ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『英国王のスピーチ』

2011-01-02 23:49:46 | 新作映画
(原題:The King's Speech)

※ちょっと辛辣な表現もあります。
期待されている方はごめんなさい。


----この『英国王のスピーチ』って
いまスゴく騒がれているよね。
どんなお話ニャの?
「そうだね。
ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだしね。
で、物語はというと、これが意外に説明が簡単なんだ。
現イギリス女王エリザベス2世の父、ジョージ6世。
彼は、実は吃音症を抱えていた。
いつも内気で人前に出ることは苦手なそのジョージ6世が、
オーストラリア人言語聴覚士の助けを借りて障がいを克服。
第2次世界大戦開戦にあたって
国民を勇気づけ心をひとつにする見事なスピーチを披露する――」

----へぇ~っ。
確かにシンプルだけど、
これは聞いただけで感動的。
えいも泣いたでしょ?
「いやあ。それがそうでもなかったんだな。
前半はまだオモシロかったんだ。
英国の王家。
つまりトップ中のトップにいるジョージ5世が
妻のエリザベスが見つけてきた
スピーチ矯正の専門家ライオネルの元へお忍びで通う。
ライオネルはオーストラリア人。
それもあってか、
普通ではとても言えないようなことを平気で言ってのける。
王太子を愛称で呼び、
プライベートについての無遠慮な質問をぶつけ、
結果、ジョージを怒らせてしまう。
このふたりの関係がスリリングかつ、笑いを誘う」

----ニャるほどね。
でもそれじゃあ、
その治療は続かないんじゃニャいの?
「そのはずだよね。
しかし、事態は思わぬ方向に流れていくんだ。
王である父ジョージ5世が亡くなり、
長男のエドワード8世が即位。
しかし、エドワード8世はかねてより
アメリカ人で離婚歴のあるウォリス・シンプソンと交際をしていた。
王位か恋かの選択を迫られた彼は恋を選び、
そのため、ジョージは望まぬ座についてしまう。
そして、大切な王位継承評議会のスピーチで大失敗をしてしまうんだ」

----うわあ。それは大変だ。
それで彼は再びライオネルを訪ねる――
と、こういうわけだね。
「そういうこと。
さて、問題なのはここから。
ジョージは戴冠式のスピーチを無事に済ませる。
そこをクライマックスにすればよかったんだけど、
この映画は、
ヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦直前、
国民の心をひとつにするためにジョージ6世が行った
<戦争スピーチ>にそれを持ってくるんだ。
どうもこれが、ぼくにはあわなかった。
こんなところで、この映画を引き合いに出していいのかどうか、
『ボビー』のクライマックスでのスピーチのようには、
ぼくの心を揺さぶらなかったんだ」

----う~ん。でも、それは個人的な体質の問題で、
映画自体の問題じゃニャいよね…。
「確かに、だからこの映画は語りにくかった。
演技陣は、みな素晴らしかっただけに、
ほんとうに申し訳ないって感じ。
ジョージを演じるコリン・ファースはもちろんのこと、
その兄エドワード8世役のガイ・ピアースにしろ、
ライオネル役のジェフリー・ラッシュにしろ代りの役者が思いつかない。
そんな中、意表を突いたのがエリザベス役のヘレナ・ボナム・カーター
いつものエキセントリック・イメージをうまく役に活かしている。
王家にありながら市井の中に入り込んでいくという大胆さは、
なるほど、彼女ならやりかねない――と、そう思わせるんだ」

----ニャるほど。
でも、ハリポタやティム・バートン映画での彼女しか知らない人にとっては、
この役そのものが、驚きニャのかもね。

           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「でも、話題になりそうだニャ」
複雑だニャ

※日本ではこういう映画作るのは難しい度


blogram投票ボタン

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。


画像はイギリス・オフィ
シャル(Gallery)
より。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「フォーンと無人島に行くならこ... | トップ | 『最後の忠臣蔵』 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
騒がれすぎ? (ノルウェーまだ~む)
2011-01-31 18:33:21
えいさん、こんにちは☆
ちょっと賞レースで騒がれすぎなかんじもしますね。
私も思ったよりひねりなく、普通な印象でした。
確かにコリン・ファースは最高にいい演技をみせてくれて、最優秀男優賞もいける~とは思いますけど、作品的には普通だったかも。
普通といえば、ヘレナが普通の人でなかなか良かったです♪
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2011-01-31 20:08:06
こんばんは。

この映画、アカデミー賞の本命のような予感がします。
個人的には『トゥルー・グリット』とかのほうが好きですが、
まあ、無理でしょうね。

そう、ひねりのない映画は、
あまり(個人的には)オモシロみがないです。
お上品すぎるという感じでした。
同感です^^ (latifa)
2011-02-18 18:13:33
えいさん、こんにちは!
>ジョージは戴冠式のスピーチを無事に済ませる。そこをクライマックスにすればよかったんだけど

そうですねー!
凄く面白く見たし、主演男優性はコリンファースで良いと思うのだけれど、ラストシーンの山場が、あれ・・なんで、作品賞には、ちょっと微妙なのかなあ・・とか、思ってしまいました。
ヘレナ・ボナム=カーター (rose_chocolat)
2011-02-20 09:16:08
彼女の資質が生きてたと思いました。
私はコスプレだのキワモノみたいな役よりも、こういう正統派の彼女をもっと観たいですね(笑)

作品自体は、「まんま」だったように感じました。
崩せない。 というか崩しようがない。
そういう意味では『ソーシャル・・』の方が私は断然面白いです。
■latifaさん (えい)
2011-02-24 10:48:00
こんにちは。

同感していただけてうれしいです。
どうも、この映画にはノレなくて、
その後、観た『トゥルーグリット』『ブラック・スワン』『ザ・ファイター』などのほうが
圧倒的にオモシロかったです。
でも、お行儀いい映画なので、
アカデミー賞には近いのじゃないでしょうか?
■rose_chocolatさん (えい)
2011-02-24 10:52:01
おはようございます。

ヘレナ・ボナム=カーターは
『ヴァージン・フライト』が印象に残っています。
その風貌と、またティム・バートン映画に多く出るようになったからとで、
怪優イメージがついちゃっていますが、
彼女の実力は、やはりかなりなものですよね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-02-27 20:45:35
本来ヘレナ・ボトム・カーターという女優さんはこういう普通の役も無難にこなしている名女優なんですけど、世間ではやっぱりエキセントリックなイメージが強いんですよね。
本当にイメージっておかしなもの。
この映画で吃音障害に対する自分自身のイメージを覆したジョージ6世を見て、ふとそんなことを思いました。
■にゃむばななさん (えい)
2011-02-27 22:30:09
こんばんは。

この映画、観ているとき
あまりノレなかったんです。
すべて、思ったようにというか、
これまでいろんな映画が描いてきたとおりに進んでいくので…。
そこが『ソーシャル・ネットワーク』との違い。
明日のアカデミー賞授賞式、
どちらに輝くか、
そういう意味では興味深いです。
こんばんは (ノラネコ)
2011-03-01 22:34:05
うーん、なるほど。
私はクライマックスはこれで良いと思いました。
戴冠式はいわば形式で、言葉も決まっているけど、開戦の演説は自分の言葉で国民に語りかける訳で、あそこで彼は初めて本当の王になったのかなと。
個人的にはきれいにまとまり過ぎてて物語の緩急が無いのが唯一の不満点かなあ。
素晴らしい映画とは思いましたが (鉄平ちゃん)
2011-03-03 22:49:32
あそこの場面でクライマックスを迎えるというのは
2時間近くかかっているわけですし、
まあ悪くはないかな、と思うのですが、
個人的にはチャーチルと二人三脚で
第二次世界大戦を乗り切っていく過程も描いてほしかったと思いますね。
こちらはこちらでまた感動的な場面がたっぷりありましたから、
多くの人に知ってもらいたいと思いましたし。
■ノラネコさん (えい)
2011-03-05 21:32:12
こんばんは。

う~ん。
この映画、クライマックスに限らず、
全体的にノレませんでした。
観方によるとは思いますが、
どうもお行儀が良すぎる感じで。
そう、おっしゃるとおり、
緩急のなさが合わなかったのかも。
■鉄平ちゃんさん (えい)
2011-03-05 21:34:51
こんばんは。

なるほど。
チャーチルとふたりで、
この難局を乗り切っていく―ー。
それはオモシロい。
そちらの方が観てみたくなります。
お久しぶりです。やっと観ました。 (ミッシー)
2011-04-08 14:05:23
私はけっこう好きですよ。
戴冠式の練習でのライオネルとのやり取りで、戦うべきは自分の影(過去)なのだと気づき、
彼はやっとゼロ地点に立ったような気がします。(スタート時点ではなく)
過去の悲しみごと、自分の人生を受け入れる準備ができたというのでしょうか。

でも、ジョージが真の英国王となるためには、そこからもう一つ殻を破らなければならない。
そのためにラストのスピーチがあったのでは…?、というような気がします。

とはいえ、スピーチに関しては私も『ボビー』の方が胸が震えます。
久しぶりにえいさんの記事を読んで、クライマックスシーンを思い出して涙が出そうになりました。
■ミッシーさん (えい)
2011-04-14 22:04:14
こんにちは。

お返事が遅くなってごめんなさい。

>過去の悲しみごと、自分の人生を受け入れる準備

素敵な言葉ですね。
ミッシーさんのレビューは、
いつも言葉が厳選されていて刺戟的です。
最近、あまりにも感性に流されすぎている自分としては反省しきり。
でも、それが自分の観方でもあるし、
ある意味、仕方がないのかも…。
あっ。ボビー。
未来に希望と理想を語れる政治家、
日本には彼のような人が
今こそ必要ですよね。
Unknown (cochi)
2011-04-18 21:08:23
こんばんは。
なるほど、ラストのスピーチでこの作品の評価がいろいろ変化するんですね。後半部分で微妙に雰囲気が変わるので、おかしいなとは思いました。でも僕は、あの威厳ある開戦スピーチの中に、《ワルツ》や《ファック》のイメージがあることに、この作品の可笑しさを感じてしまいました。顔の見えないラジオ時代が懐かしいです。
■cochiさん (えい)
2011-04-21 20:51:05
こんにちは。
映画は、本来、自分の思想信条とは別に、
映画そのものを楽しむべきだとは思うのですが、
ちょっと開戦スピーチだけは…。
甘いですかねぇ~っ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『The King's Speech』 (キマグレなヒトリゴト)
The King's Speech (Original Soundtrack) 戦争終結を告げる玉音放送に、私の大好きな亡きジジーも熱心に耳を傾けた、そうだ。 (その後にやったぁ!と言いたかったのは堪えていた、そうだが) テレビがない時代、キングやら天皇やらを見ることが出来ない人々は ラジオ...
「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采 (ノルウェー暮らし・イン・London)
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!
試写会「英国王のスピーチ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/2/14、有楽町よみうりホール。 まずまずの入り。 話題の高い映画なので、混むのを予想してちょっと早め(と言っても開場ぎりぎり)に行く。 おかげで前の方の中央に座ることができた。 但し、よみうりホールで注意しておかないといけないのは3列目。 どこ...
「英国王のスピーチ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。実話の映画って、どんな内容でもやっぱり重みがありますねー。
旗の下に、いざ集わん!:『英国王のスピーチ』 (マスコミに載らない海外記事)
Paul Bond 2011年2月3日 トム・フーパー監督、デビッド・サイドラー脚本 『英国王のスピーチ』 歴史的な出来事を扱おうとする映画制作者は、ある種の課題に直面する。作品が成功するためには、出来事の一言一句、あるいは元の言葉に忠実な再話である必要はないが、映画に...
英国王のスピーチ (試写会) (風に吹かれて)
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何
*英国王のスピーチ* (Cartouche)
              ***STORY***            2010年  イギリス=オーストラリア              ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックス...
映画 「英国王のスピーチ」 (英国日記)
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!
英国王のスピーチ (LOVE Cinemas 調布)
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
映画:英国王のスピーチ The King's Speech 賞取りレースまっただ中のこの本命作の感想は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞本命と言われている今作。 なんたって候補数が最多12部門。 重要なポイントは、吃音症をかかえ苦悩するジョージ6世を演ずるコリン・ファース(写真中央)が気に入るかだろう。 正直にカミングアウトすると、私は全くだめだった。 実際に吃音症の方を知っ...
『英国王のスピーチ』(2010)/イギリス・オース... (NiceOne!!)
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー...
英国王のスピーチ (うろうろ日記)
試写会で観ました。お父さんが亡くなって次男の主人公が王様になっちゃったんだけど、
英国王のスピーチ (Memoirs_of_dai)
日本ではなかなか描けない国王物語 【Story】 幼少より吃音に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)を厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は許さずさまざまな式典でスピーチを命じた...
劇場鑑賞「英国王のスピーチ」 (日々“是”精進!)
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ...
英国王のスピーチ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 アレって、感度良すぎ!息使いまで聴こえるマイクにはノイズフィルターを。
英国王のスピーチ / The King's Speech (勝手に映画評)
現女王エリザベスII世の父王ジョージVI世の物語。 ジョージVI世となれば、兄王エドワードVIII世に触れないわけには行かないでしょう。『王冠を賭けた恋』と言われたわけですが、その煽りを受けて国王になったのが、ジョージVI世と言う事になります。 この作品の深いとこ...
王様もひとりの人間。『英国王のスピーチ』 (水曜日のシネマ日記)
英国王ジョージ6世の実話に基づいた物語です。
*『英国王のスピーチ』* ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:イギリス+オーストラリア合作映画、トム・フーパー監督、コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール出演。
『英国王のスピーチ』 (こねたみっくす)
英国史上最も内気で、繊細で、かんしゃく持ちなうえに、自分に自信がない内弁慶な国王の、男としてのプライドを賭けた静かなる戦い。それがジョージ6世の歴史に残るあの名演説。 ...
英国王のスピーチ (悠雅的生活)
‘バーティ’。1シリング。心の解放。
英国王のスピーチ (心のままに映画の風景)
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...
英国王のスピーチ/The King's Speech(映画) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[英国王のスピーチ] ブログ村キーワード英国史上、もっとも内気な王。英国王のスピーチ(原題:The King's Speech)個人的満足度:★★★★☆オススメ度:★★★★★製作国:イギリス/ ...
バーティとライオネル『英国王のスピーチ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、台詞に触れています。吃音(きつおん)症に悩む英国王ジョージ6世とその妻エリザベス、スピーチ矯正の専門家ローグとの実話に基づく物語『英国王のスピーチ』監督は『くたばれ!ユナイテッド - サッ
英国王のスピーチ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ...
英国王のスピーチ The King's Speech (映画!That' s Entertainment)
●「英国王のスピーチ The King's Speech」 2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他 <第82回アカデミー賞 作品、監督、脚本...
「英国王のスピーチ」は怪演と怪優たちが生... (映画と出会う・世界が変わる)
最近はすっかり怪容貌コスプレ女優となってしまったヘレナ・ボナム=カーターが、今回はごく普通のメイクと衣装で登場しているではないか。彼女をはじめとしてこの作品の出演者たち...
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
英国王のスピーチ (to Heart)
英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...
英国王のスピーチ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
王室物というのは、英国の映画界では一つのジャンルみたいな存在。 時代劇ならそれこそ無数の作品が作られているし、現代劇では現役の女王を主人公にしてしまった「クィーン」が記憶に新しい。 今回、俎上に...
「英国王のスピーチ」は非常に性質の悪いプ... (映画と出会う・世界が変わる)
私は、この映画を好きになれない。よく出来ているだけに好きになれない。今日はそのことを書いてみる。この映画のクライマックスをどこに置くかであるが、王位継承時の宣誓が散々な...
トム・フーパー監督 「英国王のスピーチ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す! - シネマトゥデイ ↑アカデミー賞、取りましたね。 今日(3月1日)の映画の日は朝一から混んでました。 私も仕事明けで一睡もしてませんが、観て...
英国王のスピーチ / The King's Speach (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックして ね ←please click   先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
『英国王のスピーチ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...
映画鑑賞記「英国王のスピーチ」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:11.03.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ スピーチができない男が、国王になった…。 <ストーリー> (公式HPより引用)  幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、自分を否定しながら生きてきた男がいる。内気な性格から人前に出ることが最...
【祝!アカデミー主要賞獲得】映画「英国王のスピーチ」 (鉄平ちゃんのエピキュリアン日記)
◎実話勝負、安定感を選ぶ 米アカデミー賞 2月27日(日本時間28日)に授賞式が開かれた第83回アカデミー賞で、 エリザベス英女王の父ジョージ6世を主人公にした「英国王のスピーチ」が作品賞を始め、 監督賞、主演男優賞、脚本賞の主要4部門を獲得した。 一騎打...
英国王のスピーチ (こんな映画見ました~)
『英国王のスピーチ』---THE KING'S SPEECH---2010年(イギリス/オーストラリア)監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、 ジェフリー・ラッシュ、 ヘレナ・ボナム=カーター、 ガイ・ピアース、 ティモシー・...
『英国王のスピーチ』:風格感じる人間ドラマ、アカデミー賞も当然 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
これはズルイ映画である。 王様という雲の上の(ような)ひとを弱点のある人間としてして描いていて、その弱点を克服していくのが主題であるのだから。
映画「英国王のスピーチ」 (FREE TIME)
映画「英国王のスピーチ」を鑑賞。
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニ...
■映画『英国王のスピーチ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
王の声~『英国王のスピーチ』 (真紅のthinkingdays)
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
英国王のスピーチ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月5日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『英国王のスピーチ』公式サイト 予告編で、かなり面白そうだと興味を持った。 アカデミー作品賞にノミネートされたと聞き、これが本命だろ...
英国王のスピーチ(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 今日は旦那が仕事帰りに『マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』を見に行くので夕飯の用意しなくていいんで.+゜*。(o´∇`*)のほほん.+゜*。:゜+ と ...
「英国王のスピーチ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・英・オーストラリア/配給:ギャガ原題:The King's Speech監督・脚本:トム・フーパー脚本:デビッド・サイドラー製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン製作総指揮:ジェフ
スピーチこそが (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で 王...
英国王のスピーチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...
映画『英国王のスピーチ』  (よくばりアンテナ)
アカデミー賞受賞作品ですもんね!! 観てきましたよ~(^^)v 実話ってことでしたが、時代背景とかも知らずに何の前知識もなく見始めましたが、 すんなり、ついていけました。 現在のイギリスのエリ...
「英国王のスピーチ」 友が聞いている (はらやんの映画徒然草)
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い
英国王のスピーチ (だらだら無気力ブログ)
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的...
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
英国王のスピーチ (voy's room)
  第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6...
英国王のスピーチ (voy's room)
  第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6...
英国王のスピーチ (Art-Millー2)
実話に基づく物語となれば、歴史の裏舞台を見ているようで、妙に感慨深いもの。演説上手なヒットラーを向こうに回して、国民を奮い立たせるスピーチをするところは感動ものでした。やはりイギリスだね。王室を題材にしてもウイット感覚が生きている。 《英国王のスピ...
映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary~Goo Version)
11-18.英国王のスピーチ■原題:The King's Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・フ...
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
伝えたい思いがある。~「英国王のスピーチ」~ (ペパーミントの魔術師)
どうでもいい話になるんだけど 人前で話をするのがめっちゃくちゃ苦手である。 気のおけない相手の前ではだまらっしゃいなくせに。 ところがどんだけしゃべっても なかなか思うように伝えられないのがジレンマで。 たとえばこのブログにしたってレビューにしたって ダ...
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) (シネマ・ワンダーランド)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...
「英国王のスピーチ」 (或る日の出来事)
ううむ…ソツがない。
映画評「英国王のスピーチ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年イギリス映画 監督トム・フーパー ネタバレあり