2008年モデル発表!!

2007-09-30 01:01:00 | 車両関係

みなさん、こんにちは。ドゥカティ松戸遠藤です。

今日は最新ニュースをお届けします。タイトルにもありますが2008年モデルがついに発表になりました!!

今日は第一弾としてモンスターシリーズについてお届けします。

まずはこれ!!

S4rs_trico01 MONSTER S4Rs Tricolore

モンスター S4Rs トリコローレ

赤・白・緑の専用外装とレーシングゴールドのフレーム・ホイールを装備した特別仕様車です。

完全予約限定生産車両で日本への割当てはたったの30台。GT1000Bicoloreが国内販売50台ですから、更にレアな車両ということになります。

気になる車両価格は税込¥2,099,000

ドゥカティ松戸では明日9/30より予約受付を開始いたします。

その他のモンスターの情報です。

S4Rsのレギュラーモデルは継続販売されますが、カラーバリエーションが整理され、パールホワイト/レッドストライプとレッド/ホワイトストライプの二本立てになります。

S4Rテスタストレッタは仕様・カラーとも変更無く継続販売されます。

S2R1000は継続販売されますが、カラーバリエーションが整理され、ブラック/ホワイトストライプとレッド/ホワイトストライプの二本立てになります。

そしてS2R800は残念ながら生産中止となります。国内の在庫も極わずかなので、入手されたい方はお急ぎ下さい。

最後に生産中止の噂があったM400ですが、仕様・カラーとも変更無く継続販売されます。

以上、2008年モデル情報第一弾でした。

次はムルティストラーダを予定していますので、ご期待下さい。


この記事をはてなブックマークに追加

大迫力! スタートの一瞬!

2007-09-29 10:00:00 | イベント

皆さんこんにちは、ドゥカティ松戸 遠藤です。

先日のmotoGPもてぎラウンドで撮影した動画をいくつか紹介したいと思います。

まずはスタート

motogp_start 現場の生で聞く音量は半端じゃありません、「耳を聾する」という表現がぴったり。一台でも走り始めると、隣の人との会話が成立しません。私の居た所からコースまでは直線距離でおよそ50mですが、至近で聞く999RのレーシングフルEXが可愛く思える程です。

そんなバイクが21台も集まって一斉に全開ですから、「うるさい」などというレベルを完全に突き抜けています。

カピロッシ、ゴールの瞬間。

capi_goal 高々とフロントを上げ凱旋をするカピロッシ。3年連続でもてぎを制した喜びが伝わってきます。

ストーナー、チャンピオン決定!

sto_Win ストーナーもウィリーでゴールラインを駆け抜けます。押しも押されぬエースライダーとして、今から来年が楽しみです。

いやぁ、生の音をお聞かせできないのが残念至極。基本的に排気音は小さいほうが好みの遠藤ですが、サーキットならあの音量の虜になってしまいますね。

この記事をみてちょっとでも「行って見たいな…」と思った方、絶対損はさせません。ぜひ来年のサポーターズプログラムを入手して、ツインリンクもてぎへ行きましょう(気が早すぎ…)。


この記事をはてなブックマークに追加

親子の差?

2007-09-28 21:29:52 | インポート

こんにちは。サービス川上です

ここ数日は一気に涼しくなって、皆さんエンジンのレスポンスが軽くなったのではないでしょうか

さて、先日サーキット用に1098sを整備する機会があり、テルミニョーニのフル・エキゾーストを組込みました。さすが1100cctwinのFullEXは太い!!

あまりの太さに感動して、シャッターを押してしまいましたのでご覧下さい↓

Cimg3995

                     ↑ノーマル↑                         ↑テルミ・FullEX↑

*太さの差がお父さんと息子位あるのでは? あぁ失礼・・。


この記事をはてなブックマークに追加

ツーリングプランのお知らせ 10/14 及び 11/11

2007-09-27 18:06:00 | インポート

朝晩と ようやく涼しい季節になりました

日が暮れるのも早くて すっかり秋の気分です

MOTOGP日本GPも最高の結果で終わり ほっと一息ついたら 

ドゥカティストはツーリングで遊ぼう! と言うことで暑さで暫く ご無沙汰だった ツーリングのお知らせです

10/14(日) ドゥカティラリー 参加 ツーリング

 箱根方面 で開催される ドゥカティラリーに参加します

 ドゥカティ松戸に 6:30集合です 定員 20名

 傷害保険代500円が必要です

 幹事:ストアーマネージャー  サポート:佐藤

11/11(日) 日帰りツーリング

 場所は未定ですが 年内最後のツーリングとして 日帰りツーリング開催いたします

 定員 20名

 傷害保険代500円が必要です 

 幹事:伊東 サポート:古川

申し込み方法は 「2007.pdf」をダウンロード  こちらを記入して

FAXまたは 店頭までお持ち下さい

Img_1501

ストアーマネージャー


この記事をはてなブックマークに追加

行ってきましたmotoGP!

2007-09-27 11:03:00 | イベント

  皆さんこんにちは。ドゥカティ松戸 遠藤です。

去る9/23にツインリンクもてぎで開催されたmotoGPの第15戦に行ってきました。観戦ツーリングの参加者は私を含めて6名です。

Cimg4859 常磐道守谷SAで集合参加者全員が揃った事を確認したら出発です。

左は守谷SAのスタンドで燃料補給中のST4です。私の1098も十分残量があるはずなのに燃料警告燈がチラチラしたので大事をとって満タンにしておきました。

ここから北関東自動車道路の友部ICまでは非常にスムースに流れておりストレスは皆無でした。

Cimg4860一般道に降りてからもツインリンク手前10km位までは快調に流れていました。それがだんだん渋滞し始め、ついにはびっしり詰まって動けなくなりました。

すり抜けを敢行してゲートに到着したのがちょうど8時位。でもご覧のとおりゲート内も外も大渋滞でした。

ゲート内でもすり抜けを続け、やっとオーバルコース上のパーキングエリアに到着。バイクを置いてスタンドへ移動です。

ちょうどこの頃から雨がぱらつき始め、すぐに小雨となりました。予報では夕方から一時雨との事だったので、雨具を用意しなかったのが裏目にでました。

125cc、250cc、motoGPそれぞれのクラスのフリー走行が、開始されました。コースはヘビーウェット、前日までの晴天とうってかわった天候で、どのチームも車体セッティングに苦労していたようです。

フリー走行の成績はカピロッシ、ストーナー共にまずまずといったところ。トップタイムを出していたホプキンスはプッシュのしすぎかスリップダウンしてしまいました。

motoGPクラスの決勝が始まる頃には雨はあがり、路面はハーフウェット。レースはレイン宣言が出されました。天候の変化や路面状況の変化がタイヤ選択に大きな影響を及ぼします。セミドライ路面で高いパフォーマンスを発揮したブリジストンのレインタイヤが有利でしょうか?

決勝レースは途中フラッグtoフラッグが適用され、バイクを交換するシーンが見られました。滅多に見られないルールの適用でちょっと得した気分♪

バイクの交換も各チームの思惑がからんで、重要な駆け引きの対象になります。完全なドライになる直前に溝のないスリックタイヤを装備したバイクへ交換できれば、圧倒的に有利なので上位のライダーはぎりぎりまで粘ります。

Image1 レインタイヤで頑張り過ぎたペドロサはトップ走行中の最終コーナーでフロントからスリップダウンし、リタイヤとなってしまいました。あぁもったいない。

ペドロサのリタイヤを機に最後までレインタイヤで粘っていたロッシやストーナーもピットインしてバイクを交換します。

ここで早めにバイクを交換したカピロッシがトップに立ちます。ストーナーも無理をしないペースで8位からコツコツ順位をあげていきます。

一方ロッシは交換後のバイクにフロントサスペンションのトラブル発生でペースが上がらず、ずるずると後退してしまいました。

4924_2最終的にはカピロッシがそのままチェッカーを受け、3年連続優勝。ストーナーは危なげなくゴールし、年間チャンピオンを決定しました。

左はトロフィーを受け取り高々と掲げるカピロッシです。

4929_2デジタルズームによる望遠での撮影で細かい所は見えませんが、笑っているのがわかると思います。

右は年間チャンピオンの表彰を受けるストーナーです。ドゥカティコルセのスタッフが担ぎ上げて祝福しています。

帽子を目深にかぶっていて表情が読み取れませんが、別のシーンでは実に晴れやかに笑っていました。

4939 表彰式が終わったらいよいよ本コースをバイクで走るパレードランです。ほんの30分位前までストーナーやカピロッシが走っていたところを自分たちも走るということで、結構興奮します。

コースサイドや観客席では応援メーカーに関係なく手を振ったり旗を振ったりしてくれます。それに応えて私も大きく手を振り返しました。

Image2 いよいよ帰路につきますが、朝と同じく大渋滞。右の画像はツインリンクの駐車場を出たところですが、右手奥にあるゲートまでびっしり詰まっています。

ゲートを抜けても全ての道が渋滞していて、思うように進めません。そのままではいつまで経っても帰れないので、すり抜けをしたり、裏道を通ったりして、友部ICへたどりつきました。

やっとの思いで高速に乗ったのですが、三連休の中日という事もあって、こちらも渋滞続き。結局友部IC→三郷IC間の殆どをすり抜けで帰ってきました。

4947ドゥカティ松戸到着は21時ごろ。

閉店後の店頭で一枚撮影し、帰宅しました。

4934総走行距離は270km程。すり抜けが多く、距離の割には疲労渡が大きかったですね。でも、とっても楽しい一日を過ごせましたし、得がたい体験もできました。

ご同行の皆さん、お疲れ様でした。また来年も行きたいですね~!!


この記事をはてなブックマークに追加