ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『純喫茶磯辺』

2008-04-30 13:45:56 | 新作映画
※一部、見どころに触れています。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。



----邦画週間第2弾は、また変なタイトル…。
「そう。この“純喫茶”というのが
なんとも古めかしい。
でも、いまでこそスターバックスとかドトールとかに押されてるけど、
その昔は、この純喫茶というのは、
ちょっと背伸びした高校生なんかのたまり場。
ぼくなんか、高校だけでなく大学の頃、
部屋が暑くて
この純喫茶で試験勉強していたもの
クーラーなんか学生が買えない時代だし…」

-----で、その純喫茶がなぜいま頃?
「主人公の磯辺裕次郎(宮迫博之)は、
8年前に妻・麦子(濱田マリ)が家を出て以来、
高校生の一人娘・咲子(仲里依紗)と公営団地に二人暮らし。
ある日、父が急死したことで多額の遺産が舞い込むことになり、
彼はそれをもとに、喫茶店経営を始めることを決意。
というのも、偶然入った喫茶店で、
マスターが美女と楽しく会話しているのを目撃したから」

-----ニャンか、動機が不純。
“純喫茶”なのに(笑)。
「まあ、この映画はそこがポイントだからね。
『純喫茶磯辺』の店名ばかりか内装もダサイその店が
咲子は恥ずかしくてたまらない。
一方、裕次郎は勢いから、江頭(近藤春菜)を雇ったもの客はさっぱり。
そこにバイトを探していた美人の素子(麻生久美子)が現れたモノだから、
裕次郎は江頭を言いくるめてクビに。
だが、それを機に『純喫茶磯辺』は
常連客が入り浸り大繁盛…」

----ははあ。これで映画としてのお膳立てはできたニャ。
「うん。映画は
この後、裕次郎の素子への想い。
そして常連客の小説家・安田(和田聰宏)に惹かれる咲子。
さらには素子に対する咲子の反発などが軸になって、
物語が進んでゆく。
この映画の監督、吉田恵輔という人の作品を観るのは、
実はこれが初めてだけど、
ぼくとしては大いに楽しめたね」

----どんニャところが?
「ダメオヤジ裕次郎の下心見え見えの姿に
咲子は娘として嫌悪感さえ感じるんだけど、
でもそれは元妻・麦子の言葉を借りれば
『いつまでも青春していたい。
恋する気持ちは咲子と同じ』。
こういうのって嬉しいじゃない」

----(笑)えいも大人になれないニャあ。
「あと、登場人物それぞれのユニークな造型、
そしてそれらを
ある空間の中に押し込んで
一種の緊張状態を作り出す、その計算された語り口。
たとえば、最初の頃、素子は観客から見てあれっ?と思う意外な行動に出る。
また、途中で元カレが現れて突然、彼女をぶん殴るシーンがある。
実はこれらは、次のクライマックスの伏線になっている」

----それ語っちゃっていいの?
「だから、最初に※注を付けたの。
居酒屋で素子は咲子に思いっきりなじられる。
『あんた、人の気持ち考えたことないでしょ?』って。
ところが、この居酒屋では実は父・裕次郎が彼女に
プロポーズをする予定だった。
咲子と素子がそんなことになっているとは知らず、
トイレから戻ってきた裕次郎の前で、
素子はとんでもないことを言い始める。
さすがにここは明かせないけど、
もう、このシーンだけでお釣りがくるくらい
ドキドキしてオモシロかったね」

----ふうん。よくわからニャイけど、
そんな役を麻生久美子がヤルっていうのも珍しいね。
「そうなんだ。
とても彼女が口にするとは思えない下ネタなセリフが
ぽんぽん出てくる。
一方、清純派のイメージが強い仲里依紗にも、自分の匂いを嗅がせたりと、
かなりタブー破りの役者演出。
しかし、目下絶好調の仲里依紗にとっても
これはそれこそ本領発揮の作品。
『ガチ★ボーイ』でしか彼女を知らない映画ファンは
改めて彼女のよさを見直すことは間違いないと思うよ」



        (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これは、いままであまり描かれなかった女性なのニャ」おっ、これは

「キタ顔」キャンペーン参加中!※フォーンを探せ!
きた~っgif


※夏のオススメだ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『百万円と苦虫女』 | トップ | 『DIVE!! ダイブ』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (間諜X72)
2011-11-19 02:13:31
先日、TSUTAYAでこの映画のDVDを借りて初めて見ました。
面白かったです。夫婦で爆笑しながら見ました。
ダサい感じの喫茶店だけど、美人の素子がコスプレでバイトしたら商売繁盛になる。
彼女が辞めたら閑古鳥。
一度クビにした江頭を雇う。江頭がコスプレ。
マスターはいい加減で軽薄だけど憎めない男です。
娘咲子もそんな父親を非難しながらも支える。
喫茶店は閉店になってしまったけど、あの父娘は支え合って生きていくでしょうね。
僕が仲里依紗ちゃんの存在を知ったのは、香取慎吾主演ドラマ「幸せになろうよ」のOL役です。
あの時と随分イメージが違って驚きました。
今時の女子高生を好演してました。
■間諜X72さん (えい)
2011-11-24 21:07:34
こんばんは。

お越しいただいてとても嬉しいです。
この映画のオモシロさは、
とにかくまず観て…という感じでしたよね。
仲里依紗を初めて知ったのは
『渋谷区円山町』でしたが、
これは前半の主役・榮倉奈々を食っていました。
新作『ハラがコレなんで』も彼女のよさが出た映画。
おススメ。
そうそう、この吉田恵輔監督の次作『さんかく』もおススメですよ!
また、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【2008-167】純喫茶磯辺 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 喫茶店はじめたぐらいじゃ、 人生変わらないと思ってた・・・。
純喫茶磯辺☆独り言 (黒猫のうたた寝)
宮迫さん扮する父、濱田マリ扮する母・・・うーーん、どっちにしてもこのひょうひょうと我が道を行く親にして・・・この娘ありなんだ(笑)『純喫茶磯辺』観てきました。こーいう喫茶店・・・いまじゃカフェなんて小洒落たお店が増えていますけど・・・懐かしすぎる(笑)『僕...
『純喫茶磯辺』 @テアトル新宿 (映画な日々。読書な日々。)
高校生のひとり娘・咲子と公団で暮らしている磯辺裕次郎。急死した父が遺した多額の遺産を手にした彼は仕事を辞め、何の計画性もなく「女にモテたいから」という不純な動機で“純喫茶磯辺”をオープン。咲子も夏休みの間、店を手伝う事になった。そんな時、バイト募集を見...
「純喫茶磯辺」完成披露試写会 (アートの片隅で)
「純喫茶磯辺」の完成披露試写会でヤクルトホールに行って来ました。 舞台挨拶に登場したのは、宮迫博之、仲里依紗、吉田恵輔監督の3人です。 宮迫博之は最近あまりやらなくなった「ミ、ヤ、サ、コ、です!」のギャグに、照れていました。 最近テレビドラマ「ハチワン...
娘はつらいよ。~「純喫茶磯辺」~ (ペパーミントの魔術師)
喫茶店はじめたくらいじゃ人生変わらないと思ってた。 人生は変わらんかもしれん、オトンはあのままだろうし、 娘のオトンに対する態度もおそらくあのままだろう。 ただ、そこで店を営んでた僅かの間に 親子の距離はちょっと縮まったんじゃなかろうか? 前よりお互いを...
『純喫茶磯辺』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「純喫茶磯辺」□監督・脚本 吉田恵輔 □キャスト 宮迫博之、仲里依紗、濱田マリ、麻生久美子、近藤春菜、和田聰宏、ミッキー・カーチス、斎藤洋介、ダンカン■鑑賞日 7月19日(土)■劇場 テアトル新宿■cyazの満足度 ★★★(5★満...
【純喫茶磯辺】 (日々のつぶやき)
監督:吉田恵輔 出演:宮迫博之、仲里依紗、麻生久美子、近藤春菜、ダンカン、濱田マリ 「両親の離婚以来父と二人暮しをしてきた高校生の磯辺咲子。それなりに仲良くやってきていたが、祖父の急死で遺産が入り父が仕事に行かなくなってしまった。 ある日入った喫茶
純喫茶磯辺 (eclipse的な独り言)
 これ結構いけます。日曜の昼間に見るにはもってこいでした。(9月14日 静岡シネ
【映画】純喫茶磯辺 (新!やさぐれ日記)
▼動機 これは面白そうな予感 ▼感想 とても面白かった ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘・咲子(仲里依紗)と暮らす水道工員の磯辺裕次郎(宮迫博之)。父親が急死して多額の遺産を手にした彼は突如喫茶店...
純喫茶磯辺 (Memoirs_of_dai)
不純な動機で始めた純喫茶 【Story】 8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘と暮らす水道工員の磯辺裕次郎(宮迫博之)。父親が急死して...
純喫茶磯辺 (だらだら無気力ブログ)
モテたいという不純な動機で喫茶店をやり出したダメダメな父親と そんな父親にあきれながらも店を手伝うしっかりものの娘との奮闘を 描いたコメディ。妻が出ていってから、高校生の娘とともに暮らす配管工の磯辺裕次郎。 ある日、父親が死んでその遺産が入るとスパっと仕...
「純喫茶磯辺」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
最近“純喫茶”ってあんまりみないなぁ~・・
「純喫茶 磯辺」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
宮迫の軽薄なノリがいい味を出している。 誰しも一生に一度くらい考えたことはないだろうか、「喫茶店のマスターになりたい」「自分のスナックを持ちたい」・・。 私はある(笑)!喫茶店のマスターになりたかった。だからこの映画の磯辺裕次郎の気持ちが解る。やってみ...
「純喫茶磯辺」 愛おしい不器用さ (はらやんの映画徒然草)
最近はお洒落なカフェが隆盛で、純喫茶と言っている店はめっきりと少なくなりました。
純喫茶磯辺 (Addict allcinema 映画レビュー)
喫茶店はじめたぐらいじゃ、人生変わらないと思ってた…。  
純喫茶磯辺 (単館系)
しょっぱなから軽快なBGMでノリノリなオープニングで観客をひきつける演出はうまいかな。 この親子、よくいそうな感じ。 素子もどこにでも...
『純喫茶磯辺』 (『映画な日々』 cinema-days)
純喫茶磯辺 祖父の遺産が転がり込んで 呑んべんだらりとしていたオッサンが 一念発起して喫茶店を始めた... 【個人評価:★★☆】 (自宅...
mini review 09372「 純喫茶磯辺」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
モテたい一心で喫茶店経営を始めたダメ親父が、しっかり者の娘とともに奮闘するハートフル・コメディー。『机のなかみ』で注目を集めた吉田恵輔が監督を務め、不器用なダメ人間たちが繰り広げる悲喜劇をユーモラスに描き出す。主演は、お笑い芸人としてだけでなく、俳優と...
映画評「純喫茶磯辺」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・吉田恵輔 ネタバレあり