ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ジャージー・ボーイズ』

2014-09-14 17:49:49 | 新作映画
(原題:Jersey Boys)


「さて、
今日はぼくの中で、
本年度の一、二位を争う作品『ジャージー・ボーイズ』のお話」

----えっ、“ジャージー”…
“ジャージ”じゃニャいの?
「フォーン、とぼけているでしょ。
それは『ジャージの二人』、日本映画の方。
こちらは、ブロードウェイでロングランヒットを記録したミュージカルを
大御所クリント・イーストウッドが映画化した超話題作」

----へぇ~っ。
イーストウッドがミュージカル?
ちょっと想像つかないニャあ。
「うん。ぼくもご多分にもれず
子どもの頃にTVで『ローハイド』を見ていたクチだけど、
まさか彼が将来、
アカデミー作品賞受賞作を2本も監督した上に、
80歳を超えてミュージカルを作るなんて夢にも思わなかった。
いや、このことを想像した人は、
当時皆無と言ってもいいんじゃないかな」

----しかし、どうしていまミュージカル?
「う~ん。
正直言って、ぼくもそれを正しく言いあてることはできない。
ただ、この作品を観て感じたのは、
イーストウッドは、
映画で何かを言うということよりも、
“映画そのもの”が好きで、観る人にそれを楽しんでほしいのではないかということ。
振りかえってみれば『ローハイド』以降、
イタリアに渡り、セルジオ・レオーネの下でマカロニウエスタンに主演。
アメリカに凱旋後は、ドン・シーゲルの下で刑事映画への出演でその活躍の場を広げていく。
そして、監督第一作『恐怖のメロディ』がサイコホラー。
以後、ロードムービー、SF、サスペンスと、
ほとんどのジャンルムービーを手掛けた彼にとって、
残っていた監督領域はミュージカルだった…と、
こういうことじゃないかな…と。
そんな中、
ザ・フォー・シーズンズ『シェリー』の大ヒットを飛ばし、
グループの崩壊後も名曲『君の瞳に恋してる』を放ったフランキー・ヴァリの半生を描いたこのミュージカルは
願ってもない出会いだったんじゃないかなと…。
なにせそこには夢あり、仲間との絆あり、
栄光と挫折、そして再起あり。
もちろん、恋もあれば家族の葛藤もある。
で、その中心にはファルセットボイスの天才歌手がいる」

----ニャるほど。
ドラマがいっぱい詰まっているワケだ。
「そう。
そして名曲の数々がね。
歌の入るタイミングなんかも、
映画のだいご味を知り尽くした彼だけあって、
ここぞというところでビシっと決まる。
そして何よりも嬉しいのは、
60年代ゴダール、あるいは今でもウディ・アレンが時折見せる
第四の壁を破る”手法を
オリジナルのミュージカルそのままに、
映画に取り入れていること」

----ニャに、そのニャんとかの壁って?
「ほら、演劇とか映画って
観客とドラマの間には、
ここからは別世界ですよという見えない壁があるでしょ。
で、観客はそのことを暗黙の約束として観ている。
ところが、これをたとえば表現サイドが
登場人物が観客に向かって喋ることなどによって破っちゃうワケだ。
これって、さっきのゴダールやウディ・アレンだから活きる大技。
下手にやるとしらけちゃう」

----それ、
オーソドックスな映画では
確かに観ないよね。
「でしょ。
製作当時83歳のイーストウッドが
この手法を自作に取り入れちゃう。
ぼくは、このしなやかさにとにかく驚いた。
で、それを冒険としてではなく、
映画を楽しむための一手段にしている。
そして訪れる圧倒的フィナーレ。
最近は“シネフィル”なんて言葉がはやっているけど、
彼にこそ、それはふさわしいと、心底思ったね」




フォーンの一言「ジョー・ペシが変わった出演の仕方をしているらしいのニャ」身を乗り出す

「ローハイド」もだ度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。
こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ミリオンダラー・アーム』 | トップ | 『猿の惑星:新世紀<ライジ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (JK)
2014-09-17 23:23:15
こんにちは、話しかける場面の回数の多さが気になりますが
いいなと思う場面はラスト近くを中心に何か所かありました
■JKさん (えい)
2014-09-25 22:23:15
こんばんは。
昨日、この映画を大プッシュしている知人と会ったのですが、
やはり、あのフィナーレで大感動とか…。
『舞妓はレディ』(これはこれで楽しめましたが)との違いは
なんだろう?
なんて思いました。
ミュージカル (rose_chocolat)
2014-09-28 16:14:01
とは、思わなかったですね。
あくまでもドラマとして観れました。
それがよかったのかなあと思います。
とにかく、全てが上手いとしか言えなくて。
もっと気の利いたことを言いたいんですけど。そのくらいよかったです。
イーストウッドの青春 (ノラネコ)
2014-10-03 23:30:29
衰えを知らないというのはイーストウッドの事ですね。
今回の作品は、多分に彼自身の青春の記憶が投影されているのではと想像します。
ローハイドの劇中挿入もなんからしくないというか、良い意味で客観に徹し切れてないところが本作の味わいを深くしてるように思います。
こんにちは (ナドレック)
2014-10-11 21:40:17
米国ではヒットしなかったんですよね(T^T)
Rotten TomatoesやMetacriticでの評価も今一つだし、米国人にはイーストウッド監督の叙情やわびさびが判らないのでしょうか。
せめて日本でプッシュしたいです。
こんばんは (Kei)
2014-10-21 23:53:52
野球で言うなら、肩の力を抜いて、野球を楽しむつもりでバットを振ったらホームランになった、って感じですね。
カメラ・モニター内にエド・サリバン本人を出演させるお遊びをやったり、ラストの群舞といい、心から楽しそうに映画を撮ってる空気が伝わってちょっと泣けました。
老境の黒澤明が、肩に力入れすぎてブンブンバットを振り回したけれど三振してたのとは対照的ですね。
あと何本映画を撮ってくれるのか…。もしイーストウッドが監督業を廃業したら、あまロスならぬクリントロスになってしまいそうです。
■rose_chocolatさん (えい)
2014-11-22 19:18:27
こんばんは。

とんでもない亀レスになりました。
この映画は、ほんと楽しかったです。
最初から最後まで高揚感が持続。
今年いちばんのハッピーな映画かもしれません。
■ノラネコさん (えい)
2014-11-22 19:20:24
こんばんは。

なるほど、客観に徹し切れていない…ですか。
イーストウッドほど、
映画=人生を感じさせる作家も少ないのですが、
とにかくあらゆるジャンルに挑んでいて、
ほんとうにその年齢を考えると不思議になります。
ぼくらはイーストウッドの時代を生きたのかもしれませんね。
■ナドレックさん (えい)
2014-11-22 19:21:56
イーストウッドって、
やはり本国よりも
日本での人気が高いのでしょうか?
ふと気になったのですが、
アメリカにも、
日本のような狭い意味でのシネフィルっているのかな?
■Keiさん (えい)
2014-11-22 19:23:47
>肩の力を抜いて、野球を楽しむつもりでバットを振ったらホームランになった

うまい表現ですね。
なるほど、黒澤明の晩年とは違いますね。
映画としての楽しさが満ち溢れている。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ジャージー・ボーイズ』、『ハミングバード』と同じく監督の資質と合わないが光る部分も (エミー・ファン!ブログ)
ジャージー・ボーイズ / Jersey Boys 2014/09/27公開:HP http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys/ クリント・イーストウッド監督の新作です。イーストウッドは自分でスコアを書き、チャーリー・パーカーの伝記映画『バード』という作品もありますが、なぜミュージ...
ジャージー・ボーイズ (試写会) (風に吹かれて)
契約書は握手 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys9月27日公開ブロードウェイミュージカルを基にした映画 製作・監督: クリント・イーストウッド
ジャージー・ボーイズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕....
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン 試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開) 公式サイトはこちら...
[映画『ジャージー・ボーイズ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ミュージカルでロングランを続けている、フォー・シーズンズの伝記をクリント・イーストウッドがきっちりと撮りあげた良作。  二時間強、その時代を、世界を堪能しました^^  サザン(てゆーか、桑田佳祐)やユーミンなどにも同様に思うのだが、今、クリント...
ジャージー・ボーイズ (心のままに映画の風景)
  犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(ジョン・ロイド・ヤン...
映画:ジャージー・ボーイズ 今年一押しの音楽映画。まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...(涙) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!(....
『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
ジャージー・ボーイズ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
巡りゆく四季、巡りゆく音楽。 トニー賞受賞のブロードウェー・ミュージカルを原作に、巨匠クリント・イーストウッドが作り上げた瑞々しい音楽映画。 1960年代、時代を牽引した伝説的ポップスグループ、“ザ・フォー・シーズンズ”の実話を元に、アメリカンドリームの...
ジャージー・ボーイズ (to Heart)
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...
『ジャージー・ボーイズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリ...
『ジャージー・ボーイズ』 (時間の無駄と言わないで)
80過ぎのおじいちゃんが撮った、爆発もアクションもない映画がこんなに面白いなんて。 ストーリー自体は割とベタだし地味な展開だし。 そもそもフォー・シーズンズってのが地味だ ...
『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない (映画のブログ)
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ...
「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき (はらやんの映画徒然草)
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
「ジャージー・ボーイズ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/マルパソ・プロ=GKフィルムズ配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Jersey Boys 監督:クリント・イーストウッド脚本:マーシャル・ブリックマン、リック・エリスミュージカ
ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼ら....
映画「ジャージー・ボーイズ」 (FREE TIME)
映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。
「ジャージーボーイズ」 (ここなつ映画レビュー)
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春...
映画『ジャージー・ボーイズ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-78.ジャージー・ボーイズ■原題:Jersey Boys■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:134分■料金:1,800円■鑑賞日:10月4日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:クリント・イーストウッド◆ジョン・ロイド・ヤング◆エリック・...
『ジャージー・ボーイズ』 ~光と影が映し出す人生賛歌~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の...
ジャージー・ボーイズ (いやいやえん)
【概略】 ニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折を描く。 ドラマ フォー・シーズンズというバンドがあったことすら知らなく、楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というく...
また新たなイーストウッドの鮮やかな (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もないが天性の歌声と曲作りの才能、そして最高のハーモニーがあった 彼らは...
Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて~と叫びたい不満があった。 ...
映画評「ジャージー・ボーイズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり
ジャージー・ボーイズ (のほほん便り)
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、び...