ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『借りぐらしのアリエッティ』

2010-07-06 23:23:50 | 新作映画
----これってジブリ の新作だよね。
監督の米林宏昌って初めて聞く名だけど…。
「そうだね。彼はジブリ最年少、37歳の監督。
『崖の上のポニョ』でフジモトの部屋から金の水魚に乗って
地上にやってくる一連のシーンを描き、
宮崎駿をうならせたらしい。
その宮崎駿は、今回、脚本と設定を担当。
それを基に、キャラクターを設定し、絵コンテを完成させたのだとか…」

----で、単刀直入に聞くけど、映画はどうだった?
「まずオープニング。
ここを観た瞬間、ぼくは『耳をすませば』を思い出した。
それって、あながち間違った連想でもなかったみたい。
米林監督がジブリに入ろうと思ったきっかけは
その『耳をすませば』なんだって。
さて、映画の方はメアリー・ノートン
1952年にイギリスで出版した『床下の小人たち』に基づいている。
ぼくはさとうさとるいぬいとみこなど、
小人をモチーフにした小説は昔から好きだったけど、
これに関しては読んでいなかったから、逆に楽しみにしていたんだ。
小人が人間の少年に見られてしまうという設定だというしね。
――小人の娘・アリエッティはお父さん、お母さんとのふたり暮らし。
荒れた庭からオリーブやシソの葉を取ってきてお茶を楽しんだりしている。
そんなある日、アリエッティはお父さんと“狩り”ならぬ“借り”へ」

----えっ、それってどういうこと?
「たとえば、ティッシュだとか角砂糖だとか、
ほんのちょっとだけ生活に必要なものを人間から借りてくるんだ。
このシーンが、最初のハイライト。
彼ら小人は特に魔法が使えるわけではない。
ロープやガムテープを器用に使って、
昇ったり降りたりしながら、冒険の旅に出るんだ。
ところが、その姿を、病気療養のためにこの地に来ていた
12歳の少年・翔に見られてしまう。
そこで翔が行なった、ある行為が彼ら家族を追い詰めていく…
こういうお話だね」

----あらら、翔って悪い人ニャの?
「う~ん。ここがジブリらしい、
一筋縄ではいかないところ。
翔自身は、とくに悪い人でも何でもない。
しかし、彼がよかれと思ってしたことが
結果的にはおせっかいとなっていく。
というように、この映画には、
これまでのファンタジーの枠には収まりきれない
いくつもの現代的なテーマが含まれている。
そのひとつがタイトルにも使われている
“借りぐらし”」

---モノを買わずに借りちゃう…。
でも返さないんだから、
結局もらっちゃうんじゃニャい?
「しっ(笑)。
実は宮崎駿と高畠勲が、
この企画を立てたのは40年以上も前。
ところが、今の方が人に受け入れられる。
なぜなら今の時代の方が深刻だから…と、
こういうことらしい。
これは偶然にも先日、友人から聞いた話だけど、
学者の中には、すでに貨幣に頼らない経済の仕組みを
本気で研究している人たちもいるのだとか」

----?
マイケル・ムーアじゃないけど、
資本主義はもう行き詰っているということ。
確かに、これだけの格差社会になると、
根本的なところで大変革を起こさないと
これから先、世界は難しいかもしれない」

---ふうむ。ギリシャのように経済が破綻した国もあるしね。
ところで絵の方は?
「これは、花やグリーンに興味がある人なら大満足。
一つひとつの植物が愛を持って描かれているのがよく分かる。
庭も手入れが行きとどいてなく、適度に荒れている。
そう、自然ままが残っているんだね。
で、その中を、小人たちが動き回るわけだから、
ふだんとは違う低い目線での風景が目の前に広がる。
まあ、これは『ミクロキッズ』『バグズ・ライフ』など、
これまでにもないではなかったけど、やはり絵の丁寧さが違う」

----ということは大満足?
「いやあ。そうともいかないんだな、これが。
理由は声のキャスティング。
あまりにも聞きなれた<声>が多すぎて、
どうしてもその俳優の顔がちらついてしまう。
こちらはもう少し、無名な人にしてほしかったな。
勝手な言い分かもだけど…」



                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「『ポニョ』よりも前売がスゴイらしいニャ」身を乗り出す

※ぼくはポニョの方が好きだ度


コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ジェニファーズ・ボディ』 | トップ | 『シュアリー・サムデイ』 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブランドならではの苦しみを感じますね… (よろづ屋TOM)
2010-07-06 23:50:52
今躍進中の京都アニメーションも自然や背景描写が見事なんですが、そこはジブリをはじめとしてこれまで当たり前だと思ってた描写とは根本的に違うアプローチをしてることに昨日『けいおん』記事を書いてて気づきましてね。

例えるならジブリなどはNHKの自然ドキュメンタリー的描写。しかし京アニはもしかしたら戦中戦後の邦画に登場するような背景の扱いかも、という気がしまして。
つまり自然描写をシーンの主役にした事がないんです。どんなに美しくても叙情的でも、あくまで人物たちの心情表現としての背景でしかない。
映画では、いくら美しいからといって、自然の描写に登場人物の芝居を“食わせる”なんてことがないように、京アニの背景描写は単なる背景。むしろ映画的なんだと気づいてハッとしたんです。

私はたぶんビデオ鑑賞になるであろうこの作品も、いっそ宮崎色から完全脱却してほしいのですが、やはりジブリ最大の悲劇である近藤善文さんを失った事が今も尾を引いているという感じですね。できれば次回作は新監督のカラーで染めて欲しいものです。

ところで魔法なしってのは違いますが、『銀曜日のおとぎばなし』『小さなメモル』のような温かい話だと嬉しいな。さとうさとる氏の『コロボックル』も今こそリメイクしてもいいかも。
■よるづ屋TOMさん (えい)
2010-07-07 22:52:48
こんにちは。

>ジブリ最大の悲劇である近藤善文さんを失った事

ほんとうにそうですよね。
あの映画は、青春とファンタジーが
絶妙なコンビネーションを見せた作品だと思います。

そうか、京都アニメーションっていうのは、
いま注目株なんですね。
何かの記事を書くとき目にしたことはありますが…。

そういえば、先日の東京新聞の記事。
アニメーターの月収が45000円というのには衝撃を受けました。
そんな状態だとは思ってもいませんでした。
エンドクレジットを見る目が変わりそうです。

「コロボックル」のリメイク…。
あれ、映画化されていたんですか?
知りませんでした(汗)。
あ、映画化ではなく。 (よろづ屋TOM)
2010-07-08 14:04:25
サザエさん、サスケを作ったエイケンが遙か昔に『冒険コロボックル』としてテレビ放映してたんです。
親友がさとうさとる氏の熱狂的なファンで、さんざんレクチャーされまして。

宮崎風アニメが時代遅れと言うわけではないんですが、今の深夜帯アニメを観ていると、すでにジブリが日本の(あるいは世界の)最高峰ではない、と思えるだけのさらなる可能性を多々観る事ができるのです。
もちろん、素晴らしい作品ばかりではないのは、映画の世界と同じですが、貧しくも魂と生命を削りながらがんばる無数のアニメーター達によって、たしかに裾野はひろがり、そのぶん頂上はどんどんせり上がっている事も確かです。

微力ですが、そうした彼らの命懸けのがんばりを少しでも“アニメを知らないオトナたち”に伝えられたら、と思います。
■よろづ屋TOMさん (えい)
2010-07-13 22:49:41
こんばんは。

なるほど、テレビ放映だったんですね。
ありがとうございます。

さて、
ぼくも「宮崎アニメだけがアニメじゃない」と、
声を大にして言いたいです。
いま、もっとも気になっているのが
原恵一監督『カラフル』。
あの細田監督も大絶賛とか。
首を長くして待っています。
鈴木P (にゃむばなな)
2010-07-18 15:12:35
米林監督だけでなく、鈴木敏夫Pも多分『耳をすませば』を強く意識していたと思います。
あのニーヤという名の無愛想なデブネコもそんなメタファーの一つなんでしょうね。
アタ~リ~♪ (メビウス)
2010-07-18 23:41:39
えいさんこんばんわ♪

新人の監督さんだからどこか構えてた所もありましたけど、思った以上に好感な部分が多くて、その新人監督さんを起用したジブリ作品の中では個人的に猫の恩返し以来のアタリでございました。
小人の視点や借りをするシーンなどもホント冒険といった感じがあって、アリエッティ同様楽しく観れたんですよねぇ♪昔と違い、ちょっと裕福になった現代社会を批判的に捉えてるような所がアリエッティパパらの態度から感じ取れもしたのですが、それでもあんまり説教くさく無かったから許容範囲内でしたw

※それと全然関係ないですが、えいさん今年ポケモン観ました?^^;
■にゃむばななさん (えい)
2010-07-20 19:32:38
こんにちは。
「魔女宅」を思えば、しごくあたりまえなのでしょうが、
ジブリはほんとうに猫がいい感じで出てきますね。
ぼくも「耳をすませば」は大好き。あのときの猫たちもよかったニャあ。
■メビウスさん (えい)
2010-07-20 19:37:24
こんにちは。
「猫の恩返し」か…。なんだか懐かしいですね。今回の映画は「トトロ」に近い感じもしました。そう、肩の力の抜けぐあいみたいなのが…。
「ポケモン」観てますよ。オールスターでしたね。でも、どこかで観た感が強かったです。
こんばんは (ノラネコ)
2010-07-20 21:17:11
トトロの頃からそうですが、ジブリ映画は基本猫派ですね。
犬派の勢力の強い中、うれしい事です。
それはさて置き、本作はあまり期待していなかったので、出来の良さはうれしい誤算でした。
個人的には今世紀に入ってからのジブリ映画では一番好きです。
でも、ハルさんの声はちょっと困りました。
志田未来や神木くんはそうでもなかったのですが、ハルさんはどうしても本人の顔が浮かんでしまって・・・
声優 (ともや)
2010-07-21 20:05:34
こんばんは、えいさん♪
主人公の志田未来や神木隆之介なんかはわりあいしっくり来てて良かったんですが、お母さんの大竹しのぶとお手伝いさんの樹木希林はちょっと…でしたね。
こういうタレントの声優起用が面白い化学反応を起こす場合もあるのは確かですが、個人的にはちゃんとした声優を起用して欲しいです~。
そんな話題作りをしなくても、ジブリ作品ならちゃんとメディアで取り上げてくれるのにねww
声優 (たいむ)
2010-07-21 22:27:58
こんにちは!
私もジブリの俳優声優はもう少し考え直してもいいんじゃないかとずっと思ってます。
EDの五十音順もどうかなぁと。
並列は悪くないけれど、だれが何を担当しているのかさっぱり分からないし、仕事の区別はあっても良いような気がしませんか?

「耳をすませば」に近い印象は私にもありましたが、監督の手腕の差は歴然な気がしています。(エラそーですね・・^^;)
ジブリも世代交代にはまだまだ時間がかかりそうですね。
■ノラネコさん (えい)
2010-07-25 19:31:31
こんばんは。

そうそう、基本猫派。
ハリウッド映画とは、ここが一線を画するところ。
ジブリが、全米を制覇するには
このあたりがネックになるかも(笑)。

以前、『おもひでぽろぽろ』のときに、
声優の顔が浮かぶと指摘されたことがあり、
そのときはそうまでは思わなかったのですが、
今回はさすがにきつかったです。
■たいむさん (えい)
2010-07-25 19:33:08
こんばんは。

おおっ、たいむさんも声優のこと指摘されていますね。
ぼくも『耳をすませば』の方が好きかな。
なんと言っても、あの映画には躍動感が…。
ほんとうに血が流れている感じがしました。
■ともやさん (えい)
2010-07-25 19:35:07
こんばんは。

そうそう。
著名人を起用することで話題づくりする必要もないのですから、
もう少し、ピッタリする声で観たかったです。
『もののけ姫』の森繁なんかは、
オモシロかったけど…。
Unknown (Kei)
2010-07-26 00:18:33
こんばんは。
大作ではないけれど、愛すべき小品としてよく出来ていると思います。特に、細かい小道具に凝っている所が好きですね。
逆さにした植木鉢のカマドとか、切手の額縁、ピアスのハーケンによるロック・クライミング、プルトップのハンガー…等々。
それらをもう一度眺め直すだけでも、何度でも楽しめそうです。
あと、角砂糖を心のキャッチボールのアイテムとして活用している所もうまいですね。

最近のジブリアニメは、クロージングがイマイチ不満でしたが、本作は見事でしたね。
その功績は、多分新たに加わった丹羽圭子さんの脚本のおかげもあるような気がします。
米林監督は、次回は自分のオリジナル脚本で勝負して欲しいですね。その時が真価だと思います。
■Keiさん (えい)
2010-08-01 01:06:31
こんばんは。

そうですね。
魅力的な小道具の数々。
こんどはその視点から観てみるのもオモシロいかも。
『千と千尋の神隠し』以来、
はっちゃけたエンディングが続いている
宮崎アニメとは一線を画した
正統派のエンディングも余韻がありました。
Unknown (悠雅)
2010-08-05 10:07:10
こんにちは。
いろんな都合で今頃観て来たんですが、
やっぱり今回も、吹替えに難アリ、という感じが否めず…
お母さんの大竹しのぶが特に違和感がありました(あの性格もちょっと好きになれないけど)。
せっかく、日本のアニメーションにしてくれているのに、
原作の児童書を読みたくなってしまったのは、
映画を心底楽しんでなかった証拠かしら。
ただ、お花やグリーンの描写、色使いは素晴らしかったです。
何となくお花がいっぱいの背景というのではなく、
アイビーの根の張り方にしろ、咲いているお花にしろ、
1つ1つがちゃんと特定できる具体的で美しい描写が
一番気に入りました。
適度に雑草が混じり、色とりどりのお花が群生している、って
ある意味、理想の庭ですわ。
■悠雅さん (えい)
2010-08-07 23:15:37
こんばんは。

いま、ふと思ったのですが、
こういう小人のお話、
それも身近な世界だと、
アニメじゃなくて実写で観てみたいです。
アニメだとなんでもありで、
最初から作られた世界でもOKになってしまう。
ほんとうは、ありえない(であろう)世界を
目の前に繰り広げられてこそ、
夢も広がるものじゃないか、
ふと、そう思いました。

と、それはともかく、
グリーンの描き方は完璧dしたね。
ぼくにとっても理想のお庭でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
借りぐらしのアリエッティ (LOVE Cinemas 調布)
原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブリ作品の原画を担当してきた米林宏昌が務めている。西友...
借りぐらしのアリエッティ (メルブロ)
借りぐらしのアリエッティ 321本目 2010-25 上映時間 1時間34分 監督 米林宏昌 出演 志田未来(アリエッティ) 、  神木隆之介(翔)     大竹しのぶ(ホミリー) 、 竹下景子(貞子)      藤原竜也(スラピー) 、  三浦友和(ポッド)      樹...
借りぐらしのアリエッティ (試写会) (風に吹かれて)
髪留めがかわいい公式サイト http://www.karigurashi.jp原作: 床下の小人たち (メアリー・ノートン著)声の出演: アリエッティ  志田未来        翔       神木隆
『借りぐらしのアリエッティ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、少しラストに触れています。主題歌を歌うセシル・コルベルのミニライヴ、監督らの舞台挨拶付き試写会(7月2日大阪)で『借りぐらしのアリエッティ』(脚本・宮崎駿、監督・米林宏昌)を見た。 ぼくは、
借りぐらしのアリエッティ (Peaceナ、ワタシ!)
人間に見られてはいけない。 昨晩『借りぐらしのアリエッティ』の試写会に行って来ました!!! 会場は、会社帰りに来てもらうにはちょいと駅から遠い某シネコン。チャンティが根性で仕事を切り上げてくるというので、私が先に行ってチケットの引換えをすることに。(全席指...
借りぐらしのアリエッティ (そーれりぽーと)
“とりあえず”ジブリなので『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。 ★★★ 美しい緑が映えまくる外、家の中の家具、小人の世界のギミックな構造と書き込まれた世界が素晴らく、音楽と相まっていつものジブリ以上に癒し系。 ベテラン役者揃いの声もいつも以上にな...
劇場鑑賞「借りぐらしのアリエッティ」 (日々“是”精進!)
「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞してきましたとある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリス...
『借りぐらしのアリエッティ』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたので、ガラガラという方が近い。 絵が綺麗で、音楽も美し...
映画 『借りぐらしのアリエッティ』 (アニメって本当に面白いですね。)
借りぐらしのアリエッティ   お勧め度:普通   [ファンタジー ジブリ]   7月17日(土)全国ロードショー   原作 : メアリー・ノートン   監督 : 米林宏昌   脚本 : 宮崎駿   アニメ制作 : スタジオジブリ   http://karigurashi.jp/ ...
映画<借りぐらしのアリエッティ> (美味-BIMI-)
  早速見て来ましたよ~! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>!   ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言っていた小人の少女に出会った――。 人間に見られてはいけない。 それが床下の小人た...
『借りぐらしのアリエッティ』 (めでぃあみっくす)
スタジオジブリのヒロイン像原点回帰。それが今回の鈴木敏夫プロデューサーの狙いであるような気がしました。 『となりのトトロ』を思わせるような小さな世界で起こるシンプルなお話に、これまでのジブリ作品のキャラたちにどこか似ているこの映画のキャラクターたち。い...
借りぐらしのアリエッティ (だらだら無気力ブログ)
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと別...
「借りぐらしのアリエッティ 」生存競争の先にみたアリエッティとの共存に理解した少年と理解なきおばさん (オールマイティにコメンテート)
7月17日公開の映画「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞した。 この映画はスタジオジブリ最新作品で、 家の下に暮らす小人たちが人間に見つからないように 食料などを借りながら暮らしていたが ある日少年にみつかり引っ越さなければならなくなり 生存を掛けて生...
借りぐらしのアリエッティ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】米林宏昌 【声の出演】志田未来/神木隆之介/大竹しのぶ/竹下景子/藤原竜也/三浦友和/樹木希林 【公開日】2010/7.17 【製作...
借りぐらしのアリエッティ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月18日(日) 21:25~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『プレデターズ』公式サイト 高齢化の激しいスタジオ・ジブリ。美術館館長以来、長編に新しい監督登場。 スペクタクルなシーンが目に付...
『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『借りぐらしのアリエ...
借りぐらしのアリエッティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよ...
スタジオジブリ 最新作【借り暮らしのアリエッティ】を観て♪♪♪ (MY ALL)
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!三連休の2日目日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。今日も昨日に引き続き朝っぱらから爽快な青空と強い陽射しの太陽が照りつける程の真夏...
スタジオジブリ 最新作【借り暮らしのアリエッティ】を観て♪♪♪ (MY ALL)
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!三連休の2日目日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。今日も昨日に引き続き朝っぱらから爽快な青空と強い陽射しの太陽が照りつける程の真夏...
『借りぐらしのアリエッティ』~腹八分目の快感 (子育てパパBookTrek(P-8823))
『借りぐらしのアリエッティ』★★★★☆  2D手書きアニメ『借りぐらしのアリエッティ』を、娘(小4)と二人で鑑賞。  公開早々なの...
借りぐらしのアリエッティ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
二十一世紀に入ってからのジブリ作品で、一番好きかも。 タイトルロールの「借りぐらしのアリエッティ」は、古い屋敷の床下にひっそりと暮ら...
[映画『借りぐらしのアリエッティ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆宮崎監督ではないジブリ作品だ。  実は、あまり興味がなく、文句をつけようとして観に行った。  翻って、昨今のジブリ作品の低評価の原因とされる、最近の宮崎駿の支離滅裂さが、実は、どんなに素晴らしいものであるかを私は語ろうと思っていたのだ。 「ポニョを出...
借りぐらしのアリエッティ (ともやの映画大好きっ!)
【2010年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1952年に発表されたメアリー・ノートン原作のファンタジー小説「床下の小人たち」を、日本を舞台に設定を変えてアニメ化。 とある古い家の床下に暮らす小人の少女アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴ったファン...
「借りぐらしのアリエッティ」みた。 (たいむのひとりごと)
タレントや俳優の声優を起用し出し、「ジブリのアニメなら」という含みのある言い方をする方々が口をそろえて「感動、感動」と連呼するのにウンザリし、評論家の如くわかったような解説を披露する人が増え始めて以来
映画「借りぐらしのアリエッティ」 (FREE TIME)
話題の映画「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞。
『借りぐらしのアリエッティ』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7...
借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) (yanajun)
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。 先日、劇...
角砂糖で捕まえてはいけない。(違)~「借りぐらしのアリエッティ」~ (ペパーミントの魔術師)
人間に見られてはいけない・・・って いきなり見られとるやんけ。(笑) Agehaはもう妖精とか小人とかこういうファンタジーは むっちゃ大好きなんで もうこの世界観からしてメロメロなんですね。 トトロを思い出すかのような自然にかこまれた空気のええとこで 美しいガ...
借りぐらしのアリエッティ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ポニョ」から早くも2年~スタジオジブリ2年ぶりの新作は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした心温まるファンタジー。企画・脚本は宮崎駿。本作の監督を務めたのはこれが初監督作品となるスタジオジブリの新鋭・米林宏昌。 物語:舞台は現代...
借りぐらしのアリエッティ (Diarydiary! )
《借りぐらしのアリエッティ》 2010年 日本映画 郊外の洋館に住む小人のアリエ
ジブリらしいヒロインが帰ってきた!『借りぐらしのアリエッティ』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオ・ジブリの最新アニメ映画。古い家の床下に暮らす小人一家と人間との関係を描いた作品です。
借りぐらしのアリエッティの感想 ~宮崎駿に潜む人間への絶望感~ (アニプレッション!!)
昨日、借りぐらしのアリエッティを見てきました。 映画館の入り状況ですが、客は120人収容ぐらいの会場に半分ぐらい埋まった感じでした。男女比の割合は女性6、男性4の割合でしょうか...
「トイ・ストーリー3」と「借りぐらしのアリエッティ」から見えて来るもの (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
「トイ・ストーリー3」2010年・米/ピクサー=ディズニー原題:Toy Story 3監督:リー・アンクリッチ製作総指揮:ジョン・ラセター原案:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、リー・アンク
【借りぐらしのアリエッティ】 (日々のつぶやき)
監督:米林宏昌 「古い家の床下に両親と暮らしているアリエッティ、14歳になりお父さんと一緒に借りをする日がやってきた。 その家には丁度病気療養にために翔という男の子が来たばかり。 夜中出かけたアリエッティは姿を見られてしまった。 人間に姿を見られたから
床下の小人たち~『借りぐらしのアリエッティ』 (真紅のthinkingdays)
 心臓病を患う少年・翔は、田舎にある母親の実家へ避暑にやって来る。広大な 敷地に建つ屋敷の床下には、小人の一家が住んでいた。翔は偶...
「借りぐらしのアリエッティ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で...
『借りぐらしのアリエッティ』@ワーナーマイカル板橋 (映画な日々。読書な日々。)
古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を
借りぐらしのアリエッティ (再出発日記)
えっ、もう終わったの?というのが、最初の感想。今までの宮崎アニメと比べると、壮大な世界観も、ぐるぐると動くストーリー展開もなくて、やっと序章が終わった、これから話が動く...
借りぐらしのアリエッティ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
あの(?)カオナシが初監督したそうです。
「借りぐらしのアリエッティ」 小さな小さなアリエッティが持つ大きな大きな生命力 (はらやんの映画徒然草)
スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ
借りぐらしのアリエッティ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  2年振りにスタジオジブリが放ったアニメで、ファンタジー小説『床下の小人たち』を題材に宮崎駿が企画立案し、米林宏昌がメガホンをとった作品である。 原作の舞台は1950年代の英国であるが、本作では現代の日本を舞台に移し、肺病の少年翔と小人のアリ...
借りぐらしのアリエッティ (voy's room)
 荒れた庭がある、広大な屋敷。14歳になる身の丈10cmの小人の少女・アリエッティは、父と母と3人でその床下でくらしていた。上にある人間の家から生活に必要なモノを「借りてきて」「暮らす」借りぐらしの小人たち。ある夏の日、その古い屋敷に、病気療養...
借りぐらしのアリエッティ (いい加減社長の日記)
なんか、いつものジブリほど、期待が高まらなかったんだけど。 他に観たいものもないので、「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通かなぁ。 「借りぐらしのアリエッティ 」は、大きめのスクリーンで、4割程度。 (C) 20...
借りぐらしのアリエッティ (犬・ときどき映画)
借りぐらしのアリエッティ <Story> 大きな古いお屋敷の床下に小人のアリエッティとお父さんお母さんの3人家族が住んでいました。彼らは必要な物資を、必要な分だけ人間から借りて暮らしているのです。 もしも人間に見られたら、引越さなければならなくなります。 ある...
借りぐらしのアリエッティ (eclipse的な独り言)
もう、たまんねぇ。かわいいなあ、アリエッティ。ロリ●ンの気持ちがわかります・・・(嘘&その分野だけは苦手)
借りぐらしのアリエッティ (単館系)
メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作 アニメ制作はご存知スタジオジブリ 主演ふたりはドラマ探偵学園Q以来の共...
借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。 ...
借りぐらしのアリエッティ (悠雅的生活)
床下の小さき人たち。わすれもの。秘密の花園。
『借りぐらしのアリエッティ』 (カエルノセカイ)
重い病を抱えた少年翔(神木隆之介)は、母が育った古い屋敷で手術までの1週間を過ごすことになる。 そこで”借りぐらし”の小人であるアリエッティ(志田未来)を目撃した翔は、なんとか姿を現してほしいと願う。 一方、翔に目撃されたことで、初めての”借り”を成功さ...
借りぐらしのアリエッティ 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
映画「借りぐらしのアリエッティ」 (Andre's Review)
  借りぐらしのアエリエッティ 日本 2010 10年7月公開 劇場鑑賞 小学校の時にトトロが公開されたようなジブリ世代なもので、ジブリの新作と聞くとやはり心躍ってしまいます。 心臓の手術を控えた少年、翔は療養のために大叔母の暮らす屋敷に1週間滞在することになる。屋...
『借りぐらしのアリエッティ』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
私は、この序章が、押し付けがましくなく、さりげなく、はかなくて、秘めやかで、清々しい、その慎ましさに、好感を持ってしまった一人です。
『借りぐらしのアリエッティ』@ワーナーマイカル板橋 (映画な日々。読書な日々。)
古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を
『借りぐらしのアリエッティ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 借りぐらしのアリエッティ 』 (2010)監  督 :米林宏昌キャスト :志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、 樹木希林 メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原...
借りぐらしのアリエッティ (銀幕大帝α)
10年/日本/94分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:米林宏昌 プロデューサー:鈴木敏夫 企画:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン『床下の小人たち』 脚本:宮崎駿 主題歌:セシル・コルベル『Arrietty's Song』 声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹...
借りぐらしのアリエッティ (いやいやえん)
ジブリ作品。郊外の広大な古い屋敷で小人のアリエッティの一家が必要なものを「借りて」暮らしていた。そこに、療養で12歳の少年・翔がやってくる。 地味ながらもあたたかな小品だったと思う。 アリエッティの初めての「借り」にはその小ささから普段見る事のできない...
借りぐらしのアリエッティ (RISING STEEL)
借りぐらしのアリエッティ 病を患い手術を控えた少年ショウは療養のために山中の屋敷でひと夏を過ごすことに。 そこで彼は小人の少女アリエッティを目撃する。 人間に決して姿を見られてはならないの...
映画 借り暮らしのアリエッティ (VAIOちゃんのよもやまブログ)
先日、コナンの映画、天空の難破船を地上波で見損ねてDVDを借りた際、思わず一緒に借りたのが「借り暮らしのアリエッティ」。ちょうど新作のリリースから少し経ったタイミングで品 ...
映画評「借りぐらしのアリエッティ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・米林宏昌 ネタバレあり