ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ボルベール<帰郷>』

2007-04-06 22:56:24 | 新作映画
ボルベール 帰郷 (原題:Volver)

----アルモドバルって女性ばかり撮っている気がするニャあ。
「うん。そのイメージが強いね。
今回も男たちは一様にその生きざまは薄汚く、
反面、女たちは強くたくましい。
しかも男たちは、その行為の罰を女たちから与えられ、
早々と舞台から退いてしまう。
そして映画で語られるのは
<母親たちの深い愛>だ」

----えっ、母親たち?
<帰郷>するのはどっち?
「じゃあ。まずは物語から話してみよう。
プレスを要約すると、こうなる。
------10代の頃、ライムンダ(ペネロペ・クルス)は
母(カルメン・マウラ)を拒んでいた。
分かり合えないまま、その母は数年前の火事で亡くなってしまう。
そして15歳の娘を持つ母となったライムンダは、
死んだはずの母の姿を見たという噂を耳にする。
やがて再会したふたりだったが……」

----ニャんだか、たいしたお話には見えニャいなあ。
もしかして思いっきりはしょってニャい?
「ありゃりゃ。バレたか……。
実はこの物語には、それこそいくつも
<殺人>はあるわ<秘密>はあるわで、
取り扱いが非常に難しい。
アルモドバルの世界を特徴づける
原色の世界とは裏腹にその物語は緻密で繊細。
喋り方を気をつけないと、
それこそ観る人の楽しみを奪ってしまうことになりかねない」

----う~ん。ニャるほどね。
でも、世界広しといえども、
アルモドバルほどスチールを見ただけで、
誰の映画か分かる監督も珍しいよね。
「うん。壁の色から服の色まで
しっかりとした色彩設計がなされている。
彼の映画は、まずその色彩で観る者を酔わせる。
いつも思うんだけど、
彼がハリウッドから依頼されて撮ったら、
どんな映画になるんだろうって?」

----そう言えばそうだよね。
ペネロペ・クルスはハリウッドでも活躍しているのに、
彼女の育ての親のひとりもである
アルモドバルは故国にとどまっている。
「そうそう。
クルスと言えば、“たくましい女”を演じるために、
なんと<付け尻>を付けたらしいよ。
『ペネロペ・クルスは美の絶頂にある!』と絶賛するアルモドバル。
瞳も肩も胸も最高だけど、
この役には彼女のお尻は細すぎると言うことらしい。
こういうことまで徹底しちゃうところも
彼が巨匠と呼ばれるゆえんかもね」

----そう言えば、
彼女は本年度のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたんだよね。
カンヌでは6人の女性全員が最優秀女優賞とか?
でも、このカルメン・マウラって人、よく知らないニャあ。
「アルモドバル映画は19年ぶり。
その昔は、彼の映画に多数出ていて
アルモドバルのミューズと言われていたんだ」

----そうかこの映画は、
アルモドバル映画への
彼女の<帰郷>の意味も持っているわけだ。
ニャるほど・…・。

       (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「世の中には色んな映画があるニャあ」ぱっちり

ペネロペ・クルスはスペインが似合う度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はイタリア・オフィシャルより。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『歌謡曲だよ、人生は』 | トップ | 『名探偵コナン 紺碧の棺<... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (プリシラ)
2007-04-11 21:24:28
この作品 相変わらずのアルモドバルで まさしく女性賛歌でしたよね。
ご指摘の通り ステキな色彩感覚も さすがゲイというかw 
本当にこの映画 多くの女性に観ていただきたいと 感じました。
最近暗い映画が 多いですが 内容は暗くとも 観終わった後 明るい気持ちになりました。
■プリシラさん (えい)
2007-04-11 22:30:20
こんばんは。

見事な女性賛歌でしたね。
アルモドバルって
プレスやプログラムを見ると、
いつも多くの女優たちに囲まれて
黒一点で写っているじゃないですか?

これでゲイと言われても
ぼくにはよく分からないです。(笑)

帰郷するということ・・・。 (TATSUYA)
2007-06-15 17:37:30
えいさん、達也です。

アルモドバルって、ゲイなんですか?
なるほど、納得できる点多し。
でも、良い映画でしたね。
男が観ても、母と娘って深いなぁ、と思えます。
でも、男は何処へ帰れば良いのでしょうか?
ずっと子供のままだし。
自分の肉体から一つの命を産み出すって、
やっぱり偉大ですよね・・・。
■TATSUYAさん (えい)
2007-06-16 22:31:22
こんばんは。

ゲイの人で女性賛歌の映画を作り続ける。
そのスタンスはぼくにはあまり分からないのですが、
彼の世界の色彩にはいつも酔わせられます。
他のスペイン映画監督の作品では
あんな色みは見かけないので、
やはり彼のこだわりの世界なのでしょうね。

男はどこに帰ればいいか……?
TATSUYAさん、難しいこと振ってきましたね。
ちょっと苦手な質問です(汗)。
母へ回帰☆ (パフィン)
2007-07-07 18:53:39
えいさん、こんにちは~。
この映画の中の男性たちは気の毒でした^^
主人公が母親と再会して救われたように、
母親のように話を親身で聴いてくれる誰かに
甘えてしまえばいいのかも?

色彩美に酔いました☆
■パフィンさん (えい)
2007-07-08 11:03:22
こんにちは。
この人の映画、観ていると
ほんと女性がカッコいい。
生き生きとしている。

それに比べて、
男たちの存在感のなさ、
そしてみっともなさ。

その傾向は、いよいよ顕著になってきましたね。
独特の色彩感覚とあわせて、
希有な作家だと思います。
ペネロペが最高 (となひょう)
2007-07-08 16:01:52
こんにちわ。
この作品は、公開前にレビューを書くのは、かなり厳しい部分があるような気が~ 公開前に手にしたチラシには、ライムンダの夫のことが書かれてありましたけど。私はそれでも、敢えて伏せて書いてみました。何も知らないで見る方が、絶対に楽しめる作品って気がしたので。

私は、この作品を見て改めてペネロペの素晴らしさを再認識しましたです。ペネロペって、今まではひたすら色気部門の印象が強かったので。本作で、こんなにも【母性】を体現しきるとは

本家本元アカデミー賞を受賞したヘレン・ミレンもモチロン素晴らしかったのですけど。今のところ、個人的には女優賞はペネロペっていう気持ちです。
年末までまだまだ時間があるので、ちょっと気が早いですけどね。それ程に魅了されたのであります。
■となひょうさん (えい)
2007-07-09 21:21:43
ペネロペ・クルス、
この映画ではしっかり母親していましたね。
やはり彼女は母国でこそ光り輝く気がします。
どうしてもハリウッドだと、
パターン化させてしまいがち。
まあ、これも美女の宿命かな。
こんばんは (カオリ)
2007-07-13 18:14:28
ええ~ペネロペは「付け尻」だったんですか!知らなかった!そのおかげでオカンの貫禄振りが出てました。
■カオリさん (えい)
2007-07-13 22:44:38
こんばんは。
「付け尻」という言葉もスゴいですよね。
あの歌が吹き替えだったと知り、
これはこれでまた驚きました。
いかにもペネロペが自分で歌っていそう。
自然に見えたけど (にゃんこ)
2007-07-13 23:30:09
付け尻も役柄には合ってたので
そっかそっかーーって感じでしたが
えーーー歌もなんですか?
それは、もっとびっくりしました(笑)
冒頭のお墓参り
スペインでもお盆や、お彼岸みたいな風習あるようですね。
あのシーン観ながら、とっても象徴的なもの
感じてました。
そーいえば、こっちは今お盆なんですよね(笑)
Unknown (とらねこ)
2007-07-14 02:04:09
えいさん、こんばんは★
>スチールを見ただけで、誰の作品か分かる
なるほど~。本当、見ていて楽しい気分になるのも、こうした色使いだったのですね。
■にゃんこさん (えい)
2007-07-14 21:46:39
こんばんは。

今日、街道沿いの邸宅で迎え火を見ました。
実家の方だと、盆は8月なのですが…。
あれっ、でも今日は中日のような気も…。
大雨だったのに、よく消えなかったな。あの火。
まったく映画とは違う話になりました。
■とらねこさん (えい)
2007-07-14 22:12:05
こんばんは。
映画界広しといえども、
彼ほど独特な色遣いの監督は他にいないのじゃないでしょうか?
観る前から、どこか別世界へ連れて行ってくれるような…
そんな予感を持たせてくれるところが嬉しいです。
オトコは、 (MANAMI)
2007-07-19 20:55:00
女たちの人生に陰影を与えるために存在するかのようでしたね。

アルモドバル監督の前世は、カマキリかアンコウだったのかも...。
■MANAMIさん (えい)
2007-07-20 16:22:20
こんにちは。

MANAMIさんのレビュー、いつも興味深く拝見させていただいています。

>女は男がいなくても、むしろ、邪魔な男がいないからこそ輝ける。ここまで、きっぱりと男性の存在を否定する作品も少ない

まさにこのとおりだと思います。
個人的には『オール・アバウト・マイ・マザー』の方が
断然好きなのですが、
ご指摘の部分は、この映画においてもよく出ていましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ボルベール〈帰郷〉(2006スペイン) (映画と映画とその他♪)
ペネロペ・クルスがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされていた作品です。 10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コバ)のために日々忙しく働いていた。ある日、火事で死んだはずの母親が生きてい
ボルヴェール(帰郷) - 女に生まれて ヨカッタ (Lost in Australia)
女性を愛し 尊重する アルモドバルの女性賛歌 アルモドバルの最新作で カンヌで主役の女性たちが 合同で主演女優賞を受賞した というくらい 女性中心の映画。 何せ出てくる男たち どいつもこいつもろくでなし
ボルベール (Cinematheque)
10代の頃、ライムンダは母を拒んでいた。わかり合えないまま、母は火事で亡くなってしまった。そして15歳の娘を持つ母となったライムンダは、「死んだはずの母の姿を見た」という噂を耳にする。母はあの世から帰って
ボルベール <帰郷> (辛口だけれど映画が好きです)
注! 同じ記事がわたしの別ブログLeidende Fruchtにも載っています。ボルベール "Volver"(2006年/スペイン/ペドロ・アルモドバル監督/公式サイト)三世代の女性の生い立ちと、その愛のドラマ。
感想/ボルベール<帰郷>(試写) (APRIL FOOLS)
妖艶ペネロペ、母を訪ねて何マイル? 『ボルベール<帰郷>』6月30日公開。わかりあえぬまま母を亡くしていたライムンダ。15歳の娘と、ダメ夫と暮らしている彼女の家に、死んだはずの母の姿を見たというウワサが舞い込む。秘密を抱えたまま決別した母と娘。今ならば言え...
『ボルベール<帰郷>』を試写会で。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
娘は母に、母は娘に帰郷する。  嫌いな梅雨入りに体調不良。あまり乗り気ではなかった試写会でしたが、観て良かったと思える映画。特に女性の方には、必見のお薦め映画であります。  監督は『トーク・トゥ・ハー』
ボルベール -帰郷- / Volver (我想一個人映画美的女人blog)
ずーっと楽しみにしてた、 ぺドロ・アルモドバル監督/脚本 最新作{/kirakira/} 『オール・アバウト・マイマザー』以来ペネロペは出演2度目となる{/shootingstar/} この二人の相性ばっちりなんだよね。 アルモドバル作品では、『トーク・トゥ・ハー』も面白かったけど ...
いかにもカンヌで高評価されそうな映画。『ボルベール〈帰郷〉』 (水曜日のシネマ日記)
スペインを舞台に描かれた母と娘、女たちの物語です。
*ボルベール<帰郷>* (Cartouche)
   ***STORY*** 失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は勢いあまって父親を殺してしまう。愛娘を守るため、ライムンダは必死に事件の隠蔽を図るが、その最中に「故郷の叔母...
映画~ボルベール<帰郷> (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クル...
映画「ボルベール <帰郷>」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年47本目の劇場鑑賞です。映画の日に観ました。「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督作品。郷愁と女性讃歌のヒューマン・ドラマ。監督自身の故郷でもあるラ・マンチャを物語の背景に、母、娘、孫娘の三代の女性たちの...
映画「ボルベール <帰郷>」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ボルベール <帰郷>」に関するトラックバックを募集しています。
ボルベール〈帰郷〉 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ぺネロぺって綺麗よねぇ~ちょっと魔性の香りがして魅力的【story】失業中の夫の分まで働くライムンダ(ぺネロぺ・クルス)。彼女の留守中に、夫が15才の娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は父親を刺し殺してしまう。娘を守る為に、ライムンダは必死に事件の隠匿を図るが...
ボルベール<帰郷> (シャーロットの涙)
太陽のように明るくたくましく、そしてしたたかで美しく・・・涙の向こう側にいつも笑顔
ボルベール <帰郷> (It's a Wonderful Life)
赤い赤い、赤い映画のアドモバル。 やはりこの映画も赤かったです。 ペドロ・アルモドバル監督の映画はいつも赤いイメージ。 ペネロペの服も、レストランの内装も、料理する野菜も キッチンペーパーに染みてく血も・・・。ポスターまで赤! 今回は好きだった「オ...
ボルベール 帰郷 (パフィンの生態)
ペネロペ・クルスの存在感ある演技が素晴らしい。深刻な物語を ユーモラスに感じさせる脚本に拍手☆ 赤を効果的に配置した映像も魅力的な秀作♪ 監督・脚本 ペドロ・アルモドバル、2006年スペイン映画。 マドリッドに住む主人公は故郷ラマンチャの火事で両親を失っ...
ボルベール<帰郷> (映画通の部屋)
「ボルベール<帰郷>」VOLVER/製作:2006年、スペイン 120分 監督、
ボルベール<帰郷> (knockin' on heaven's door)
Volver スペインの地に根ざす、三代にわたる母と娘の物語。愛情と確執、誤解を血でまぶして、やがて母は娘のもとに帰郷する。 鮮やかな色に彩られた、ペドロ・アルモドヴァルの最新作。再び全てを包み込む、女性たちの鷹揚な強さを描き出す。
真・映画日記『ボルベール〈帰郷〉』 (          )
6月30日(土)◆487日目◆ 前の日に買った作務衣を来てさっそく外出。 …やはり、雪駄の鼻緒が痛い。 さァ、それよりも『ボルベール〈帰郷〉』だ。 死体隠しに幽霊騒動、近親の忌まわしき過去。 ペドロ・アルモドバル監督の故郷ラ・マンチャを舞台に、 家族を...
「ボルベール〈帰郷〉」なんだこの爽快感は (ももたろうサブライ)
監督 ペドロ・アルモドバル「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」と合わせて「女性讃歌3部作」というふれ込みですが、実はどちらも観ていません。少しあらすじ ライムンダ(ぺネロぺ・クルス)には一人娘のパウラとグータラな夫がいる。ある日、夫...
ボルベール(帰郷)を観ました。 (My Favorite Things)
妖艶な雰囲気がありながら、どこか少女っぽいライムンダを演じ、ペネロペはカンヌで最優秀女優賞を受賞。
ボルベール(帰郷) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ただいま。お帰りなさい。強く、美しく、我がままに。私の、女へのボルベール(帰郷)_スペインの太陽のように情熱的な女性ライムンダ(ペネロペ・クルス)。失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダに、突然、2つの死が降りかかる。彼女の留守中、夫が15歳...
ボルベール<帰郷>(06・スペイン) (no movie no life)
終わってみれば、オトコが不在の映画。男性の監督にこれほどオンナの映画と言うものを見せられると逆に気持ちがいい。監督がゲイって言うのもあるのかな。 4年前に母を亡くしたライムンダ(ペネロペ・クルス)は久しぶりに故郷に住む伯母の家に向かう。思いのほかボケ...
ボルベール<帰郷> (future world)
母と娘の痛ましく哀しい人生・・・何の因果か、それは繰り返される。。。 女として生まれ、女として産むことに全てが始まる。 誰がわざわざ、人生に辛いものを背負い込んだりするものか、 そう、女は弱い・・・しかし母は強い。 男への愛情を深く深く封印して、心...
#97.ボルベール<帰郷> (レザボアCATs)
ママ!お母さん!!・・・今すぐ、私ももっと母と分かり合わなくちゃ!強くて美しい、母としてのペネロペが、くっきり鮮やかに人の心を捉える。ワーキング・クラスの女性でありながら、たくましくセクシーに、愛に溢れていて、時に疲れていて、・・・全ての母親、女性たち...
「ボルベール/帰郷」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Volver」2006 スペイン カンヌ国際映画祭(2006)/監督賞(ペドロ・アルモドバル)&女優賞(ペネロペ・クルス)受賞作品。 監督は「オール・アバウト・マイ・マザー/1998」「トーク・トゥ・ハー/2002」のペドロ・アルモドバル。 主演は「オール・アバウト・マイ...
ボルベール<帰郷> (C'est Joli)
ボルベール 帰郷’06:スペイン ◆監督・脚本:ペドロ・アルモドバル「トーク・トゥ・ハー」「オール・アバウト・マイ・マザー」◆出演:ペネロペ・クルス、 カルメン・マウラ、 ロラ・ドゥエニャス、 ブランカ・ポルティージョ 、 チュス・ラ...
映画「ボルベール< 帰郷&gt」; (That's the Way Life Goes)
筆者のmambotaxiという名前はアルモドバルの映画の中の役名から拝借しているものだ。 著作権侵害かもしれんなあ、と思いつつ、日々使わせていただいている。 アルモドバル映画を敬愛してのことだが、そんな監督の新作がやっと登場。 レビューを書く時間が取れず今に至...
『ボルベール<帰郷>』のオナラの匂い (Days of Books, Films)
ライムンダ(ペネロペ・クルス)が姉・ソーレ(ロラ・ドゥエニャス)のアパートを訪
★「ボルベール <帰郷>」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開作・・・普通なら、「ダイハード4.0」か「シュレック3」を見るところなんだけど・・・ 「ダイハード~」は先週の先行で見ちゃったし・・・ なんたって、今作はペネちゃん(ペネロペ・クルス)主演だし・・・ という事で、いつも夜は空いてる「TOHOシネマ...
ボルベール〈帰郷〉★ (ゆるり鑑賞)
(2006年/スペイン) 【物語】 過去に火事で両親を失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)と 姉のソーレ(ローラ・ドゥエニャス)は、故郷ラ・マンチャで一人暮らしをする 伯母の世話を隣人のアグステイナに頼むのだが。。。
ボルベール <帰郷> (ダイターンクラッシュ!!)
7月19日(金) 21:00~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフ:600円 『ボルベール <帰郷> 』公式サイト 何故かその名前をすぐ忘れてしまうペドロ・アルモドバル姐さんの新作。 ほとんど男は出てこない。少し重要な役どころの男は...
ボルベール (シネ・ガラリーナ)
2006年/スペイン 監督/ペドロ・アルモドバル 「男たちよ、ひざまずきなさい」 徹頭徹尾の女性賛歌。そして、見事に男性不在の映画である。本作に出てくる男はみな、女性の手により葬られる。彼らが殺される理由、それは女性への尊厳を欠いているからだ。つま...
「ボルベール <帰郷> 」 VOLVER (俺の明日はどっちだ)
お墓を掃除する暗示的でちょっとドキドキする冒頭のシーンから「死」をそこかしこに見え隠れさせつつ、時にコメディとして、時にサスペンスとして、そして時にフェアリーテールとして、さまざまな「顔」を見せてくれるペドロ・アルモドバルらしい鮮やかな色彩感覚に彩られ...
ボルベール (DVD) (ひるめし。)
ママ、話したいことが ヤマほどあるの。
ボルベール<帰郷> (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Volver”監督・脚本=ペドロ・アルモドバル。撮影=ホセ・ルイス・アルカイネ。音楽=アルベルト・イグレシアス。挿入歌”ボルベール”(作曲=カルロス・ガルデル)☆☆☆☆★★
ボルベール<帰郷> (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ママ、話したいことが ヤマほどあるの。』  コチラの「ボルベール<帰郷>」は、6/30に公開になる"巨匠アルモドバル監督の、原点にして最高傑作"であり、"故郷ラ・マンチャを舞台に、タンゴの名曲「VOLVER」にのせて贈る、哀しくも可笑しい女たちの人生賛歌――...
VOLVER☆帰郷 アルモドバル監督の女性讃歌3部作のラスト作品! (銅版画制作の日々)
巨匠 ペドロ・アルモドバル監督の原点にしての最高傑作   7月17日、東宝二条シネマにて鑑賞。ペネロペ・クルス主演の《ボルベール》、そういえば、ペドロ・アルモドバル監督の「トーク・トゥ・ハー」は鑑賞した。眠り続ける女性2人のお話だったなあ。アカデミー...
『ボルベール』+ギンレイ (たーくん'sシネマカフェ)
「ボルベール」 都心の数館のみの上映で気になっていたけど、女性向きということで敬遠していました。でも男性からも、よかったと聞き観光ついでに、初六本木ヒルズの映画館へ☆ ボルベール(BOOK)原題:VOLVER監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス...
映画「ボルベール」 (<花>の本と映画の感想)
ボルベール 帰郷 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 ペネロペ・クルス 、カルメン・マウラ 、ロラ・ドゥエニャス 、ブランカ・ポルティージョ 、ヨアンナ・コボ 、チュス・ランプレアベ 2006年 (映画館にて鑑賞) ? ライムンダは、娘バウラと姉ソーレ...
ペネロペ・クルスの「ボルベール<帰郷>」を観た! (とんとん・にっき)
ペネロペ・クルスの出る映画は1999年に製作された映画「裸のマハ」以来。フランシスコ・デ・ゴヤの絵画「裸のマハ」を題材にした映画だというのと、ペネロペ・クルスが出るというのが目玉の、わけの分からない映画だったように思います。基本的に「濃い」感じで、トム・
ボルベール <帰郷> (Blossom Blog)
ボルベール <帰郷> VOLVER 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 ペネロペ・クルス カルメン・マウラ     ロラ・ドゥエニャス ブランカ・ポルティージョ スペイン 2006
『ボルベール<帰郷>』 (映画館で観ましょ♪)
情熱的な眼差しと飛び込んでくる色彩 たたみかける会話 チュッチュ チュッチュと続く挨拶に惑わされてしまったけど... 中身はかなりドロドロで、 「私がやった事」にし...
「ボルベール<帰郷>」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・スペイン/監督:ペドロ・アルモドバル) ペドロ・アルモドバル監督の作品はいくつか観ているが、どうも相性が悪いと言うか、感銘を受けた作品がない。「オール・アバウト・マイ
『ボルベール〈帰郷〉』'06・西 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り抵抗した娘は、勢いあまって父親を殺してしまう・・・。感想カンヌ国際映画祭では、素晴らしい谷間の主演のペネロペ・クルスはじめ6人の出演者が女優賞...
mini review 07276「ボルベール<帰郷>」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。監督は『バッド・エデュケーション』のペドロ・アルモドバル。主演はアルモド...
『ボルベール <帰郷>』 (Sweet*Days**)
ボルベールコレクターズ・エディション(2008/01/01)ヨアンナ・コバ、ロラ・ドゥエニャス 他商品詳細を見る 監督:ペドロ・アルモドバル  CAS...
【映画】ボルベール〈帰郷〉…出だしは鳥居みゆきのネタと同じ展開 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}今月の頭頃からWindows Updateが急に出来なくなったマイパソコン{/pc2/}{/face_hekomu/}。 普通に対応しても解決しなかったので、昨日助っ人として友人を召喚しました{/face_nika/}。 友人がネット情報と格闘しつつ、すげぇ難しい操作をして何とか解決{/fac...
ボルベール <帰郷> (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
       = 『ボルベール <帰郷>』  (2006) = 少女時代に、母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コバ)のため、日々忙しく働いていた。 ある日のこと、肉体関係を求めてきた父親に、娘パウラが刃...
映画評「ボルベール<帰郷>」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2006年スペイン映画 監督ペドロ・アルモドバル ネタバレあり
「ボルベール<帰郷>」 (RAY's Favorites)
「女性のための○○」とか「女性賛歌」「女性だったら胸が切なくなる」などと枕詞の付いた映画や小説が、いつもどうもピンと来ません。 たぶ...