広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

加藤雄太展「時は寄る辺のない海にも似て」

2010-10-03 01:16:29 | 芸術・芸能系
ツイッターでフォローさせていただいている加藤雄太さんの個展を銀座へ観に行きました。
今日(10/2)が最終日だったので、これを観てくださった方に宣伝できないのが残念。

加藤さんは旧Doblogの人です。
当時は私とは繋がりがなかったのですが、ツイッターの芸術系つぶやきからフォローさせていただいて、現ブログ(半地下の手記)から、Doblogを使っていらっしゃったことを知りました。
もうそれだけで親戚のような錯覚に陥ります。(笑)

そしてもうひとつの偶然が、miyukiさんの夫さまが加藤さんと繋がりがあったことです。
ピンホール写真展の準備 Pinhole Photography
すごいよね~~、世間は狭いから楽しいなぁ。(爆)

阪口さんのブログ(ピンホール写真展の準備)はぜひご覧になってください。
加藤さんの他の作品、加藤さんご自身も観ることができます。 なんたって写真家でいらっしゃるのでアングルがちがいます。

加藤さんご自身は若いことが大変な事業なのだと思いますが、全く以て羨ましい。
人生ってそんなに長いわけではないから・・・これは私の実感・・・油断なく玉を磨いていただきたいと思いました。
ありがたいことに玉は磨いてもすり減らないですし。

私は加藤さんの作品が好きでした。 舟も良かったけれど、私には灯台が良かったです。
(灯台の写真は、阪口さんのブログにありますw)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラシックコンサート こぼれ話 | トップ | 10月2日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芸術・芸能系」カテゴリの最新記事

トラックバック

個展終了(今月の掲示板を兼ねつつ) (半地下の手記)
 土曜日を持ちまして、僕の個展『加藤 雄太 展 ―時は寄る辺のない海にも似て―』が無事終了しました。 ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。 報告を兼ねて、取り急ぎ写真を少々。奥に見える作品は、幅261cmあります。右のがDMに使った作品ですね。そし...