ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』(@「シネマのすき間」)

2009-02-03 22:31:21 | 新作映画
-----さて、今日はカタログハウスの「シネマのすき間」へお出かけの日。
そこで聞いたんだけど、
この映画 『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
2008年アカデミー賞最多の13部門にノミネート。
でも、えいは9部門10ノミネートの『スラムドッグ$ミリオネア』の方が好きなんだって。
ついでに聞いちゃったんだけど、
アカデミー賞作品賞ノミネート作品の中でのお気に入り、
続いて
『フロスト×ニクソン』『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
『愛を読むひと』『ミルク』
の順なのだとか。
あれっ。でもまだ『ミルク』のお話しか聞いてない。
もう、どういうこと?


          (byフォーン)

「これは、きっと出し惜しみしているに違いニャい」ご不満

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『昴ースバルー』 | トップ | 『ワルキューレ』 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
個人的には好きです (にゃむばなな)
2009-02-07 15:49:58
みなさんの評価がさほど高くないようにも感じますが、個人的にはこの映画は好きですね。
『ビッグ・フィッシュ』よりダークで、『フォレスト・ガンプ』よりビター。
そんな感じがしましたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2009-02-07 22:02:56
こんばんは。

この映画、大ヒットの予感があります。
22時時点で最新TB欄は10本中8本が
この作品で占められていました。
TBいただいた先も訪問させていただいたのですが、
いずれも大好評。
やはりアカデミーはこれに決まりかなあ。
お邪魔しま〜す♪ (ひろちゃん)
2009-02-08 21:09:21
えいさん、こんばんは^^
大きなクライマックスとかは、なかったのですが、じ〜〜ときた映画でした。。。
多分、人生経験が長い(笑)私なので
いいろいろと感じることがあったのかも
しれません。。。
スラムドッグ〜は予告編から気になっている
作品です!えいさんは、そちらのほうが
作品としてはお好きなんですね(^_-)-☆
Unknown (mariyon)
2009-02-08 22:12:59
ブラッド・ピットにとうとう代表作ができるんでしょうか(笑)

>この映画、大ヒットの予感があります。
えいさんのこの言葉、むちゃくちゃ嬉しい!!

でも、アカデミー賞(主演)は無理そうな気がしましたが・・。
■ひろちゃんさん。 (えい)
2009-02-09 22:07:04
こんばんは。

今年は珍しく、
アカデミー賞作品賞の候補作を
1月のうちに全部観ることができました。

おそらくアカデミー賞は
十中八九、『ベンジャミン・バトン』でしょう。
とても魅力的な映画だと思います。
でも、ぼくは圧倒的に
『スラムドッグ$ミリオネア』が好きです。
ぜひ、ごらんください。
■mariyonさん (えい)
2009-02-09 22:09:31
こんばんは。

う〜ん。アカデミー賞主演男優賞は
『ミルク』のショーン・ペンじゃないかな。
彼の演技は神がかりです。
ブラピは、CGが多いところが裏目に出るかも。
潜水艦に乗っていたのは日本人俳優?? (亜蘭真 主美士)
2009-02-10 14:08:30
この作品、ある程度以上の年齢の方がみるのと、若い方では観方が違ってくるような気がします。若い方は10年20年後に観ると感じ方の違いに気づいておもしろいかもしれません。
フィンチャーも今の年齢だから撮れたのかな?老いというのを描くのに同時期に逆方向から描くのはアリだと思うんだけど。淡々と話がすすむので、そこがイイかどうかは年齢がいると思います。
最初のタイトルのところで、いつもと違う(ボタンのヤツ)かんじで、へぇ〜と思っていたらボタンで劇中とリンクしていたなんて、場面場面の位置間とか主役の立ち位置による距離感(感情の)とか巧いです。それから、場面では、あっここはタイタニック風だとか、太陽がいっぱいみたいとかこれはマックイーンな感じだとか、個人的には色々楽しめました。
ケイトを堪能する作品なのかもしれませんが、ブラピの(たいへんな人生なのに)淡々とした演技はある意味巧いかも
ここらが演出力なのかもしれませんが・・・。で、時計の所最後ウルっちゃいました。(桟橋が採り方で空{天国}に向かっている絵のところもよかった!!}
ベンジャミン・ボタンが最後もでてました。次はジッパーかな度・・・。
■主美人さん (えい)
2009-02-10 17:55:15
おっ。公開中の作品にコメントとは珍しい。
なるほどマックィーンときましたか。あのバイクのシーンですね。
あそこはぼくはジミーを連想。
あの潜水艦はそれこそこれまづに観たたくさんの対日ハリウッド戦争映画が甦りました。
タイトルバックのボタンはキレイでした。
ブラピのインディー (亜蘭真 主美士)
2009-02-10 18:27:20
いろんな作品をイメージしだしたのは、
ベンジャミンの子供時代(みためは老人の・・・え〜〜いいっ!ややこしい!!)
の格好がまるっきし!インディー・ジョーンズ(ムチさえ持てば・・・・)
だからです。それで、インディー役もブラピ出来るんじゃない??とおもった次第で。おっ。公開中の作品にコメントとは珍しい。との事ですが、ブラピはお友達ですから・・・なあんちゃって!
犬が出てきたとき。なんで、某ケイタイのおとうさんじゃあないの!!と、突っ込みいれちゃいました。
で、最近DVDの買い方を変えているので、公開決定作とか近くで発売予定のDVD作品等は避けていますので、
できるだけ未公開狙っているので、(少しだけ、公開予定もかっていますが・・・・)なので、カキコもへっちゃうんですよ。(劇場でみたのとか、DVDでスルーした作品{三国志等}もあるけど)
ところで、潜水艦の戦争映画って、一番に浮かんだのが1941じゃあない??
あっ、潜水艦だけに浮かばないか?
ということで、みんなそんな楽しみ方してくれると、うれしいなぁ!
■主美士さん (えい)
2009-02-12 00:20:13
こんばんは。

インディはさすがに思い浮かばなかったですが、
そう言われてみるとそのパロディ。
『ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う』のインディに少し似てた気も。
あっ、背格好だけです。
(ファンの方、ゴメンナサイ)。

潜水艦映画でパッと浮かんだのは
実は
『深く静かに潜行せよ』でした。
しかし古いなあ。(汗)
ある意味ハリウッド映画らしい (ノラネコ)
2009-02-13 10:15:35
個人的なシネマのツボにどんぴしゃではまりました。
3時間近い映像詩。
まあこういう作品は、昔からハリウッド映画の系譜に間違いなくあったわけで、王道の一つですよね。
フィンチャーはデビュー当時のとんがった感じも捨てがたいですが、ゾディアックあたりから物語と人間の深みが出てきて、いい感じに進化して来ていると思います。
これは代表作になるでしょうね。
■ノラネコさん (えい)
2009-02-13 20:31:24
こんばんは。
フィンチャーは、あまり相性がよくなかったのですが、
『ゾディアック』でガツンとやられました。
ハリウッドって、最初はいかにも映像派という感じの監督を掘り出して
このような堂々たる大作の監督に育てていくのがうまいですね。
好例がリドリー・スコット。
いずれもストーリー・テリングがしっかりしていて
そこが凡百の監督との差でしょうけども…。
こんばんは (なな)
2009-02-15 21:31:12
とても気に入った作品です。
映像,俳優,ストーリー,テーマ・・・すべて好みでした。
オスカーノミニー作品って,私はこれしかまだ観てないので
比べようがないのですけど
えいさんがこれより気に入ったという
「スラムドッグ$ミリオネア」にも興味しんしんですよ〜。
作品賞は (かめ)
2009-02-16 08:08:46
えいさん、
TBありがとうございました。
僕は、「スラムドック$ミリオネア」が作品賞と願っているというか、信じています。
感動の度合いが全く違いましたから。
■ななさん (えい)
2009-02-16 23:50:26
こんばんは。

う〜ん。
『スラムドッグ$ミリオネア』は
一つの事件だと思っています。
あの映画のすごさは
なかなか伝えにくい。

なんて、ここで書くことじゃないのでしょうけど(汗)。
■かめさん (えい)
2009-02-16 23:59:42
こんばんは。

かめさんも『スラムドッグ』派と知り、
勇気百倍(笑)。
ほんと、感動の度合いが全く違います。
ぼくはこういうストレートな感動が好きなようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ち...
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON (我想一個人映画美的女人blog)
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞...
劇場鑑賞「ベンジャミン・バトン数奇な人生」 (日々“是”精進!)
「ベンジャミン・バトン数奇な人生」を鑑賞してきました「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー。『グレート・ギャツビー』で知られる小説家F・スコット・...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON公開:2009/02/07製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:167分鑑賞日:2009/02/07監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (めでぃあみっくす)
それでも人生は素晴らしい。見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした。『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした。そしてブラッド・ピットファンはあ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」みた。 (たいむのひとりごと)
ある裕福な家庭。待ちに待った我が子の誕生。しかし母親の命と引き換えに生まれてきた赤ん坊が醜い老人の姿だったとしたならば、例え我が子と言えども愛する妻の命を奪った”悪魔の子”にしか見えない夫の気持ちもわ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BU... (映画!That' s Entertainment)
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生                       THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON」 2008 アメリカ Warner Bros.Pictures,Paramount Pictures,166min. 監督:デヴィッド・フィンチャー 原作:F・スコット・フィッツジェラル...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (そーれりぽーと)
ブラッド・ピッドがどんどん若返って『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃よりも美しくなる(謎)と噂の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観てきました。 ★★★★ この映画を観ていた中でひとつはっきりと思ったのは、老いって怖えー!ってことかな。 本来の主...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が、何本も公開される中で、一番期待していた「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」。 1000円で観られる割引券があったので、朝一で観てきました。 「UCとしまえん」は、早い時間にしては、人がいたかな。 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、大き...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (まぁず、なにやってんだか)
1月29日、MOVIXの一斉試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観てきました。 とーってもいい映画でした。超オススメです。 80代で生まれ、そこから若返っていくという内容をどう映像化していくのか、興味があったのですが、さすがハリウッド!素晴ら...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (LOVE Cinemas 調布)
2009年序盤では1番の大作といっていい本作、公開初日に早速行ってきました。主演は言わずと知れたブラッド・ピット。共演ケイト・ブランシェット。そして監督は私の大好きな作品『ファイトクラブ』以来ブラピとは3度目となるデヴィッド・フィンチャーです。私のみな...
[映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だ...
逆周りの時計、永遠の愛。~「ベンジャミン・バトン数奇な人生」~ (ペパーミントの魔術師)
女性としてこんなつらいもんはないな~・・・。 自分に対する愛情が出会ったころと変わらないのに 鏡にうつった二人が恋人同士に見えるのは ほんの数年だけで、 出会った時と間逆のベクトルで 外見の落差がどんどんひどくなっていく。 ただ、ベンジャミン本人は 淡々と...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作) (勝手に映画評)
実は、あまり見に行こうと思って居なかったんですが、2008年度第81回アカデミー賞で、最多の13部門(作品賞、主演男優賞(ブラッド・ピット)、助演女優賞(タラジ・P・ヘンソン)、監督賞(デヴィッド・フィンチャー)、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、メークアップ賞...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (心のままに映画の風景)
1918年、ニューオーリンズ。 老人施設を営む黒人女性クイニー(タラジ・P・ヘンソン)は、置き去りにされた赤ん坊を拾う。 “ベンジャミン”...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (悠雅的生活)
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (Sweet*Days**)
監督:デヴィッド・フィンチャー  CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン 他 ある盲目の時計職...
★ベンジャミンバトン・数奇な人生(2008)★ (CinemaCollection)
THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON「ベンジャミン、あなたが教えてくれた 人は皆、出逢っては別れ、愛する者を失うそれでもー人生は素晴らしい」上映時間167分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/02/07ジャンルドラマ/ミステリー/ファンタジー【解....
三度目の?「ベンジャミン・バトンの数奇な人生」 (茅kaya日記)
JUGEMテーマ:映画 ブラッドを「永遠に待っている」と言って 3年も待たないでお兄ちゃんと結婚してしまった ジュリア・オーモンドは、 生まれ変わって彼の娘になっていた・・・。 と言うお話ではなかったですね。 でも、ブラッド・ピットの出世作 「レジェン...
ベンジャミン・バトン/数奇な人生 (うだるありぞな)
今回は、2009年のアカデミー賞で、最多13部門にノミネートされている、ブラッド・ピット主演の「The Curious Case of Benjamin Button ベンジャミン・バトン/数奇な人生」 ランキングに参加してます。    1918年、ニューオーリンズ。黒人女性・クイ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (to Heart)
一瞬、一瞬を、大切に生きていますか――? 全ての出逢いを、胸に刻んでいますか――? 原題 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 製作年度 2008年 上映時間 167分 原作 F・スコット・フィッツジェラルド 脚本 エリック・ロス 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 ア...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (利用価値のない日々の雑学)
ブラッド・ピット的に考えると、筆者の評価が最も高い作品は「ジョーブラックをよろしく」である。この作品が評価が高い理由はレビューを読んで頂きたいのであるが、ひとつには時間の取り方である。この作品は物凄くゆっくりと(確かに上映時間も180分と長いが・・・)、...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』2009・2・11に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 1918年、第一次世界大戦の戦勝気分に沸くニューオーリンズ。ある一組の白人カップルの間に男の子が産まれるが。その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をし
★「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイ...
ベンジャミン・バトン/数奇な人生・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
もしも、80歳の肉体を持って生まれ、時と共に若返ってゆく人生があるとしたら、それはその人間にとって幸福なのだろうか、不幸なのだろう...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画館) (ひるめし。)
人生は素晴らしい。
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、エル・ファニング 「間もなく死を迎えようとしている女性が娘にある日記を読んでもらう。書いたのはベンジャミン・バトン。彼の数奇な運命がそこに語られ
ベンジャミン・バトン★数奇な人生  (銅版画制作の日々)
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかった...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (俺の明日はどっちだ)
1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、徐々に若返っていく男の人生という時間を縦軸に、そんな彼が与え、与えられる愛を横軸として展開するヒューマン・ファンタジー作。 冒頭の時計職人のエピソードに象徴されるがごとく...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 自分の人生の肯定 (はらやんの映画徒然草)
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
この1月に,81回アカデミー賞に,多数ノミネート(作品賞・監督賞・主演男優賞など)されたこの作品。封切りと同時に劇場に駆け付け,・・・・・鑑賞後は「これは受賞もしてほしい」と思った。なんとも言えない感動の余韻を今でもひきずっている。 あらすじ: 80代の男...
『ベンジャミン・バトン−数奇な人生−』 (シネマのある生活〜とウダウダな日々)
80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語
ベンジャミン・バトン/数奇な人生 (描きたいアレコレ・やや甘口)
どうも。周回遅れのupです。いつもながら、私はアップアップです(汗) 私のブログ年齢7才というのは、あながちウソではない(苦笑) 以前...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Diarydiary!)
《ベンキャミン・バトン 数奇な人生》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − T
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (新!やさぐれ日記)
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、...
人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (水曜日のシネマ日記)
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 】 【監督】 デヴィッド・フィンチャー   【原作】 F・スコット・フィッツジェラルド    【脚本】 エ...
『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン...
「ベンジャミン・バトン -数奇な人生-」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・WB=Par/監督:デヴィッド・フィンチャー) 80歳の肉体を持って生まれ、年齢を経るごとに若返って行く、数奇な運命を背負って生まれた男の一生を描いた感動の物語。 小
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (メルブロ)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 244本目 2009-5 上映時間 2時間47分 監督 デビッド・フィンチャー  出演 ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット タラジ・P・ヘンソン ティルダ・スウィントン エル・ファニング 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を観ました。 (My Favorite Things)
デヴィッド・フィンチャーは好きな監督のおひとりですが、今までの作品とは全然違いますねぇ…
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:デヴィッド・フ
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (或る日の出来事)
人生を応援してくれてる映画だなあと感じた。 ベンジャミンは、人とまったく違う人生だったけど、それでも、一所懸命生きていた。
[Movie] A good movie, ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (タイで想う日々の日記)
長い上映時間中、ずっといろんなことに想いをめぐらせていた。 「人生」や「運命」についてのお話。 世界中に通じる普遍的なテーマ。 ブラピやケイトブランシェットと人気者がでているが、若い人よりむしろアダルト、シニア層に見て欲しいかと。 ガンガン、ギャンギャン...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Peaceナ、ワタシ!)
- 80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語 -。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観てきました! 主演はブラッド・ピット、相手役にケイト・ブランシェット、監督は『セブン』『ファイト・クラブ』のデビッド・フィンチャー!(ブラピ、デビッ...
映画鑑賞記「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.03.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語 <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  1918年、ニューオーリンズ。黒人女性・クイニー(タラジ・ヘンソン)はある日、置き去りにされた...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  第81回アカデミー賞作品賞に本命としてノミネートされていたが、残念ながら対抗馬の『スラムドッグ$ミリオネア』に負けてしまい、アカデミー賞関連の受賞は「メイクアップ賞」「美術賞」「視覚効果賞」等の特別賞のみの受賞に終わってしまった。       
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (エンタメ日々更新)
映画 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 の感想 80代の老人の見た目で生まれ、どんどん見た目が若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
あんな風に若返ることができるメイク・・私もしてもらいたい(^^ゞ
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (シネマ・ワンダーランド)
文豪アーネスト・ヘミングウェイ同様、「失われた世代」に属する米国の著名な純文学作家、F・スコット・フィッツジェラルド(1896年―1940年) の小説(角川文庫所収)を映画化したファンタジー・タッチのヒューマン・ドラマ「ベンジャミン・バトン 数奇な人生...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/...
映画評「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督デーヴィッド・フィンチャー ネタバレあり
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (単館系)
マイミクさんからのお誘いで試写会に行ってきました。 1/25、九段下サイエンスホール 1918年のニューオーリンズ。80歳の姿で生まれた赤ん坊は置...
『ベンジャミン・バトン 〜数奇な人生〜』 (『映画な日々』 cinema-days)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 80歳の姿で生まれ、年々、 肉体が若返っていく男の物語 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (mama)
THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 2008年:アメリカ 原作:F・スコット・フィッツジェラルド 監督:デビッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、タラ...
映画『ベンジャミン・バトン〜数奇な人生』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
9-11.ベンジャミン・バトン〜数奇な人生■原題:The Curious Case Of Benjamin Button■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:167分■字幕:小山悟■鑑賞日:2月7日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・フィンチャ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (のほほん便り)
なんと、デヴィッド・フィンチャー監督作品、だったのですね。 ネット評的には、厳しい声も少なくなかったですが、天下の美形、ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットが映画ファンタジーで、色々な年齢を経て、関係性を変えていく距離感が興味深かったです。 見...