ドリルのあな

ほんの小さな喜びと
ほんの小さな幸せ感じていれば
やがてそれは希望になる
歩いてゆこう!どこまでも!!

私が選ぶ2016年スポーツBEST5ー第5位と第4位ー

2016-12-30 15:00:09 | ランキング・番付


あどもども。(^_^;)
迫る年の瀬、2017年はすぐそこだ!
くたばるだけが2016年ぢゃねぇぜ(笑)!
兎にも角にも、タスィ兄さんなのであります(笑)。


今年もまたランキングが来ちゃったですよ。
何やかんや言うて、あっと言ふ間でしたね…。(・_・;
殊に今年はリオ五輪もあり、史上稀に見る大混戦でありました!


さて、一体何がどうなっているのか?
早速、激戦区の第5位と第4位の発表なのだ!(゚o゚;;


--------------------------------
【第5位】リオ五輪:男子競泳400m個人メドレー
60年振りのW表彰台の快挙!
萩野公介と瀬戸大也が金メダルと銅メダルに輝く!
メダルラッシュの先陣を華やかに切る!

【同5位】リオ五輪:体操男子
「体操ニッポン」新時代の幕開けか。
内村航平が個人総合で二大会連続金メダル!
団体戦もアテネ以来の頂点に輝く!

【同5位】大相撲初場所
遂にこじ開けた重い扉!
10年振りに日本人力士が抱いた賜杯!
大関琴奨菊が14勝1敗で初優勝!
--------------------------------


「リオ五輪体操男子400mリレー銀メダル」
「リオ五輪男子柔道全階級メダル獲得」
「大関豪栄道カド番全勝優勝」
を抑え、
超激戦区と化した第5位はリオ五輪から競泳と体操、
そして「琴バウワー」の3つがランクインなのだ!


今回の五輪で日本は41個ものメダルを獲得しましたが、
その流れを作ったのが、競泳と柔道と言っても過言ではないのだ。
その金メダル第1号となった萩野公介選手と、銅メダル獲得の瀬戸大也選手の、
W表彰台で「おおっ!行けるぞ!」てな雰囲気になったと勝手に思ってます(笑)。

野球で言うと、1番打者が最初の打席で初球を安打で出塁みたいなもんですよ、ええ。(^_^;)

そして何より、2人のライバル関係ですよ!
互いにリスペクトして切磋琢磨しているのがいいですよねぇ…。
そりゃあ競泳は強いですよ!相乗効果が出ますからね。


その競泳と柔道が1、2番の役割を果たしたと言うならば、
走者を帰すクリーンアップの役割を担ったのがそう!
内村航平選手を中心とした体操やと思います。


個人総合で2連覇!しかも逆転ですからね。
惜しくも銀メダルとなったウクライナの選手の潔さもよかったですよね。
「これがスポーツマンシップなんやなぁ」と思いましたよ。

そしてアテネ以降、ずっと中国の壁に阻まれてきた団体戦で王座奪還!
昨年の世界選手権で優勝したあたりからの流れがあったのかもしれませんね。

アテネ五輪の金メダルを見て、「俺もあの舞台に立つんや」となってから12年。
これが伝統となって受け継がれて行くのか、
今後の体操界に注目なのだ。


今年始めのサプライズだったのが、「琴バウワー」こと、
琴奨菊であったことを忘れちゃいけませんぜ(笑)。
私がずっと言ってた「日本人力士の優勝」が遂にやってきたとです!
嬉しかったですねぇ…。(^_^)

九州場所の横綱鶴竜もそうでしたが、
場所後の結婚披露宴が最大のモチベーションとなりましたから、
やはり愛の力は偉大なんでしょうね(笑)。

ただ残念だったのは、場所後のTV出演の多さや春場所前の披露宴やら水上パレードやらで、
調子に乗りすぎて天狗になったのと、
更なる目標への意気込みが感じられなかったことですかねぇ。

まあ、秋場所には豪栄道がカド番ながら全勝優勝と、琴奨菊に続きましたからね。
今年は日本人力士が2人も優勝ですよ!
よって、この琴奨菊の功績は大きいものがあります。


来年はここに本来出てきてほしい名前が果たして出てくるのか?
それとも新進気鋭の若手力士が台頭するのか?
相撲人気復活の一途ですからね、ますます期待なのだ!(^O^)


--------------------------------
【第4位】リオ五輪:男子テニス
テニス界96年振りの五輪メダル。
世界トップクラスの実力を五輪の舞台でも発揮!
錦織圭がナダルとの死闘を制し、銅メダル獲得!
--------------------------------


激戦区の第5位から頭一つピョッと抜けたのがそう!錦織圭選手であります!


ええ、TV見てましたもん(笑)。(^_^;)


一昨年は四大大会の1つである全米オープンで準優勝しましたが、
その後は世界に名だたる強豪に跳ね返される戦いが続いてました。
そんな中でのリオ五輪の銅メダル獲得ですよ!
やっぱり凄か野郎ですよ(笑)!

テニスは試合時間が長いから、根気と体力勝負になりますね。
「ようスタミナ持つなぁ」と思いながら見てましたよ。
ナダル選手との3位決定戦は息詰まる攻防の連続でしたが、
最後にものを言ったのが「スタミナ」でしたよ、ええ。(^_^;)


来年以降、更なる飛躍はあるのか?
そんな錦織圭選手に目が離せません。


いやぁ、迷った!
陸上400mリレーの銀メダルも凄い事なんだけどねぇ。
柔道の復活も入れたかったとですよ…。( ̄へ ̄;)
ホークスやらアビスパやら北九州やらもありましたが、こちらは…ね(笑)。(^_^;)


さ、次回は第3位と第2位の発表なのだ!
果たして何がランクインするのか?
乞うご期待(笑)!(゚o゚;;


ほいぢゃまた。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私が選ぶ2016年スポーツBEST5... | トップ | 私が選ぶ2016年スポーツBEST... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。