どぅかさんちのあまの尺

たとえばぼくがまちがっていても。。しゃ~ないじゃん。。
心に勝手な物差しがあるんだから・・・・

突っ込みどころ。

2017-04-25 08:21:08 | 無駄な日々


23日付の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は米空母カール・ビンソンについて、
「太って肥大したただの変態動物」と表現。

トランプのこともあわせてディスったんだろうな。

でも振り返って見てごらん。

そこにも、ほら「太って肥大したただの変態動物」が!!

この記事をはてなブックマークに追加

エロい話ではない。

2017-04-11 09:11:08 | Weblog


隣の公園の桜は枝剪定されたので、いまひとつ華やかさに欠けている。

桜は花芯の下の部分が赤く色づくと花は散るらしい。

なるほど。


この記事をはてなブックマークに追加

いろいろなこと。

2017-04-06 11:56:43 | Weblog


昨日はwebでよくおつあいしていただいている方と
メールのやりとりでお話をしていた。

この数年知り合いになった方々のなかには圧倒的にそのシンガーソングライターのファンという方が多かった。

そのメールの相手もFBの履歴からそのうちのひとりだと想像できたので
昨日はそのことにも触れつつのやりとりだった。

日帰りで東京に出てくるという彼女に、
おいらが知る限りこんなファンがいるの?と思うこちらにいる熱狂的な知人を
会わせてみたいと思った。もちろん、そんなふたりはとっくに知り合いなのかもしれないが。。

おいらはそれほどシンパシーがあったわけでも、
深いおつきあいがあったわけでもなく
ライヴを数回聴きにいって、ちょこっとお話をさせていただいた程度なのだが
ただこのところのおバカな流れを眺めていると
唯一、宙で歌えるこのシンガーソングライターの一曲が口をついて出る。

「教訓 Ⅰ」

中学生の頃、初めて聴いたときはコミカルな風にも聴こえていたんだと思うが
それだけでないものも当然感じていた。
ただ現在感じるのは背中に冷たいものをを突きつけられるようなリアルさだ。



「加川良の手紙」

拓郎ファンにその名を知らしめるのはこの曲があるのも一因だろう。

つい先日ムッシュが亡くなった時、
「もう黒いネクタイも服もつけたくない」と語っていた拓郎さん。
そんな拓郎さんの71歳の誕生日に着いたのが加川良さんの訃報とは。

たとえばそれが年長者であったりすれば、
それはどんなに残念であっても、ある意味自然な時の流れといってしまえばいい。
ただそれが同期だったり年下であったりした場合は....
そして誰より長く生きるということはそれをすべて背負い込んでいく見送る人生か。
なかなかしんどい話だ。



この数年よく歌詞のなかで泣いていた拓郎さん。
それは作り物でなく彼にとっての現実でそれはそれで正直なんだろうけれど、
それが由というかそんな歌たちに個人的には全然シンクロしなくて。。
世代間というものをリアルに感じたりして....


「ぼくのあたらしい歌」

吉田拓郎の新曲だ。

この歌言葉を70歳で歌うことに退く人もいるかもしれない。
でも、おいらはこの馬鹿馬鹿しいほどの稚拙にも聴こえる若さを圧倒的に支持してしまうのだ。
喜びも悲しみも怒りも....
そのすべてをスピード感で包み込んで跳ばしていく感じ。
それを圧倒的に支持してしまうのだ。

だからまだいけるかもしれない。聴いていられるかもしれない。

そんなことを思ってる。










この記事をはてなブックマークに追加

それは基本的なこと。

2017-04-01 01:04:50 | 無駄な日々


キャブを分解清掃してエンジンがかかったのもつかの間、
それ以後、再び、うんともすんともいわない日々が続く。

セルを廻してはバッテリーが上がり、充電してはまた上がりの繰り返し。
いちいちバッテリーを外して充電してられない。充電器を外に持ち出して
直に充電をくり返す。

が、それでもかからないエンジン。

数日それをくり返し、迷路に迷い込みかけたところで
ふと思い立ちバイクを揺さぶってみる。

こ、これは!!

ガソリンが入っておりませんがな!!

スタンドまでバイクを押していく。
ほぼ容量一杯までタンクに入っていくガソリン....
タイヤの空気圧も調整して、再び押して帰る。

バッテリーを充電してセルを廻すこと数回。
グズグズと廻り始めるエンジン。
アイドリングを調整して安定するのを待つ。
とにかくすぐかかるように癖を付けなければ。

ガソリンがもったいないところだけど、エンジンをかけたままにして
時間つぶしに外装にコンパウンドをかけ、ワックスをかける。

それにしても昔の人はよく言ったものですな。

「車はガソリンで走るのです」

さあ夜が明けても、エンジンは機嫌良く目覚めてくれるでしょうか....


この記事をはてなブックマークに追加

録画しておいた「出張ゼミナール〜ザ・フォークソング番外編」を観る。

2017-03-28 12:23:32 | 無駄な日々


あれは「ひめ風」なんかじゃなくて

「欠けた姫」「欠片姫」じゃないだろうか。



この記事をはてなブックマークに追加

その常識を疑う。

2017-03-18 13:42:26 | ことば


彼女はあり得ないと考えていたそうだ。

それは

「そばにしますか?うどんにしますか??」

お好み焼きに「そば」はないだろうと。

ま、ここまで書けばお判りだろうと思いますが
彼女の頭にあったのはまさに言葉通りの「蕎麦」

確かに。

あたりまえに焼そばの麺を思い浮かべる広島県人はいる。
でもそれがあたりまえと思い込まない方がいいようだ。

それでいうと
おいらは今でも時々「玉」で悩む。

卑猥な想像をしてはいけない。

豚玉とかの「玉」である。

それは「玉子」なのか「そば玉」

かつてお好み焼きにそばを入れる良しとしなかった頃
それは結構重要な問題だった。

いまでもたとえば二枚お好み焼きを頼む時、
一枚はそば抜きでいいやという時に悩むのだ。

「一枚は豚玉でいいや....」

はたしてこの一枚に入っているのは
「玉子」だろうか「そば玉」だろうか....





この記事をはてなブックマークに追加

つまずく。

2017-03-16 22:47:28 | 無駄な日々


その朝はとても急いでいたのだ。

それでも予定していた通りに行動していた。

が、

玄関を出るとそこには散乱したゴミが....

いつもならとっくに来ているはずの生ゴミの回収が
一時間以上経っているのに未だに来ていない。

そして見事にカラスの餌食に。

こっちの所為ではないんだから、放っておいても回収しろよ。とも思うんだが
近所のことを思うとそうもいっていられない。
そこから掃いて集めて....
もう一度新しいゴミの袋に入れて....

なによりそのゴミ袋が高いんだよホント。無駄にしたくないんだよなあ。。

出かけた目的も見事に空振り、散々な一日でしたよ、まったく。

この記事をはてなブックマークに追加

春の陽射しが射す前に....

2017-03-02 09:07:18 | Weblog


う〜む、ムッシュまでが亡くなってしまったか。。

音楽ジャンルの垣根をスキップするように飛び越えていった人。

この記事をはてなブックマークに追加

吉田拓郎の悲劇

2017-03-01 23:42:38 | Weblog


今回も「今日までそして明日から」

なんでしょ、結局このあたりで語られちゃうんですよね、このひと。
映画にしても、コマーシャルにしても。

他の人がアレンジを変えてこの人の歌を歌って評価されても
自身が歌うバージョンは一番初期のものに限られて。

映画に関してはこの曲は「恋妻家宮本」でも使われておりますが
「クレヨンしんちゃん、モーレツオトナ帝国の逆襲」のエンディングで
決まりだったと思うのです。
「恋妻家宮本」にはむしろ「ファミリー」の方がはまったと思うんだよなあ、エンディング。

歌い続けているのにね。


大学生の頃、拓郎好きでつながった方と
今回、連絡が取れたのでずっと思っていた拓郎ネタを書いてみました。

この記事をはてなブックマークに追加

「バンビ・吉祥寺」で検索しちゃうお年頃。

2017-02-19 17:13:16 | Weblog


昨日は九州から上京してきた知人と会食。

ずっとどこにしようかと考えていたんだけれど、
こんなときじゃないとなかなか行かないなということで
「シャポールージュ」を選択してみた。
ま、圧倒的に「バンビ」の方が馴染みがあるんだけれど
それは言ってみても今更だ。(おつきあいのある方々の年齢の高さが伺える(笑))

なんだか混んでいそうな感じがする。
並ぶくらいなら別の店に行くが心情なんでそれは極力避けたいんだけれど、
昼の予約は5人以上からだし、どうしよう。
ここはjoin townのひろみさんのHPに探りを入れてみる。
ふむ、クリスマスに行った記事がある....その感じならなんとかなるか。。
一応、時間を外して予定を立ててっと。

で、当日。

せっかく吉祥寺まで来たのでヨドバシ、東急百貨店、SOUND INN、山野楽器、PARCO....
とにかく思いつく用事という用事を片付けるためめぐるめぐる。
待ち合わせの時間までひたすらひたすら。

で、いよいよ本日のメインイベント!!

混んでました(笑)やっぱり混んでたぁ....

エントラントには入れずドアの外で待つことしばし。
入ってからもそこそこ待つことに。
まあひさしぶりに逢った知人とだから、それはそれということで。

席に案内されてからはこっちのもの、腰を落ち着けてランチタイムの終了まで。

店を出る頃には寒さも衰え、いい感じの気候になっていたので
家までは井の頭公園を突っ切って歩いて帰ることに。

バタバタしたけれど、ふたりの知人のおかげで、
なんだかひさしぶりに穏やかな一日、よかったなあ。


さて画像は彼らにいただいたお土産の一部。東京在住の共通の知人のお店の商品。

いつもいただいてばかりで恐縮なので
今回はおいらも「井の頭煎餅」なるものを選んでみましたよ。
気に入ってくれるかなあ。。





この記事をはてなブックマークに追加

2017.2.4.MOTEL(須藤もん+対馬照)&野澤享司ライヴ(三鷹バイユーゲイト)

2017-02-05 17:25:32 | 音楽


調べてみたら去年はライヴに9月に一本行っただけだった。

そんなだからMOTELのライヴに関していうと実に一年半ぶり!!

しかも前回は照さんが病に倒れて急遽もんさんだけで、という変則ライヴだった。

そんなことは実はすっかり忘れていたんだけれど、
まあそれだけふたりは変わりなく元気そうだったんだよね。



そして彼らのアルバムの中ページのカットにお借りしたこの場所も
その後、上のお店からでた火災の巻き添えになって大変なことになったんだけど
いまはまったく変わりなく営業されているようにみえるし。

そんなことをぼんやり考えていると
使い込まれてボディーは艶がすっかり失われているんだけれど
張られたストリングスだけは鋭く輝いている野澤さんのマーティンが印象的で....

その野澤さんに関してはお名前だけはすごく記憶にあった。
それは音楽雑誌を読んでいた以上の感じで。
調べてわかったのはフォーライフレコードからアルバムを出されたこともあると
いうことなのでその関係かなと。

今回は音に浸かりたい感じだったので画像はかなり少なめ。
カメラ持っちゃうとやっぱり気が入っちゃうし、違うモードが発動しちゃうし。
だからといって聴いていないわけではないんですよ。
むしろ集中して聴いているんだけれど、音楽を聴いているというのとはちょっと違うんだよなあ。。

で、最後はたまたまカメラに残っていた「雲」の画像を。



なぜかは秘密。







この記事をはてなブックマークに追加

もとがとれたはずだったのにねえ。。

2017-02-03 22:59:56 | 無駄な日々


ひさしぶりに買ってみたロト7。

書き間違いを直さなかったら六等当選だったのにねえ。。

この記事をはてなブックマークに追加

思い出した。

2017-01-19 13:18:02 | 記憶の中のモノたち


FBの記事でこれを見つけてそこにも書き込んだんだけれど、それを膨らます感じで。

え〜と、これ持ってました、確か2個くらい。

でもね、遊んでいるうちに単体のフィギュアとして欲しくなるわけですよ。
自由に戦わせることができるでしょ。

そこで登場するのが“はさみ”

関節を繋いでいる糸を切ってしまうわけです。
当然、バラバラになっていくわけ。

で、それを接着剤で止めるとかいう技というか知恵があればいいんだけれど
そこは幼稚園生、どうすることもできず....
(確かこの頃からプラモデルは作っていたはずなんだけれどリンクしなかったのかな?)


で、なんで2個もあったんだろう?と考えると、
とにかく病弱だったわけ。
どれくらい病弱だったかというと、その頃自家用車を買ったのがいつでも病院に行ける為とか
後々に聞かされるくらい。

話がつながらないでしょ(笑)

あのね、いつも行っていた小児科だか内科だかの病院で
くれるんですよ、ガムを。
ある時、そのガムをね、なぜかビニール袋一杯にもらったわけ。
そこから、当たりが出たんじゃないかと。。

ま、それからめでたく歯医者通いもはじまった様に記憶しているのですが
もはや50年も前の話だからね。

はたして。


さて、FBには3枚10円は高いんじゃないかという意見もありましたが
生まれた時からこの価格だったから高いも安いもなくて。
むしろその後出た仮面ライダーガムが5枚20円になっていて!!
こちらのほうが子供心には衝撃だったなあ。

そういえばこのあと出てくる仮面ライダースナックも20円だったね。






この記事をはてなブックマークに追加

吊るしのギターの場合

2017-01-16 22:20:33 | 無駄な日々


この一本と買った茶木のギター。

でも、どうにもチューニングがあわなくなって使用不能になったのは
だいぶん前に書いた。

それ以来ギターを手にしていないのだが、
やはり手持ち無沙汰は否めない。

ま、おつきあいのある方々のギターといえば、垂涎の品ばかりだが
当然、身の丈にもあわず手も出ない。

で、ふと思ったのだが、
彼らはおそらく試し弾きをしたおして、この一本と思って買うのだろうけれど
そしてそんなに数があるわけもないんだろうけれど
本数がある場合ってどうするんだろうね?

店に展示してあるギターを手に取る。
弾いてみる。
気に入る。
これをください。

そこで、奥から出てくる梱包をとかれていない新品の同型のギター.....

あれ?

試奏した意味がない....

梱包をといてもらって弾いてみる?

気に入らなかったら別のヤツを持って来てもらう??

う〜ん....

さてさて昨年くらいから気になっているお安いエピフォン。
ナローショルダー、大型ピックガード、しかもアイボリー


こいつは昨日見つけたオベーションエリート。お値段はほんのちょっと高め。
80年代からお気に入りのアダマスベージュが復活。カッタウェイなのがちょっと残念だけど。


そうなんです。なんのかんの言っても
おいら、まず、スタイルなのよ、ギターは。失礼!!





この記事をはてなブックマークに追加

生活感

2017-01-09 11:06:00 | Weblog


曇りだったのもあるが、陽が暮れ切った瞬間の

薄暗やみに聳える色のない富士山の姿はなんとも雄大だった。

東海道新幹線に乗るとまあ見慣れたものだったところがあるが

ひさしぶりに釘付けにされた。

そしていつも思う。

この富士山が365日見える暮らしってどんなものだろうと。

裾野市辺りからだったらそんな暮らしもできるのではないかと。

なかなか愉快なことのようにも思える。

そしてそんな思いは雑多な東京駅に降り、中央線の人混みに紛れる安心感に

あっさり消えていってしまう。





この記事をはてなブックマークに追加