土花吉&与太吉

「土」に咲く「花」は「吉」を呼び寄せます。/DUCATI&ヨタ8&SR&TW&リトルカブ・・・そしてチンク

製作工程その四/荒壁補修

2017-02-24 | 【夢追い人】

土間コンクリート打設が終わったところで所々、小さなブロック造の基礎を造らなくてはいけないため

振動ドリルで土間に穴を開け、アンカーを打ち込みダイヤモンドカッターで高さを半分に切断したブロックを並べて行く。

この作業は土花吉が担当し、土花吉の妻は?てぇ~と、解体撤去の折に残してあった土壁の土に

水を加え粘土状にする作業から始める。(竹小舞は事前に麻紐で編んだりして補修済)

考えてみれば、55年前に同じく粘土状だったものが又、同じ粘土状になるのかとの心配はあるものの

そこは自然界の土。ちゃ~んと戻ってくれます。(この土自体、今では貴重なものなのですが・・・)

そんな、泥んこになりながら欠損箇所の補修を行う土花吉の妻。

竹小舞が表裏とも露出している部分は片面を塗り込み、裏面にはみ出た土を足代わりにしなくてはいけないため

表面が乾燥してから裏面を塗る(裏返し)作業となる。

初めてにしては上出来っ。。。(経験上、この土壁ってのは結構、乾燥に時間が掛かる筈・・・)

昔は土塗り壁の家屋も設計しましたが、今ではしませんねぃ・・・。

 

                                                               

クリック宜しくです♪ にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

そして、もっひとつ宜しくです♪ 人気ブログランキングへ  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福武線界隈 | トップ | 製作工程その五/左官その一 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

【夢追い人】」カテゴリの最新記事