9/11 筑波サーキット走行会 申込スタートしています

2007-07-29 20:31:41 | インポート

すっかり 夏の雰囲気になってしまいました

如何お過ごしでしょうか

さて本日は 秋一番開催の恒例の 筑波サーキット走行会のご案内です(9/11 火曜日)

詳しくは下記にご案内しています

http://www.ducatimatsudo.com/information/070711/tsukuba_2007_0911.pdf

サーキット走行は知的なゲームに近い物 ライディングの基本やドゥカティの

ポテンシャルを知るためには 一度は経験してみては如何でしょうか

早く走るのではなく 正しく走る! 去年の自分より上手くなる! (気がする?)

だんだん体育会系のノリになってしまいそうですが ライディングの緊張感と終わった後の

充実感は格別な物があります

初めての方の場合は 先導もありますので サーキットに興味のある方は

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

なおドゥカティ以外でも参加できますので ご友人とお誘い合わせの上

お早めにお申込をどうぞ

画像は前回の 筑波サーキット走行会ですが 1098Sのデビューも兼ねましたが

残念ながら雨天での決行でした

Simg_2555

ストアーマネージャー


この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ展示開始!!

2007-07-27 22:07:47 | 車両関係

皆さん、こんにちは。ドゥカテイ松戸 遠藤です。

すっかり梅雨明けしたような暑さが続いていますが、これでもまだ梅雨明けではないそうです。週末の一雨を待って梅雨明け宣言が出される見込だそうですが、何で一雨を待つのでしょうかね?

さて以前からご案内している通り、ハイパーモタードの量産型を展示開始しました。

今月頭の展示商談会の際のご覧に入れた先行量産型とは細部が違っているので、微妙に印象が違います。

まずは量産型車輌を…と思ったのですが、ゆっくり撮影している暇が無かったので、輸入用コンテナから出した直後の車輌をご覧下さい。

01_8

特徴的なハンドガードが装着されていないので印象が違うと思います。マフラーエンドに傷防止の段ボールが巻かれているのが箱出し車輌の特徴です。

では次に先行量産型をご覧下さい。

02_2

ちょっと見え辛いですが、フロントフォークのインナーチューブが量産型は黒(酸化チタン皮膜)に対して先行量産型は金(窒化チタン皮膜)となっています。その他にも細かい所がちょこっと変っていますから、そういう点を探して比較するのも楽しいかも知れませんね。

展示開始初日から早速ご注文を頂戴しました。1098に勝るとも劣らない人気車種ですから、お待たせしてしまうかも知れません。ぜひ早目のご用命をご検討下さい。


この記事をはてなブックマークに追加

ハイパーモタード1100S 明日展示予定

2007-07-25 21:00:18 | 車両関係

ハイパーモタード1100Sの展示車が 本日入荷しました

明日にはセットアップを済ませて ショールームに展示予定です(1日早くなりました)

なおこの車輌はデモ車として 夏季休暇後には試乗車としてデビューの予定です

PS MOTOGP ドゥカティサポターズプログタムチケット完売!

   御礼申し上げます

ストアーマネージャー

054_1


この記事をはてなブックマークに追加

MotoGPサポートプログラム正式受付開始しました!!

2007-07-21 14:23:04 | イベント

皆さん、こんにちは。Ducati松戸 遠藤です。

MotoGP日本グランプリが9月にツインリンクもてぎで開催されます。

Cimg4712

今年もサポーターズプログラムが用意されたという事は以前のブログでもご紹介しておりますが、昨日から正式申込が開始されました。

先行予約分の申込を済ませた後にメーカーWebで情報を確認したところ、昨日だけで限定数のおよそ1/3が予約済みとなったとの事で、この調子ではかなり早く完売となりそうです。

ドゥカテイ松戸では御予約数の他に多少の余裕を持って初回予約申込をしましたが、追加申込をしても確保できるか心もとない状況ですので、ご希望の方はお早めにお申し付け下さい。

ドゥカティサポーターズプログラム ¥14,000(税込)

※本サポーターズプログラムのお申込は現金のみとなりますのでご注意下さい。

お子様用チケット¥2,000(税込)も少数ですがご用意しました。ただしサポーターズプログラムをお持ちの保護者の同伴が必要です。

今年も真っ赤に染まったグランドスタンドから、デスモセディチを駆る二人のライダーに熱い声援を送りましょう!!


この記事をはてなブックマークに追加

何気なく換えている消耗部品

2007-07-19 19:41:57 | サービス関係

皆さんこんにちはサービスの伊東です。

最近過ごしやすい気候が続いていて、夜は肌寒く感じるくらいで気を抜くと風邪を引いて

しまいそうです。

それはさておき、皆さん定期的に換えていただいているオイルエレメントですが、

DUCATI松戸では、廃棄上の関係で分解して捨てていますので、普段見ることの

出来ない内部をご紹介いたします。

Cimg3658

と言っても構造はいたってシンプルで、構成部品は右から外枠・濾紙を押さえる為の

スプリング・濾紙・スプリング(板バネ)・ガスケット・外枠(エンジン側)となっています。

画像のものは交換したものですので、黒っぽくなっていますが新品は薄い黄色を

しています。

普段何気なく交換してい頂いている消耗部品ですが、オイルを濾すと言う

重要な役割がありますので定期的に交換(オイル交換2回に1回のペースで)

をお薦めしています。

また普段見ることのできないものがありましたらご紹介したいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加