ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『レポゼッションメン』

2010-04-28 23:35:03 | 新作映画
ネタバレ注
最後の最後にある映画のタイトルを引き合いに出しています。
ご覧になるご予定の方は
もうしわけありませんが、
公開されてからお読みいただくことをお勧めします。



(原題:Repo Men)

「いやあ、これはなかなかよくできた映画だわ。
やはり映画は観てみなくちゃだね」

----そりゃあ、そうだよ。
でもこの映画って、
『REPO/レポ』とタイトルが似ているけど、
リメイクってわけ?
「いやあ。ぼくもmigさんからご指摘を受けるまで勘違いしていたけど、
あの映画とはまったく違う。
もっとも、近未来の臓器回収のお話という点では同じだけどね」

----臓器回収ってどういうこと?
「損傷を受けたり病気で機能しなくなった臓器。
それらはこの現代では、
通常は他の人からの移植に頼るしかない。
ところがこの映画で描かれる、
いまから20年後の世界では
医療が発達したことにより、
人工臓器が生まれている…と、こういうことなんだ」

----それは便利。
でも高そうだニャあ。
えいにはとても買えないね。
「あらら。そのとおり。
まあ、ほとんどの人が買えないわね。
でも、それだと命を失ってしまう。
そこで次なる選択として
一括支払いでなくローンという方法が生まれてくる。
ところが、このローンというヤツ、
いまの日本を見ても分かる通り、
実に危なっかしい。
たとえば、ボーナスが出ると思って組んでいたローンが、
会社の業績不振などで支払えなくなってくる」

----そうか。もし、これが家だったら、
取り上げられてしまう。
「そう。それは臓器でも同じ。
しかも一括よりローンにした方が会社は儲かる。
さて、その商品=臓器を取り扱っている会社がユニオン社。
そして主人公レミー(ジュード・ロウ)は
その容赦なき臓器取立人(レポゼッションメン)というわけだ」

----うわあ。気が滅入るような話だニャあ。
お金がない人から臓器を回収するわけでしょ。
結局、命を奪うということじゃニャい。
「うん。映像的にもかなり血なまぐさいしね。
人工の腎臓や心臓を取りあげるわけだから…。
さて、レミーはこのユニオン社のボス、フランク(リーブ・シュライバー)の信頼を得て、
親友ジェイク(フォレスト・ウィテカー)と、
回収した臓器の数を競い合っている。
妻のキャロル(カリス・ファン・ハウテン)は、
そんな夫の仕事を嫌い、
販売係に転属願を出すように勧めている。
レニーも気持ちが動かされ、いよいよこれが最後の仕事というその日、
この事件は起こった!」

----ゴクッ。ニャに?
「人工心臓を停止させる電気ショック装置がショート。
レミーは吹き飛ばされて、
気がつくとベッドの上。
しかもなんと人工心臓に繋がれていた」

----つまり、彼自身がユニオン社に支払う側に回ったということだね。
でも高額とは言え、
レニーの仕事ぶりだったらすぐに完済できそうだけど?
「普通は、そう思うよね。
ところがレニーが、いざ仕事に取りかかろうとすると、
なぜか体が拒否反応を起こしてしまうんだ。
成果を上げられぬまま時は過ぎて、支払いは滞り、
ついに最後通告が届く」

----ニャるほど、
追う側から追われる側に。
でもよくある話のような気がしないでも…。
「確かに。
ただ、この映画、
それだけではなく
映像としての見どころが実に多い。
たとえば、
レニーが多くの債権者と共にレポメンの襲撃から逃げるところの横移動のカメラワーク。
あるいは、臓器を作っている白一色の部屋のシュールな美しさ。
そして、一見、場にそぐわないような音楽の挿入。
アクションにしても、
よくある派手なドンパチの銃撃戦というのではない。
レニーは突如、二丁のナイフを持って敵を切りつけていく。
で、実を言うと、これが劇画チックすぎて、
ツッコミどころがないわけでもないんだけどね。
なぜ、敵の武器もそのとき銃からナイフ類に変わるのか…とかね。
レニーと一緒に逃げるベス(アリシー・ブラガ)が
落ちぶれたクラブ歌手で
その体力も落ちているはずなのに、
いつしかアクション・ヒロインとして活躍していることもそう。
で、その極が、
マザー・コンピュータ(でいいのかな?)をだますために、
互いの臓器をお互いにスキャンするクライマックス。
麻酔もなしに体を切り裂くわけで、まずありえない。
と、疑問を抱きながら観ていて、
最後に全て納得。
そう、これはもう一つの『未来世紀ブラジル』…。
おそらく好きな人にはたまらない映画と言えるだろうね」


         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「あらら、それを言っちゃだめニャ」悲しい

※脱出あり、潜入あり。飛行場のシーンなんかゾクゾクする度


コトリ・ロゴ母の日には、こちらのお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『あの夏の子供たち』(お知... | トップ | 『プリンス・オブ・ペルシャ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
羨ましい~ (mig)
2010-05-01 11:10:18
えいさん観られましたか!いいなぁ
観てから読みますね★
今月のおすすめまた教えて下さいな
■migさん (えい)
2010-05-02 21:03:18
こんばんは。

これ、読まれなくて正解だと思います。
この映画に相通じる、
あの映画のラスト、
ご覧になられたら語り合いたいです。

あっ、おススメ、書かせていただきました。
でも、いまごろ吉祥寺いせやですね。
これは濃ゆいブラックですよね。 (ブリ)
2010-09-19 09:24:32
はぢめまして。
グロ多いのですがなんか目が離せないのですよw。
ラストの落ちはなるほど!と思わず唸ってしまう。テンポも良いので飽きませんがね。最後の本社に乗り込むところはバイオハザードみたいな感じでしたね。
■ブリさん (えい)
2010-10-02 22:51:16
こんばんは。
初めてコメントいただきながら、
お返事が遅くなり、
まことに申し訳ございませんでした。

こういう、落ちへ向ってのめまぐるしい動きのある映画は、大好きです。
読もうとする暇さえ与えませんもの(笑)。

これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レポゼッション・メン /Repo Men (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ニコラス主演、リドリースコット監督作「マッチスティック・メン」の原作者が脚本{/shootingstar/} 待ってました、日本上陸{/ee_3/}でも地域によってはやらな...
レポゼッション・メン (だらだら無気力ブログ)
ジュード・ロウ主演で放つSFサスペンス。 恐竜ハードボイルド“鉤爪”シリーズの人気ミステリー作家エリック・ ガルシアが企画段階から関わり、原作小説『レポメン』を書き下ろすとともに 並行して映画シナリオも自ら手掛け完成させた。 高額な人工臓器によって長寿が...
『レポゼッション・メン』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。レミーは腕利きのレポ・メンとして恐れられていたが、ある出来事によって人工心臓を埋め込まれてしまう。多額の借金を背負い追われ...
レポゼッション・メン 貯金しとこ~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=34 -10-】 昨日、期日前投票に行ってきた~みんなもちゃんと投票に行くんだよ!  人工臓器を付けることで健康と延命が図られている未来。ユニオン社は、様々な臓器をローンで売っていたが、支払いが滞った場合、レポ・メンを差し向け、臓器を容赦なく「回...
【映画評】<!-- れぽぜっしょんめん -->レポゼッション・メン (未完の映画評)
非情な人工臓器の取りたて屋、通称レポ・メンが自身も人工臓器を埋め込まれる悲劇を描いたSFバイオレンス・アクション。
「レポゼッション・メン」 ご利用は計画的に (はらやんの映画徒然草)
タイトルにあるレポゼッション・メンとは人工臓器回収人のこと。 作品中で描かれる近
レポゼッション・メン (映画的・絵画的・音楽的)
 『レポゼッション・メン』を新宿武蔵野館で見ました。といっても、単に、待ち合わせの時間まで2時間近くあって、うまく当てはまるのがこれしかないという理由で見たにすぎませんが。 (1)ちょっとした近未来物ではないかと思ったのですが、そうには違いないものの、かな...
レポゼッション・メン (メルブロ)
レポゼッション・メン(原題: REPO MEN) 324本目 2010-28 上映時間 1時間51分 監督 ミゲル・サポチニク 出演 ジュード・ロウ(レミー) 、 フォレスト・ウィッテカー(ジェイク)      リーヴ・シュレイバー(フランク) 、  アリシー・ブラガ(ベス)  ...
レポゼッション・メン / Repo Men (勝手に映画評)
ネタバレあり。 人工臓器が実現化され、一般に販売されている近未来が舞台。ジュード・ロウが演じる主人公レミーは、その人工臓器購入のための非常に高額なローンの支払いが滞った購入者から人工臓器を回収するという人工臓器回収人であるが、回収作業中の事故で、自らも...
レポゼッション・メン (映画鑑賞★日記・・・)
【REPO MEN】 2010/07/02公開 アメリカ R15+ 111分監督:ミゲル・サポチニク出演:ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン延命のために、人工臓器を高額ローンで買う未来。払えなければ、回収(レ...
レポゼッション・メン 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
レポゼッション・メン (Repo Men) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ミゲル・サポチニク 主演 ジュード・ロウ 2010年 アメリカ映画 119分 SF 採点★★ 「レポマンの人生は緊張だ!」の名セリフにシビレた『レポマン』とは、全く関係ないんですねぇ。車のトランクに、宇宙人の死体が入ってるわけでもないんですねぇ。残念。 ...
『レポゼッション・メン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レポゼッション・メン 』 (2010)  監  督 :ミゲル・サポクニック キャ スト :ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、...
レポゼッション・メン (RISING STEEL)
レポゼッション・メン / REPO MEN 2010年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 監督:ミゲル・サポチニク 製作:スコット・ステューバー 原作:エリック・ガルシア 脚本:エリック・ガルシ...
【映画】レポゼッション・メン…2010年の観賞映画は2010年のうちに(2) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
明日の休みは年賀状を作ろう…と今は思っているピロEKです 年賀状と言えば… 今朝出勤途中、いつも行かない郵便局前のポストに郵便物を投函しようと車を歩道に乗り上げ停車。 郵便局前では郵便局員さんが朝の清掃をしておりました…んこの人知ってる人…その郵便局員...