F4オーナーの皆様へ

2007-01-31 22:36:42 | サービス関係

  こんにちは、市川サービスセンター 指宿です。

  「イタリアンなブログ」 とゆうことで、今回は “MV AGUSTA F4”の話をひとつ

  F4のオーナーの方々の中でもご自分で色々とメンテナンスをされる方に注意し

 て頂きたい箇所があります。 ガソリンタンクの前 エアボックスの側面に2.5ミ

 リのヘキサゴンボルトでとまった三角形のカバーがありますよね?

 1_3

そのボルトの受けは真鋳の雌ネジとゴ ムを組み合わせた“ウェルナット”といって

 ドゥカティのフェアリング取付部によく使われているものと同様の物ですが、この

 ウェルナット、あまり耐久性が無くゴムが切れる事がよくあります。

 F4のエアボックスのウェルナットはエンジンの熱や油分の付着など過酷な環境に

 あり、とても切れやすくなっています。

 ※上の物が新品です。

 2

  で、4本あるうちのタンクに近い方の2本。裏側の真下に1・4番シリンダースロッ

 トルのインテークがあり・・・ ウェルナットの切っ端が吸い込まれてエンジンが破損

 することがあります。

 Photo_1

  長くなりましたが結論は、 

            < カバーのボルトは触らないで下さい!! >

 とゆうことです。 市川サービスセンターでこの部分を触った場合はウェルナットを

 必ず新品に交換しています。 

  

 前回のスタッフボイス “サービスセンターでもドゥカティできます” 以来、サービスセ

 ンターのドゥカティの入庫数が増えてきたように感じます。足を運んでくださった皆様、

 ありがとうございました。 今後とも宜しくお願い致します。


この記事をはてなブックマークに追加

純正部品価格の改定 2/5より

2007-01-30 14:31:22 | サービス関係

ドゥカティ純正部品のならびに

ドゥカティパフォーマンスアクセサリパーツの価格改定が

2月5日より実施される。

おおよその傾向は以下の通りだが この所のユーロの高騰や ロジステック

経費の増大に対して かなり企業努力している様子が伺える。

ドゥカティやBMW等のヨーロッパの輸入モデル(パーツ)は日本の方が

安いケースも結構あるのだ

  • DUCATIMOTOR GENUINE SPARE PARTS 加重平均 約0.07%の値上げ
  • DUCATIMOTOR PERFOMANCE ACCESSORIES 加重平均 約0.29%の値上げ

例としては以下になる

オイルカートリッジ等 もっとも良く出る部品の価格が変動無しだったので

安心だ

  • 44440034A オイルカートリッジ ¥1375 価格変動無
  • 96115707B 1098カーボンテルミニョーニレーシングマフラー ¥181849 価格変動無

38_m695


この記事をはてなブックマークに追加

1098カタログ情報

2007-01-30 13:59:09 | インポート

今最も期待されている ドゥカティのスーパーバイクの最新型1098

カタログの入荷タイミングが判明した

2/10頃には当店まで入荷する

入荷したと同時にこのブログでご案内したい

26_1098_s


この記事をはてなブックマークに追加

STカスタムミラー調整

2007-01-28 18:57:45 | サービス関係

こんにちはサービス古川です。

STシリーズのカスタムで、良く見られる旧900SSミラーの調整について紹介します。(僕のST2ですが)

Cimg2937_2 右の写真のミラーが良く見られますね。

写真から見て、右側のミラーが少しずれています。

これは、ミラーの中のネジが緩んでしまったからです。(ミラーの位置を手で調整しすぎると、ネジが緩みます。)

それでは締め付け調整に入ります。

                                

                                    

Cimg2908_2

調整する為にはミラーを外さないとできません。   

ミラーのゴムラバーを捲ると六角のボルトが見えます。ボルトを取ればミラーが外れます。

                                

                                      

                       

                                 

Cimg2911_2 外したミラーの裏側にプラスのネジがあります。

このネジを締めてあげて、ミラーを付け直し、ミラー位置を調整すれば完了です。

ネジが緩んだ状態で走行してしまうと、風でミラーが動いてしまうので、危険です。緩んだら締め直しましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

保安基準の改正

2007-01-27 22:28:25 | インポート

こんにちは。サービス川上です。

今回、バックミラーのレンズ面積基準が改正されましたのでご紹介致します

改正内容は以下です

ミラー形状が円形の場合 ⇒ 直径94mm以上で、尚且つ150mm未満である事

形状が円形以外の場合 ⇒ 直径78mmの円がミラー面に収まり、尚且つミラー面が                    120×200mmの長方形に収まる大きさである事

どちらのタイプも最低面積は69?以上なければならない

その他、「可倒式もしくは右ミラーについては逆ネジ取付けにより、ミラーが歩行者に接触した際に歩行者を保護できる形状でなければならない」など、厳しい条件が適用されますが、ライダー自身はもとより万が一の場合に周囲への安全を確保する意味では、私自身この改正には賛成できます。

今後、近接排気騒音についても改正案が出てきていますが、オートバイのオーナーとしては排気音やエンジン音に_001_2


この記事をはてなブックマークに追加