デューク・アドリブ帖

超絶変態ジャズマニア『デューク・M』の独断と偏見と毒舌のアドリブ帖です。縦横無尽、天衣無縫、支離滅裂な展開です。

ベティ・コムデンとアドルフ・グリーンの明るいコンビ

2017-02-26 09:15:10 | Weblog
 「ジュールがまた素晴らしいメロディを書いてくれたんです。それは第二幕の途中で歌うデュエットで、あまりに受けてショウが止まってしまったほどですから。本当ですよ、そんなところでショウを止めてしまうバラードなんて滅多にあるものじゃありませんからね。」と作詞家のベティ・コムデンが絶賛している。村尾陸男著「ジャズ詩大全」(中央アート出版社」から引いた。

 ジュールとはジュール・スタインで、曲は「Make Someone Happy」だ。詞は先のコムデンとアドルフ・グリーンの共作による。1960年のミュージカル「Do Re Mi」のなかの曲というからスタンダード・ナンバーとしては比較的新しいほうになる。「B. Comden-A. Green」のクレジットはよく見るものの咄嗟に曲が出てこない。同書によると53年の「Wonderful Town」、68年「Hallelujah, Baby」、そして70年「Applause」でトニー賞を三度取っているという。また、レナード・バーンスタインと組んだ「On the Town」、 「Do Re Mi」同様スタインと組んだものでは「Peter Pan」というヒット作もある。

 その名コンビの「Make Someone Happy」は、タイトル通り少し落ち込んでいるときに聴くとたちまち幸せになる曲だ。明るい曲を歌うならドリス・デイに限る。ジャケット、アルバムタイトル、「I Want To Be Happy」や「Clap Yo' Hands」といった収録曲、アレンジと指揮はニール・ヘフティ、これだけ揃えば太陽に負けない。滅多に歌われないヴァースを朗読してから、やんわりとテーマに入っていく洒落た仕掛けに唸る。下手なシンガーがこれをやると野暮ったいばかりか曲を壊してしまうが、ドリスが歌うとただでさえ整った曲が一段と格調高くなる。一流シンガーの粋を技をみた。

 作曲家と作詞家のコンビはよくあるが、コムデンとグリーンのような作詞家のコンビは珍しい。それも同級生の女性と男性である。二人の作品を調べてみると作詞の他に、「Singin' in the Rain」や「The Band Wagon」というヒット作の台本も手掛けている。詞も台本も前向きで明るいものばかりだ。気心の知れた男女のコンビだからこそネガティブにならないのだろう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャック・ウィルソンは線路を歩いてどこに向かう

2017-02-19 09:27:50 | Weblog
 ネットを開くとニュース画面が出るように設定してある。プロ野球シーズン中はまず前日の全試合を隈なくチェックするのだが、オフは政治経済社会面から目についた記事をランダムに開く。見出しを眺めていると芸能欄にアイドル音痴でも知っている名前があった。松本伊代と早見優だ。この二人がJR山陰線の線路内に無許可で立ち入り書類送検されたという。

 線路といえばジャック・ウィルソンだが、こちらは正当な理由がある。列車が故障したので已む無く次の駅まで歩いている、ということにしておこう。ブルーノート盤に隠れて目立たないアルバムだ。それもそのはず、LAのマイナーレーベル「Vault」なので入荷も少なければ国内盤など出るわけもない。「Evening Trane」でモードに挑戦したハンプトン・ホーズの「High in the Sky」や、ラリー・バンカーの唯一のリーダー作で、ゲイリー・バートンがフューチャーされている「Live At Shelly's Manne-Hole」が、10枚ほどリリースして消えたレーベルの傑作として知られる。

 「Vault」には3枚あるが、この「Ramblin'」が一番いい。まず、アトランティック時代から付き合いのあるロイ・エアーズとの阿吽の呼吸が聴きどころだ。そして選曲も意欲的で、オーネット・コールマンのアルバムタイトル曲に、オリヴァー・ネルソンの「Stolen Moments」、コルトレーンの「Impressions」、そしてラテン系ではないのにボサノヴァ・アレンジで映える曲を書くクレア・フィッシャーの「Pensativa」がなかなかに面白い。曲名は「物思いに耽る女性」を意味するそうだが、物思いよりも行動あるのみでガンガンいく。線路の先にあるのはブルーノートという大きな駅である。

 お騒がせの元アイドルの二人は、「花の82年組」と呼ばれているそうだ。クリックしたついでに見てみるとジャズアレンジのアルバム「姫ダブル・ディケイド」で名前を覚えた中森明菜に堀ちえみ、三田寛子、小泉今日子、石川秀美、原田知世、斉藤慶子等々、多くのアイドルが1982年にデビューしている。当時16歳だとしても50を超えている。「恥の82年組」ではちと情けない。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

西直樹に北北西のいい風が吹いた1980年

2017-02-12 09:23:01 | Weblog
 過ぎた雑節の話で恐縮だが、節分といえば「鬼は外、福は内」の豆まきと相場は決まっている。ところがここ数年恵方巻なるものが流行のようで我が家の食卓にものぼった。福を呼ぶ方角を向いて太巻きを食べる関西の風習がコンビニの商業ベースに乗って全国に広がったようだ。今年の恵方は「北北西」とか。これを「きたきたにし」と読み間違えた女子アナウンサーがいたという。

 北北西といえば「北北西に進路を取れ」というヒッチコック監督の名作を思い出すが、ここは間違ったついでに「来た来た西」でレコードを探した。西直樹がライブ録音するイイノ・ホールに到着が遅れたので、共演する山口和与と猪俣猛が言ったと仮定しよう(初リーダー作なのでおそらく一番乗りしたと思われる、誤解なきよう)。録音は1980年で、その年のSJ誌国内最優秀録音賞を受賞している。フュージョンが跋扈する時代ならではのヒップなジャケットだが、内容はストレートなピアノトリオだ。当時、まだ日本のジャズは大丈夫だなと思ったのを覚えている。

 猪俣のバンド、ザ・フォース時代から注目されたピアニストのデビュー作は期待通りの素晴らしい内容だ。ダイナミック且つ繊細なタッチでグイグイ気持ちよく引っ張る。アルバムタイトル曲をはじめ「Doxy」、「A Train」という王道を行く選曲に加え、「Billy Boy」があった。曲名を聞くだけでマイルス・バンドを去るガーランドの胸中を察したくなるが、西は初めて鍵盤に触れた少年のような驚きで音を重ねていく。手塩に掛けて育てたピアニストの背中を優しく押す猪俣のサポートも見逃せない。ベテランの仕事で最も大事なのは若手の育成である。

 久しぶりの日本人ジャズマンの登場だが、日本人といえば1976年に渡米中の菊地雅章と日野皓正が結成したバンドに「東風」がある。デイヴ・リーブマンやスティーヴ・グロスマンも参加した意欲的なグループだったが、「Wishes」というアルバム1枚で消滅した。実験的なジャズはいつも逆風が吹く。このバンド名で「こち」という読み方を20歳を過ぎて初めて知った。件の女子アナを嗤えない。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

荒野の七人でガンさばきを覚えた

2017-02-05 09:25:21 | Weblog
 「荒野の七人」というタイトルを見るだけで今もワクワクする。最初に観たのは封切間もない小学4年生のときだ。モーリン・オハラが好きだった父に連れられてよく映画館に行った。おやつを食べ終わると眠くなりストーリーは怪しいが、ユル・ブリンナーの左手でハンマーを起こして連射するファニングショットや、スティーブ・マックイーンの早撃ちは目に焼き付いている。

 その後テレビで放映されたときに「The Magnificent Seven」という原題を知った。「Magnificent」といえば鳩のサド・ジョーンズにプレスティッジ盤のバリー・ハリス、70年代後半に復活したプログレッシヴ・レーベルのトミー・フラナガン・・・まだあるのだろうが思い出せないので飛ばして本題のカーティス・フラーにいこう。好きなレコードなので既に話題にしていそうなものだが、おおよそ9年前にbassclef さんが「夢見るレコード」で取り上げていたので見送った経緯がある。「フラーが見た5分間の夢」という素晴らしいタイトルでメトロノームのカウントを例に挙げて分析されていた。

 深く夢を探りたい方はそちらをご覧いただくとして、これから聴こうとする方のために簡単に触れておこう。Dream・・・ジョニー・マーサーが1944年に書いた曲でパイド・パイパーズのコーラスで大ヒットしている。タイトル通り夢見るようなうっとりするバラードだ。それをフラーはレコードプレイヤーの回転数を間違って16回転にセットしたかと思うほどの遅いテンポで演奏している。競走馬の如く速く吹くのもテクニックがいるが、牛の歩みのようなテンポで吹くのも容易ではない。終わったとき体には白昼夢から目覚めた脱力感が残り、脳は夢を一つ叶えた満足感が走る。

 今、原題そのままのタイトルの「マグニフィセント・セブン」が公開されている。72年の「荒野の七人・真昼の決闘」以来のリメイク版だ。現代版らしくガトリング銃で派手にぶっ放すバトルシーンもあるが西部劇の伝統を受け継いでいるし、個性的なメンバーによる人間ドラマとしての側面は本家の「七人の侍」譲りだ。エンディングに「荒野の七人」のテーマソングが流れた。高揚するメロディーだ。映画館を出て父より先を歩いた小学4年生に戻った。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ケイ・スターのロッキンチェア

2017-01-29 09:39:40 | Weblog
 ジョージ・サイモン著「グレン・ミラー物語」(晶文社刊)に過労で倒れたマリオン・ハットンの代わりに採用されたケイ・スターの回想が載っている。「どうしてグレンが私に
声をかけてくれたのか、どうにも思い出せません。でも録音でマイクを私に合うように下げてくれなかったので、とても困ったのを覚えているわ」と。原文は読んでいないが「マイク」とは「キー」のことだろう。

 1939年に録音したのは「Baby Me」と「Capital You with Love」で、キーの違いなど感じさせないほど音程も安定しているし、声は張りも艶もある。とても17歳の少女とは思えない。この後ウインギー・マノンやチャーリー・バーネットの楽団でキャリアを積み数多くのヒットを放つ。52年の「Wheel of Fortune」と、56年の「The Rock And Roll Waltz」はビルボード・チャートのトップに輝いている。ビッグバンドで鍛えられた歌唱力、ステージ度胸、アメリカンドリームを想起させる明るい声、そして目鼻立ちのしっかりした美貌はジャズだけでなくポピュラー畑でも人気を博したのは当然のことだ。

 数あるアルバムから58年録音の「Rockin' With Kay」を聴いてみよう。オーケストラがバックだが、そのメンバーにはウイリー・スミスをはじめジェラルド・ウィギンスやレッド・カレンダーという名手がクレジットされている。タイトルにかけている「Rockin' Chair」はホーギー・カーマイケルが大学生のときに作った曲だが、歌詞もメロディーも完成度が高い。その磨かれた楽曲をケイは美しいコーラスとシンプルなピアノ、そして重厚なアンサンブルをバックに気持ちよさそうに歌っている。老婆の哀しみを歌った曲ではあるが、ケイの歌声からは悲しみが消え楽しいことばかりが浮かぶ。老後はこうありたい。

 ミラーとの初録音から1997年のFreddy'sのライブ盤まで多くの録音を残し、ステージやテレビで大活躍したケイ・スターが亡くなったのは昨年11月3日のこと。声量の豊かさと心躍るスウィング感は変わることがなかった。ビバリーヒルズの自宅でロッキンチェアに揺られながら静かに最期を迎えたのかも知れない。大きな星が一つ消えた。享年94歳。合掌。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

マイルスになりたかった男、ドン・チードル

2017-01-22 09:17:08 | Weblog
 「MILES AHEAD / マイルス・デイヴィス 空白の5年間」。この映画のタイトルからどのような内容をイメージするだろうか。年表を手繰ってみると1975年9月5日のセントラル・パークでの演奏を最後に長い沈黙に入り、「Man With the Horn」で復帰したのは1981年だった。病気説や死亡説まで流れるなか試行錯誤を重ねたであろう空白を音楽的観点から描いた作品と思ったら度肝を抜かれる。

 ジャズファンにとっては神様のマイルスだが、一般的には知名度が低く上映されない地域もあるので、DVD化されてから観る方のためにネタバレしない範囲で紹介しよう。フィクションであることは予想していたもののいきなりカーチェイスに銃撃戦だ。おまけに中途半端な濡れ場もある。マイルスが主人公でなければB級のギャング映画と言っていい。そこにフランシス・テイラーやギル・エヴァンス、テオ・マセロというマイルスを取り巻く実在の人物が出てくるので、どこまでが作り物なのかわからなくなる。帝王ならこんなことがあったとしても不思議ではないと思わせるところが巧い。

 ギルとの信頼関係は映画でもよく描かれている。タイトルにもなっている1957年録音の「Miles Ahead」を取り出した。ジャケットは2種類あるが、こちらがオリジナルだ。俺のレコードジャケットに白人の女の写真を載せるなとマイルスが怒ったので後に違うジャケットに差し替えられている。予備知識がないまま聴くと一人の作曲者が組曲風に書いたのではないかと錯覚するほど流れがいいが、実は収録されている10曲は別々の作曲家によるものだ。それを違和感なくアルバムトータルで聴かせるのが音の魔術師と呼ばれたギルの手腕だ。そのなかを悠々と吹くマイルスの美しいこと。

 この映画、ドン・チードルが製作、監督、脚本、主演と全てをこなしている。「ラット・パック / シナトラとJFK」ではサミー・ディヴィスJr.になり切っていたが、この映画にはジャケット写真から飛び出してきたマイルスがいた。007の作者イアン・フレミングは生まれ変わったらサミーになりたいと語っていたが、チードルに同じ質問をしたら嗄れ声で即答するだろう。「MILES !」
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

酉年にマリアンのマイルストーンズを聴く

2017-01-15 09:17:48 | Weblog
 アドリブの如く閃きで書いていると言えば格好良いが、実のところ行き当たりばったりの思い付きでアップしている。とはいえ四季の移ろいや行事は念頭にあり、年頭は干支を話題にするのが常だ。酉年といえばまずパーカーで、デヴィッド・ストーン・マーチンの秀逸なデザイン「With Strings」が浮かぶ。これをネタにと思っていたら何と「傷だらけのあいつ」のMINGUS54 さんが大晦日にトリの出し物としてトリ上げているではないか。おまけに暮れだけにクレフ盤だ。

 更に追い打ちをかけるように元旦にいただいた年賀状にもしっかりプリントされていた。ならば昨年「DAY BY DAY」で飲んだときにチェンバースかラファロかと話題に出たハンプトン・ホーズの「Bird Song」が浮かんだが生憎不吉なブラックバードだ。やはり新年は白い鳥に限る。白と言えばデッカの動物シリーズにフラミンゴがある。バリー・ガルブレイスの優しいギターが琴線を揺らすレコードだが、bassclef さんが元旦早々「夢見るレコード」で話題にされていた。こちらは酉年にかけたものではないが、リンクしているサイトから新年早々ネタを拝借するのも気が引ける。

 では、マリアン・マクパートランドの「Interplay」でいこう。オリジナルはマリアン自身のレーベル「Halcyon」だが、ジャケットはMPS盤のほうが断然いい。但しセンターラベルはレーベル名のカワセミをデザインした洒落たもので、こちらはMPSを上回る。リンク・ミリマンのベースとデュオなのでマリアンの繊細で品のあるピアノを聴くなら最高の編成だ。どのトラックも工夫があり面白いが、マイルスの「Milestones」が特にいい。小鳥のさえずりを思わせる無邪気なシングルトーンから大空を自在に飛び回る躍動感のあるアドリブに持っていく展開は英国から米国に渡ったマリアンの心情を映しているようにも聴こえる。

 自分の干支以外は年賀状の時期に知る程度だが、酉年は取り込むにつながり運気やお客を呼ぶという。それにあやかって今年はジャズリスナーが増え、人通りの少ないジャズブログも賑わってほしいものだ。今年も何が飛び出すか見当も付かないアドリブ帖ではあるが、ジャズの魅力を広く深く紹介するスタイルは変わらない。トリ留めのない話ばかりだと閑古鳥が鳴くかもしれないので、飛ぶ鳥を落とす勢いで書いてみよう。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーノート盤に着物美人登場

2017-01-08 08:50:55 | Weblog
 山崎貴監督の映画「海賊とよばれた男」が話題になっている。VFXや主演の岡田准一の特殊メイクが素晴らしいという。そうと聞くと直ぐにでも観たいのだが、本屋大賞を受賞した百田尚樹の原作本を読んでいる最中だ。読んでから観るか、観てから読むか、そんなフレーズが頭をよぎる。出光興産が大企業にまで成長する過程を描いたもので、創業者の出光佐三をモデルにしている。

 出光から「sunrise」、「sunrise」から「The World Is Waiting for the Sunrise」か「Softly, as in a Morning Sunrise」と思ったのだが、ここはホレス・シルヴァーの「The Tokyo Blues」を取り出した。先に挙げた曲も新年に相応しいが、この着物のジャケットも正月らしい。録音は1962年7月だが、この歳の正月に初来日している。正月尽くしだ。日本の印象を音で表現したアルバムで、タイトルもジャケットも徹底して日本というのが嬉しい。向かって左側の美しい女性をご存知だろうか。佐三氏の娘、出光真子さんである。撮影された場所はニューヨークの日本庭園で、留学中にシルヴァーと知り合った真子さんに白羽の矢が立ったようだ。

 来日時によく耳にした言葉を曲名にしており、「Too Much Sake 」に始まり「Sayonara Blues」、タイトル曲「The Tokyo Blues」、「Cherry Blossom」、「Ah! So」で終わる。タイトルの背景はジャーナリストの川畑篤彦氏のライナーノーツを参照していただくとして曲調はこれぞファンキーというものばかりだ。来日時と同じメンバーの録音ということも手伝って、酒、サヨナラ、東京、桜、あっそうという日本人がいつも耳にしている言葉のイメージがそのままに曲になっている。シルヴァーから見た初めての日本の印象が日本のジャズリスナーと重なるのはジャズという共通語によるものだろう。

 ピーター・T・リーソンの著書に「海賊の経済学」(NTT出版)がある。海賊という例を用いてインセンティブをはじめプリンシパル・エージェント問題、ガバナンス問題、フリーライダー問題等々、経済学の概念を説いている。これらの問題解決の糸口をつかみ、大損をしても社員を見捨てることがなかった出光佐三は、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のモデルになった寛容で慈悲深い海賊ジョン・ラカムに重なる。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

SWING 2017

2017-01-01 08:57:31 | Weblog
 明けましておめでとうございます。ジャズ史に残る名盤から愛すべきB級盤まで幅広く話題にしてきた拙稿も早いもので12年目に入りました。開設したころは手軽に投稿できるブログがブームでしたのでジャズを紹介するサイトも多数ありましたが、年々減少しております。ジャズ人口が減ったのも一因でしょう。そんな中これだけ長く続けられたのは毎週多くの方にご訪問いただき、マイナーなネタにもかかわらずコメントをいただけたからです。

 福笑いジャケットは正月恒例になりましたが、今年はコルトレーンの「Live at the Village Vanguard Again」を拝借しました。赤いマフラーが似合うのは華麗なブラッシュワークでグルーヴな空間を創り出す佐々木慶一さんです。私の横にいる美女は昨年の春に福岡から修業に来たシンガーのSATOMIさんです。札幌の空気に馴染み、今ではススキノのため息と呼ばれております。その隣はギタリストの志藤奨さんです。一歩下がっておりますが、日毎に磨かれるフレーズは前面に出ております。そして、エロティックなビートで女性客を虜にするのはこのジャケットを制作したベーシストの鈴木由一さんです。私がこよなく愛するジャズスポット「DAY BY DAY」の素敵なメンバーです。

 コルトレーンがこのジャズの聖地ともいうべきクラブで録音したのは1961年でした。それから5年の歳月を経て再びステージに立ちましたので「Again」が付いておりますが、全く違うコンセプトのバンドがそこにおります。コルトレーンが内なる宇宙を探求した時期で、盟友のマッコイとエルヴィンばかりかファンまでもが離れていきました。一方でコルトレーンの新世界やフリージャズに共感する方に支持されました。ジャズは偉大なイノベーターがシーンをリードすることで変化を遂げてきました。また変わらぬスタイルを貫くことで伝統を守ってきました。そのバランスが保たれているのもジャズの魅力の一つでしょう。

 今年も名盤を中心に埋もれたミュージシャンや忘れられた曲も話題にしていきますので、昨年同様ご愛読いただければ幸いです。コメント欄はベスト3企画を立てておりますが、この1枚、あの曲等、ベストにかかわらず気になったことがあればコメントをお寄せください。また、ジャズに関するご質問、ご感想もお待ちしております。アクセス数は勿論ですが、コメント欄が賑わうことで成立するブログですので、今年もよろしくお願いします。
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

暮れにクレオ・レーンを聴く

2016-12-25 09:23:09 | Weblog
 思いつくままにジャズ雑感を綴ってきたブログも今年の最終稿を迎えました。11年目も毎週欠かさず更新できたのは、いつもご覧いただている皆様のおかげです。コメント欄は毎週ベスト3企画を立てておりますが、500稿以上も書いておりますとスタンダードはほとんど出尽くしました。回を重ねるごとにマイナーな選曲になってきましたが、音源が少ないなか聴き比べてコメント欄を賑わしていただけるのは大変嬉しいことです。

 今年は個人的には良い一年でした。黒岩静枝さんを中心に「DAY BY DAY」の仲間たちと札幌ドームで夏に宴会も兼ねて日本ハム・ファイターズを応援するのですが、今年の参加者は過去最高の12人で大いに盛り上がり、試合も延長の末サヨナラ勝ちでした。幹事冥利に尽きます。その甲斐もあり日本一になりました。また、11月には毎年札幌にお越しくださる長野のazumino さん、12月には北海道を初めて訪れた鹿児島のMINGUS54 さんとお会いすることができました。短い時間でしたが、小生の根城でライブを楽しみながら、心行くまでジャズを語り合いました。ブログを通して知り合ったジャズ仲間との交流は至福のひと時です。

 最終はエリントン・ナンバーを歌ったクレオ・レーンを選びました。クラシックからポピュラー、ジャズまで八面六臂の活躍で知られるイギリスのシンガーです。バックはマーサ率いるデューク・エリントン楽団で、編曲は夫君のジョン・ダンクワースです。アルバムタイトルの「Solitude」をはじめ「Sophisticated Lady」、「Come Sunday」等、凛としたクレオらしい選曲です。孤高、洗練、敬虔という言葉がそれぞれの曲に当てはまりますが、この格調の高さがエリントンの音楽です。これに強力なスウィングがプラスされて最高のジャズになるのです。ジャズ芸術とはこれを言うのでしょう。

 クレオの「月に憑かれたピエロ」やレイ・チャールズと共演した「ポーギーとベス」からこの「Solitude」、クラシックやポピュラー音楽を愛する方がクレオを聴くことによってエリントンの音楽に触れ、そこからジャズへと更に世界が広がるかも知れません。来年も幅広くジャズの魅力を伝えていきますので、引き続きご愛読頂ければ幸いです。毎週ご覧いただいた皆様、そしてコメントをお寄せくださった皆様、今年一年本当にありがとうございました。

九拝
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加