャズ史に名を残しているだけあり内容は傑作揃いだ。「Sunshine Of My Soul」は数あるバイアードのリーダー作でもベストと言える。ベースはオーネット・コールマンと死闘を繰り広げてきたデヴィッド・アイゼンソンに、ドラムは1967年録音当時、親分コルトレーンを失って自分の進む道を模索していたエルヴィン・ジョーンズだ。「St. Louis Blues」、この一曲に異色の組み合わせの妙が詰まっている。モード或いはフリージャズの現場で揉まれてきた3人だけにスタンダードの解釈やアプローチは違うが、ブルースというベーシックな柱は同じなのだ。

 今日は、黒岩静枝さんを中心にバンドメンバー、カウンター常連組、総勢12人のデイ・バイ・デイ・オールスターズで日本ハム・ファイターズを応援する日だ。勝てば球団タイ記録の14連勝、更に北海道に移転してからのホーム勝ち星500勝もかかっているメモリアルなゲームでもある。試合前に屋台が並ぶ札幌ドームのオープンテラスで宴会をするのも楽しみの一つだ。晴れることを期待して「Sunshine」を選んだが、雲が厚く予報によると雨だという。メンバーのなかに雨女か雨男がいるらしい
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

ナンシー・ウィルソンの飛行機が遅れた

2016-07-03 09:21:45 | Weblog
 ♪Maybe I should have saved Those left over dreams Funny But here's that rainy day・・・おや?えっ!先週話題にした「Here's That Rainy Day」を続けてかい?いよいよ認知症か?いや、昨夜の酒の肴は忘れていても、今食事したことは覚えているので大丈夫だ。ではネタ切れかと言われそうだが、梅雨のない北海道なのに6月の雨天は例年の3倍だという。ならば物はついでということもあるし、カラッと晴れる期待もある。

 今週は作詞家のジョニー・バークに焦点を当ててみよう。バークは生涯400曲以上の詞を書いているが、絶頂期はジミー・ヴァン・ヒューゼンとコンビを組んでいたころだろう。「Polkadots And Moonbeams」をはじめ「Swinging On A Star」、「Like Someone In Love」、「It Could Happen To You」、「But Beautiful」等、大スタンダードが並ぶ。そしてコンビ最後の作品となったのが1953年に書いた「Here's That Rainy Day」だ。バークが健康を害したため仕事をキャンセルしたとされるが、この曲を使ったミュージカルが大失敗のためコンビを解消したのかも知れない。

 数あるヴォーカルだが、先週ハバードだったので当然ナンシー・ウィルソンだ。キャノンボールなら共演もしているが・・・何故って?時は小雨降る1972年10月25日、場所は芝郵便貯金ホール。前半ハバードの演奏が終わったところでアナウンスが入る。飛行機の到着が遅れておりますので暫くお待ちください。1時間、いやそれ以上待ったかもしれない。帰った人もいるくらいだ。漸く幕が開いた。レコードで聴いたあの美声がホールいっぱいに広がる。バックは原信夫とシャープ&フラッツ。事前に曲順と譜面は送られてきているとはいえ完璧だ。当然音合わせもしていないだろう。日米トップのビッグバンドとシンガーを見た。

 バークは2年ほど休んだ1955年にエロール・ガーナーの「Misty」に歌詞を付けている。「Look at me」で歌いだすあの名詞だ。ガーナーの情景を描写した感性豊かなメロディーも感涙ものだが、それに加えて初めての恋にとまどう少女の心情を映した歌詞が愛らしい。56年に映画「The Vagabond King」の仕事を最後にハリウッドを去り、ニューヨークで余生を過ごし、64年に55歳で亡くなっている。最期は雨があがり、霧も晴れたことだろう。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ジミー・ヴァン・ヒューゼン、自由の女神像上空をテスト飛行中

2016-06-26 09:20:15 | Weblog
 シナトラお気に入りの作曲家、ジミー・ヴァン・ヒューゼンは戦時中、ロッキードのテストパイロットを副業にしていたそうだ。パイロットがCAを口説くために曲を作る話はありそうだが、作曲家の副業がパイロットとは驚く。それも飛ぶか堕ちるか分からない開発中の戦闘機である。上下にペンを走らせてインクの滑りをみる万年筆の試し書きとは違って、急上昇や急降下を繰り返す危険な仕事だ。

数あるヴァン・ヒューゼンの曲から梅雨時なので、「Here's That Rainy Day」を選んでみた。ミュージカルの挿入歌として1953年に発表されたものだが、そのミュージカルが失敗だったため曲まで忘れられようとしていた。その6年後にシナトラがアルバム「No One Cares」に選曲したことで火が付いた曲である。「All The Things You Are」や「Ev'rytime We Say Goodbye」同様、ミュージカルは大コケだったが曲だけ残ったケースだ。おそらくシナトラが取り上げなければ埋もれたままになっていただろう。ジョニー・バークによる歌詞も素敵だが、何よりもヴァン・ヒューゼンのメロディーはタイトルそのものだ。

 感傷に浸る美しい旋律に惹かれるのかインストも名演が多い。どれを出そうかと迷ったが、丁度ピッタリのジャケットがあった。自由の女神像の上を注意して見てほしい。ほらヴァン・ヒューゼンが飛んでいるではないか。CTIのフレディ・ハバードときいて敬遠される方もおられるようだが、騙されたと思ってこの一曲を聴いてほしい。フリューゲルホーンで淡々と歌う。摩天楼に柔らく降り注ぐ雨が気持ちいい、そう言っているようだ。バックのジョージ・ベンソンがさりげなくサポートするのだが、アスファルトに自然と沁み込む雨粒の如くである。傘をたたんで少しばかり濡れてみようかと思わせるバラード表現だ。

 テストパイロットの件は音楽関係者には内緒にしていた。相棒のバークに「歌が完成しないうちに、墜落して死んでしまうかも知れない作曲家に誰が仕事をくれるんだ」と言っていたそうだ。現在は航空機技術の向上や地上テスト、シミュレーションの導入、無人飛行で危険は減ったが、1950年代はおよそ1週間に1人の割合でテストパイロットが死亡していたという。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

野口久光氏の「Mal 4」評に半世紀後のピアノ・シーンを見た

2016-06-19 09:00:21 | Weblog
 「彼は優れたピアニストであるとともに作曲家としても有能な人物であり、クラシックの素養と作曲家的な才能がピアノ・プレイに独特の風格とスタイルをつくりあげている。非常に黒人的な一面、クラシックのピアニストのような冷晰さがあり、むしろその方に彼の個性を感じさせる。いわゆる表面的な技巧で人を驚かそうとしたり、自己陶酔的なプレイは絶対にしない」。野口久光氏がレコード芸術誌1961年3月号に寄せた新譜月評である。

 この文章だけから推測するならジョン・ルイスを思い浮かべるかもしれないが、「Mal 4」を評したものだ。意外なことに「彼の名を冠した日本での最初のLP」とある。てっきりジャズ喫茶の人気盤である「Left Alone」か、順番に「Mal 1」と思っていたが国内発売の契約や販売戦略があったのだろう。因みにベツレヘム盤は同年の8月に出ている。マル・ウォルドロンの日本デビューといえるこのアルバムだが、ピアニスト及び作曲家としてのマルを聴くならこれがベストといえる。ホーン入りはたとえリーダー作であってもプレスティッジのハウス・ピアニスト感が強いが、このアルバムはトリオだからだ。

 ベースはアートの双子の兄弟であるアディソン・ファーマーに、ドラムは1958年録音当時ナンシー・ウィルソンの旦那だったケニー・デニスという堅実なバックである。オリジナルとスタンダードを程よく配しているので初めてマルを聴こうとする方にも抵抗感はないだろう。自作ではジャッキー・マクリーンに書いた「J.M.'s Dream Doll」が格調高く、クラシックの素養を感じさせる。一方、スタンダードではハロルド・アーレンの「Get Happy」が聴きどころだ。寡黙で陰影に富んだモールス信号的奏法といわれるマルのスタイルだが、ここではアップテンポで畳みかける。ハード・バッパーの主張だろう。

 60年代初頭というとモードやフリー・ジャズが台頭してきた時代だが、野口氏が例える「表面的な技巧」と「自己陶酔的なプレイ」をするピアニストはこの当時見当たらない。今ならテクニックを抜いたらスウィングの欠片も残らないピアニストや、軟体生物のような動きで奇声を上げる自己陶酔型は存在する。野口氏は半世紀先のジャズピアノ・シーンを見据えていたのかも知れない。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ティナ・ルイーズの腕に噛みつきたい

2016-06-12 09:07:23 | Weblog
 女優がヴォーカルのレコードを出すのは珍しくない。余技の域を超えないのがほとんどだが、なかにはその世界でも成功したのではないかと思うほど上手い人もいる。スクリーンで少し名前が売れたころ、映画会社が戦略的にリリースする企画だから大抵は1枚で、多くても2~3枚だ。本分は女優なのでそのアルバムが売れたからといって歌の領分に入ることは滅多にない。

 歌を売るのではなく顔と名前をピーアールする目的なのでジャケットは特に力が入る。チャームポイントや魅力的な肢体を強調したものが多い。ロンダ・フレミングのコロムビア盤が赤髪なら、ピア・アンジェリのルーレット盤は黒髪だ。モーリン・オハラの「Love Letters」は胸で、ミス・ミズーリからハリウッドにスカウトされたトニ・キャロルの「This One Is The Toni」は鍵穴から見える谷間、ジェーン・ラッセルのMGM盤は指、ローラ・オルブライト「Lola Wants You」は肩、イギリスのマリリン・モンローと呼ばれたダイアナ・ドースの「Swingin Dors」は腰、マリー・マクドナルド「The Body Sings」は太腿・・・

 そして腕といえばティナ・ルイーズだ。映画は20本以上の出演作品がありテレビドラマにも出ているので女優として人気があったのだろう。この「It's Time for Tina」はティナの唯一のアルバムで、バディ・ウィードのオーケストラにエリントン楽団にいたこともあるトロンボーン奏者のタイリー・グレンやコールマン・ホーキンスをフューチャーした豪華版だ。「Tonight Is The Night」から「Goodnight,My Love」までストーリー性のある選曲も心憎い。ジャケットそのままの色気を前面に出して歌っているので、「私を抱いてちょうだい」という「Embranceable You」をベッドのなかで聴いたら妄想で爆発するだろう。

 この腕を見たとき室生犀星の「舌を噛み切った女」の一節を想いだした。「その二の腕は噛みつきたいほど、ふくれて白がこぼれた」。街中でノースリーブの女性を見かけるとつい二の腕に目が行く。前を歩いていようものならティナのような腕美人をイメージして犀星が描くエロティシズムに暫し浸ることができる。先を行く女性よ、頼むから後ろを振り向かないでくれ。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

レイ・チャールズ楽団にジョニー・コールズがいた

2016-06-05 09:19:49 | Weblog
 40年も前になるだろうか。レイ・チャールズを聴いた。「What'd I Say」や「Unchain My Heart」のEP盤は随分聴き込んだ。幕が上がっていくにつれまず見えたのは金色のハイヒール、そして足、更に脚である。女性コーラス・グループのレイレッツがステージ最前列にいる。フロントに立つだけありスタイルが抜群な美女揃いだ。ドロシー・ダンドリッジとリナ・ホーンとワリス・デイリーとハル・ベリーが並んだと言えば想像が付くだろうか。

 美女を同行して長いツアーに出るとレイやバンドマンと色恋沙汰があっても不思議はないなぁとレイレッツの美脚に見とれながら納得していると、やけに音がでかいトランペットのソロが入った。目を移すと小柄なトランぺッターが鮮やかなソロを取っている。さすがにレイのバンドともなると凄いミュージシャンがいるものだと感心してよく見るとどこかで見た顔だ。そうだスイングジャーナル誌だ。慌ててプログラムを開くと(tp)セクションに「Johnny Coles」の名前があるではないか。ニックネームであるブルーノートのアルバムタイトル通り「Little Johnny C」である。

 「The Warm Sound」は60年代初めにエピックに吹き込んだ初リーダー作だ。ピアノは曲により渡欧する前のケニー・ドリューと黒っぽいランディ・ウェストン、ファイヴ・スポットのハウス・ベーシスト、ペック・モリソンにタイミングの名人チャーリー・パーシップをバックにしたワンホーン作品である。自作曲「Room 3」でみせる作曲能力、訥々とバラードを刻む「Pretty Strange」、躍動感のある「Hi-Fly」に歌心あふれる「Come Rain or Come Shine」、そして特に素晴らしいのはアップテンポの「If I Should Lose You」だ。タイトル通りの歌物だがインストの名演も多い。勿論その一つである。

 リーダー作こそ少ないコールズだが多くのアルバムに参加している。デューク・ピアソンの「Hush!」、ミンガスは「Town Hall Concert」、ハンコック「The Prisoner」、ギル・エヴァンスの「New Bottle Old Wine」・・・ほんの一部に過ぎないが傑作ばかりだ。更に1997年に71歳で亡くなる前年にはジェリ・アレン「Some Aspects of Water」の録音にも呼ばれている。目立たないが絶対に必要なプレイヤーがそこにいた。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ライラックを見ていたらカール・パーキンスのピアノが聴こえた

2016-05-29 09:13:05 | Weblog
 初夏の訪れを告げるイベント、さっぽろライラックまつりが開かれている。会場の大通公園にはワインガーデンやとうきびワゴンも用意され、爽やかな陽射しを浴びながら飲食や散策を楽しめる。清々しい空気を待ちわびていたかのように一斉に咲いたライラックの香りに包まれると美しいメロディーが浮かぶのだろうか。ピーター・デローズは「Lilacs In The Rain」を書いている。

 この曲をピアノでじっくりと歌い上げたのはカール・パーキンスだ。バラードにおける豊かな表現力、「Woody 'N You」でみせる力強さ、自作曲「Carl's Blues」のブルージーさ、初リーダー作とは思えないほど完成度が高い。パーキンスといえばマックス・ローチとクリフォード・ブラウンの「In Concert」をはじめ、一度は縫いぐるみになりたいと思うチェット・ベイカーとアート・ペッパーの「Playboys」、ジャケ買いの筆頭「You Get More Bounce with Curtis Counce」等々、名立たるウエストコーストのアルバムでお馴染だ。29歳の若さで亡くなっているので活動期間は短いが録音は多い。そして、そのどれもが素晴らしい。

 インディアナポリス時代からの幼馴染みだったベーシストのリロイ・ヴィネガーが、ロバート・ゴードン著「ジャズ・ウェスト・コースト」で述べている。「一緒に演奏するタイプのミュージシャン、つまり相手の頭のなかに響いている音を演奏できるミュージシャンなんだ・・・だから彼は『リズム・セクション・ピアニスト』と呼ばれたのさ。カールのようなタイム感覚を持った奴が、ベーシストにはいちばん大事なんだ」と。左腕の障害を克服した独自の奏法は度々語られても、何故多くのピアニストがいるウエストで引っ張りだこだったのか記されているものはなかったので目からうろこだ。

 親友を亡くしたヴィネガーは「For Carl」という曲を捧げている。自身も「Leroy Walks Again」で取り上げているが、決定的名演はフィニアス・ニューボーンJr.の「World of Piano」だ。追悼曲といえばゴルソンが書いた「I Remember Clifford」はバラードの傑作として知られるが、「For Carl」はリズミカルで尚且つ美しい。恋人を想って書く曲は美しいに決まっているが、ときに愛情より友情が上回ることもある。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズ喫茶「JAMAICA」のジャズ・メッセージ

2016-05-22 09:28:43 | Weblog
 札幌、というより日本を代表するジャズ喫茶の老舗「JAMAICA」のマスター、樋口重光さんが5月12日に亡くなられた。札幌のジャズの親父であり師匠でもあった人で、多くの方がこの店に通いハードバップの洗礼を受けている。高校や大学の授業をサボって、JBLパラゴンから流れるファンキーな音に酔いしれ、かかったレコードをノートに書きとめ、マスターから人生を学んだ方もおられるだろう。

 開店は1961年なので今年は55年目にあたる。ジャズ喫茶がピークだった70年前後は、ここ札幌にも「Act」をはじめ「Ayler」、「B♭」、「ニカ」等々、多くの店があったが今でも現役なのは奥様と娘さんが店を守っている「JAMAICA」と「BOSSA」くらいなものだろうか。レコードからCDに変わり、ジャズを聴く若者が減り、ジャズ喫茶文化が衰退した今でも頑固なまでにジャズの扉を開けているのは頼もしい。樋口さんはジャズの生き字引で、聴いたレコードの量は勿論のこと、多くのジャズメンを見ており親交も深い。1966年のコルトレーン来日公演も聴いている。

 店に行った方ならアート・ブレイキーのサインが入った「A Jazz Message」が飾られているのをご存知だろう。JMとブルーノートのイメージが強いブレイキーだが、こちらはインパルス盤でソニー・スティット、マッコイ・タイナー、アート・デイヴィスと組んだワンホーン・セッションだ。組み合わせの妙はボブ・シールの得意とするところで、普段顔合わせがないミュージシャンだけにJMとは異質な緊張感が生まれる。名プロデューサーの狙いは当たった。余談ながらブレイキーのドラムは一聴でそれと分かるので、ブラインド・クイズによく出される。JMのイメージで聴くからなかなか当てられない仕掛けだ。

 ブルーのジャケットの余白には友愛の意味を込めて「FORGET ME NOT」と力強く書かれている。マスターがブレイキーと酒を酌み交わしたときにサインをいただいたという。半世紀以上に亘り「JAMAICA」から発せられたジャズ・メッセージは扉を開けた一人一人に伝わり、ジャズをこよなく愛した札幌のジャズ・マスターを忘れることはないだろう。享年78歳。合掌。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加