ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2005年ベスト10 B面(「これは楽しめた編」)

2006-01-05 19:13:23 | 映画
----あれっ。もうB面、発表しちゃうの?
「うん。三が日のうちにと思っていたけど、
さすがにそれは難しかった。で、せめて松の内に(笑)」

----「このセレクトは“おススメはしにくいけど、でもぼくはこれが好き”」
だったよね。
「そう。いわば<裏>ベスト10。
最後まで、時間を忘れて観ていたと言うのがポイント。



●その無視はないんじゃないの?
『アビエイター』

(one comment)これってディカプリオ版『ジャイアンツ』と
思ったんだけどなあ。
そう言えばリドリー・スコット『キングダム・オブ・ヘブン』
だれも何も言わなくなりました。


●大好きな60~70年代テイスト
『フライト・オブ・フェニックス』

(one comment)まだSFXなんて言葉が普及していなかったあの頃。
アクションは映画の華でした。
『フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い』のアクションもゾクゾク。
ホラーだと『蝋人形の館』
コメディだと『ディック&ジェーン/復讐は最高!』あたりがその匂い。
みんな大好きです。


●映像テクニックに酔った作品
『シン・シティ』

(one comment)これこそ今の時代の映画なんでしょうね。
そう言えば、これもだれも何も言わなくなったけど
『コンスタンティン』なんてのもありました(笑)。


●もっとも涙した映画
『Shall we Dance?/シャル・ウィ・ダンス?』

(one comment)涙もろいので、暗闇の中、すぐ涙ぽろぽろ。
『HINOKIO(ヒノキオ)』 『狼少女』 『ALWAYS 三丁目の夕日』
あっ、ルール違反だけど「いぬのえいが」もヤバかった。
日本映画が多いなあ。やはり子供と動物には弱いです。


●もっとも胸に刺さった青春映画
『マルチュク青春通り』

(one comment)男の失恋映画、最近はなかなかないですね。
ハン・ガインを見つめるクォン・サンウの目がたまりません。
女性版『スタンド・バイ・ミー』と言われた
『旅するジーンズと16歳の夏』も忘れられない一本。
あっ、『サイドウェイ』も遅れてきた青春映画と言えるかも。


●もっともゾクゾクしたエロス
『秘密のかけら』

(one comment)エロチック・サスペンスならぬエロチック・ミステリー。
イスラム社会との融和をさぐった二本の映画
サリー・ポッター『愛をつづる詩』 ケン・ローチ『やさしくキスをして』
その重いテーマとは別にかなりエロチック。
アトム・エゴヤンはもちろん、鬼才たちが作ると、そのエロスも濃いです。


●もっとも想像とは違っていた映画
『スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』

(one comment)邦題から想像するのは、希望に満ちあふれた母と子の映画。
でもその実…。
そうそう『大いなる休暇』
タイトルやメインビジュアルから受けた印象とは違って、
けっこうヒネリが…。


●もっとも心やさしくなれた映画
『50回目のファースト・キス』

(one comment)このラストに驚かなかった人は、まずいないでしょう。
そう言えば『ビフォア・サンセット』も観ている間、頬が緩んでいました。
(ただしハラハラしながらですが…)。


●もっとも腹を抱えた映画
『ドッジボール』
(one comment)よく「女を捨てている」という言葉がありますが、
この映画のベン・スティラーは「スターであること」を捨てています(笑)。



※これは番外特別編

●もっとも度肝抜かれたオープニング
『ブレイキング・ニュース』
(one comment)7分間、クレーン&スレディカムのワンショット。
これはほとんど神業に近いです。

●もっとも鮮烈だったラストシーン
『ディア・ウェンディ』
(one comment)まさかラストであの曲が流れるなんて!?

●もっとも余韻のあるラストシーン
『蝉しぐれ』

●もっとも恐るべき子供たち
「カナリア」 『ある子供』

●もっとも体を張っていた映画
『7人のマッハ!!!!!!!』

----結局、10本には絞れなかったわけだニャ(笑)。
「ごめんなさい」A面(ベスト10「これはいいよ編」)もよろしく

               (byえいwithフォーン)

※あらら10本超えた度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2005年ベスト10 A面(「これ... | トップ | 『燃ゆるとき THE EXCELLENT ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (隣の評論家)
2006-01-05 20:52:43
えいさん、こんにちわ。わぁい、一番乗り!!!何か、とても苦労が伺えます。ご苦労様でした。やっぱり、私は未見の作品がありますよ。修行が足りませんけど、許してね。フォーンちゃん。「カナリア」→もっとも恐るべき子供たち この部分が一番、私のツボにストライク。多分、私は「カナリア」っていう映画を忘れる事ができないです。

ところで、Year of the Cat を見て思ったのですが、フォーンちゃん意外にもにゃんこさまが居るのですか?何人居るのか気になったのニャ。
■隣の評論家さん (えい)
2006-01-05 23:38:33
こんばんは。



はい、苦労しました(涙)。

どんな発表の仕方にするか、

文体はどうするか???

いま読み返してもけっこう恥ずかしいです。



『カナリア』は♪「銀色の道」ですね。



「フォーン以外にも猫が?」の件ですが、

ここで書くとややこしくなるので、

もしよかったら、

「ハリーとトント」(BBS)

に遊びにきてください。

そちらでしたら、いつでもお答えできます。



あっ「ハリーとトント」は左のブックマークからも行けます。
しぼれませんよね(笑) (にゃんこ)
2006-01-06 00:42:35
ベスト10とか作品数限定ができないので(笑)

猫なんて列記してるだけですから^^;;;



もっとも心やさしくなれた映画は納得もの(笑)

未見の映画もたくさんあったので、チェックしてみたいなぁ~っと思いました♪
■にゃんこさん (えい)
2006-01-06 17:52:18
こんばんは。



そうそう、にゃんこさん、たくさん列記されていましたね。

気持ち分かります。

ここに落としたら、その作品が浮かび上がれない(笑)。

なんだかかわいそうになってしまうんですね。

たとえば今だって「あっ、『皇帝ペンギン』」(笑)。
あけましておめでとうございます (まつさん)
2006-01-07 11:36:35
年末年始多忙な身にてお返事大変遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

さて「楽しめた編」での「ブレイキングニュース」は来週当たり見に行くつもりなので、楽しみにしております。というのも「ザ・ミッション」以来、ジョニー・トー作品に注目している(駄作も多いですが)のと、愛するケリー・チャンが主演(ですよね?)しているからなのです。

今年も鋭い視点での日本一はやい映画の「おしゃべり」楽しみにしております。
今年もよろしくお願いします (kazupon)
2006-01-07 20:27:17
えいさんやっぱりB面のほうが気になります(笑)

そういえばアカデミー最有力だったハズのアビエイターはベストに入れてる方ほとんどいないですねぇ

悪い映画じゃないと思うんですけど。。

自分は「旅するジーンズ」をかなり上に入れちゃいました!今年もいい映画が沢山あるといいですね!
■まつさん (えい)
2006-01-07 21:02:45
あけましておめでとうございます。

まつさんが『ブレイキング・ニュース』を

どのように評されるのか楽しみです。



今年も、深い洞察力に満ちた

まつさんのエントリー、楽しみにしています。
こんばんは (カヌ)
2006-01-08 01:36:27
A面にはベスト10、B面には何でもベスト1をトラバさせてもらいました。観てない中では『50回目のファースト・キス』と『ディア・ウィンディ』が気になります。

遅くなりましたが、今年もよろしくです。

■kazuponさん (えい)
2006-01-08 11:13:01
こんにちは。



『アビエイター』、けっこうオモシロかったと思うんですけど、

『ミリオンダラー・ベイビー』の陰にすっかり隠れてしまいましたね。

『旅するジーンズと16歳の夏』は泣けました。

ぼくも大好きな映画です。
■カヌさん。 (えい)
2006-01-08 11:15:31
こんにちは。



『50回目のファースト・キス』と『ディア・ウィンディ』は

ある種、真反対の映画かも。

でもいろんな映画があるからオモシロいんだと思っています。
こんばんは。 (かえる)
2006-01-09 01:40:42
なるほど。わたし的にはおすすめしてもよさげな気もする納得のラインナップです。

『Shall we Dance?』はギア様が赤い薔薇を持って登場したところでかなり泣けました。『50回目~』もかなりかなり笑えて泣けました。『ドッジボール』はそりゃあもうおかしかったです。etc

『スパングリッシュ』を観に行くことにしてみたりしました。

Unknown (mig)
2006-01-09 18:36:37
えいさん

今年もよろしくお願いします。

ワタシも「好きな映画コーナー」書きましたが、

あれっ「ドッジボール」は今年の作品だったのですね、、、

忘れてたかな???



わたしも大好き★

ベン最高です
■かえるさん (えい)
2006-01-09 23:22:25
こんばんは。



『Shall we Dance?』はぼくもあの赤い薔薇のエスカレーターですね。

スーザン・サランドンを取り巻く同僚の反応も素敵でした。

(これ、日本映画だと恥ずかしくてできないんでしょうね。)



『スパングリッシュ』は、いわゆる<埋もれた名作>、

あるいは<陽のあたらない名作>となりそうな作品です。
■migさん (えい)
2006-01-09 23:28:05
こちらこそよろしくお願いします。



『ドッジボール』は夏頃の中間発表でも書いたところ、

驚かれたことがあったので、

少し迷ったのですが、

やはり馬鹿笑いでは一番だったので…。



A面の方も、もちろん好きな作品ばかりなのですが、

こちらB面は趣味的に並べてみました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2005年の総決算<その1> (映画通の部屋)
今年もいよいよ終わりですね。寒い日々が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでし
2005年の総決算<その2> (映画通の部屋)
隣の評論家的ムービー・アワード 本家本元のアカデミー賞とは程遠い素人センスでお送
2005年ベスト&ワースト♪ (黒猫のうたた寝)
昨日インターネット映画大賞から依頼があったということで点数つけたりとか ない頭ひねって(笑)してたんだけど 去年のワースト発表とかは対象になってなかったし・・・ ということで♪点数はつけませんが←これ苦手なのよ、、、 好きだった映画とダメじゃん映画の発...
2005年 映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
去年はこうでした。もう、こんな季節かぁ~。早いなぁ~。  10位・・・「タッチ」 長澤まさみの南ちゃん。 9位・・・「親切なクムジャさん」 「大長今」のクムジャさん。 8位・・・「キング・コング」 恐竜プロレス。 7位・・・「ミリオンダラー・ベ
2005年度ベストテン (いつか深夜特急に乗って)
新年明けましておめでとうございます。 2006年のスタートは
まつさんの2005年映画ベスト10 【各部門賞編】 (まつさんの映画伝道師)
第322回  今回は「ベスト10」から離れて、まつさんが勝手に選ぶ映画の各部門賞をご紹介します。 【2005年 まつさんの映画各部門賞】 ■2005年作品賞:「NANA」  洋画・邦画のベストワンではなくあえてこの作品を選んだのは、僕が「NANA」.
2005年ベストムービー (It\'s a Wonderful Life)
いつもお世話になってる皆様、1年間ありがとうございました! いつの間にかほとんど映画のブログになってしまった、当ブログですが、 年末なのでお遊びで選んでみました。 鑑賞映画のタイトル一覧ページはこちらです。 →kazupon Movie Index 2005年kazupon...
2005年鑑賞作品、何でもベスト1! (the borderland)
昨年、韓国映画は上映作品の数は増えたものの、個人的に観たいと思う作品は少なかった。それに期待してた「南極日誌」もいまいちやったしね。それに比べて、邦画は外れも多かったけども、思わぬ良作も多くて、邦画を見直した1年でした。 劇場で鑑賞した全100本の中で印
人間だもの (ブログのようでブログじゃないブログ)
実は、ボクのテレアポという仕事なんだけど、正月1月4日出勤だったのだが、 相手が法人様相手なのである。 やはり法人様となれば、正月明けは忙しいのは当然。{/face_fight/} よって、アポが取れるのもたかが知れている訳なのだ。 急遽、5日~10日までが休みになってし
決定! 2005★ベスト&ワースト映画 (我想一個人映画美的女人blog)
このベスト&ワーストリストは、作り出してからかれこれ8年目。 今年はかなり選んで観たせいか、 10位にいれたい作品もりもりで選ぶのに苦労した~{/ase/}(笑 {/cherry_red/}migのBESTは、面白さが一番の基準{/onpu/} 好きな映画とはまた別なのです{/kirakira/} {/cherry_
2005年のマイベスト10 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
それでは2005年上映作品からマイベスト10を発表させていただきます(パチパチ)。昨年映画館で観た作品は168本です。100本を目標としていたのでこの数には自分でも驚きです。それでは、以下が2005年のマイベスト10です。 ここで注意を!対象となる映画.
2005年映画総括 (丼 BLOG)
2005年に劇場で鑑賞した映画を総括してみることにします。 2005年は人生で一番映画館に通った年となりました。 まず最初に鑑賞した全作品のタイトルを並べてみますね。 (※:複数回観た作品もカウントするのは1です。また吹替と字幕の両方で観た作品も作品数は1としてカウン