ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『瞳の奥の秘密』

2010-07-16 23:50:45 | 新作映画
(原題:El secreto de sus ojos)


「う~ん。これは体調がいいときにもう一回、じっくりと観たい…。
そういう手合いの映画だね」

----へぇ~っ。そうニャンだ。
アカデミー賞外国語映画賞受賞とは聞いていたけど、
いったい、どんなお話ニャの?
「それは、比較的簡単に説明できる。
主人公は、長年務めた刑事裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシスト。
残りの人生で、25年前の殺人事件を題材にした小説を書こうと決意した彼は、
当時の職場を訪ね、
彼の元上司で判事補、イレーネ・メネンデス・ヘイスティングスを訪ねる。
かくして、映画は、1974年にブエノスアイレスで起こった
結婚後間もない女性教師リリアナ・コロトが暴行された上に殺害された事件にまつわる
さまざまな物語をスクリーンに映し出していくというもの」

----ニャるほど、二重の構成になっているわけだニャ。
でも、それっていまではそう珍しくもニャいよね。
「うん。ただ、この映画の場合、
そこにアルゼンチンの当時の政治状況が重ねあわせられていく。
軍事政権が発足する直前の不穏な空気の中、
この事件でふたりの職人が逮捕される。
しかし彼らは、拷問で嘘の自白を引き出され、犯罪者に仕立て上げられていあtんだ。
それを知ったベンハミンは、独自の捜査を開始。
犯人を、リリアナに対して暗い情熱を抱くイシドロ・ゴメスとあたりをつける。
一方で、リリアナの夫モラレスは同じくゴメスに目をつけ、
毎日、曜日ごとに駅を変え、彼を探し始める」

----うわあ。それって大変。
「だよね。簡単に見つかるはずがない。
でも、これがこの映画の大きなテーマになっているんだ。
モラレスの一途な姿に深い感銘を受けたベンハミンは、
部下で友人のパブロとともにゴメスを追い続け、
ついに逮捕の日を迎える。
ところが、ゴメスはほどなく釈放されてしまう」

----えっ。それじゃモラレスとしては収まらないよ。
どうしてそんなことに?
「ゴメスはゲリラの情報等を提供することで
自由の身を獲得できたってわけ。
しかも大統領のSPに雇われる。
でも、フォーンの言うように、
確かにこれじゃモラレスは収まらない。
妻に対してあれだけの愛を持っていた男だもの。
かくして映画は、
モラレスという<男>を知る
ベンハミンの疑問と重ね合わせるように、
彼が、その昔、愛を告白できなかったイレーネとの再会と、
その愛の行方を描いていく」

----ニャるほど。
で、その背景に暗い世相があるってわけだね。
これは見ごたえありそうだ。
「そう。
ヒッチコックやデ・パルマを引き合いに出される映像も見ごたえ十分。
スタジアムでゴメスを逮捕するシーンはワンカット撮影で
いかにも映画的な躍動感がある。
かと思えば、ある重要な人物が
闇の手によって殺害されるシーンはリアルな恐怖。
パブロのコメディ・リリーフとしての使い方も観る者の笑いを誘い、
それだからこそ、あるシーンでの彼が見せるベンハミンへの友情には目頭が熱くなる。
一方で、エレーネとの別れのシーンは、
50年代イタリア映画のようにエモーショナル。
なあんて、ちょっと誉めすぎの感がないでもないけど、
いま、こうやって喋っているだけで、
やはりもう一度観たくなる、
そんな気にさせてくれる映画だよ、これは」

                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「最後の方はホラーにもなるらしいのニャ」小首ニャ



" style="line-height:160%;">※ジャンルをクロスしている映画だ度


コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はフランス版ポスター。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『インセプション』 | トップ | 『ラムの大通り』7年目に突入! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2010-08-16 18:13:50
確かにこれは体調のいいときじゃないとキツイですね。
見る前はサスペンスだと思っていたので、これほど重い人間ドラマになっていくとは予想外でした。
個人史と社会史が交錯するあたりは、何となく「殺人の追憶」あたりを思い出しました。
オスカー受賞も納得の名作です。
■ノラネコさん (えい)
2010-08-17 00:03:01
こんばんは。

そう、サスペンスから人間ドラマへ!
このようにジャンルが推移していく映画は大好きです。
そういう意味でおススメなのが、
『彼女が消えた浜辺』。
これにはまいりました。
ぜひ、ご覧ください。
Unknown (mig)
2010-08-20 08:53:48
おはようございます。

これさすが賞をとっただけあります。
ぐいぐい惹き込まれました。
久しぶりに満足出来るサスペンス観た気がしました。
■migさん (えい)
2010-08-22 10:25:33
おはようございます。

この映画、静かに流れながら
ときおり、一気にたたみこんでいく。
スタジアムのシーン、友人が襲撃されるシーン、
そしてなにより、あの予想外の結末。
思っていた作品と全く違う、
見事なラブ・サスペンス・ミステリーでした。
Unknown (kawa)
2010-09-30 21:18:48
TBありがとうございました

確かにもう一度みたいですね~
衝撃の結末で色々考えさせられました
■kawaさん (えい)
2010-10-02 23:32:25
こんばんは。

こちらこそありがとうございました。
こういう地味めの映画で
お近づきになれてとても嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします。
分かります (にゃむばなな)
2010-10-04 20:17:58
この映画、仰るとおり改めてもう一度じっくりと見たい映画ですよね。
見事に張られた伏線を一つ一つ味わうためにも、これは人生で2度は見ておきたい映画でしたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2010-10-10 22:13:02
こんばんは。
そうなんですよね。
まさか、こんな展開になるとは
思いもしないで観ていただけに、
実は、どのような伏線があったのか、
とても気になりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「瞳の奥の秘密」 (今日の素敵さがし)
 あえて画像を不鮮明にした幾つかのシーンで幕を開ける。そのイントロでワクワクしてくる。とりわけ、心をひっ掻くのは、男と女が駅で別れるシテュエーション。それは後で重要な意味を持つのだが。
瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、...
瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました~ アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネ...
映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にな...
瞳の奥の秘密 (メルブロ)
瞳の奥の秘密(原題: EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES) 328本目 2010-32 上映時間 2時間8分 監督 フアン・ホセ・カンパネラ 出演 リカルド・ダリン(ベンハミン・エスポシト) 、 ソレダ・ビジャミル(イレーネ・メネンデス・ヘイスティングス...
『瞳の奥の秘密』 現代史の中の愛と犯罪 (Days of Books, Films )
考えてみれば、本格的(?)なアルゼンチン映画を見るのははじめてだ。面白そうだった
瞳の奥の秘密 (心のままに映画の風景)
刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。 かつての職場を訪ね、当時の...
『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。
瞳の奥の秘密 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
闇に葬られた事件を小説にすることで、失われた過去と向き合う男の物語。本年度アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞し、アルゼンチンのアカデミー賞でも13部門を制覇。物語:刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意す...
瞳の奥の秘密 (風に吹かれて)
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2
瞳の奥の秘密☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アルゼンチンを舞台に描かれたミステリーベース、でも実は愛の深さを描いた作品と。巷の評判はとってもいい作品です。裁判所を退職し、かつてかかわった事件を小説にしようとしていたベンハミンは、あの頃の女性上司に逢いに行く。事件は25年前の女性暴行殺人事件。一度は...
【映画評】瞳の奥の秘密 (未完の映画評)
1974年のブエノスアイレスを襲った残虐な殺人事件を発端に、人間の業をえぐり出すミステリー・ドラマ。
瞳の奥の秘密 -初アルゼンチン映画 (国内航空券【チケットカフェ】)
ちょっと前に見てきたので感想なぞを・・・ 刑事裁判所を退職したベンハミンは、残された時間で25年前に 起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことを決心し、かつての 上司で今は判事補のイレーネを訪ねる。それは1974年、銀行員の 夫と新婚生活を満喫していた女...
情熱の行方~『瞳の奥の秘密』 (真紅のthinkingdays)
 EL SECRETO DE SUS OJOS  THE SECRET IN THEIR EYES  裁判所を定年退職し、孤独な日々を送るベンハミン・エスポシト(リカルド・ダ リン)は、2...
瞳の奥の秘密 (シネマ大好き)
裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシト(リカルド・ダリン)は、25年前に起きた事件を小説に書こうと、久しぶりに昔の職場を訪れ、かつての上司だったイレーネ(ソレダ・ビジャミル)と再会した。当時判事補で婚約者のいた彼女は、今は判事に昇進し、二人の子持...
瞳の奥の秘密 (映画的・絵画的・音楽的)
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼ら...
映画「瞳の奥の秘密」 (Andre's Review)
  el secreto de sus ojos アルゼンチン 2009 10年8月公開 劇場鑑賞 アカデミー賞の外国語映画賞は毎年良い作品が多いので、今年の受賞作であるこの作品もとても気になっていました。 ブエノサイレスの裁判所を定年退職したベンハミンは25年前の事件を小説にしようと執...
瞳の奥の秘密(2009) (銅版画制作の日々)
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国の...
瞳の奥の秘密 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年10月3日(日) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『瞳の奥の秘密』公式サイト アカデミー外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画。 ミステリーであり、ラブストーリーである...
『瞳の奥の秘密』 (こねたみっくす)
瞳の奥に秘められたのは愛が隠した正義という名の狂気か、それとも正義を貫けなかった後悔が隠した真実の愛なのか。 第82回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのアルゼンチン映画。静かで上質な大人のサスペンスドラマが最後に辿り着く2つの秘密に、まるでビターコーヒー...
「瞳の奥の秘密」 (或る日の出来事)
何十年か越しのラブストーリーだったのだね、この話。
おじさんシネマ(瞳の奥の秘密) (おじさん(Age.54)日記By宙虫)
アカデミー賞の外国語映画賞。 「おくりびと」の受賞で急に気になる。 いままでもいくつか観てきた。 さほど意識して観ていたわけではないが、ここに来て急に気になった。 熊本での上映はまだ先のよう。 先日福岡にでかけた際にKBCシネマで上映中だったのでついつ...
「瞳の奥の秘密」 EL SECRETO DE SUS OJOS (俺の明日はどっちだ)
・ 25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく極上のラブ・サスペンス・ミステリー。
『瞳の奥の秘密』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。シークエンス自体についての記載もあり。第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチンのファン・J・カンパネラ監督による『瞳の奥の秘密』。封印された真犯人。アルゼンチンに
瞳の奥の秘密 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
瞳の奥の秘密’09:スペイン、アルゼンチン◆原題:EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES◆監督:フアン・ホセ・カンパネラ◆出演:リカルド・ダリン、ソレダー・ビヤミル、パブロ・ラ ...
瞳の奥の秘密 (映画鑑賞★日記・・・)
【EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES】2010/08/14公開 スペイン/アルゼンチン PG12 129分監督:フアン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハ ...
mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一....
「瞳の奥の秘密」(スペイン/アルゼンチン 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
25年の歳月。 情熱。 『A』。
映画評「瞳の中の秘密」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アルゼンチン=スペイン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ ネタバレあり