ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ゴールデンスランバー』

2009-12-10 19:58:21 | 新作映画
----これは超話題の映画だニャ。
「うん。人気の伊坂幸太郎原作。
小説は読んでいないけど、
発表されたとき、そのタイトルを聞いて
うわあ。やるな…と思った」

----タイトルで?
「そう。これは有名なビートルズの『アビーロード』のB面。
メドレーが始まっていく最初に位置する最も美しい曲」

----へぇ~っ。でもオリジナルは使用権が高そうだよね。
「うん。だれが歌うのかなと思ったら、やはりこの人。
いまや原作者の盟友となった斉藤和義

----あっ、『フィッシュストーリー』もそうだった。
ということは監督もきっと同じだね。
「うん。中村義洋
伊坂幸太郎自身は、
自分の作品が立て続けに映画化されることに慎重になっていた。
ところが『中村さんの映画なら観てみたい』という
一中村ファンとしての思いから映画化を快諾したらしい」

----主演は堺雅人だっけ。
ヒロイン役が竹内結子
これで中村監督と言ったら『ジェネラル・ルージュの凱旋』だ。
「うん。物語の概略はこう。
主人公の青柳は、
身に覚えのないまま見えない巨大な力によって
首相暗殺事件の犯人に仕立て上げられる。
彼は、厳戒な警備を敷かれた仙台市内を2日間にわたって逃げ続ける…。
アメリカ映画、特にヒッチコック映画によく見受けられる
これは“濡れ衣を着せられた男の逃亡劇”」

----ニャるほど。共演も豪華だよね。
「うん。青柳の友人役に吉岡秀隆、劇団ひとり
なかでも吉岡秀隆は、これまでの彼からは想像もつかない役を演じている。
汗じっとりにじませて、
主人公を罠にかけながら、
そのことを告白するシーンは前半のハイライト。
あと、中村監督作品のレギュラー、
濱田岳もいい役をもらったといえるね。
そうそう、これは映画というよりも原作に関係するんだろうけど、
犯罪に整形が絡んでくる」

----えっ。整形?
「うん。最近、世間をにぎわせた事件を先取りしたかのよう。
ちょっと、これはビックリだったね。
映画全体としては、ぐいぐい引き込まれる。
ただ、後半少し失速。
ちょっと長すぎた感がないでもないね」


         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これは大ヒット間違いなしなのニャ」身を乗り出す


※エキストラ・シーンも迫力だ度


blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『フローズン・リバー』 | トップ | 『牛の鈴音』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱりダメでしたか~。 (Ageha)
2009-12-12 08:32:59
いや、出来の話じゃなくて
ビートルズのオリジナルで
ゴールデンスランバーが使われるかどうか
知りたかったので。
版権てうるさいんですね。
原作に歌詞の一部と訳を載せるのさえ大変だったらしいんで。


コレは先に読みました。本屋大賞が制定されてから毎年ノミネートされてて満を持しての大賞受賞。
直木賞と違って
書店員が売りたい本、
カウンターで一番売ってる本イコール
読者人気ダントツ作家なんで
映画はもちろん
伊坂さん本人にたいする期待度のハードルも高いから
何がきてもそう簡単に満足は出来ないんですよね。


今までは映画見て
原作わかった気で売ってたんですが
いざ読んでみたら
ずいぶん違うのに今年やたら出くわしたんで
別物と割り切って鑑賞することにします。
…いや、タラタラ書きましたが
結局は堺さん目当てで。(笑)
■Agehaさん (えい)
2009-12-13 13:57:51
こんにちは。

ビートルズといえば、
『ノルウェイの森』はどうなるんでしょう。
冒頭、機内でこの音楽を耳にするという設定ですが、
ビートルズではない演奏を使ったら、
いきなりどっちらけですよね。

しかし、伊坂幸太郎の人気はスゴイ。
映画でしか観ていないので
文章については語れませんが、
発想が飛び抜けているのは間違いないですよね。
試写会で大爆笑。 (Ageha)
2010-01-23 21:46:17
…一応「逃亡者」でハラハラドキドキのサスペンス…のハズなんですが。(笑)

いやもう、吉本が地団太踏むんじゃないってくらいあちこちでケタケタ笑いました。


深刻な事ほど軽く。
どの伊坂小説にも共通するクスっと笑えるセリフやシチュエーション。
中村監督は原作をさらにライトにしたようで。


ビックリしたのは、キルオのキャスティング。
多分今回の濱田くんが今までで一番好きかもです。
■Agehaさん (えい)
2010-01-23 23:31:41
こんにちは。

ぼくも、けっこう笑いました。
キルオの「びっくりした?」はよかったですね。

ただ、あの花火のシーンは個人的には
興ざめでした。
気に入りました。 (たいむ)
2010-01-30 15:27:14
こんにちは!
原作の秀逸さもさることながら、中村義洋監督の味付けが好きです。
どちらかというと伊坂作品は重いので、映像的に笑わせて軽くしてくれる映画のほうが好きになります。

ちょっと無理でしょ~というとこともあったけれど、あえてつっ込まない位に気に入りました♪
びっくりした? (にゃむばなな)
2010-01-30 21:12:12
キルオを演じた濱田岳さんが個人的にはツボでしたよ。
やっぱり面白い映画には面白い脇役が必要。

今回のキルオは最高でしたよ。
でも彼は一応通り魔さん・・・なんですよね。
確かに (miyu)
2010-01-31 17:05:41
少し冗長だったかもしれませんね。
でも、これはなかなか面白かったです。
個人的には伊東さんがお気に入り♪
濱田岳さんもキャラ的にはハマってましたよね。
サスガにあの身のこなしはないだろ~って感じが
しちゃいましたけどねw
■たいむさん (えい)
2010-02-01 22:56:30
なるほど。
映像的に笑わせて軽くしてくれるのが
中村監督の特徴というわけですね。
しかし、これほど
ハイ・アベレージをキープし続ける監督も珍しい。
いい意味での職人監督の誕生ですよね。
それがメジャーからの出ではないところも
オモシロいです。
■にゃむばななさん (えい)
2010-02-01 23:12:29
こんばんは。

濱田岳には、それこそビックリしました。
こんなキャスティング、よく考え付きましたよね。
彼の最期は、ほんとうに辛かったです。
そう、通り魔なのに…。
■miyuさん (えい)
2010-02-01 23:18:53
こんばんは。

そうか。あの伊東さんが演じた父親は
ある意味、『重力ピエロ』に繋がりますよね。
家族に対する絶対的信頼。
このあたりも、
伊坂文学が支持される一つの要因なのかも。
伏線伏線伏線・・・回収 (うめ)
2010-02-09 21:07:42
やー、笑いましたぁ。
そしてシャレのきいた手紙に落涙…。

伊坂著作って、ほとんど読んでなくて(コレも)…。原作はハラハラどきどきかぁ。
でも、伊坂×中村×斉藤の映画は鉄板なんじゃないか?と思っちゃいます。

岳ちゃんもよかったけど、
「おー!クライマーズ・ハイのひと!!すごっ!」
と、滝藤賢一さん。今回も印象的でした。
■うめさん (えい)
2010-02-14 19:15:32
こんばんは。

お返事遅くなりました。
ぼくも、あの手紙には脱帽でした。
滝藤賢一の使い方はぜいたくでしたね。
彼はやはり『クライマーズ・ハイ』が印象に残っています。
こんばんは (バラサ☆バラサ)
2010-02-17 23:07:04
ゴールデン・スランバーですが、ほとんど正確なコピーしてましたよね。変なアレンジがされていなくて、良かったと思います。

エンケン何してました?気付かなかった。

ちょっと長いのに同感。少し中弛みしました。
■バラサ☆バラサさん (えい)
2010-02-17 23:24:18
こんばんは。

そうですね。あの歌は変なアレンジをしたら、
そのよさが消えてしまう。
まさに完璧な一曲。

さて、あわてられましたね(汗)。
遠藤ではなく滝藤です。
で、どの役かは、ここで書いちゃうと
ネタバレになるので…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゴールデンスランバー (シネマDVD・映画情報館)
人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続き中村義洋監督が映画化したサスペンス。巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバーの決死の逃避行をスリリングに描く。主演は、中...
幸福な朝食、退屈な夕食。~ゴールデン・スランバーを見る前に。~ (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。 来年1月30日公開予定の 伊坂幸太郎原作の「ゴールデン・スランバー」 もうぼちぼち試写会に行ったひとのレビューがUPされてきて おおむね好評なんでさらに期待度が上がっちゃってます♪ 原作のレビューの前にもいっかいむしかえしますが 以
ゴールデンスランバー (悠雅的生活)
黄金のまどろみ。父と息子。ロックだよ。(試写会にて)
『ゴールデンスランバー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
新宿厚生年金会館であった『ゴールデンスランバー』の試写会に行ってきました。 ここで行われる試写会には過去にも何度か訪れているけれど、一番の混みだったんじゃないかと思うくらいに座席の数が次々と人で埋まっていったような印象が強いかも。 ******************...
『ゴールデンスランバー』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋、柄本明、香川照之試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこちら。<Story>首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳(堺雅人)...
試写会「ゴールデンスランバー」 (流れ流れて八丈島)
というわけで、なんと池袋から新宿の厚生年金会館まで徒歩で行って、「ゴールデンスランバー」の試写会を観てきました原作は「アヒルと鴨のコインロッカー」や「重力ピエロ」の伊坂幸太郎、監督は「ジェネラルルージュの凱旋」「フィッシュストーリー」の中村義洋、そして...
ゴールデンスランバー (映画の話でコーヒーブレイク)
JRの横浜駅で、auとコラボした堺さんのビックリ顔の本作ポスターを見かけました。 本作は今週末(1月30日)ロードショー公開なんですね。 そんな中、知人に誘われプロデューサー遠藤氏の会見付きの試写会に行ってきました。                     ...
劇場鑑賞「ゴールデンスランバー」 (日々“是”精進!)
ゴールデンスランバー~オリジナルサウンドトラック~「ゴールデンスランバー」を鑑賞してきました圧倒的なリーダビリティと鮮やかすぎる伏線回収で、2008年の“本屋大賞”や“山本周五郎賞”を受賞するなど各方面から絶賛された伊坂幸太郎の傑作ミステリーを映画化。...
「ゴールデンスランバー」みた。 (たいむのひとりごと)
伊坂作品を原作にした映画は原作を読んでいない方がより楽しめるといつも思うけれど、今回も片時たりとも目が離せない展開に釘付け。さすが吉田義洋監督!『アヒルと鴨のコインロッカー』以来、伊坂作品原作の映画は
ゴールデンスランバー (めでぃあみっくす)
びっくりした?いや~びっくりした!まさか「痴漢は死ね」という書初めと「ダンナさん、キャバ嬢と浮気してましたよ」という告げ口に泣かされるとは思いもしませんでした。やはり伊坂幸太郎先生と中村義洋監督のコラボは本当に素晴らしい!そして個人的にはキレ者だけどほ...
ゴールデンスランバー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2010/01/30製作国:日本上映時間:139分監督:中村義洋出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、竜雷太、伊東四朗、香川照之、貫地谷しほり、永島敏行無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲Story:凱...
「ゴールデンスランバー」冤罪を訴えながら逃げ続けた先にみた無罪を信じる人たちの支援 (オールマイティにコメンテート)
「ゴールデンスランバー」は伊坂幸太郎原作の作品で地元仙台で運送業に勤める男性が突然首相暗殺犯に仕立てられ、無実を訴えながら逃げ続けるストーリーである。冤罪事件が後を絶たない中に置いて本当に彼を犯人じゃないと信じる人たちが彼を助け続け、無実を訴えていくス...
ゴールデンスランバー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『無実の男、首相暗殺犯に断定』  コチラの「ゴールデンスランバー」は、The Beatles最後のアルバム「Abbey Road」に収められている「Golden Slumber」をモティーフに仙台で凱旋パレードをしていた首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃走劇を描いた伊坂幸太郎の...
映画 ゴールデンスランバー (充実した毎日を送るための独り言)
・ゴールデンスランバー(1月30日より公開 堺雅人,竹内結子 出演) ごく普通の青年が首相暗殺犯に仕立て上げられ、警察という国家権力からの2日間の逃亡劇を描いた、人気小説家伊坂幸太郎の原作を映画化したもの。 2時間30分とそれほど短くはないが、現実逃亡劇と大...
中村義洋監督 「ゴールデンスランバー」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今年初の劇場で観た映画レビューはこれ… ゴールデンスランバー - goo 映画 公式サイト⇒http://www.golden-slumber.jp/ 映画化決定の話があった時から、観たくて観たくてしょうがなかった映画! 前売りのチケットも去年のうちに購入(^m^:) 出来? もう言うこ...
ゴールデンスランバー (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ゴールデンスランバー’09:日本 ◆監督: 中島義洋「ジェネラル・ルージュの凱旋 」「アヒルと鴨のコインロッカー」◆出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋 、柄本明、香川照之 ◆STORY◆首相の凱旋パレードが行...
[映画『ゴールデンスランバー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  この原作者は、主に仙台を舞台にして数々の作品をものしているとのことで、  総理大臣の暗殺犯とされた主人公・青柳は、自分を陥れた奴らと戦うために、仙台市街を『ダイハード』風に縦横無尽に走る。  もちろん、アクションもあるのだが、『ダイハ...
映画「ゴールデンスランバー」 (FREE TIME)
映画「ゴールデンスランバー」を鑑賞しました。
『ゴールデンスランバー』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督 中村義洋 □原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大森南朋、ソニン、濱田 岳 、柄本 ...
「ゴールデンスランバー」 (俺の明日はどっちだ)
う~ん、困ったな。 実は身近なブロガー仲間を含め多くの人たちが絶賛し『本屋大賞』まで獲ってしまった伊坂幸太郎による原作は、そのあまりに胡散臭くてあまりに幼く思わざるを得ない設定にウンザリさせられ、キツイ言い方をするならば、上手さが目立つだけの作品でしか...
ゴールデンスランバー (勝手に映画評)
首相公選制が実現している時代が舞台。当選後初めてのお国入りの首相を暗殺した濡れ衣を着せられた男の二日に渡る逃亡劇。原作の舞台は、仙台市。映画も、全編仙台での撮影を敢行しています。 映画化を知ったのが先だったか、原作を読んだのが先だったか忘れてしまいまし...
【ゴールデンスランバー】アビーロードに打ち上げ花火 (映画@見取り八段)
ゴールデンスランバー 監督: 中村義洋 原作: 伊坂幸太郎    出演: 堺雅人、竹内結子、濱田岳、吉岡秀隆、劇団ひとり、    香川照...
「ゴールデンスランバー」を観る (紫@試写会マニア)
今や井坂か海堂か、という位この二人の小説が映画化しまくりである。当然だ、面白いのである。その面白くて仕方ない両雄から主演の誉れを得ているのが堺雅人。くしくもヒロインも同じく竹内結子。その井坂幸太郎氏・原作「ゴールデンスランバー」観てきちゃいました、だっ...
ゴールデンスランバー (日々緩々。)
『ゴールデンスランバー』観て来ました~ あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ...
ゴールデンスランバー (堺雅人さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「ゴールデンスランバー」(日本 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
リー・ハーヴェイ・オズワルド。 ジョン・F・ケネディ暗殺の単独実行犯として名指しされている男。 そしてオズワルドにされた男の逃走劇が始まる。
ゴールデンスランバー (だらだら無気力ブログ)
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリ...
舞台挨拶へ行けなかったので1000円で見てきた『ゴールデンスランバー』 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポ...
真実は闇の中で終わらせていいのか?!『ゴールデンスランバー』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。首相暗殺事件の犯人にでっち上げられた男性の逃走劇を描いた物語です。
ゴールデンスランバー (to Heart)
無実の男、首相暗殺犯に断定 製作年度 2009年 上映時間 139分 原作 伊坂幸太郎 脚本 中村義洋/林民夫/鈴木謙一 監督 中村義洋 音楽 斉藤和義 主題歌 斉藤和義『Golden Slumbers』 エンディングテーマ 斉藤和義『幸福な朝食 退屈な夕食』 出演 堺雅人/竹内結子/吉岡秀...
ゴールデンスランバー (いい加減社長の映画日記)
かなり大きく宣伝してるけど、実はそれほど大きな期待はしてなくて。 でも、なんとなくストーリーが面白そうで、「ゴールデンスランバー」を鑑賞。「UCとしまえん」は、土曜日の朝にしては少なめ。 「ゴールデンスランバー」は、中くらいのスクリーンで、6~7割。 【...
映画『ゴールデンスランバー』 (trivialities )
【1月30日特記】 映画『ゴールデンスランバー』を観てきた。 結論から言うと、やっぱり原稿用紙で1000枚を費やした長編を2時間の映画にするのは無理があるということだ。 ここで描かれているのは国家権力
ゴールデンスランバー (cochi のArt-Mill)
伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、斉藤和義音楽、そして主演堺雅人。 面白いように作られている。 楽しいように作られている。 制作チーム、スタッフはがんばっている。 たっぷり楽しませていただきましたが、、、、、、。 何か違うような気がしました。 「繋がり」が...
ゴールデンスランバー (~映画盛り沢山~)
監督:中村義洋  原作:伊坂幸太郎  脚本:中村義洋/林民夫  撮影:小松高志  編集:阿部亙英 出演:堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり 公開年:2010年  製作国:日本  上映時間:139分 ******************** 2010年20本目 新宿ピカ...
ゴールデンスランバー (心のままに映画の風景)
仙台。 宅配ドライバーの青柳は、金田首相が凱旋パレードを行う日に、大学時代の同級生・森田(吉岡秀隆)に呼び出された。 パレード中に爆発...
ゴールデンスランバー (映画の話でコーヒーブレイク)
JRの横浜駅で、auとコラボした堺さんのビックリ顔の本作ポスターを見かけました。 本作は今週末(1月30日)ロードショー公開なんですね。 そんな中、知人に誘われプロデューサー遠藤氏の会見付きの試写会に行ってきました。                     ...
『ゴールデンスランバー』 片目を開けて眠れるか? (映画のブログ)
 " きっと、つながる " というコピーのもと『フィッシュストーリー』が公開され、『サマーウォーズ』では " 「つながり」こそが、ボクらの武器...
ゴールデンスランバー (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月14日(日) 19:05~ キネカ大森2 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ゴールデンスランバー』公式サイト タイトルの「ゴールデンスランバー」は、ビートルズの最後のスタジオアルバム「アビーロード」の中の...
ゴールデンスランバー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴールデンスランバー』を吉祥寺で見てきました。  伊坂幸太郎氏の原作を映画化したものは、これまで『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フッシュストーリー』、それに『重力ピエロ』を見てきましたし、『クヒオ大佐』で類い稀な演技を披露した堺雅人が主役を演じも...
ゴールデンスランバー 原作の世界で忠実に作り込むとやはりいいのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=11 -4-】 上映時間が17時20分からとちょっと平日には行きにくい時間のこの映画、今日は仕事だったので、だから海は無し、そのおかげで封切りしてかなり時間が経ってからながらようやく今日観に行けた。 以前に友人が貸してくれたので読んだ原作、むちゃく...
「ゴールデスランバー」生きていてなんぼ (再出発日記)
《逃げろ、逃げろ、生きていてなんぼ、だ》話の筋は単純だ。(何らかの巨大な陰謀で)首相暗殺の嫌疑が掛けられた主人公が、仲間の助けを借りながら、ひたすら逃げる話である。監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり...
ゴールデンスランバー (単館系)
首相暗殺犯に仕立て上げられた主人公が仙台の中をひたすら逃げ回る! 彼は何もしていないから逃げているわけですが・・・ 話の展開は面白...
ゴールデンスランバー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ゴールデンスランバー 制作:2009年・日本 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季 あらすじ:凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライ...
「ゴールデンスランバー」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★☆ 製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 監督 : 中村義洋 原作 : 伊坂幸太郎 出演 : 堺雅人 、 竹内結子 、 吉岡秀隆 、 劇団ひとり 、 貫地谷しほり 、 相武紗季 、 ソニン 、 大森南朋 、 柄本明 、 香川照之 あらすじ 首相の凱旋パレ...
ゴールデンスランバー(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワードゴールデンスランバー(GOLDEN SLUMBER)キャッチコピー:無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲製作国:日本製作....
『ゴールデンスランバー』 DVD鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命の中、青柳...
「ゴールデンスランバー」 イメージに踊らされるな (はらやんの映画徒然草)
伊坂幸太郎さん原作の映画化は三度目となる中村義洋監督作品。 「アヒルと鴨のコイン
映画評「ゴールデンスランバー」(地上波放映版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり
ゴールデンスランバー (pure\'s movie review)
2009年 日本作品 139分 東宝配給STAFF監督:中村義洋脚本:中村義洋 林民夫脚本:伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』CAST堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 濱田岳 香川照之 伊東四朗原作を読んでないので、映画の感想としての文句を言うのはお門違いなのかも...