ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『西の魔女が死んだ』

2008-05-14 10:27:31 | 新作映画
----これって鈴木香歩原作、
100万部を超えるベストセラーの
映画化だよね。
シャーリー・マクレーンの娘が出ているんでしょ。
「うん。サチ・パーカーね。
2歳から12歳まで日本に住んでいたというだけあって、
その言葉は流暢。
でも、それも含めて感心したのは、
この映画は、よく聞く“完全映画化”という言葉を
そのまま当てはめたような作品だっていうこと。
実は観ていて
これはもしかして原作を一行も改変していないのじゃないかと
ありえない錯覚に捕われてしまった。
後で本をめくり直して
それは、大いなる勘違いだと分かったわけだけど
それほどその世界観を完全に映画に移し替えている」

----ふうん。そもそも
どういうお話だっけ?
「主人公は中学に進んで間もない夏の初めに
学校へ行けなくなったまい(高橋真悠)。
彼女は森で暮らす“西の魔女”、
英国人のおばあちゃんの元で暮らすことに。
そこで彼女は“魔女修行”に励む」

----それが最近、よく見かける
「何でも自分で決めること」ってわけだね。
「うん。この映画の撮影にあたって
清里に巨大オープンセットを作り、
一大ロケーションを敢行。
映画は料理、掃除、洗濯、庭作りと、
日々の暮らしの基本が描かれていく。
それが本で読んだ感触そっくり。
ところがそれでも
あれっ、と思った瞬間があった。
それは、両親と一緒に暮らすための引っ越しについて
父親(大森南朋)から意見を求められたまいが、自分の決意を語るシーン。
そこで、映画は側でそれを聞いているおばあちゃんの反応を写し出す」

----その解釈が違うってわけ?
「いや、そうじゃないんだ。
記憶では原作はその“反応”はまったく描かれていない。
後で読み直してもやはりそう。
つまりここには長崎俊一監督の“解釈”が挟み込まれている。
原作と一字一句変更がない錯覚を観る者に持たせながら、
ここというところでは自分の“解釈”を入れる。
こういうのをほんとうのリスペクトと言うんだろうな」



           (byえいwithフォーン)

※最近の我が家のブーム
「フォーン、大好き」
「I Knew(アイ・ニャウ)」


フォーンの一言「こういうところで暮らしたいものだニャあ…」うららかフォーン

※ペンションブームはどこへ?清里懐かしい度


人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『いまここにある風景』 | トップ | 『屋敷女』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
I know (悠雅)
2008-06-21 20:39:35
映画の上映情報から、初めて原作を手に取るまで、
この原作の存在も知らなかったのですが^^;
早速原作を読んで、あっという間にこのおばあちゃんと梨木作品のファンになりました。
10数年後、孫娘に「おばあちゃん、大好き」って言われるように、
修行を積まなくちゃ、と思っているところです。

>こういうのをほんとうのリスペクト
なるほど…仰る通りです。
この作品では随所で原作への尊敬を感じたのですけど
考えたら、あの場面はまいの視点でしか書かれてなかったのに、
きっと、おばあちゃんはあのような表情だっただろうと無意識のうちに想像していたのか、
少しの違和感もなかったです。
■悠雅さん (えい)
2008-06-23 12:59:13
こんにちは。

実はぼくもこの原作を知らなかった口でした。
でも周りではご存知の方---というよりも、
ファンの方が多く、
映画化もなるほどなという感じです。

「おばあちゃん大好き」
「I Know」

が原作以上に耳に焼き付いて離れません。
アイ・ノウ。 (Ageha)
2008-06-27 09:35:08
新潮文庫夏の100冊イベントに必ず登場する本で
しかもこの時期必ずものすごく売れる1冊。
フェアと関係なく、スタッフおすすめの
泣ける文庫ベスト10にも入ってる。(笑)
目立つところに置くと何でこんなに売れるんだという
作品。7年以上前に文庫化されてるんですけどね。
それだけに熱烈なファンの目は厳しそう・・・。

銀龍草の話がなくなったのがちょっと残念でしたが、
青いレインコートとガラスの文字、
そしてやっぱりアイ・ノウのひとことが
ツボでした。
■Agehaさん (えい)
2008-06-27 11:17:27
こんにちは。

>新潮文庫夏の100冊イベントに必ず登場

うわあ。これは知らなかったです。
ぼくは「泣け」はしなかったのですが、
その丁寧な作りにとても好感が持てました。

まいちゃんの「おばあちゃん、大好き」と言うときの
キラキラ輝いた表情も素敵でした。

素敵な作品でした! (たいむ)
2008-06-30 18:46:55
えいさん、こんにちは。
清里ですかー。よいところですよね。遠くないし、行きたくなりました(^^)

おばあちゃんの反応はちょっと気になっていました。
結局なにも語らずなおばあちゃんでしたし。
仲直り出来ずじまいが切なくなりましたが、残されたメッセージに全てがこもっていましたね。
原作も読んでみたくなりました。
■たいむさん (えい)
2008-07-01 10:35:17
こんにちは。

70年代後半から80年代にかけて
「アンノン族」という言葉がはやりました。
ペンション・ブームもスゴかったのですが、
その後、サーフ&スノウのブームもやってきて、
夏から雪山の宿取り。

あれも日本に希望があった時代だったということでしょうね。
この「清里」もその象徴で、
なんだか懐かしくなりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
I Know…(映画/ネット試写会:西の魔女が死んだ) (美味!な日々)
何かの試写会で予告を見てから、見たい見たいと思っていた映画『西の魔女が死んだ』をYahoo!!のネット試写会(おうちで上映会)で観ることができました。
「 西の魔女が死んだ(2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【 西の魔女が死んだ】2008年6月21日(土)公開 監督 : 長崎俊一 ...
「西の魔女が死んだ」を観る (紫@試写会マニア)
今回試写した「西の魔女が死んだ」の主演のサチ・パーカーが、かのシャーリー・マクレーン(「奥様は魔女」ママ!)のお嬢さんで、まさかまさか日本語がペラペラとは・・・。 しかもしかも、この映画の原作が100万部を超えるベストセラーでロングセラーなお話だったと...
試写会 「西の魔女が死んだ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
この原作の本は大好きで何度も読んだ(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。) 映画になって映像で観るのは楽しみだったけど、今日は試写会。 しかも自宅で...
西の魔女が死んだ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
yahooでオンライン試写会・・・久しぶりに当選しました。まぁ、当選者数、今回多いからかもしれませんが(笑)『西の魔女が死んだ』劇場の予告で観て魔女(祖母)を演じるサチ・パーカーの風情にちょっと惹かれるものがあったので画面は小さいながら、早く観られることがラ...
「西の魔女が死んだ」舞台挨拶試写会 (アートの片隅で)
「西の魔女が死んだ」の舞台挨拶試写会に行って来ました。 会場の明治安田生命ホールには、友人が先に並んでくれていたので、マスコミ席の後ろに座る事が出来ました。 MCは伊藤さとりさんは舞台挨拶で頻繁に見掛けるのですが、とても感じの良いMCで、仕事が多いのも納得...
西の魔女が死んだ (悠雅的生活)
 おばあちゃん、大好き!
西の魔女が死んだ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。 梨木香歩原作。長崎俊一監督、サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大森南朋、高橋克実、木村祐一。八ヶ岳山麓の別荘地らしきところにあるおばあちゃん(サチ・パーカー)はイギリス人の祖母。ちなみに個人名はない。
西の魔女が死んだ (Good job M)
公開日 2008/6/21監督:長崎俊一出演:サチ・パーカー/高橋真悠/りょう/大森南朋/木村祐一/高橋克実 他【あらすじ】「魔女が倒れた。もうダメみたい」中学3年生になった少女・まいに届いたおばあちゃんの訃報。まいは、2年前の日々へ想いを馳せる。中学に進んでまもない...
小さな畑あるいは「西の魔女が死んだ」 (再出発日記)
この五月に死んだ父親は小さな畑を残した。畑仕事が趣味の一つだった彼は、最期の日々にいろいろ種付けをして、半年の間に食べきれないほどのキャベツやら、ブロッコリーやら、いろんな花を実らせた。死んだときには白い紫蘭が満開だった。(この花の名前がずっとわからな...
西の魔女が死んだ (いい加減社長の映画日記)
普通だとあんまり観ようと思わない作品なんですが。 予告編を観て、ちょっと気になっていたので、日曜のレイトショーで「西の魔女が死んだ」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、日曜の夜9時過ぎだと、人はさすがに少ない? 「西の魔女が死んだ」は、中くらいのスクリーン...
学校では教えてくれない大切な事。『西の魔女が死んだ』 (水曜日のシネマ日記)
登校拒否になった少女と祖母の物語です。
「西の魔女が死んだ」 (俺の明日はどっちだ)
さほど大きな期待を持たず劇場に足を運び、予期せぬ展開に思わず感動してしまった英国人の祖母と、不登校になった少女が過ごしたひと夏の物語。 実は、物語の出だしの中学生の主人公が “西の魔女”と呼ぶ祖母のところに母親と一緒に行き新たな生活を始めるあたりでの、...
観ました、「西の魔女が死んだ」 (乙女千感ヤマト)
なんかワタクシってすんごい飲むんです[E:cafe][E:japanesetea
「西の魔女が死んだ」拒否反応を克服して知った生きる術と魔女の答え (オールマイティにコメンテート)
「西の魔女が死んだ」は梨木香歩原作の小説「西の魔女が死んだ」を映画化した作品で、登校拒否になった少女が1ヶ月間田舎の住む祖母の家で暮らす1ヶ月間で自分を見つめ直していく姿を描いたストーリーである。登校拒否が色々問題視されるが、その根本的な問題を正面から...
西の魔女が死んだ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  長野の山奥に住む外人のおばあちゃんと、神経過敏症で登校拒否を続ける孫娘の共同生活が始まった。最初チラシを見たとき、てっきり洋画なのだと勘違いしていたが、純然たる邦画なのである。 優しく冷静で淡々としているが、大らかで芯が強く、1人山奥で時給...
アイ・ノウ。~「西の魔女が死んだ」~ (ペパーミントの魔術師)
サチ・パーカーさんのせりふじゃないですが。 来ましたね。 西の魔女が死んだ (新潮文庫)梨木 香歩新潮社 2001-07売り上げランキング : 14おすすめ平均 著者の最高傑作!ポイントは想像力!?読後感がスゴイ☆Amazonで詳しく見る by G-Tools やっとですよ~。映画化決...
西の魔女が死んだ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“西の魔女と呼ばれるおばあちゃんと少女との、驚きと愛に溢れたかけがえのない時間が始る。おいしいワイルドストロベリー・ジャムの作り方、ゆっくり眠れるおまじない、人は死んだらどうなるのか、そして、秘密のメッセージとは・・・”魔女修行“が教えてくれたたく...
[映画『西の魔女が死んだ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆悪い映画じゃないんだけど、 なんか、小学校の時、学年で視聴覚室に集められて見た映画のような、純文部省推奨作品的な潔癖感が感じられる作品だった。 ・・・学校で孤立し、登校拒否に陥った主人公の娘(高橋真悠)が、祖父の死後、山間の山小屋で一人住む、英国人だ...
西の魔女が死んだ (ネタバレ映画館)
木村祐一さん、指がナメクジに見えた瞬間が大好き!・・・わいの?
【西の魔女が死んだ】 (日々のつぶやき)
監督:長崎俊一 出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大友南朋、高橋克実、木村祐一 「魔女が倒れた。 おばあちゃん、ママのママと二年前私は一緒に過ごした時期があった。学校にいることが苦しくて学校を辞めると言い出した時、学校をお休みしておばあちゃん
西の魔女が死んだ/魂の行方  (マダム・クニコの映画解体新書)
魔女役のサチ・パーカーははまり役だ。品の良さと少ない言葉で、温かくて大らかな 祖母を、これ以上ふさわしい俳優はいないだろうと思わせるほど巧みに演じている 。 魔女とは、英語の「ウィッチ」の訳で、「妖術使い」のこと。ウィッチの語源は、古イギリス語の「賢...
「西の魔女が死んだ」みた。 (たいむのひとりごと)
西の魔女はなんて素敵な人なんだろう。自然を愛し、人を愛し、慎ましやかにひとり山奥で暮らす”本物の魔女”に、私も会いたい。タイトルから、最後は最初からわかっていたけれど、いざその時が来るとやっぱり涙が溢
【映画】西の魔女が死んだ (新!やさぐれ日記)
■動機 りょう ■感想 「魔女」が支配する緩やかに流れる優しい時間 ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の住む田舎で過ごすことになる。日本に長年...
「西の魔女が死んだ」 あるがままを認める (はらやんの映画徒然草)
世の中が複雑になっているのでしょうか。 それとも人が複雑に考えるようになってしま
【2008-150】西の魔女が死んだ The Witch of The West is Dead (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 魔女が倒れた。 もうだめみたい 人はみんな 幸せになれるように できているんですよ
西の魔女が死んだ (利用価値のない日々の雑学)
この原作が100万部を越えるベストセラーだということを、シネコンで見終わった後立ち寄った書店で知ったが、如何に原作に忠実だったのか、それとも原作を越えられたのかは別として、なんて色々な要素を詰め込みすぎた作品なんだろうかと思った。対比が都会の喧騒(と...
【映画】西の魔女が死んだ…映画の評価高。ストーリーの評価は微妙。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
この週末は夜勤明け以外では久しぶりの二連休で割とゆったりと過ごせております{/face_nika/} 昨日{/kaeru_fine/}はちょっとした買い物に行った後、昼寝{/kaeru_night/} でインターネット{/pc2/}と実に有意義({/eq_1/})な{/face_ase2/}…いや最近こういうゆったり感に欠...
映画評「西の魔女が死んだ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・長崎俊一 ネタバレあり
『西の魔女が死んだ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ「魔女が倒れた。もうダメみたい」中学3年生になった少女・まい(高橋真悠)に突然の知らせが届く。魔女とはイギリス人の祖母のこと。まいはママ(りょう)の運転する車で、おばあちゃん(サチ・パーカー)の家へ向かう。2年ほど前、学校に行くのが苦痛になって...
西の魔女が死んだ (Blossom)
西の魔女が死んだ 監督 長崎俊一 出演 サチ・パーカー 高橋真悠     りょう 大森南朋 高橋克実 木村祐一 日本 2008
(映画)西の魔女が死んだ (ゼロから)
魔女修行を通して、まいを社会生活に復帰させようとするおばあちゃん。ニワトリが獣に殺されたり、隣人の不気味な影におびえたりと様々なことを経験して