ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『ツーリスト』

2011-02-15 18:59:02 | 新作映画




(原題:The Tourist)

これってジョニー・デップ
アンジェリーナ・ジョリーの初共演の映画。
それだけでも、ヒット間違いなしって感じだよね。
「うん。ただ、それよりも驚くのが、
エンターテイメント以外の何ものでもないって感じのこの映画が、
『善き人のためのソナタ』フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督の映画ってこと。
内容も、イタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランクが
謎の美女エリーズに翻弄される…という、
まあ、昔からよくある設定のドラマに、
サスペンスの味付けをお施したもの。
このエリーズは、捜査当局と大物マフィアの双方から追われている、
大物犯罪者アレキサンダー・ピアスの恋人。
自分と似た体形の男と接近するよう指示を受けたエリーズ。
彼女は、パリからヴェネチアへ向う列車の中で、
フランクに接近する。
そんな裏があるとは、まったく思いもしないフランクは、
誘われるままに、ヴェネチアの超一流ホテルにチェックインし、
夢のようにゴージャスな一夜を過ごすが…」




----うわあ、それは危険だ。
捜査当局もマフィアもそんなこと知らないわけだから、
そのフランクって男、両方から狙われちゃう。
ん?ちょっと待って。
そのフランクとエリーズに恋は芽生えないの?
「いいところ突いてきたね。
この手の映画の定石として、
最後は、ヒロインがどちらを選ぶのかというのが…。
でも、この映画って、実はとんでもない結末が待ち構えている。
と言っても、途中から読めないわけでもないんだけどね。
ただ、その結末、これにはかなり無理がある。
あとで、思い返して、
じゃあ、あの写し方や夢のシーンは、どんな意味があったのよ?
と、ふだんはツッコミをしたくないぼくでも、
思わず、言ってしまいたくなるほど」

----あらら。じゃあ、楽しめなかったってわけ?
「いや、途中はけっこう楽しい。
美男美女が超高級なファッションで、
風光明媚なヴェネチアの街を駆け抜けるわけだから…。
よくいえば、
フレッド・ジンネマン監督あたりのロマンチック・サスペンスに
ショーン・コネリーの『007』フレーバーをブレンド。
ベルエポック期のハリウッド映画って感じで郷愁を誘う。
ドンパチも抑えてあるし、
この手の映画に必須のカーチェイス(僕はあまり好きじゃない)がまったくなく、
代わりに、ボート・チェイスというのも嬉しい。
それだけに、無理矢理、あんなオチを持ってこなくても…
と、くどいようだけど、ほんとそう思ったね」


                    (byえいwithフォーン)



フォーンの一言「ヴェネチアの中を、ジョニデがパジャマで駆け回るのニャ」もう寝る

ルーファス・シーウェルの使い方、あれはない度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『シリアスマン』 | トップ | 『ビー・デビル』 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観光旅行 (ノルウェーまだ~む)
2011-03-01 00:37:05
えいさん、こちらにも☆
なんとも観光旅行案内のような映画でした。
ジョニーデップファンとしては、なぜ彼がこれを選んだのか?ちょっと理解が難しく・・・
とにかく豪華で、ステキな映画だったことにはかわりないですが。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2011-03-01 09:24:38
こんにちは。
かつて、「観光旅行案内」のような映画というのは数多く見受けられ、
あまりいい意味では使われなかったのですが、
最近、そういうのぐんと減りましたね。
そういう意味でも懐かしかったです。
でも、けっこう無理のある映画だったな。
こんにちは (たいむ)
2011-03-05 14:14:10
「善き人の・・」とはまるで雰囲気の違う作品で同じ監督とは思えないところなのだけど、ビックスター2人の効果は少なからずってところで、ほわーっとなって楽しめる映画でした。

それにヴェネチアが舞台ってだけで、羨ましいというか、目の保養になるというか、豪華に感じるのは私だけかな?
アンジーの派手なアクションはこの街に合わない気がしていたので、控え目なところは私も良かったと感じましたw
楽しかったです♪ (悠雅)
2011-03-05 15:48:01
頭をからっぽにして観て大正解でした~。
ツッコミどころもたくさんあるんだけど、
こういうお話は、風景とか衣装とかも含めて、楽しんでしまった者勝ちですね。
せっかく、何も考えないで観てたつもりなのに、オチが予想できてしまったりもしたけど、
たまにはこんなお話が観たいと思う、ある意味緩やかさが心地いい作品でした。
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2011-03-05 18:50:22
運良くプレミア試写会で鑑賞できました^^
えいさんの感想が気になって(笑)お邪魔
致しました♪

思ったほど辛口でなく安心しましたが(笑)
評価は2こなんですね(^^;

サスペンス好きとしては、かなり突っ込みたいし、肩透かしな作品だったのですが(^^;
美しい、ジョニー、アンジー、ヴェネチアを
観れただけでも満足です♪
ジョニーのキュートなパジャマ姿も
観れましたし~♪

そそ、久しぶりに観たルーファス、
一言も話さなかったら寂しいなって思いました
が台詞があって良かったです♪
■たいむさん (えい)
2011-03-05 21:54:00
こんばんは。

ほんと。同じ監督の作品とは思えなかったですね。
途中、何かやってくれるだろうと思ったら、
結局、そのまま。
まあ、雇われ仕事というのはこういうものなのかも。
でも、その中でそつなくまとめてあり、
ぼくは嫌いではありませんでした。
■悠雅さん (えい)
2011-03-05 22:00:31
こんばんは。

こういうユルい映画でも、
スター・ムービーとしてきちっと仕上げてくるところが、
この監督たるゆえんでしょうね。
極上のワインに酔っているような、
そんな気分が味わえただけでもよかったです。
■ひろちゃんさん (えい)
2011-03-05 22:20:12
こんばんは。

辛口どころか、好きですよこの映画。
「じゃあなぜ2個?」
いやいや深い意味はありません。
そのときのノリです(汗)。

ルーファスは、見事なミスリード(かな?)。
彼は、『アメージング・グレイス』にも出ていますよ。
こんにちわ (にゃむばなな)
2011-03-06 08:29:01
映画製作にかこつけてベニス観光。
この映画のスタッフたちが羨ましいです。
「ツーリスト」ってスタッフ自身のことかい!って思いましたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2011-03-06 10:26:25
なるほど。

まさに、スタッフがツーリスト。
でも、映画製作って
昔からそんなとこあるみたい。
旅したいとか、女の子と仲よくなりたいとか…。
以前、そんな声を現場から聞いたことあります。
Unknown (みぃみ)
2011-03-18 15:57:05
こんにちは~。

「善き人のソナタ」の持っていた雰囲気が好きだったので、この映画も楽しめました。

ちょっとハラハラでもゆったりな感じがなんとも心地よかったです。

傷心旅行のはずのフランクがあっという間にエリーズラブ(それはそうなんですけど:笑)になったり、ジョニデのパジャマ姿(普段、パジャマは着ないそうなので貴重なショットのようです)も見ることができましたし、いつかは行きたいベネチアの景色も堪能。
街の水路をボートチェイス、海ではまったりも良いなぁ。。。と。
美男美女が美しい景色の中。。。目の保養にもなりました☆。
■みぃみさん (えい)
2011-03-19 17:12:55
こんにちは。

ぼくも、こういう映画嫌いじゃないです。
おっしゃるように
ハラハラとゆったりのバランスが絶妙だったと思います。

あのパジャマ姿は、
サービスですね(笑)。
Unknown (mig)
2011-03-23 16:19:50
こんにちは、
いやーもうこれ、酷過ぎでした
何度寝そうになったことか
■migさん (えい)
2011-03-27 22:06:53
こんばんは。
あらら、ダメでしたか。
だれだったか
「ヨーロッパの監督の貴族趣味」みたいなことを
言ってられる監督もいたようですが…。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2012-02-26 20:11:44
本作の評価に「007」を繰り出しているのは今のところえいさんと僕くらいですね。
世代が同じくらいだからでしょうか、えいさんが引き合いに出される映画が僕と結構同じケースがあって、嬉しくなることが多いです。

しかし、何と言っても「スラムドッグ$ミリオネア」における「ジョアンナ」の引き合いには驚きました。絶対僕だけと思っていましたから。
■オカピーさん (えい)
2012-03-02 22:37:15
こんばんは。

あまり世評芳しい映画ではないですが、
ぼくは、楽しめました。
『007』に慣れ親しんでいるか否か?
それによっても
本作の評価はだいぶ変わってくるのでしょうね。

最近はアクションと言うと、
細切れカットで目まぐるしくしなくてはならないという
変な強迫観念の映画が多く、
あえてそれに背を向けているこの映画は
古い言葉で言えば“ゴージャス”。

と、それはさておき、
ぼくもオカピーさんと同じ。
引用する映画が同じことが多いというのは
とても嬉しいです。
そこから受けている感動や興奮も同じということですものね。
別の時間、別の場所で、その映画を観ながら
でも同じ場所で反応する…
これも、映画の魅力の一つですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ツーリスト」豪華キャストに豪華ロケ (ノルウェー暮らし・イン・London)
我が家の大人気商品は、日本でも手に入りにくい「桃屋の辛そうで辛くない 少し辛いラー油」 パパンの大好きな「和田ラヂヲ」さんのツイッターでは、このシリーズが大人気らしく、「吸いそうで吸わない でもちょとだけ吸うダイソンの掃除機」とか登場して、意味も無くお...
「ツーリスト」贅沢共演! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ツーリスト] ブログ村キーワード  アンジー姐さん&ジョニデ、夢の競演!「ツーリスト」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。言われてみるとこの2人、確かに初共演ですな。いやあ~、何か観る前からワクワクしちゃいましたわ!  スコットランドヤード...
劇場鑑賞「ツーリスト」 (日々“是”精進!)
「ツーリスト」を鑑賞してきましたアンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの豪華競演が実現したロマンティック・ミステリー。2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」...
「ツーリスト」みた。 (たいむのひとりごと)
ジョニー・デップ×アンジェリーナ・ジョリー、夢の共演!パリそしてヴェネチアを舞台背景に、アンジーの妖艶な美しさとセクシー時々ファニーなジョニーを堪能した[E:happy02]上流階級のマダムというより
ツーリスト (映画鑑賞★日記・・・)
【THE TOURIST】 2011/03/05公開 アメリカ/フランス 103分監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、テ ...
ツーリスト (悠雅的生活)
ヴェネツィア。謎の女。煙草の煙。
★ツーリスト(2010)★ (CinemaCollection)
THETOURIST華麗な旅人には、危険な謎があるー。上映時間103分製作国アメリカ/フランス公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2011/03/05ジャンルサスペンス...
ツーリスト (SUPER BLOG.JP)
初日に観に行ってきました。 理由はひとつ。 仕事が捗らなかったからです!(>_<) アンジーとジョニデの共演ってことで。 まあ、観ないという選択肢は存在しないでしょうね。(笑) 今回のアンジェリーナ・ジョリーの役所はイギリス諜報部員で潜入捜査官ってやつ...
映画『ツーリスト』  (よくばりアンテナ)
観てきましたよ~~~(^_^) 大好きなジョニー・デップですが、イロモノ的な役以外の普通の男の役を観るのは 久しぶりです。 ま、どっちかっていうとイロモノの方が好きですが(^_^;) ちょっと前の...
『ツーリスト』 (こねたみっくす)
映画が始まって10分でオチが読めました。 あの予告編とアレクサンダー・ペインという謎の男の存在とくれば、もうこのオチしかないでしょ。 というか、浅野あつ子版『犬神家の人々 ...
ツーリスト (心のままに映画の風景)
傷心を癒やすため、イタリアを訪れたアメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)は、ベニスに向かう車中で上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声を掛けられる。 魅力あふれるエリーズに誘...
ツーリスト / The Tourist (勝手に映画評)
国際列車の中で声を、見知らぬ美女に声を掛けられたことから、平凡な男が陰謀に巻き込まれていく・・・。有りがちなストーリーではあります。ネタバレ有りです。 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが夢の共演・・・と言う事が売りですが、それって、そんなに囃...
ツーリスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) ラスト10分の見せ方がグダグダだったのが痛い!
[映画『ツーリスト』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆金がないのだが、今までは、溜まっていたポイントなどで観ていたのだが、そろそろポイントも無くなってきた^^;  ・・・それはさておき、アンジェリーナ・ジョリー&ジョニー・デップの二大スター競演の『ツーリスト』を観て来ました^^  昨日公開の作品で、今日...
ツーリスト (シネマDVD・映画情報館)
ツーリスト 傷心を癒すためイタリアを訪れたアメリカ人旅行者フランクは、ヴェネチアに向かう車中で見知らぬ上流階級の美女エリーズに声をかけられる。妖艶な彼女に誘われるがままにアバンチュールに酔いしれるフランク。しかし、そのすべてが仕組まれた罠だとしたら.......
映画「ツーリスト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ツーリスト」観に行ってきました。 ハリウッドのトップスターである、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが初共演するということで話題を集めた、2005年公開のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイク作品です。 この作品序盤の舞台はフランス...
ツーリスト (うろうろ日記)
映画館で見ました。コレ、試写会がなかったので、自腹です。あったとしても、この組み
【ツーリスト】 (日々のつぶやき)
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー  華麗な旅人には、危険な謎がある。 「アレキサンダー・ピアースを捕まえる為に恋人のエリーズを日々見張っている警察。彼女が動き出
『ツーリスト』普通の人と普通でない人? (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラスト、台詞に触れています。ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの初共演が実現『ツーリスト』 監督は『善き人のためのソナタ』のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。共演はポール
ツーリスト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ソルト」のアンジェリーナ・ジョリーと「アリス・イン・ワンダーランド」のジョニー・デップ共演で贈るサスペンス。ベネチアを訪れた1人の旅行者が、知らぬうちに巨大な陰謀に巻 ...
「ツーリスト」 (大吉!)
<水曜日> (11年3月9日・ユナイテッドシネマ・字幕版・12時30分~・113分) アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップ共演の映画、というのでやっぱり観てしまいますねえ! ギャングの金を持ち逃げした指名手配犯・アレクサンダーの恋人エリーズ(ア...
豪華なのに安っぽい。『ツーリスト』 (水曜日のシネマ日記)
指名手配犯の恋人と指名手配犯に間違えられた男の逃亡劇を描いた作品です。
ツーリスト (映画的・絵画的・音楽的)
 『ツーリスト』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)今を時めく『ソルト』のアンジェリーナ・ジョリーが、これまた人気では引けをとらない『パブリック・エネミーズ』のジョニー・デップと共演する映画で、あまつさえ舞台がヴェニスとくれば、もうそれ....
映画:「ツーリスト」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年3月18日(金)。 映画:「ツーリスト」。 「善き人のためのソナタ」で、2006年度:アカデミー賞外国語映画賞を受賞したドイツ人、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク氏の監督作品。 【監  督】 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー...
ツーリスト (5125年映画の旅)
観光でベニスにやって来た旅行者=ツーリストの数学教師フランクは、旅の途中で美しい女性エリーズに出会う。しかしその直後から、フランクは警察やマフィアに付け狙われることに ...
ツーリスト (だらだら無気力ブログ)
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの豪華競演が実現した ロマンティック・ミステリー。 05年のフランス映画「アントニー・ジマー」をリメイク。 イタリアで妖艶な美女と出逢ったアメリカ人旅行者が、謎めいた彼女に翻弄 されるがまま恐ろしい陰謀へと巻き込...
「ツーリスト」 サスペンスなのにのんびりまったり (はらやんの映画徒然草)
ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリーという当世きってのハリウッドスター二枚
ツーリスト / THE TOURIST (我想一個人映画美的女人blog)
&nbsp; アンジー&times;ジョニー共演、2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイクとなるミステリー。 4年前に公開したアカデミー賞外国語映画賞受賞のドイツ映画、「善き人のためのソナタ」 のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 監....
「ツーリスト」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ジョニー・デップ×アンジェリーナ・ジョリーの二大ハリウッドスター競演で話題となった本作は、ある平凡な男が、旅行先で出逢った謎の美女により、思いもよらない事態に巻き込ま...
『ツーリスト』 (京の昼寝~♪)
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「ツーリスト」□監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク □脚本 ジュリアン・フェロウズ □キャスト ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー、ポール・ベタニー■鑑賞日 3月21日(月)■劇場 チネチッ...
『ツーリスト』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ツーリスト 』 (2010)  監  督 :フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクキャスト :アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、スティーヴ...
ツーリスト (pure\'s movie review)
2010年 アメリカ作品 103分 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント配給原題:The TouristSTAFF監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー クリストファー・マッカリー ジュリアン・フェロウズCASTアンジェリーナ・ジョ...
『ツーリスト』 (Cinema + Sweets = ∞)
先日やっとのことで、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリー共演の話題作『ツーリスト』を鑑賞してきました。 上映回数を短縮しての上映だけあって、平日の昼間なのにかなりお客さんが入っていた印象。 そんなに大きなシアターではなかったので、それも原因ではあ...
■映画『ツーリスト』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップという、今世界で最も人気があると言っても過言ではない二人の俳優が共演した大人のミステリー『ツーリスト』。 イタリアのヴェネチアを舞台に、謎の美貌の女性エリーズと彼女の連れとなった旅行者フランクの逃亡劇が始まり...
[映画]映画って、良いな。 (タニプロダクション)
あの日から50日近く経ったけれど、相変わらず「言葉」というものの難しさを感じています。 4月30日の昼教育テレビで、辺見庸さんがこの震災に関して、言葉について、を中心に語られていました。 観ていて、少しだけ、背中を押された気がしました。 キネマ旬報最新号で川...
映画『ツーリスト』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-22.ツーリスト■原題:The Tourist■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:103分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円 スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚色:フロリアン・ヘンケル・フ...
ツーリスト (銀幕大帝α)
THE TOURIST/10年/米・仏/103分/ロマンティック・ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョニー・デップ、ポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン <ストーリー> 傷心を癒...
映画評「ツーリスト」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク ネタバレあり
ツーリスト (RISING STEEL)
ツーリスト / THE TOURIST 2010年 アメリカ映画  コロンビア製作 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 製作:グラハム・キング 脚本:クリストファー・マッカリー  プロダクショ...
ツーリスト (Yuhiの読書日記+α)
ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが初共演したロマンチック・ミステリー。監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、その他のキャストはポール・ベタニー、ティモシー・ダルトン、スティーヴン・バーコフ他。 <あらすじ> 傷心を癒やすためイタ....