ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『インモータルズ-神々の戦い-』

2011-10-22 23:50:50 | 新作映画
(原題:Immortals)


----“神々の戦い”って、
よく考えたらスゴいタイトル。
神様同士が戦争しちゃうの?。
「いやいや。
そういうわけじゃないよ。
このお話、監督が“映像の魔術師”と言われるターセム・シン
ギリシャ神話に出てくる悠まいな神々を
自分の編み出した物語の中に投げ込んだという感じだね。
お話自体は、けっこう荒いんだ。
まず、設定から。
その昔、ゼウスが率いるオリンポスの神々と
邪悪な神タイタン族との間で
世界の覇権をめぐる戦争が起こった。
熾烈を極めた戦いの末に敗れたタイタン族は、
タルタロス山の地底深くに幽閉される。
以後、オリンポスの神々は天上で
人間の平和な営みを見つめていた……。
それから何百年の時を経て、
イラクリオン国王ハイペリオン(ミッキー・ローク)は、
世界征服の野望を成し遂げるべく強大な軍隊を作り、
ギリシャの村を次々と破壊。
さらに、タイタン族解放の鍵を握る神の武器<エピロスの弓>の所在を突き止めようと、
可視能力を持つ巫女の行方を追い始める。
そんな中、ゼウスはハイペリオンの魔の手から
人類の未来を守る救世主の使命をテセウスという名の男に託す…」

----そのテセウスを演じているのが
ヘンリー・カヴィルってわけだね。
「そう。
そして可視能力を持つ巫女パイドラをフリーダ・ピント
ここに、盗賊のスタブロスも絡み、
エピロスの弓をめぐるハイペリオンとの戦いが繰り広げられる。
物語としては、
テセウスの素質を見抜いた老人(ジョン・ハート)に変身したゼウスによって
彼が長年鍛え上げられたこと、
そのテセウスの母が身分の低さゆえに
タルタロスの要塞へ向う避難民の列に加われずに
イラクリオン兵に捕えられ惨殺されたことなどが描かれる。
だけど、実を言うと、
そういうことよりもこの映画の肝となるのは、
“ビジュアリスト”ターセム・シンの面目躍如とも言うべき、
壮大なイマジネーション。
たとえばテセウスたちが暮らす海辺の村。
これは切り立った崖の上。
広場というよりも道にしか見えないほどに狭い平坦な部分に作られている。
高所恐怖症のぼくなんか、とてもそこでは暮らせない。
まかり間違えば崖下にまっさかさまだからね(汗)。
タイタン族たちは立ったまま幽閉。
サッカーゲームの駒のように一列に棒に繋ぎとめられている。
ギリシャの神々は白亜のシミ一つない岩の上に半裸で横たわっている。
身につけているものと言えば金色に輝く甲冑。
そしてそれぞれのキャラクターに応じたユニークな冠。
そして蛮族ハイぺリオンには悪魔的な仮面、
巫女パイドラは真紅のシフォンドレス。
これらの衣装は石岡瑛子
ほんと、自由にやらせてもらえたんだろうね。
妥協がまったく感じられないのびのびとした仕事ぶり。
『ドラキュラ』に続くオスカー受賞も確定じゃないかな」

----ニャんだか、話を聞いていると
見どころはビジュアルばかりのような感じだけど…。
「そうだね。
それぞれのバトル、
とりわけ最後に決着が付く
かつてない(というかありえない)大スペクタクルも含め、
これはターセム・シンが
自分の世界を徹底的にビジュアル化しようとしたもの。
カラヴァッジオの光と闇を交錯させる技法を駆使したとのことらしいけど、
ここまでやれば、
ときおり見られるディテールの説明不足、
カットつなぎの不自然さも、
まあ、いいじゃないかとなっちゃう。
まさに力業の映画だね」





                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「目が潰れそうなほどに眩しいのニャ」もう寝る


※ミッキー・ロークの残虐ぶりがスゴい度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ラブ&ドラッグ』 | トップ | 『カイジ2 人生奪回ゲーム』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
血腥いのに・・・ (悠雅)
2011-11-11 16:48:12
楽しんで参りました。
首が吹っ飛ぼうが血塗れになろうが、現実感がない分、妙に納得して観れたというか、
それを忘れるほどの、素晴らしいイマジネーションの世界。
まさに、ビジュアルを楽しむ作品ですね。
あれこれ言いたい気もするけど、ま、いいか、っていう感じ。 
2Dでも充分楽しめたけど、3Dだったらどうだったのでしょう。
■悠雅さん (えい)
2011-11-13 22:05:49
こんばんは。

そうそう、現実感に乏しい映画。
それだけに、<映画>という虚構の世界を感じさせ、
好き嫌いが分かれる作品だと思います。
あれこれ言いたい気…これも納得。
自分だったら、
また別の「ギリシャ神話」の描き方が観たいと言う気がします・
こんばんは (ノラネコ)
2011-11-16 22:55:14
神々の視点で見た箱庭的イメージは狙いなんでしょうね。
最後にはその神々が自らの箱庭で滅んで行くあたりに、若干のテーマを感じましたが、まあひたすらカッコいい画を楽しむ映画でした。
ターセムはもうちょっと話に凝ればもっと凄い映画を撮れると思うのですけど、たぶんそっちには興味ないのでしょうね。
■ノラネコさん (えい)
2011-11-17 21:46:38
こんにちは。

確かに、あれは“狙い”でしょう。
人間がいくら頑張っても
さらに大きな力の前には非力。
もしかしたら、
自然などの比喩なのかもしれないですね。
衣装がすばらしい (風子)
2011-11-20 20:45:19
神話の世界として見ていたので、現実感がなくても全く気になりませんでした。
シン監督の映像美は好きです。
特にラストは絵画のような構図で、監督らしいなあと思いました。
■風子さん (えい)
2011-11-24 21:10:44
こんばんは。
この衣装は圧巻でしたね。
シン監督の中ではこの映画が
ぼくも一番。
あのラストはルネサンス時代の絵画を観ているようでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インモータルズ -神々の戦い- 邦題が違うせいで勘違いするねん! (労組書記長社労士のブログ)
【=59 -10-】 西日本では最速、大阪では唯一の試写会らしい、なんか知らんけどお笑いの人がゲストで来ていて、コントもトークの滑り倒していた。映画も滑らなきゃいいけどと無駄に心配してしまった。  人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。戦...
インモータルズ -神々の戦い- (うろうろ日記)
試写会で見ました。CMは見たことがありました。私は、神VS神の戦いに超人的な人間
劇場鑑賞「インモータルズ 神々の戦い」 (日々“是”精進! ver.A)
光と闇の、戦い・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111110004/ Immortals posted with amazlet at 11.11.08 Soundtrack Relativity Music Grp (2011-11-08) 売り上げランキング: 15835 ...
映画「インモータルズ -神々の戦い-(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@Seesaa)
映画『インモータルズ -神々の戦い-(3D・字幕版)』(公式)を本日公開初日第1回目で劇場鑑賞。キャパ189名に15名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blo...
インモータルズ-神々の戦い- (悠雅的生活)
金色の神々。エピロスの弓。戦いは終わらない。
[映画『インモータルズ -神々の戦い-』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆名作『落下の王国』(クリック!)の監督ターセム・シンの最新作だ。  こりゃ初日に観たいと、午後七時半から歯医者だったのですが、それだとレイトショーでも観れないので、仕事を終えたらすぐに、「時間を間違えちゃいました^^;」と強引に歯医者に行き、治療して...
『インモータルズ -神々の戦い-』 ('11初鑑賞156・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:40の回を鑑賞。
インモータルズー神々の戦いー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「落下の王国」のターセム・シン監督が「300(スリーハンドレッド)」のプロデューサー、ジャンニ・ヌナリ、マーク・カントンと組んで贈るギリシア神話を題材にしたアクション・スペ ...
インモータルズ -神々の戦い- (新・映画鑑賞★日記・・・)
【IMMORTALS】 2011/11/11公開 アメリカ R15+ 111分監督:ターセム・シン・ダンドワール出演:ヘンリー・カヴィル、ミッキー・ローク、ジョン・ハート、スティーヴン・ドーフ、フリーダ・ピント、イザベル・ルーカス、ルーク・エヴァンス、ケラン・ラッツ すべての運命...
インモータルズ -神々の戦い- (LOVE Cinemas 調布)
『ザ・セル』、『落下の王国』のターセム・シン監督最新作。ギリシャ神話の世界を舞台に、残虐王ハイペリオンを倒すべく立ち上がる農奴出身の勇者テセウスの姿を鮮やかな映像で描いた3Dアクションアドベンチャーだ。テセウス役を新スーパーマンに抜擢されたヘンリー・...
性欲に負けた処女な巫女w 【映画】インモータルズ -神々の戦い- (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】インモータルズ -神々の戦い- 監督は『ザ・セル』『落下の王国』のターセム・シン。 みんな大好きミッキー・ロークがハイペリオン!! 【あらすじ】 神話の時代のギリシア、全能神ゼウス(ルーク・エヴァンス)は人類の平和と繁栄を願い地上の営みを見守...
インモータルズ 神々の戦い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) 映像感覚は見事!ドラマはもうひとつ!
インモータルズ -神々の戦い-  (風に吹かれて)
マッチョなイケメン達公式サイト http://immortals.jp監督: ターセム・シン  「落下の王国」遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。光の神が勝利し、闇の神タイタン族は、タルタロス
インモータルズ -神々の戦い- (だらだら無気力ブログ!)
神々って大したことないね。
神々の強さ! (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「インモータルズ 神々の戦い」を鑑賞しました。 ギリシア神話の世界を舞台にした アクションもの 全体としては「300」的といえばわかりやすいか そのため新鮮さはあまりなく・・・ しかし アクションものとして見れば 悪くなく 楽しめますね ...
「インモータルズ -神々の戦い-」 計算された映像美 (はらやんの映画徒然草)
「300」とか「タイタンの戦い」とかの二番煎じみたいな感じかなと思っていて、正直
映画「インモータルズ -神々の戦い-」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「インモータルズ -神々の戦い-」観に行ってきました。紀元前1200年頃のギリシャを舞台に、闇の神々タイタン族を復活させようとするイラクリオンの王ハイペリオンと、若...
インモータルズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『インモータルズ―神々の戦い―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は3D作品であり、かつギリシア神話によっているとの触れ込みだったので、端から対象外にしていたところ、何かの拍子に、衣装デザインを石岡瑛子氏(注1)が手掛けていると耳にし、それなら...
インモータルズ -神々の戦い- (C'est joli~ここちいい毎日を~)
インモータルズ -神々の戦い-'11:米◆原題:IMMORTALS◆監督:ターセム・シン「落下の王国」「ザ・セル」◆出演:ヘンリー・カヴィル、フリーダ・ピント、ミッキー・ローク、ルーク・エヴ ...
『東京公園』『インモータルズ -神々の戦い-』『friends もののけ島のナキ』『50/50 フィフテ ィ・フィフティ』 ベスト・オブ・ベ... (映画のブログ)
 ムービープラスとユナイテッド・シネマとau one 映画 が共同で実施しているベスト・オブ・ベスト アワード2011。  その4部門に投票したので、内容を紹介する。  投票に当たっては、例によって当ブログ...
インモータルズ -神々の戦い- (我が頭に巣くう映画達)
50点 世界を支配するため闇の神を復活させようとする王と、 光の神の手で育てられた人間との戦いを描いた映画。 終盤の光の神と闇の神が戦うシーンは スローモーションや早回しを上手く組み合わせた...
インモータルズ -神々の戦い- (銀幕大帝α)
IMMORTALS/11年/米/111分/ファンタジー・アドベンチャー・アクション/R15+/劇場公開(2011/11/11) -監督- ターセム・シン・ダンドワール 過去監督作:『ザ・フォール/落下の王国』 -衣装デザイン- 石岡瑛子 オープニングタイトル別ヴァージョン。 -出...
インモータルズ -神々の戦い- (いやいやえん)
ギリシャ神話の世界観で人間を絡めて光と闇の戦いを描いた作品。 思っていたような「神々の戦い」的ストーリーではないにしろ、とにかく映像力は半端ない。素晴らしい映像美には感嘆。 巫女オラクル(パイドラ)と
「インモータルズ」  映像美やわ~(*^-^) (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
インモータルズ -神々の戦い- 観ました~(◎´∀`)ノ インモータルズの意味は
インモータルズ -神々の戦い- (Immortals) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ターセム・シン・ダンドワール 主演 ヘンリー・カヴィル 2011年 アメリカ映画 110分 アドベンチャー 採点★★★ MTVが全盛期の頃って、凝りに凝ったプロモがホント多かったですよねぇ。ちょっとした映画並み。まぁ、映像に気合が入ってる分、そっちに目を...
映画評「インモータルズ-神々の戦い-」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ターセム・シン ネタバレあり