ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ハゲタカ』

2009-05-11 21:41:31 | 新作映画
-----ハゲタカという言葉、イメージがよくないニャあ。
一時期、ハゲタカ・ファンドとかいうのもなかった。
「うん。これはまさしくそれ。
現代社会の根底をなす経済構造を描いている。
ちょっと前にNHKでミニ・シリーズとして放映され、
世界でも権威のある国際番組コンクール『イタリア賞』を始め、
国内外で数々の賞を受賞したらしい」

----へぇ~っ。そうニャんだ。
でも経済の話って、ニャんだか難しそうな気がするニャあ。
それに監督がテレビ畑の人だと、あまり期待できそうにないし。
「観るまではぼくもそう思っていたんだけど、
これが実にオモシロい。
確かに経済に興味がないとついていけない部分もあるけど、
まあ、この映画は
敵対的買収であるTOB(株等の公開買い付け)と、
それを仕掛けられた対象会社を、買収社に対抗して友好的に買収または合併するホワイトナイト
このふたつを知っていれば、後はいいんじゃないかな。
映画の流れに身を任せるだけで、自然と分かってくる。
この映画版では、中国政府が『日本を買い叩け!』と、
劉一華(玉山鉄二)に指令を出すところから物語はスタート。
やがて“ハゲタカVS赤いハゲタカ”の壮絶な買収戦争が始まる。
このハゲタカ=天才ファンドマネージャー・鷲津政彦を演じるのが大森南朗
どうやら、彼は日本のマーケットに絶望して海外生活を送っているという設定。
このあたりはテレビを観ていないぼくでも分かるように作ってあるのが嬉しい。
その鷲津のもとに、
中国系巨大ファンドに狙われたアカマ自動車を救ってほしいと訪れたのが、
彼のかつての盟友・芝野(柴田恭兵)。
この柴田恭兵がなかなか泣かせる役で、
『こんな時代だからこそ、夢や希望を語るリーダーが必要』と、
アカマの社長・古谷(遠藤憲一)に訴える。
芝野は、子供のころからアカマの車に憧れていたんだね。
ところが古谷社長は
『憧れや夢。そんなもので飯が食えるほど生やさしい時代じゃない』と言い放つ」

----へぇ~っ。シビアな話だニャあ。
モデルがありそうだね。
「おそらく。
赤いGTがポイントになるしね。
この映画、これに限らず、印象的なセリフがポンポンと飛び出してくる。
いま社会問題化している派遣労働者についても映画は言及。
この会社では彼ら派遣工員を担当しているのは人事部じゃなく調達部。
劉に巧みに言い寄られ、利用される派遣工員・守山に高良健吾
『自分たちは誰かになってはいけないんです』となかば斜に構えていた彼が
劉の言葉によって変貌を遂げる。
『誰かになるんだ!』とアジテーションするさまは、観ていてほんとうに辛い。
社長の守山に対する目線、これまた厳しい。
『信念を持っているヤツは正社員にすると必ず面倒なことになる』」

----その守山。つくづくイヤな男だね。
主人公の鷲津は彼のために一肌脱ぐんでしょ。
ニャんだかノレないニャあ。
「さあ。どうかな。
映画は、劉の攻勢の前に、
さすがの鷲津も後手後手に回る。
でも、もちろんこれで終わるはずはない。
そこに現代社会に大きな影を落としているリーマン・ショックを取り入れているんだから、
この映画の作りは実にうまい。
企画の最初の時点では、まだリーマン・ショックも世界同時不況も起きてはいず、
急遽、現実の経済状況の激変にあわせて脚本も変えていったようだ。
そうそう。鷲津の次の言葉も響いたね。
『強くならなきゃ人を殺してしまう。
それが資本主義だ』」

----うわあ。そこまで言う。。
「うん。この映画は小泉改革もはっきりと批判している。
『既得権者はいつだって弱者を食い物にする』とね。
映画は、この経済だけでなく、
もっと根底のところで、
“人間である限り、夢を持つのはごく当たり前のことであるし、
本来ならば、それを心に持ち続けてほしい……”と
言っているようにも聞こえる。
途中、テレビ『太陽にほえろ』を思わせる、
ちょっとやりすぎのシーンもあるけど、
それでもラストは泣けたね。
まさかこの映画で泣けるとは、ぼく自身予想外だったね」




フォーンの一言「松田龍平、栗山千明も含め、役者がいいらしいのニャ」身を乗り出す

※なかでも玉山鉄二と高良健吾はいい。高良は今年の新人賞候補だ度


人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『天使と悪魔』 | トップ | 『夏時間の庭』(@「シネマ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは (miyu)
2009-06-07 19:00:50
正直ドラマを観てないとしんどいのでは?と
思ったのですが、ドラマを観ていなくても楽しめた
とのご意見は嬉しいですね♪
かなりシビアなお話だけど、結構熱いお話でもあるんですよね。
ドラマ版も色んなパターンが出てきて面白かったですよ。
個人的にはまだまだ続けて欲しい!
いくらでもネタはまた出てくるでしょうしね。
Unknown (たいむ)
2009-06-07 21:51:49
えいさん、こんにちは。
どちらかといえば、「TVシリーズありき」な映画ではあったけれど、TVシリーズほど小難しい表現をしていないし、何より今の時期にドンピシャで、多くの人の心に届く作品になっていたのではないかと思いました。

玉鉄くんは最近めきめきと腕をあげていて成長が著しいですねー。
■miyuさん (えい)
2009-06-08 15:05:30
こんにちは。

そうなんです。
観る前は、若干の不安があったのですが、
観ているうちにまったく吹き飛んでいて、
しかもしっかり経済の勉強をさせてもらったという感じでした。

TVドラマの方も観てみたくなりました。
■たいむさん (えい)
2009-06-08 15:07:07
こんにちは。

昔は、玉木宏とふたり、
「玉」から始まるイケメン俳優のイメージでしかなかったのですが、
ふたりともぐんぐん存在感を増してきました。
日本映画は逸材が多いなあ。
予備知識なさすぎでも (Ageha)
2009-06-08 16:30:35
十分心に届く人間ドラマがそこにありました。

初めて玉鉄かっこいいって思った(笑)
最後は切なかったです。

立場こそ違えど
悪いひとなんかいない。あんなかたちで対峙しなきゃ
むしろ日本を引っ張ってくひとりになれたかもしれないのに。

夢を語るリーダーが
その実現の為に
くそがつくほど真面目に働けばまた日本は再生する、か。
希望の光がみえたことも救いでした。
■Agehaさん (えい)
2009-06-09 10:53:11
こんにちは。

ぼくも中国の「壁」の赤い自動車の絵が切なく、
熱いものがこみ上げてきました。

「夢を語るリーダー」を盲信しちゃうのも危ないとは思いますが、
『ボビー』、ロバート・ケネディのような人だったら、
ぼくも待ち焦がれますね。
ご無沙汰しています。 (あかん隊)
2009-06-09 12:38:44
お元気でご活躍のご様子、ブログや他の関連サイトも拝見しています。映画は、ちょこちょこ観ています。ブログの更新は、さっぱりです。(汗) そのうち、まとめてやるかなぁ…。
この作品、テレビ放映時からぞっこんでしたから、映画化には不安がありましたが、よくできていたと思います。映画らしい情緒的な雰囲気がうまく醸し出されていました。ドラマの方は、もう少しハードなタッチです。機会があれば、是非ご覧ください。カメラアングル、色調(フィルタ?)のかけ方など、秀悦です。
必ず二回はご覧下さい (たっくん)
2009-06-09 22:16:31
不思議な映画です。

四回観ましたが、毎回新たな発見があります。
正直一回でこの映画の印象をまとめるのは無理なんじゃないかと思ったりしてます。
それぞれの立場の正義がなんなのか・・・鑑賞者の立ち位置によって違った「今」が見えてきます。
是非是非是非もう一回劇場でご覧いただきたい!
前回と違う正義が見えてきます。
■あかん隊さん (えい)
2009-06-10 22:55:04
こんばんは。

お久しぶりです。
なるほど、
TVの方はもっとハードなんですね。
ある方からラストの方の中国のシーンは余計と指摘されました。
もしかして、それも情緒的な方に傾いたからかも…。
あまりヒューマンな部分を入れない方が、
映画としてだけ見るといいのかなあ。
ぼくなんか、これでコロリと
やられた方なんですが…(汗)。
■たっくんさん (えい)
2009-06-10 22:57:14
こんんばんは。
スゴイ!もう4回ご覧になったんですか!?
確かに、この映画は
鑑賞者の「立ち位置」で大きく観方が変わってくる映画でしょう。
さて、自分はどうだったんだろう?
これはもう一回にチャレンジしなくてはかな…。
こんばんは~☆彡 (ひろちゃん)
2009-06-13 01:39:29
私もドラマ未見で、しかも経済に疎いのに
最後まで飽きることなく楽しめました♪
ひとつひとつの台詞(言葉)が、心に染みるものが多かったです!音楽も好みでした^^
私もラスト(中国の壁の赤い車)に涙が出てしまいました(T^T)

ところで、かわいい白茶の猫ちゃんが出てましたが、えいさん何も触れてませんが、フォーン
ちゃんが焼きもち焼くからですか?(笑)
■ハゲタカさん (えい)
2009-06-14 13:27:43
こんにちは。

お久しぶりです。
この映画、ときどき
「ん?」と、引っかかる部分がなかったわけでもないのですが、
それでも目をつぶるような、いやつぶらされるような形で
一気に観てしまいました。
そういう意味では『T4』と同じかも…。

あの猫ちゃんに触れなかったのも、
ちょっとそれと関係していて、
主筋に引きずり込まれていき、
そこを描く余裕が自分の中になかったから。

観た瞬間は、
あっ!と思ったのですが…(汗)。
今年の日本映画ベスト1?! (となひょう)
2009-06-15 21:24:15
こんにちは。
確かに、ちょっと甘さもあるかもしれないけれど。小難しいばかりでなく、多くの人の共感を呼び易い部分もあって。とてもバランスが良いエンタメ作品だなぁと思いました。
私は、最初は勉強のつもりで鑑賞予定に入れていたのだけど。鷲津も、劉も、そして芝野も。それぞれの信念を持って闘っていると思うと。私の好きな男映画ぢゃーん!と、どんどんハマっていきました。ドラマ版は未見なんですよ。何で見てないんだよ!って、自分にツッコミを入れてしまったくらいです。悔しいので、今日は帰りに「ハゲタカ」の上巻を購入して帰りました。明日から読み始めます。

松田龍平になついている猫さん、とっても可愛かったですよね。にゃーーーんと龍ちゃんにしがみつく場面では悲鳴を上げそうになりました。
■となひょうさん (えい)
2009-06-15 22:06:43
お帰りなさい。

アンコールワット、いいなあ。
子どもの頃、テレビの「怪傑ハリマオ」で知って
とても憧れを抱いたものです。
ところがクメール・ルージュが現れて、とても近寄れない。
まさか、観光でまた行けるようになるとは思いませんでした。
あそこでは、日本人報道カメラマンも亡くなり、
映画にもなりましたよね。

と、「ハゲタカ」とは無縁のことばかり書いてしまいました。
松田隆平の猫、よかったですよね。
もうすぐ「私は猫ストーカー」が公開。
これ、となひょうさん、たまらないだろうなあ。
外猫がいっぱい!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【ハゲタカ】ラム (栗山千明さん応援blog「GO!GO!C.K」)
このblogではお馴染みの、栗山千明出演作に的確な評論をあげてくれるえいさんのラムの大通り。 今回の評価は? まさかこの映画で泣けるとは、ぼく自身予想外だったね 多分C.K出演作品としては異例の彼女への言及なし(笑) そして、今という時代を生きる社会人と...
ハゲタカ (Diarydiary!)
《ハゲタカ》 2009年 日本映画 日本マーケットに見切りをつけた鷲津、しかしア
ハゲタカ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰かが言った。人生の悲劇は2つしかない。 ひとつは金のない悲劇。もうひとつは金のある悲劇。 世の中は金だ。金が悲劇を生む。』  コチラの「ハゲタカ」は、外資系ファンドから命を受けた天才ファンドマネジャーの鷲津政彦(大森南朋)が、日本企業を買い叩き...
ハゲタカ (勝手に映画評)
NHKの人気テレビドラマ「ハゲタカ」の映画化。TVシリーズの4年後と言う設定。2008年9月のリーマン・ショックの要素もストーリーに取り入れるため、当初予定の2009年5月公開よりも遅れての公開となった。アカマ自動車はホンダ、スタンリー・ブラザースはリーマン・ブラザー...
「ハゲタカ」みた。 (たいむのひとりごと)
2007年NHK土曜ドラマにて「全6話」が放送され、その後BS・地上波併せて何度となく再放送されるほどに世間の支持を得ていたドラマの映画化。私は何度目かの再放送ですっかりはまり、その後が描かれるという
『ハゲタカ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜はYahoo!映画のレビュアー試写会で東宝本社試写室に『ハゲタカ』を観に行ってきました。 映画終わった後に監督とプロデューサーのティーチインがあったんですけど、昨日は一食も食べずに出かけてしまったものだから、ティーチインの最中にお腹が鳴る、鳴る。 か...
『ハゲタカ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ハゲタカ」□監督 大友啓史 □原作 真山仁 □脚本 林宏司 □キャスト 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー、脇崎智史■鑑賞日 6...
「ハゲタカ」 世の中は金、でも金だけでもない (はらやんの映画徒然草)
原作も未読ですし、TVドラマも未見なのですが、世界規模の経済危機に陥っている今に
ハゲタカ~金が悲劇を生む。 (ポノちゃんのブログ)
前売りを握り締め観てきました。 NHKのTVドラマから派生した映画です。 このド
信念の希薄さが時代の象徴。『ハゲタカ』 (水曜日のシネマ日記)
日本の老舗大手自動車メーカーの買収劇を描いた作品です。
[映画『ハゲタカ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆観終えて考えてみるに、クライマックスで、主人公・鷲津が仕掛けた「プチ・バブル崩壊」作戦は、斬新な手であったが、物語自体は至ってシンプルな、経済分野の映像作品や小説にはよく見られる展開だったと思う。  いや、スポーツと同じで、表面上は、同じ様相を見せる...
【映画】ハゲタカ (新!やさぐれ日記)
▼動機 たまたまドラマ版を見ていたので ▼感想 原作もドラマ版も知らなくても十分楽しめる ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森...
ハゲタカ■面白くない人たちが生きている時代の面白くない映画 (映画と出会う・世界が変わる)
昨日の日記ではかなり酷評したが、もしかしたら、これには製作者たちの資質以外にも原因があるのではなかろうか。監督も脚本家も、実際の経営者やファンドマネージャーなどを取材したに違いない。その際に彼らから強烈な個性や野心などが感じられなかったとしたら。良い、...
映画「ハゲタカ」 追記 (ice-coffee)
今日 観てきました~ 映画「ハゲタカ」!いや~~~まったく渋いです~ 鷲津さん^^
劉一華の願い。~「ハゲタカ」~ (ペパーミントの魔術師)
一応玉鉄扮する劉一華は、日本を買い叩く立場で来日し、 ホワイトナイトとして舞い戻ってきた鷲津を とことん苦しめる役だったわけですが。 実はホントに車好きだったんだな~ってのがわかると あの末路はあまりにも悲しくて 切なかったですね・・・。 あとね、 派遣工...
ハゲタカ 鳶にあぶらげ? (労組書記長社労士のブログ)
【 30 -8-】 大阪ビジネスパークにあるIMPホール、ここでの試写会は初めて、今回の新型インフルエンザ騒動で中止にならないか不安だったが無事に開催。 今週になって大阪では、通勤電車のマスク装着率もかなり減っていて、繁華街も少し人波が戻ってきている。 まだまだ普...
ハゲタカ (花ごよみ)
NHKテレビドラマ「ハゲタカ」の映画化。 テレビでおなじみのメンバーだった、 柴田恭兵、栗山千明、松田龍平等も 今回再結集です。 登場人物にまた会える。 そんな期待を胸に、 映画を楽しみにしていました。 主役はテレビと同じく、 ハゲタカと呼ばれている、 鷲津政...
★ハゲタカ★ (CinemaCollection)
こんな国に、誰がした。破壊者か? 救世主か?映時間134分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/06/06ジャンルドラマ【解説】買収ファンドを扱った元新聞記者の作家・真山仁の原作を基にNHKでドラマ化され、国内外で賞賛を得たTVシリーズを銀幕へ昇華し....
ハゲタカ (だらだら無気力ブログ)
企業買収をめぐる壮絶なマネーゲームを描いたNHKのテレビドラマの 劇場版。テレビ版から数年後の日本で大手自動車メーカーの買収を仕掛ける 中国系巨大ファンドとハゲタカの異名を持つファンドマネージャー鷲津との 間で繰り広げられるマネーゲームを描く。かつて日...
映画「ハゲタカ」 (FREE TIME)
先日、映画「ハゲタカ」を鑑賞。
「ハゲタカ」 (再出発日記)
大きなネタバレがあります。誰かかが言った。前回のテレビ版の芝野と鷲津の関係が、今回は鷲津と劉との関係に移し替えられていると。そうやって、同じテーマを何度もなぞることで(展開が少しづつ変わっていくことで)、「金をめぐる悲劇」ということの意味を浮き上がらせる...
「ハゲタカ」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
ハゲタカと呼ばれた男が再び日本に舞い戻る。
映画「ハゲタカ」 (Serendipity !)
 6月14日、映画「ハゲタカ」を観た。“ハゲタカ・ファンド”をテーマした2007
ハゲタカ (かりんのつれづれなるblog)
ハゲタカをみてきました。 見るまで知りませんでしたが、NHKでドラマ化したものの
ハゲタカ (映画通の部屋)
「ハゲタカ」製作:2009年、日本 134分 監督:大友啓史 原作:真山仁 出演
ハゲタカ (三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~)
映画館に行くたびに予告を観て気になっていた 映画「ハゲタカ 」。 早速、先週末に観に行ってきました いや~、 こりゃ、とぉーっても面白い映画でしたヨ。 赤いハゲタカ(中国人ファンドマネージャー)こと 劉一華(リュウ・イーファ)が日本の
【ハゲタカ】 (日々のつぶやき)
監督:大友啓友 出演:大森南朋、柴田恭平、玉山鉄二、栗山千明、遠藤憲一、高良健吾、松田龍平    こんな国に、誰がした。 「日本の大手自動車メーカーアカマが中国に狙われた。 劉一華が代表のブルー・ウォール・パートナーズという無名のファンド会
ハゲタカ (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:大友啓史 “お前は
【ハゲタカ】金のない悲劇、金のある悲劇 (映画@見取り八段)
ハゲタカ 監督: 大友啓史 出演:  大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、柴田恭兵、松田龍平       公開: 2009年6月 平成19年2月よ...
映画 ハゲタカ (単館系)
まさに今の日本の経済状況が見え隠れするかな? TOBというとライブドアの話が有名ですが、この映画ではクルマの販売会社に 対するものでし...
ハゲタカ (シネマDVD・映画情報館)
“企業買収”という斬新なテーマ、現実の経済界の動きをダイナミックに取り入れたストーリーが大反響を巻き起こしたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」。世界でもっとも権威ある国際番組コンクール「イタリア賞」を始め、国内外で数々の賞を受賞したドラマが、スクリー...
「ハゲタカ」 社会を冷笑したい時に (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「ハゲタカ」  資本主義を嗤うエンターテイメント。     【原題】 【公開年】2009年  【制作国】日本  【時間】134分  ...
ハゲタカ (とにーのブログ)
非常に見応えのある作品でした。今の日本経済に警鐘を鳴らしています。 中国の台頭、派遣問題、格差社会、世界同時不況、など興味ある人にと...
「ハゲタカ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
NHKのドラマの方は、ちょこっとしか見たことがなかったんですが・・
映画評「ハゲタカ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・大友啓史 ネタバレあり