ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『パリより愛をこめて』

2010-03-25 21:09:54 | 新作映画
(原題:From Paris with Love)


----『パリより愛をこめて』
タイトル、間違っているんじゃニャい。
「ところが、これが原題の直訳。
もちろん、あの名作
『007/ロシアより愛をこめて』を意識しているんだろうけどね。
主人公ジェームズ・リース(ジョナサン・リース・マイヤーズ)の職業。
これからしてまずユニーク。
表の顔はパリのエリート米大使館員、
裏の顔はCIAの見習い捜査官。
そんな彼が危険すぎる相棒、ワックス(ジョン・トラボルタ)と組み、
犯罪組織のアジトを探して、パリ中を駆け巡る」

----ニャるほど。それはいい目の付け方。
ベテランが新米を連れているわけだから、
足手まといになる可能性は大。
サスペンス色も倍増だ。
「うん。で、この手の決まりごととして、キャラが正反対。
リースは、繊細な性格で人を撃ったたことがない。
一方、ワックスは迷うことなく銃をぶっ放すクレージー野郎。
それに加えて推理力も抜群。
ある意味、現代の『シャーロック・ホームズ』(笑)」

----それはないでしょ。(笑)
このトラボルタときたら、
スキンヘッドに髭、革のジャケットにスカーフ。
しかもアクセサリーまでじゃらじゃらさせてる。
「そうだね。
でも、これがカッコいいんだ。
アクションのキレも太めの体にしてはなかなかだし…。
さて、物語の方だけど、
途中で、とんでもない展開を見せるんだ。
まあ、ある種の伏線が張ってあって、
読めないでもなかったけど、
これが悲しいというか、実に切ないんだね」

----ふうん。ニャにが起こるんだろう?
「これ以上は言えないなあ。
それはリースにとっての試練…ということで止めておくかな。
さて、この映画の決め手となる演出の方に話を移そう。
まずはガンアクション。
この映画を観ると『ジョン・ウーの後継者』の栄誉を
彼に与えてもいいのではないかって感じ。
その振り付けがまるでダンスみたいに華麗なんだ。
また、カ―アクションにもひねりが…。
トラボルタはTOWミサイルを担いで車にハコノリしちゃうしね。
一方で『ベスト・キッド』『スター・トレック』といった
映画ネタも多く、ぼくは大満足」

----べた褒めだね。監督は誰ニャの?
ピエール・モレル
やはりパリを舞台にした傑作アクション
『96時間』を手掛けた監督だよ」

----ニャるほど。それは納得。


     (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「ランニングタイムが短いのもいいよニャ」いいねぇ

※アイデア勝負。でも演出もしっかりしていた度

コトリ・ロゴお花屋さん/">もよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『座頭市 THE LAST』 | トップ | 『プレシャス』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラボルタ (ともや)
2010-04-24 20:31:48
こんばんは、えいさん♪
ここまでタイトルをリスペクトするなら、ストーリーにも「ロシアより愛をこめて」的な部分が欲しかったですよね~。
…とはいえ、トラさん大好きなんで、かなり満足♪
50歳越えであの格好とアクションができるのは喝采ですww
あの格好だったら、そのまま「団塊ボーイズ」の続編も撮れちゃいそう(笑)。
■ともやさん (えい)
2010-04-27 09:14:28
こんにちは。
タイトルをいただいた理由があまり良く伝わらなかったですよね。
トラヴォルタは、そんなに好きではなかったのですが、
悪役に転向した『ブロークン・アロー』あたりから気にいってきました。
『ソードフィッシュ』もよかったなあ。
Unknown (KLY)
2010-05-08 21:40:47
これほどカッコいいトラボルタを久々に見ましたよ。
ジョナサンは若くてイケメンですが、まだまだ若いもんには負けねぇ~よ!
ってとこでしょうかね。(笑)
ピエール・モレル監督は確かに今アクション映画取らせたら世界一かも。
■KLYさん (えい)
2010-05-09 13:19:19
トラボルタ、ところどころ、
動きがもっさりでしたが、
なんとも喜々として演じていましたね。
この監督、前作『96時間』も楽しめたし、
今後に期待がかかります。
これを、そんな動機で・・・ (悠雅)
2010-05-15 15:15:04
と、驚かれるかもしれないけれど、
監督もトラボルタもアクションも二の次で、
ジョナサン目当てに観に行って、すっかり楽しんで帰って参りました。

筋書き云々よりは、アクションであれ俳優であれ、
それぞれがいい具合に楽しめるようになってましたよね。
読めるとは言え、伏線もあって、映画へのオマージュもあって、
普段、アクションものは避けてしまう傾向のわたしでも、
これは気に入ってしまいました。
ま、ジョナサンのおかげではあるんですが(笑)
Unknown (えふ)
2010-05-15 20:15:54
ガンアクションもカーアクションも
けっこう芸術的なかんじで好きでした。
とはいってもやはりトラさんのキレっぷりには
負けますが(爆
でもかっこよかった~
こんばんは♪ (yukarin)
2010-05-16 20:52:14
コメントありがとうございました。
何も考えずに楽しめる作品ですね~。
ふふふ、確かに太めの体にしてはキレの良いアクションでした(笑)
とにかくジョン・トラボルタがカッコ良く思えてあのメチャクチャさには圧倒されました。
■悠雅さん (えい)
2010-05-18 12:23:05
いえいえ。そんなには驚かないですよ。
ジョナサン、最近、あのオカルトはあったものの久しぶりの等身大(?)の魅力。
トラに引きずり回されてあたふたの感じが、またよかったです。
■えふさん (えい)
2010-05-18 12:27:02
確かにあのアクションはよかった。
緩急がありタメがある。
ただ派手でさえあればOKのアクションとは全く違います。


■yukarinさん (えい)
2010-05-18 12:32:17
こんにちは。
トラボルタ、楽しんで演じているのがとてもよく伝わってきました。
そういう映画は観ていて気持ちいいです。
こんにちは (たいむ)
2010-05-18 17:29:05
私も満足♪
クレイジーな割にはちゃんと優秀で、見ていて爽快でした。

タイトルはやっぱり007を意識したものですか?
このコンビはまた見たいですw
■たいむさん (えい)
2010-05-18 22:21:03
いま、
『グリーン・ゾーン』へいただいたコメントのお返事を書きながら思いました。
これは、あの映画とは対極。
まったくありえないアクションと設定。
でも、そのマンガチックな部分って、
ボンド映画が最初持っていたものだったような…。
そう考えると、このタイトルも納得です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パリより愛をこめて (ともやの映画大好きっ!)
(原題:FROM PARIS WITH LOVE) 【2010年・フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 諜報員に憧れる駐仏アメリカ大使館員が、凄腕諜報員に翻弄されながらも重大事件を解決していくサスペンス・アクション。 パリのアメリカ大使館に務めるジョナサン・リース(ジョナサン・...
パリより愛をこめて とにかくむちゃくちゃ~♪ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=21 -8-】 今日は世界中の労働者がおいらの誕生日を祝う日、さ~て、大阪城でのメーデーに行ってくるかあ~。 そして昨日の試写会はエル・おおさか(大阪府立労働センター)にて、労働者付いてるね。(意味不明~)  若き駐仏アメリカ大使館員リースは、エ...
パリより愛をこめて (Memoirs_of_dai)
容姿も行動も破天荒なトラヴォルタ 【Story】 CIAの異端諜報員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報活動...
パリより愛をこめて /FROM PARIS WITH LOVE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「共演のジョナサン・リースマイヤーズと顔が似てるから、区別の為に剃ったんだ」とトラさん。 そんなことしてくれなくったって誰も間違えませんから{/m_0088/} 原案リュック・べッソン、監...
映画:パリより愛をこめて From Paris with Love 96時間コンビの最新作の出来は? (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日アップした記事にもふれてはいるが、 「96時間」のコンビが次に作ったのがこの「パリより愛をこめて」。 当ブログでは「96時間」を激賞している(2009-08-19「96時間」Taken 褒め言葉1~5(本文)でわかっていただきたい、必見のアクション!) ということで、この...
パリより愛をこめて (LOVE Cinemas 調布)
原案リュック・ベッソン、『96時間』のピエール・モレル監督で送るアクションエンタテインメントムービーだ。主演は『サブウェイ123 激突』のジョン・トラボルタ。共演に最近では『シェルター』が記憶に新しいジョナサン・リス・マイヤーズ。フランス・パリを舞台に...
『パリより愛をこめて』(2010)/フランス (NiceOne!!)
原題:FROMPARISWITHLOVE監督:ピエール・モレル出演:ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<...
パリより愛をこめて/FROM PARIS WITH LOVE☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ベッソンが絡んだヨーロッパコープの作品に関して言うなら、なんでこんなに頭スッキリしちゃう面白いアクション映画作っちゃうんだろう♪っと思うのです。しかも、今回トラボルタが出演?!うっわーーーー注目に値しちゃうわ。今回潔くもマルガリータ!スキンヘッド(笑)...
劇場鑑賞「パリより愛をこめて」 (日々“是”精進!)
FromParisWithLove輸入盤【CD】「パリより愛をこめて」を鑑賞してきました「96時間」のピエール・モレル監督が、「サブウェイ123 激突」のジョン・トラヴォルタを主演に迎えて贈る...
パリより愛をこめて (悠雅的生活)
Wax on,Wax off。ロイヤル・バーガー。遥かなる影。
パリより愛をこめて (映画鑑賞★日記・・・)
【FROM PARIS WITH LOVE】 2010/05/15公開 アメリカ R15 +95分監督:ピエール・モレル出演:ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムートニアック、リチャード・ダーデン、アンバー・ローズ・レヴァ人生のひきがねを引け。Story:CIAの異...
パリより愛をこめて / From Paris With Love (勝手に映画評)
『TAXi』『96時間』『トランスポーター』でお馴染みのリュック・ベッソンが原案の、パリを舞台にしたアクション映画。期待を裏切らず、めちゃめちゃ派手なアクションが画面に繰り広げられます。 最初に思いついたのは、原題の『From Paris With Love』で思いついたのは、...
パリより愛をこめて (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!人生のひきがねを引け。
[映画『パリより愛をこめて』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆原案がリュック・ベッソンで、監督がピエール・モレルという、昨年のメチャ面白アクション作品『96時間』の二人が作り上げた新作。  今回も、悪党に容赦なく非常に面白かったが、  設定を変えただけで、見せ方は同じなので、やや新鮮さに欠けた。
パリより愛をこめて (2010 映画観てきましたっ!)
公開2日目 早速、ユナイテッドさんで 観てきましたっ!
パリより愛をこめて (★YUKAの気ままな有閑日記★)
実はジョナサン・リス・マイアーズの寂しげな瞳が好きー【story】CIAの異端児諜報員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報活動の日々が一転、危険な捜査に乗り出すことになった駐仏アメリカ大使館員のリース(ジョナサン・リス・マイヤー...
パリより愛をこめて (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>CIAの異端児諜報(ちょうほう)員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報(ちょうほう)...
「パリより愛をこめて」みた。 (たいむのひとりごと)
これは爽快!思い切りB級臭そうだと期待していなかったけれど、ゴメン、ちょっぴり謝ります!まさかトラちゃんがこんなにカッコイイCIAエージェントで魅せてくれるとは思っていなかった。相棒役のジョナサン・リ
パリより愛をこめて(2010)FROM PARIS WITH LOVE (銅版画制作の日々)
人生のひきがねを引け。 MOVX京都にて鑑賞。トラボルタがリュック・ベッソンフィルムに登場とは、、、、、。ジャイソン・ステイサムの中年版というところでしょうか?何でもリュック・ベッソン × ピエール・モレルがトラボルタを起用して撮りたかったそうです。前作「9...
パリより愛をこめて (だらだら無気力ブログ)
パリを舞台に、型破りなCIAエージェントとそのCIAエージェントとコンビを 組むことになった駐仏アメリカ大使館員がパリを訪れるアメリカ要人への 爆弾テロを防ぐべく奮闘する様を描いたサスペンスアクション。 型破りなCIAエージェントには『サブウェイ123 激突』の...
『パリより愛をこめて』産業ムービーを送ります (映画のブログ)
 「産業ロック」という言葉を使い始めたのは渋谷陽一氏であろう。  氏は、世界的に売れているバンドの音楽を指して、こう呼ぶことがあった...
「パリより愛をこめて」  From Paris with Love (俺の明日はどっちだ)
ウヒョー、良くも悪しくもリュック・べッソンらしいB級テイスト満載な痛快アクション、バディムーヴィー。 実のところ、悪者となる人間、そして殺される人間もほぼ全員非白人で、クスリが隠されているアジトはやはりこんな感じでしょと中華料理店が登場し、そこではうじ...
パリより愛をこめて (風に吹かれて)
一日で26人 [E:wobbly]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/frompariswithlove原案: リュック・ベッソン監督: ピエール・モレル 「アルティ
★「パリより愛をこめて」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、TOHOシネマズららぽーと横浜で1本。 マット・デイモンの「グリーン・ゾーン」とどっちにしようか迷ったけど、 トラヴォルタのスキンヘッドに魅せられて、こっちにしちゃった。
パリより愛をこめて (犬・ときどき映画)
パリより愛をこめて「From Paris With Love」 <Story> リース(ジョナサン・リース・マイヤーズ)はパリのアメリカ大使館に勤めるエリート外交官、しかしその本当の顔はCIAの見習い捜査官。パリには婚約者もいる。 そこにミッションの相棒である型破りなワックス(ジョ...
パリより愛をこめて/From Paris with Love (いい加減社長の映画日記)
準備はしてたんだけど、またアップするのが1週間遅れになってしまった^^; 最初は、観る気はなかったんだけど・・・ 予告編で、好きなスパイもの(?)みたいだったし、最近悪役が増えてきたジョン・トラボルタに魅かれて、「パリより愛をこめて」を鑑賞。「UCとしまえん...
パリより愛をこめて (心のままに映画の風景)
駐仏アメリカ大使館員のジェームズ・リース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)は、エリート大使館員にしてCIAの見習い捜査官。 ある日、CIA本...
パリより愛をこめて (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレルという、『TAXi』『96時間』のコンビが花の都・パリを舞台に織り成す極上のサスペンス・アクション。 物語:パリのアメリカ大使館員・リースには上司にも婚約者にも言えない秘密があった。CIAの見習い捜査官として諜報活...
「パリより愛をこめて」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 いつもながらリュック・ベッソンとは、非常に「分かりやすい」映画人だと思う。 監督にせい原案にせい、基本的にやってる事は同じながら、間違えた物が出てくる事がほとんどなく...
『パリより愛をこめて』 (Cinema + Sweets = ∞)
ここのところ、仕事の疲れだったり、シフトの組まれ方だったり、転職活動していたりと色々な要素が重なって、映画館に全然足を運べていなかったんだけれど、昨日・今日と2連休なので、久々に映画を観てきましたー。 ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リース・マイヤー...
マッド・ワックス~『パリより愛をこめて』 (真紅のthinkingdays)
 FROM PARIS WITH LOVE  在仏アメリカ大使館で補佐官として働くジェームズ・リース(ジョナサン・リス=マ イヤーズ)は、CIAの見習いエー...
疾走する快作バディムービー「パリより愛をこめて」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
これはまさにトラちゃん大暴れの映画。なんといってもシネスコサイズからはみ出るぐらいなのだ。原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレルの『96時間』のコンビによる『パリより愛をこめて』。そんな疾走する
「愛」担当はツボ持って。(爆)~「パリより愛をこめて」~ (ペパーミントの魔術師)
あとで役に立つからとは言え、いつまで持っとんね~んと ツッコミたくなるツボ。 この壷もツボでした。(さ、寒いギャグだ・・・) ね~どうみても悪人顔じゃないですか~(笑) このトラちゃんがもうサイコーでした。 鑑賞予定にはいれてなかった作品なんですが 例...
パリより愛をこめて (Art-Mill)
オープニングのシャンソンにちょっぴりフランス映画らしい雰囲気を感じさせた。タイトルからは、「パリ」がそれなりのメッセージになるかと思いきや、別に何処が舞台でもよかったようだ。あの007の名作「ロシアより愛をこめて」へのオマージュ作品でしょうか。内容は銃...
No.042 「パリより愛をこめて」 (2010年 95分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ピエール・モレル 出演 ジョン・トラヴォルタ    ジョナサン・リス・マイヤーズ      カシア・スムートニアック 早くも公開間もない最新作の鑑賞です。 それも製作がリュック・ベンソンで、監督が「96時間」のピエール・モレルとなかなかいいコンビ...
パリより愛をこめて (こんな映画見ました~)
『パリより愛をこめて』 ---FROM PARIS WITH LOVE--- 2010年(フランス) 監督:ピエール・モレル 出演: ジョン・トラヴォルタ チャーリー・ワックス ジョナサン・リス・マイヤーズ ジェームズ・リース カシア・スムートニアック キャロリン フランスのアメリ...
パリより愛をこめて【2回目】 (犬・ときどき映画)
水曜日で1000円だし、また観てしまいました。 「パリより愛をこめて 」[FromParisWithLove] 何回観ても面白い映画は面白い。 結末がわかっていても、わくわくドキドキは変わらない。 結末がわかっているだけに今日は、新米CIA諜報部員のリース(ジョナサン・リース・...
パリより愛をこめて (Yuhiの読書日記+α)
花の都・パリを舞台に織り成す極上のサスペンス・アクション。監督はピエール・モレル、原案はリュック・ベッソン、キャストはジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース・マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク他。 <あらすじ> CIAの異端児諜報(ちょうほう)員ワックス(...
「パリより愛をこめて」 パリはハリウッドよりビター (はらやんの映画徒然草)
世界的にみてアクション映画といったら、アメリカのそれもハリウッドで作られたものに
パリより愛をこめて (From Paris with Love) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピエール・モレル 主演 ジョン・トラヴォルタ 2010年 フランス映画 95分 アクション 採点★★★★ ベッソンって、ホント素直なんでしょうねぇ。何かを観て気に入ったり「スゲェ!」と思ったら、即座にベッソンネタ帳に「俺だったらここをこーやって、そんで...
『パリより愛をこめて』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 パリより愛をこめて 』 (2010)  監  督 :ピエール・モレルキャスト :ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズ、エリック・ゴードン、 リチャード・ダーデン、カシア・スムトゥアニ...
パリより愛をこめて (小部屋日記)
From Paris With Love(2010/フランス)【Blu-ray】 監督:ピエール・モレル 出演:ジョン・トラボルタ/ジョナサン・リース=マイヤーズ/エリック・ゴードン/リチャード・ダーデン/カシア・スムトゥアニク 人生のひきがねを引け。 「96時間」の制作リュック・ベッ...
パリより愛をこめて (RISING STEEL)
パリより愛をこめて / FROM PARIS WITH LOVE 表向きはアメリカ大使館員であるCIAエージェントのジェームズの雑用ばかりをこなす毎日は アメリカ本国からやってきた敏腕捜査官チャーリーの出現により崩壊し...
映画評「パリより愛をこめて」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年フランス映画 監督ピエール・モレル ネタバレあり
パリより愛をこめて (Blossom)
パリより愛をこめて FROM PARIS WITH LOVE 監督 ピエール・モレル 出演 ジョン・トラヴォルタ ジョナサン・リス・マイヤーズ     カシア・スムートニアック リチャード・ダーデン フランス 2010